title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『カスタムメイト3』 概要

custommate3custommate3
custommate3custommate3
©1995 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.
カスタムメイト3 (カクテル・ソフト)

・1995年12月08日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1996年12月12日 Windows3.1用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、自分好みに作成した女性との新婚生活を体験できる育成シミュレーション。『カスタムメイト』シリーズの三作目。

会社員として仕事に励み、孤独なまま迎えた12月に落ち込んでいた主人公(名前は任意)。街中で受け取ったチラシに釣られ、結婚相談所『カスタムメイト』に足を踏み入れた彼は、不思議なオペレーターに導かれるまま、コンピューターに理想の恋人像を入力していく。すると、条件に見合う女性はすぐに見つかり、クリスマスイブには結婚式を挙げ、その日の内に新婚旅行へ旅立ち、翌月から新婚生活が始まるという、夢のような急展開となった。主人公は残業や同僚との付き合いに悩まされつつ、専業主婦の妻と支えあい、会話やセックスを通じて愛情を深めていく。

ゲームシステムは、オムニバスのADV風だった前作と異なり、女の子のメイキングと育成SLGの組み合わせである。

プレイヤーは、ゲーム冒頭で主人公と妻の名前、年齢、性格、セックス経験の多さなどを入力していく。更に、妻は髪型、バストサイズ、ヒップサイズが三種類から選べる仕様である。

ゲームパートは会社員の何気ない日常生活を描いたもので、出社するか否か、仕事はどのくらいの力加減でやるか、残業するか否か、同僚や上司の酒の誘いに応じるか、夕食と風呂と就寝の順番はどうするか、妻の夜の誘いに応じるか、といった選択肢をこなしていく。選択肢によって愛妻のパラメータが少しずつ変化し、一年後に三種類のエンディングを迎える育成SLGである。

1月上旬から12月末まで、およそ350日間のすべてを体験することもできるが、単調で莫大な時間がかかるので、あまり現実的ではない。その代わり、任意の日付まで進められる日付進行プログラム(スキップモード)が用意されていて、その間のコマンドについて細かいオーダーを出せるので、ゲーム性はこちらのスケジュール管理がメインになるか。

アダルト要素は、主に愛妻相手のセックスである。ここにもゲーム要素があり、「愛撫」「キス」「なめる」といったコマンドを駆使して愛妻の興奮度を上げ、絶頂に導いていく。妻を満足させることができれば愛情や機嫌が回復し、淫乱度が進んで、新たな体位やプレイが開放されていく。一方、仕事や体調不良で精力が不足すると、妻の欲求不満指数が上がり、放置すると浮気へと発展していくことになる(寝取られシーンはない)。

仕事に励んだ分だけ貯金が貯まり、妻にアクセサリーや花などのプレゼントを贈ったり、一緒に遊園地やスキーに出かけたり、Hな下着や制服、SMグッズなどを買ってプレイの幅を広げたりできるので、一般的に仕事と夫婦生活の両立に悩むことになる。また、会社の後輩、先輩、街で夜遊びする娘など、5人の女の子が登場し、イベントを進めれば主人公との不倫Hを見ることができる。

個人的な印象としては、単一ヒロインの調教SLGにメイキング要素を組み合わせた、当時としてはユニークな作風である。カスタムできる要素は少ないが、ビジュアルは前作と比べて遥かにクオリティが高く、ボリュームもあり、実用性はそれなりにあっただろう。

難点は日常に変化が乏しく、コマンドの手数も多く、期間が長いため中だるみを感じる点で、イベント探しでスキップモードを解除すると、特に淫乱度の進んだ妻を満足させるのに時間と手間を取られ、かなり面倒に感じてしまう。リアルな結婚生活に寄せすぎて、倦怠期やマンネリまで再現してしまったといえるかもしれない。


『同級生~Another World~』 概要

dqsaw00dqsaw03
dqsaw02dqsaw04
©2016 DMM GAMES
同級生~Another World~ (DMM GAMES)

・2016年08月06日 事前登録開始
・2016年09月13日 Android版 サービス開始  【DMM
・2016年11月15日 PC版(Windowsのみ) サービス開始 【DMM】 

