title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ランス5D ひとりぼっちの女の子』 概要

rance5d00rance5d01
rance5d02
rance5d03
©2002 ALICESOFT
ランス5D ひとりぼっちの女の子 (アリスソフト)

・2002年10月25日 Windows用 CD-ROM版 【Amazon】【駿河屋
・2014年06月27日 ダウンロード販売開始 【DMM】【DL.Getchu】【Gyutto】【DLsite

00年代序盤の作品で、鬼畜な戦士の冒険を描くミニRPG。『鬼畜王ランス』(1996年)に続く、ランスシリーズの通算8作目で、定価は2800円(税抜)のロープライスだった。

タイトルは企画コードの「ランス5A」「5B」「5C」が、いずれもボツになった事に由来する。実質的に「ランス5」にあたる作品だが、資料によっては「4.2」と「5D」に間に、未発表の「ランス5」があるとされている。

(あらすじ)主人公ランスは、美女とのセックスの為なら手段を選ばない、鬼畜な冒険者である。奴隷のシィル、人工生命体あてな2号を連れ、とある迷宮の探査をしていたランスは、出口を探してさまよう内に、和風の妖怪達が暮らす不思議な城下町に辿り付いた。城に住む訳ありな美女「リズナ」に頼まれ、彼女の処女を条件に、怪しいお願いを叶えてあげるランスだが…?

ゲームシステムは独特なRPGで、ルーレットやサイコロなど乱数要素を使ったRPG要素と、探索ADV風の謎解き要素の組合せである。セーブは自動セーブのみとなっている。

ダンジョンはマップがなく、巨大なルーレットで緑色に止まればシナリオ進行、橙色が出ればザコ敵と戦闘、黄色が出れば宝箱、といった具合に、ルーレットの出目によって次の展開を決定していく。戦闘は6面ダイス中心で、1~6の数字の一つ一つに「攻撃」「防御」といったコマンドが割り当てられており、ターン毎にサイコロを振って殲滅を目指していく。

ただし、全くの運任せという訳ではなく、ルーレットの出目を調整して進行を早めたり、コマンドの割り当てを編成することができる点がゲーム要素となっている。アイテム類は豊富で、女の子モンスターを仲間にできるなど、ミニRPGにしては高い自由度を備えていた。

街中は探索ADV風で、井戸、城門、長屋といった場所を繰り返し巡り、人々と会話したり、怪しい箇所を調べたりする中で重要アイテムを入手し、イベントを進展させていく流れである。

シナリオは、従来通りのワガママな主人公が、適当な嘘で騙したり、立場を利用して女の子にイタズラを仕掛けていくコミカルな展開である。男や妖怪は容赦なく殺す酷薄さが目立つ一方、セックスは以前より和姦傾向が強くなっている。レギュラーメンバーは運勢占い大好きコパンドン、レア女の子モンスターの復讐ちゃん、騙されやすい金髪の和服美人リズナが初登場している。

続編は大作RPGの『Rance VI -ゼス崩壊-』(2004年)。以後、『戦国ランス』『ランス・クエスト』『Rance IX -ヘルマン革命-』と大型作品が続いていく。

個人的には、頭身が低く柔らかい雰囲気になったビジュアルと、ラップ入りで和風感も取り入れた軽快なBGMが印象的だった。ゲーム性も奇抜ながら丁寧な仕上がりである。シナリオは短いが、ロープライスの中でも安い価格だったことを考慮すると、かなり充実した内容だったといえるだろう。


公式HP
http://www.alicesoft.com/rance5d/
ランスワールドノート【公式】
http://www.alicesoft.com/haniwa/rance/series/post-21.html





調査担当

TVアニメ化されたエロゲ

TVアニメの原作になったPC向け18禁ゲームを一覧にしてみました。以下の事に注意してください。

・ネット配信のみのアニメを含めていない。(最終試験くじら等)
・地上波とは限らない。(BS・CS放送のみの場合がある)
・源流がエロゲながら、派生作品として独立し、全年齢化した作品のアニメ化を含めない。
 (Fate/Grand Order、トータル・イクリプス等)
・オリジナルが全年齢で、後に18禁版が出たゲームを含めない。(リトルバスターズ)
・内容が原作から離れ、ほぼ別物になっているケースがある。(魔法少女リリカルなのは等)
・連作の場合、発売日は一作目のもののみ記述。
・放送日は、最も放送の早かった局の放送期間で、実際は地方によりバラつきがある。
2018年01月12日 時点の一覧です。


続きを読む
調査担当

『月に寄りそう乙女の作法2.2 A×L+SA!!』 概要

2_00
2_012_02
2_032_04
©2017 Navel
月に寄りそう乙女の作法2.2 A×L+SA!! (Navel)

・2017年12月22日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon】【Getchu】【駿河屋

10年代後半の作品で、『月に寄りそう乙女の作法2』の後日談などを収録したエピソード集。『月に寄りそう乙女の作法2.1 E×S×PAR!!』に続く第2弾。シリーズ通算6作目。