10年代中頃にオープンしたアダルトソーシャルゲーム。ポーカーをモチーフにしたカードバトルRPGで、90年代に一世を風靡した『同級生』『下級生』シリーズのヒロイン達が登場する。

基本プレイは無料で、ガチャや行動力回復、敗退時の復活などに使える消費アイテム「ダイヤ」、そして期間限定ガチャが有料である。

主人公(名前は任意)は弥生学園の学生。ナンパが大好きで、先負学園や八十八学園、卯月学園、頼津学園でも噂される有名人である。ふとしたことで、自分の運命が記された「未来日記」を目にした彼は、内容を都合よく書き換え、現実世界に「ネジレ」を生じさせてしまった。それにより、本来ある筈だった女の子との出会いが、不思議な力で妨害されてしまう危機に陥る。主人公は可愛い女の子達と青春の思い出を作るため、「夢仙人のユメコ」と協力し、ネジレを退治していく。

ゲームシステムはソシャゲ系のカードバトルRPGの一種で、ガチャで集めたカードから7枚を選んでデッキを作り、時間経過で回復する「AP」を消費してミッションをこなし、獲得したボーナスでデッキを強化していく流れである。対人要素の「アリーナ」も備えている。

特徴的なのは、戦闘で手札となるカード一枚一枚に「スペードの10」「ハートのQ(クイーン)」といった具合に、トランプ風の役割が与えられている点である。プレイヤーは配られた5枚の手札の中で、要らないカードを捨て、「ワンペア」「スリーカード」「フラッシュ」といったポーカーの役を目指していく。要らないカードを役なし(ブタ)で場に出せば通常攻撃、役付きなら強攻撃となる。ポーカーそのものではなく、ポーカーをモチーフにしたカードバトルといえる。

アダルト要素はカード1枚につき1つで、プレゼントなどで好感度をMAXにした時に発生する。CG1枚にテキストが添えられたADV風で、動きや音声はない。『同級生』『同級生2』『下級生』『下級生2』のヒロイン達が原作に近い設定で登場している他、竹井正樹氏デザインの新規キャラクターも1人加わっている。

個人的な印象として、カードバトルに戦略性があり、育成要素が複数あり、ゲーム性はそれなりである。また、ネイティブアプリのため動作は軽快で、イベントの頻度も高い。気になるのはオリジナルとの画風の違いで、人によっては抵抗を感じそうだ。BGMや演出で使われる街マップなどで原作ファンへの配慮を見せるものの、作風はごく普通の現代的なソシャゲである。別のゲームと割り切って遊んだ方がいいだろう。


公式サイト
http://dmm.dokyusei-aw.net/


『ピュアソングガーデン!』 概要

psg00psg01
psg02
psg03
psg04
©2017年 PULLTOP

ピュアソングガーデン! (PULLTOP)

・2017年06月30日 Windows用 DVD-ROM 初回限定版 【DMM】【Amazon】【Getchu

10年代後半の作品で、VRなど近未来的なテクノロジーをテーマにしたアダルトアドベンチャー。PULLTOPの15作目(ファンディスク除く)。

舞台は2027年のVR技術が発達した世界。最先端の都市「ダイバ」では、人々がコンタクトレンズ型のディスプレイとヘッドホン型の端末を身に付け、現実とVRを組み合わせた便利な世界で暮らしていた。音楽好きの学生「奏多(かなた)」は、VRフェス「ピュアソングガーデン」のスタッフをすることになり、大人気VRアイドル「アイ」のテストに立ち会う。ところが、起動したアイのドール素体の中に宿ったのは、未来からの時間旅行者「いろは」だった。フェスの危機を救うため、アイとしてステージに立つ決心をする“いろは”。奏多は音楽好きのサークル「M3部」の面々と共に、楽曲制作や振り付けを通して“いろは”をサポートしていく。

ゲームシステムは選択肢分岐型で、極端に選択肢が少ない鑑賞メインの作品である。共通パートで現れる一箇所の選択により、後半は4人のヒロインの個別パートに分かれる。

シナリオの前半部分は、主人公とヒロイン達が音楽フェスの準備や、ダイバの観光を通して友情を深めていく青春ストーリーとなっている。一方、後半は「VRハザード」と呼ばれる混乱に苦しむダイバを救うため、ヒロイン達がそれぞれのやり方で活躍すると共に、主人公と結ばれて甘々でエロエロな恋人生活を送ることになる。

ヒロインは好奇心旺盛な未来からの旅行者、幼馴染でムードメーカーの作詞担当、音の収集が趣味の後輩、隣のお姉さんでVR技術のエンジニアの4人で、隠しルートが1つ存在する。

VR技術が高度に発達し、フリーハンドでのARのような世界になっているのが特徴的で、ネットは空中で行うことができ、VRでの公共サービス、VRアイドル、VR楽器が当たり前になっているのが世界観の特徴である。他にも近未来的な描写が多く、自動運転バス、ビッグデータによる未来予測アプリ、データの蓄積による作曲ツール、態度のでかいナビゲーションAIなどが登場する。

Hシーンは一人当たり4~6つと数は多め、描写は卑語連発の大げさで濃厚なものとなっている。一部にVRやバーチャル空間を使った特殊なプレイを含んでいた。

個人的な印象としては、未来技術とアイドルをテーマにした、ごく普通の激甘なADVである。果敢に最先端を取り入れた世界観、e-moteで立体感を感じさせる立ち絵が目新しいが、肝心の歌のステージでインパクトのある演出がなかったのが残念。キャラは平凡ながら、Hシーンが濃い目なので、嗜好が合えば実用性は高いであろう。


公式HP
http://www.pulltop.com/PSG/top.html





『GLO・RI・A ~禁断の血族~』 概要

gloria00gloria01
gloria02gloria05
©1996 C's ware
GLO・RI・A ~禁断の血族~ (C's ware)

・1996年04月05日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1996年08月09日 Windows95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、美少女たちの暮らす屋敷を舞台に、二枚目の大学生が奇妙な一家の秘密に迫っていくアダルトアドベンチャー。『禁断の血族』(1993年)に続く禁血シリーズの2作目。

舞台は2017年のボストン。主人公の綺羅はハンサムで礼儀正しく、MITでも一、二を争う秀才である。大富豪のグロリア家に雇われた綺羅は、住み込みで家庭教師をすることになるが、奇妙なことに、教える相手は5人姉妹の内、長女を除く4人の中から才能を見込んだ娘を選んでいいという。一方、友人のゲオルクは一足先に家庭教師として雇われ、長女と組んで何かを企んでいる様子である。綺羅はメイド達による性接待や、住人達のHな誘いに応じつつ、教え子と信頼関係を築き、月に一度の学力テストで成果をあげることを目指していく。

ゲームシステムは一本道だった前作と異なり、選択肢分岐型ADVとなった。セックスの誘いに応じるか否か、誰の部屋を訪ねるか、といった選択肢が頻繁に登場し、複雑に分岐と合流を繰り返し、辿った経路によって24種類ものエンディングを迎える仕組みである。選択パターンが膨大なため、全てのエンドを自力制覇するのは難しく、難易度は高い。

シナリオは、美人の奥さまと十代の少女達、メイドが暮らす屋敷で暮らすことになった主人公が、様々な誘惑を取捨する中で、特定の相手から熱烈に求められ、ハッピーエンドを目指して作戦を練っていく流れである。バッドエンドは半数以下で、死亡エンドもほとんどなく、館モノにしては明るい作風である。

アダルト要素の比重は高めである。女の子一人一人に様々なパターンが用意されており、CGのコンプリートが難しく、やり込み要素となっている。性に対して大らかで奔放な屋敷内の雰囲気と、何でもスマートにこなし、セックスにも強い主人公が印象的である。

シリーズ3作目として『散櫻 ~禁断の血族~』(1999年)が続いた。関連商品は小説版OVA版原画集など。

個人的な印象としては、実用性に特化していた前作と比べ、ゲーム性を重視した作品で、雰囲気はマイルドになった。アダルト要素はボリュームもクオリティもそれなりで、好みに合えば実用性は高かったであろう。しかし、スキップ機能の欠如、SAVEスロットの不足などがゲーム性の足を引っ張る。ストーリーについても、世界観が幼く、展開が強引に感じてしまう点が気になった。


『乙女理論とその後の周辺 -Belle Epoque-』 概要

orsgsh00
orsgsh01orsgsh02
orsgsh03orsgsh04
©2016 Navel
乙女理論とその後の周辺 -Belle Epoque- (Navel)