『2.1 E×S×PAR!!』がエスト、パル子ルートの後日談を収録していたのに対し、こちらは大叔母で規則にうるさいピアノ科の学生「ルミネ」、世界的女優でありながら、演劇科に通うストーカー気味の変人「朔莉(さくり)」との後日談、脇役だった実の妹「アトレ」と結ばれるまでの新展開を収録しており、この3本がメインコンテンツとなっている。定価は¥7,800(税抜)のミドルプライスだった。

アフターストーリーは、選択肢のない純粋な読み物で、穏当な内容となっており、コミカルな会話劇とセックスが中心となっている。

一方、アトレ編は選択肢があり、マルチエンドを迎える本格シナリオである。明るい人生から一転、日陰者の生活に落ちてしまった主人公が、どん底からの逆転を目指すストーリーで、禁断の関係も絡み、重苦しい雰囲気となっている。

特典としてルナとアトレのトンデモ設定なミニエピソード『月に寄りそう乙女の作法1.1』が付属した他、販売店舗ごとに様々な予約特典が用意され、販売イベントも開催されている。

個人的にはアトレ編に関して、人を選びそうなリスキーな筋書きが印象的だった。本編の楽天的でコミカルな設定が裏返り、プレイヤーにとっても後ろめたく、居心地の悪い展開が続いていく。シリーズ原点への回帰だが、『つり乙2』本編の雰囲気が好きだった方は、それなりの覚悟をしておいた方がいいだろう。


公式HP
http://www.project-navel.com/tsukiniyorisou_2nd_alsa/




調査担当

『つよきす3学期』 概要

つよきす3学期つよきす3学期つよきす3学期
つよきす3学期つよきす3学期
つよきす3学期つよきす3学期

©2011 CandySoft
つよきす3学期 (きゃんでぃそふと)

・2011年03月31日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon】【駿河屋
・2012年05月31日 PSP用 限定版 【Amazon】【駿河屋
・2012年05月31日 PSP用 通常版 【Amazon】【駿河屋
・2013年04月25日 PSP用 廉価版 【Amazon】【駿河屋
・2013年04月26日 Windows用 DVD-ROM 『Full Edition』 初回版 【Amazon】【駿河屋
・2014年06月18日 Windows用 DVD-ROM 『Full Edition』 通常版 【Amazon】【駿河屋
・2015年01月23日 DL版 『Full Edition』 【DMM】【Gyutto】【DL.Getchu】【DLsite
・2015年12月25日 Windows用 DVD-ROM 『つよきすCHRONICLE~COMPLETE~』 限定版
・2016年01月28日 Windows用 DVD-ROM 『つよきすCHRONICLE~COMPLETE~』 通常版
・2016年08月01日 DL版 『つよきすCHRONICLE~COMPLETE~』
 【DMM】【DL.Getchu】【DLsite】【Gyutto
・2017年05月12日 DL版 『つよきす全部入り』 【DMM】【DL.Getchu】【DLsite】【Gyutto


10年代序盤の作品で、強気な女の子をテーマにしたアダルトアドベンチャー。『つよきす』『つよきす2学期』に続くシリーズ3作目。

前々作、前作で誰とも結ばれなかった世界。従姉の乙女さんとの同居にも慣れ、憧れだった生徒会長とも馴染み、気難しい子とも打ち解け、ドタバタで楽しい毎日を過ごすレオだったが、ほんの少しだけ、心ときめくような変化を求めていた。季節は移り変わって冬。乙女さんの卒業が間近に迫り、いよいよ舞台は最終シーズンへ突入する。

ゲームシステムはヒロイン選択型だが、選択は一箇所のみで簡素になった。長めの導入部分(共通パート)の後、マップ上のヒロイン7人の中から1人を選ぶことにより、後半は個別パートに分岐する。会話中の所々で選択肢が出現するが、どれを選んでも分岐やゲームオーバーはなく、その場の会話や演出が変化するのみである。

ストーリーは、前作に続きコミカルな学園物で、普通な主人公と強気で個性的なヒロインが、送別会(という名の体育大会)、弁論大会、バレンタインデー、日常のトラブルをきっかけに接近したり、衝突したりしながら惹かれ合い、固い絆で結ばれるまでの展開である。シュールで突き抜けた設定が特徴のギャグ作品だが、今回は一部にシリアスなバトル展開などを含み、クライマックスを彩っている。

一見すると、ヒロインは前作での7人だけで、セックスシーンも1人1ヵ所と控えめである。しかし、全ルートのクリア後には、おまけとしてHシーン付き後日談が解放され、不真面目な担任の「祈先生」、クラスメイトで褐色肌のスポーツ少女「真名」、料理部の「豆花(トンファー)」と結ばれる個別シナリオ(2学期PSP版のオリジナルストーリーに後日談を追加したもの)が開放されるという、ファンディスクの役目も兼務している。

本作品がPSPに移植された際は、Hシーンがカットされた代わりに、シナリオの一部が加筆されている。後に『つよきす3学期 Full Edition』としてPC向けにリニューアルされた際、それらは統合された。シリーズ続編として『NEXT』『FESTIVAL』が続いている。