・2016年05月27日 Windows用 DVD-ROM Limited Edition 

乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-』(2013年)の後日談などを収録したファンディスク。「つり乙」シリーズの通算4作目にあたる。

ゲームシステムは、選択肢のない4本のストーリー集となっており、鑑賞する順序はほぼ任意である。

メインコンテンツの一つとして、前作のヒロインの一人、レズっけのある旧貴族の娘「エッテ」と結ばれるまでのストーリーを、別の切り口から新たな展開で描く「エッテアナザー」を収録している。こちらは前作と同様、大蔵家の後継者争いが絡み、シリアスでスリリングな展開を含んだ本格シナリオとなっている。

また、同じく前作でヒロインを務めた、捻くれた妹の「りそな」、純真なクラスメイト「メリル」と結ばれた後の、穏やかでコミカルな日常を描いたアフターストーリーも収録されている。エッテアナザーの鑑賞後は、その後日談となるエッテアフターも開放される仕様となっていた。

Hシーンは、アフターストーリー内に1人あたり2つで、アナザー内に2つ、合計で8つである。本編と同じく、主人公が受けにまわるケースが多く、中には主人公が女装したまま、という倒錯的な表現を含んでいた。

個人的な印象として、一般的なファンディスクがサブキャラクターと結ばれるアナザーストーリーをメインに据えることが多いのに対して、本編で結ばれたヒロインとのストーリーをリメイクする珍しい形になっている。これにより、本編では比較的あっさりとしていたエッテとの恋愛が深みを得て、影の薄かった周辺人物も活躍の機会を得ている。反面、目新しさに乏しいので、世界観に強い思い入れのある方にお勧めしたい。


公式HP
http://www.project-navel.com/otome_sonogo/





『月に寄りそう乙女の作法2.1 E×S×PAR!!』 概要

1685nvsw0062pl1685nvsw0062jp-001
1685nvsw0062jp-004
1685nvsw0062jp-006
1685nvsw0062jp-007
©2017 Navel
月に寄りそう乙女の作法2.1 E×S×PAR!! (Navel)

・2017年05月26日 Windows用 DVD-ROM版

月に寄りそう乙女の作法2』(2014年)の後日談などを収録したストーリー集。定価は6800円(税別)とミドルプライスの価格帯である。

4人のヒロインの内、今回は主人公の仕える貴族の娘「エスト」と、ストリートファッションの得意なデザイナーの卵「パル子」の2人がピックアップされており、メインコンテンツは2人と結ばれた後の、それぞれとのアフターストーリーとなっている。

ゲームシステムは、エストのみ選択肢があり、クラスメイト同士の百合シーンを飛ばすか否か、といったプレイヤーの好みへの配慮になっている。また、ラスト付近では主人公が恋人(男)としてデザインの腕を競うか、メイドとして尽くすかによってHシーンが変わり、エンディングも分岐する仕組みとなっていた。

シナリオは、本編で結ばれ2年生になった二人が、甘い恋人生活を送りつつ、将来や関係について悩み、手探りでデザイナーとしての道を切り開いていく展開である。本編と比べるとロマンチックで、しっとりとしたシーンの多いラブストーリーになっている。

アフターストーリーの鑑賞後は、シリーズのキーパーソンであり、本作品の主人公の伯父にあたる「大蔵衣遠」の学生時代を描いた『月に寄りそう乙女の作法0』が開放される。スタンレー、八千代、ラフォーレといったお馴染みの面々に加え、新キャラも登場し、若きデザイナーたちの栄光と挫折、淡い恋愛、葛藤を描いた青春ストーリーが展開する。

個人的な印象としては、順当で穏当な内容のアフターストーリーと、意外性のある外伝の組み合わせである。特に外伝である『つり乙0』の人間関係が面白く、ボリューム的に物足りなく感じてしまう程だった。シリーズの伝統でアダルト要素は控えめ、サブキャラのHシーンもないので、実用性について過度の期待をしない方がいいだろう。


公式HP
http://www.project-navel.com/tsukiniyorisou_2nd_espar/





『月に寄りそう乙女の作法2』 概要

tyos2_00
tyos2_01tyos2_02
tyos2_03tyos2_04
©2014 Navel
月に寄りそう乙女の作法2 (Navel)

・2014年12月19日 Windows用 DVD-ROM -Limited Edition-
・2015年02月27日 Windows用 DVD-ROM -Standard Edition-
・2015年04月17日 ダウンロード版 配信開始 【DMM
・2016年11月25日 Windows用 DVD-ROM -FullVoice Edition-

女装男子と一風変わった女の子達との恋愛模様を描いた学園物のアダルトアドベンチャー。『つり乙2』が公式の愛称。『月に寄りそう乙女の作法』(2011年)の正統な続編で、シリーズ通算3作目にあたる。萌えゲーアワード2014において、純愛系作品賞を受賞している。

前作から十数年後の世界。主人公「桜小路才華」は類い稀な美貌、何でも卒なくこなす才能を両親から受け継ぎ、社交的でポジティブな性格を備え、裕福な環境で育った美少年である。幼少時からの目標だったフィリア学院の日本校でデザインを学ぶため、ニューヨークから来日した才華だったが、折悪しくデザイナー科は男子部の廃止が決まった後だった。どうしても諦めきれない才華は、良家の子女の付き人としてなら授業を受けられる特別制度を利用するため、伝説のメイドにあやかって「小倉朝陽」を名乗り、アイルランド貴族「エスト」の従者として、性別も身分も偽ったまま、学内最高の栄誉の獲得を目指していく。

システムは一般的な選択肢分岐型で、鑑賞メインの少選択肢タイプである。共通パートでの選択の結果により、後半はヒロインそれぞれの個別パートに分かれる。

ヒロインはピアノ科の学生で、規則にうるさい幼馴染の令嬢、デザイナー科の生徒で、見た目に反して品性に欠けるヨーロッパ貴族の娘、海外で成功した人気女優でありながら、演劇科に通い、主人公をストーキングする変人、おバカなギャル系ながら、才能豊かなデザイナー科の一般生徒、の4人である。

シナリオは、主人公が容姿に関するコンプレックスを克服するため、男であることを隠しつつ、才能と努力で周囲に認められ、年末の「フィリアコレクション」のランウェイに、自作の衣装で立つことを目指していく流れである。その最中、様々なトラブルを経てヒロインと信頼関係で結ばれ、やがて恋愛に発展していく。

主人公をはじめとして、ヒロインから脇役一人一人にいたるまで、個性を極端に際立たせる口癖、決め台詞があるのが特徴的で、日常風景ではシュールな会話劇が軽快なテンポで展開する。

シリーズ2作目の『乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-』(2013年)は、初代『つり乙』から分岐したパラレルワールドだったが、その設定や登場人物は正伝である本作品で融合し、大部分が受け継がれたようだ。その辺りの事情は初回特典の『月に寄りそう乙女の作法 ルナAFAF』に詳しい。

Hシーンは1人あたり3つと数は控えめである。主人公がナルシストなため、女体に性的な興奮を覚えない上、精神面でサディストなのがアダルト描写上の特徴となっていて、セックスシーンでも積極的に笑いを取りにくる珍しい作風となっている。

当初は主人公にボイスがついていなかったが、『FullVoice Edition』として再販された際に、ON/OFFが選択できるようになった。旧パッケージ版をFullVoice Edition化するアペンドディスクも有料にて販売されている。後日譚として『月に寄りそう乙女の作法2.1 E×S×PAR!!』(2017年)が続いた。

個人的な印象としては、前作までのスリリングな雰囲気は弱くなり、コミカルな会話劇に力が入った明るい作品に仕上がっている。ギャグ作品として極上の一品であり、ヒロイン、脇役達はとても魅力的なのだが、主人公も色々と個性的すぎるため、実用面では人を選びそうだ。思い切り笑える作品をお探しの方にお勧めしたい。


公式HP
http://www.project-navel.com/tsukiniyorisou_2nd/





『ハーレムブレイド』 概要

ハーレムブレイドハーレムブレイド
ハーレムブレイドharlemblade02
©1996 GIGA
ハーレムブレイド (戯画)

・1996年04月26日 PC-9801用 3.5インチFD版
・1999年06月11日 Windows95/98用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、中世ファンタジー世界を舞台にしたアダルトRPG。『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』や『STEAM HEART'S』など、ゲーム性重視の作品を手がけていた『戯画』の5作目にあたる。

舞台は中世風の王国メイプリーズ。主人公「カイン」は高名な勇者の息子だが、スケベで不真面目な性格で、ぐうたらな生活を送っていた。一方、弟の「アベル」は世界中で華々しい活躍を果たし、名だたる勇者として故郷に帰ってきた。二人は幼馴染の美少女「ショコラ」をめぐって衝突するが、そんな中、ショコラが謎の光に包まれて消えてしまう。これを魔王ガルガンチュアの仕業とみたアベルは、自ら一ヶ月の期限を定め、魔王の討伐に旅立つ。一方のカインも、夢に現れた女神のお告げや、ショコラの残した言葉に引っ掛かりを覚えつつ、弟の跡を追うように冒険の旅へ出るのだった…。

ゲーム操作は2D見下ろし型で、町の中やダンジョンでは、上下左右にスクロールさせながら探索していく一般的なRPGである。一方、町から町へ、町からダンジョンへ、といったマップ間の移動にはフィールドマップが登場するものの、行き先は固定でフィールド散策は省略されている。戦闘は普通のコマンドバトルで、最大3人パーティ、メンバーの入れ替えは自由である。

本作品の大きな特徴は二つある。一つは主人公たちのLVや金銭、持ち物が、ゲームクリア時の状態のまま、再スタート時に引き継げる周回要素である。当時のアダルトRPGとしてはかなり画期的といえるだろう。

もう一つの特徴は、エルフの『同級生』のように、移動毎に時間を消費していく点、そして野放図に自由度が高く、ヒロイン達の攻略が任意な点である。ヒロインは15人も登場し、それぞれ独立のストーリーをもち、イベントは各地で並行して起こる。複数の同時攻略もある程度は可能だが、日付や時間のバッティングが多く、細かいフラグの検証が必要となる。そのため、各ヒロインの攻略はセーブ・ロードを繰り返しとなり、自力攻略の難易度はかなり高い。

シナリオの基本的な流れは、主人公が実力をつけて国王から認められ、魔王の住むダンジョンへの立ち入り許可をもらい、一ヶ月以内に魔王を討伐するまでのストーリーである。その途中、目の見えない少女の願いを叶えたり、貧しい子供に毎日恵んだり、濡れ衣を着せられた女性の身代わりに逮捕されたりで、女の子達から熱烈に求められるイベントが発生する。ゲームクリア後、Hに至った相手の中から一人を選ぶことにより、個別のエンドを迎える。

ヒロインの名前がお菓子からとられていたり、露骨なパロディが登場するなど世界観は緩く、メインヒロインのシナリオを除き、作風は全体的にコミカルな印象である。

ヒロインは国王の一人娘、王妃、シスター、中華なまりの召使い、盗賊団の元首領、騎士娘、賞金稼ぎ、売れっ子の娼婦、医療魔法の使い手、酒場のマダム、サキュバスなどで、Hシーンは基本的に一人一箇所である。主人公の悪人度にあたる「カルマ」というパラメータがあり、悪人でなければ見られないSMチックなプレイ、陵辱イベントも存在する。

続編に『ハーレムブレイド2』(2000年)がある。関連商品にCG&原画集がある。

個人的には、操作性や画面表示で粗っぽい点が目立ち、RPGとして洗練されているとは言い難く、序盤の印象は悪い。ところがゲーム性は意外に良く、やり込み性やストーリーの奥行きもある。ビジュアルシーンは癖が強いものの、見慣れると味があって面白く、ボリューム感は高い。嗜好が合えばかなり遊べる内容だったといえるだろう。ちなみに、OP映像にはボイス付きの主題歌が流れる仕様で、FM-TOWNSやコンシューマでは見かけるが、PC-98用のゲームとしてはかなり珍しいのではないだろうか。


『失われた未来を求めて』 概要

c5a5766d21
ushinaware02ushinaware03
ushinaware01ushinaware07
©2010 TRUMPLE
失われた未来を求めて (TRUMPLE)

・2010年11月26日 Windows用 DVD-ROM 初回限定版
・2011年02月25日 Windows用 DVD-ROM 通常版

(若干のネタバレを含みます)

10年代初頭の作品で、賑やかな学園生活と恋愛模様、そしてある悲劇をめぐる少年少女たちの奮闘を描いたアドベンチャー。愛称は「われめて」。TRUMPLEは本作品のリリースのみで活動を休止している。

舞台は東京近郊の海辺の学校、内浜学園。主人公「奏(そう)」はツッコミ担当の普通の学生である。彼の所属する「天文学会」は、一癖も二癖もある有能なメンバーが揃い、荒事にも強いことから、学生会執行部から特別な依頼を受けた。文化祭に向けて盛り上がりを見せる、各学会(部活動)の揉め事の鎮圧し、同時に不可解な事件を調査して欲しいというのだ。天文学会はリーダー「愛理」の指示のもと、懐柔や情報収集、実力行使など、それぞれの特技を生かして学内の治安維持を図っていく。その矢先、奏は夜の校舎で、裸で倒れている不思議な少女「ゆい」と出会うのだった…。

ゲームシステムは一風変わっていて、基本は一般的な選択肢分岐型、選択肢の少ない鑑賞メインのADVなのだが、周回によって分岐や攻略できるヒロインに制限がある。1周目はヒロイン固定のバッドエンド、2周目以降は、スタート時に分岐を図示したチャートが登場し、新たに出現したルートを選択、完了することで、さらに新しいルートが開放されていく流れとなっている。『YU-NO』のような細かい分岐点を探り当てる推理ゲームではなく、冒頭でヒロインを選択するタイプのADVに、順序とバッドエンド固定の周を加えたような印象である。

シナリオの序盤は、敵対的な柔道部との乱闘や、のどかな日常、幽霊騒ぎの調査などを通してヒロインとの仲を深め、恋愛に発展していく流れである。雰囲気はおおむねコミカルで明るい。ヒロイン個別ルートでは、それぞれとの甘い恋人風景が描かれる一方、どのヒロインでも1周目は同じ悲劇に見舞われる結末となる。この悲劇を回避するため、未来の主人公達の視点で分岐を探り、運命に抗っていくSF要素が物語の核となっている。

ヒロインは、家庭的で学内でも屈指の人気を誇る幼馴染、文武両道で、特に喧嘩では学内無双の天文学会会長、策謀家であり、Sっ気たっぷりのお嬢様の先輩、そして神秘的で天然な後輩の4人となっている。Hシーンは1人当たり3~4つと控えめ。

関連作品としては、2014年にTVアニメが放送された。また、月刊コンプエースにコミックが連載した後、月刊コミックアライブにて別作品がスタートしたため、漫画版は2作品が存在する。関連商品はビジュアルブックなど。

「ループもの」と呼ばれる作品の一種で、何度も同じ日をやり直す中、台詞が違ったり、新たな選択肢の出現で展開が大きく異なったりと、周回での変化を楽しんでいくADVである。最初は不可解だった出来事も、プレイヤーが事情を知った後で見ると感慨深い、という伏線要素も魅力だろう。

個人的には、ヒロイン達の艶やかで質感の高い髪の塗りが非常に印象的だった。立ち絵がまばたきするのも、この時代としては珍しく、生き生きとした表情を演出している。気になるのはギャグの上滑り感で、軽妙な会話劇を目指したのが分かるものの、わざとらしさがシュールさに勝ってしまっている。悪役が陳腐すぎてリアリティがないのも難点か。


トランプル スタッフブログ
http://trumple.jugem.jp/





『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』 概要

yu-noyu-no
yu-noyu-no
©1996 ELF
この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (エルフ)

・1996年12月26日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版 CD-ROM版
・1997年12月04日 セガサターン用 限定版 通常版
・2000年12月22日 Windows95/98用 CD-ROM 『エルフ大人の缶詰』に収録
・2017年03月16日 PS4用 限定版 通常版 
・2017年03月16日 PS Vita用 限定版 通常版

90年代中頃の作品で、学生の主人公が並列世界を渡り歩き、様々な陰謀や古代遺跡の謎を解き明かしていくミステリーアドベンチャー。PC版、コンシューマ版が共に大ヒットを記録し、非常に知名度が高い。

主人公「たくや(名前変更可)」は、一見おどけた性格ながら、鋭い洞察力と正義感を秘めた学生である。歴史学者の父親が事故で行方不明になってからは、義理の母親への接し方に悩み、素行も荒んでいたが、ある日、死んだ筈の父親から荷物が届く。そこには、俄かには信じがたい学説と事情が綴られ、次元と時間を少しだけ移動できる神秘的な装置、「リフレクターデバイス」が不完全な形で納められていた。父親の行方を追うたくやは、学園長の不審な動きや、遺跡周辺で多発する落雷事故の謎、猟奇事件などに巻き込まれて追い詰められ、その度に並列世界を遡ることで、運命の突破口を探り当てていく。

ゲームシステムはコマンド型で、移動先に自由があるタイプのADVである。前半は『ELLE』のようにアイコンを使い、自宅、学園内、遺跡の残る海岸、繁華街などを巡回し、画面内の気になる点や人物の口をクリックしすることで、情報やアイテムを入手していく。一方、OPや後半はコマンド選択式で、「見る・調べる」「話す」といったコマンドを総当りすることで進展していく。

風変わりなのは「A.D.M.S(アダムス)」という独特のシステムである。主人公が体験したストーリーの流れは、一枚のまっさらなマップ上で、線として記録されていく。どんなに慎重にプレイを進めても、やがて行き詰まるか、あるいはバッドエンドを迎えてしまう。そこで様々な分岐点を試すことになり、マップはストーリーの分岐点、合流点を図示した巨大なフローチャートになっていく。

マップはいつでも呼び出すことができ、特殊なアイテム「宝玉」を使うことで、過去の任意の位置からスタートできる仕組みである。宝玉はセーブ用のチケットのようなもので、数に限りがあるものの、ロードすることで回収もできるため、どう使いまわしていくかも戦略要素となる。

小さな分岐を丹念に踏破したり、別のヒロインのルートで重要アイテムを入手することで、複雑に絡み合った何本もの同時進行なストーリーが、少しずつ解き明かされていく仕組みとなっていた。

シナリオは、前半と後半で雰囲気が大きく異なる。前半部分は現代日本を舞台にしたSFミステリーで、プレイヤー自身が謎を解かなければならない本格派であり、難易度は高めである。構造はヒロイン個別ルートを備えた恋愛ADVに近く、それぞれと結ばれるまでが描かれる。一方、後半は雰囲気もシステムも全く異なり、異世界を舞台にした分岐のない一本道の構造となっている。

Hシーンはほぼヒロイン一人につき一箇所で、全体のボリュームの割に比重はない。ヒロインは義理の母親、TVの人気キャスター、謎めいた転校生、ツンケンとしたお嬢様、美人秘書などである。ヒロインを狙う卑劣漢も登場し、主人公の嫉妬心を煽るなど、物語のスパイスになっているのが印象的である。

通信販売の購入特典に『スペシャルディスク』があり、追加シナリオを含んでいたようだ。セガサターン版では露骨な性描写がなくなった代わりに、ボイスが加わっている。派生作品にOVA版、小説版があり、PS4、PS Vitaでのリメイクに合わせ、Webコミックの連載もコミッククリアにてスタートしている。

A.D.M.Sは『EVE burst error』(1995年)の流れを汲み、さらに複雑で奥行きのある謎を表現しており、本作はミステリーの傑作といえるだろう。また、設定の理論付けには実在の科学、数学、宗教、歴史などから数多くの学説、用語が引用されており、その解釈を巡ってファンの間で議論が交わされるなど、カルト的な魅力も備えていた。こうしたことから、その世界観は「ループもの」と呼ばれるフィクション群に広く影響を及ぼしたと思われる。代表例として、漫画『神のみぞ知るセカイ』の着想の元となったことで知られている。

ビジュアル、音楽面もハイレベルで、ボリュームも飛び抜けて充実しており、当時の一流作品だったのは間違いない。一様に評価の高い作品で恐れ多いのだが、個人的には異世界編での主人公の目標の幼さ、無謀さ、活躍の無さが気になり、物語に集中するのが難しかった。


PS4/PS Vita版 公式サイト
http://yu-no.jp/


記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代から生きながらえている学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。2016年秋に好き嫌いしないことを誓ったが、グロと鬱はやっぱり苦手。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を
各ガイドラインに従い引用しています。
このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03