個人的な印象としては、2作目での失点を取り戻す力作で、軽快なテンポのボケとツッコミが楽しい。ボリューム感は非常に高く、シナリオ終盤は熱くドラマティックで、シリーズの締めくくりに相応しい仕上がりになっている。一部ビジュアルの拙さ、おまけシナリオの不安定さが気になるものの、ギャグ作品が好きな方にお勧めしたい。


公式HP
http://www.candysoft.jp/ohp/01_products/tuyokiss3/index.html


調査担当

『さおりんといっしょ!!』 概要

saorintoissho00saorintoissho02
saorintoissho06saorintoissho05
©1996 Leaf/AQUAPLUS
さおりんといっしょ!! (Leaf)

・1996年11月22日 Windows95用 CD-ROM 【駿河屋Amazon
・2000年01月28日 Windows98用 CD-ROM リニューアル版 【駿河屋】【Amazon

90年代中頃の作品で、Leafアミューズメントソフト(ファンディスク)の第一弾。

雫 -しずく-』(1996年)、『痕 -きずあと-』(1996年)に関するコンテンツがメインで、雫のヒロインの1人、「新城沙織」がナビゲーターを務めている。定価は税込みで3000円以下と、ロープライスの価格帯だった。主な内容は以下の通り。

◆さおりんといっしょ
 ナビゲーターによる時報や季節ごとのコメントが聞けたり、背景色の設定ができる。
◆新作紹介
 開発中だった新作『ToHeart』の説明、ヒロイン立ち絵の公開など。
◆おまけシナリオ
 「痕 -きずあと-」の番外編で、主人公と柏木四姉妹の体が入れ替わる騒動を描いた、コミカルなショートシナリオ「柏木家の夜」。
◆ミニゲーム
 ヒロイン達の乗ったハムスターの順位を予想する「生ハムレース」と、初音ちゃんとの「神経衰弱」。
◆リーフ愛の絆
 ファンの投稿したCG、曲の歌詞、同人誌の紹介と、Leafの運営していたパソコン通信用のBBS、リーフNETの紹介。
◆旧作紹介
 『DR2ナイト雀鬼』『フィルスノーン』『雫 -しずく-』『痕 -きずあと-』の原画、開発裏話、音楽、ボツになったゲームの資料が閲覧できる。
◆キャラ人気
 アンケートハガキの結果を元に、『雫 -しずく-』『痕 -きずあと-』の登場人物の、作品ごとの人気順位を発表。

これ以外にも、スクリーンセーバーやデスクトップ用壁紙、MIDI音源といったデジタルアクセサリー類を収録している。

Leafアミューズメントソフトは、『初音のないしょ!!』(1997年)、『猪名川でいこう!!』(2000年)、『アルルゥとあそぼ!!』(2004年)、『愛佳でいくの!!』(2009年)が続いた。


調査担当

『V.R.デート☆五月倶楽部』 概要

mayclub00mayclub01
mayclub04mayclub06
©1995 desire/エクセレンツ
V.R.デート☆五月倶楽部 (Desire/エクセレンツ)

・1995年08月25日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1996年10月25日 Windows95用 CD-ROM版
・2001年05月11日 Windows用 CD-ROM 『五月倶楽部DX』 【駿河屋】【Amazon
・2005年05月13日 DL販売開始(DX版) 【DLsite】【Gyutto】【DMM】【DL.Getchu
・2006年09月29日 Windows用 CD-ROM 『五月倶楽部DX』 廉価版 【駿河屋】【Amazon

90年代中頃の作品で、仮想空間を舞台に様々な女の子が口説けるナンパ系のアドベンチャー。五月倶楽部の読みは「メイ・クラブ」で、「メイク・ラブ」とのダブルミーニングになっている。

舞台は技術が進み、バーチャル・リアリティが珍しくなくなった近未来。主人公「肇」は社会人デビューを控えた大学生である。街角でのナンパに励もうと思っていた矢先、新手の出会いサービス「五月倶楽部」の広告を目にした肇は、興味を抱いて繁華街にあるビルに向かった。五月倶楽部は主人公の住む街をそのまま再現し、会員の見た目も正確に反映され、触感も伝わる、リアルな仮想空間が売りの最先端な出会いスポットだった。肇は高額なプリペイドカードを購入し、理想の彼女を手に入れるため、VR内で出会った女の子たちに積極的に声をかけていく。

ゲームシステムは、当時流行のスケジュール管理型ADVである。2月中頃から3月末まで毎日、朝、昼、夜ごとにVR内の繁華街や駅前、路地裏、ラブホテルなどを巡回し、出会った相手との会話イベントを進展させていく。出没する場所や時間帯、曜日はある程度の法則性があるため、自力攻略は細かいメモを取り、自分なりのスケジュール表を作っていくことになる。

移動先に自由があるものの、他にコマンドはなく、操作は移動先の選択と、選択肢の組合せである。攻略は複数ヒロインの同時進行が可能だが、残り日数に関係なく、仲が進んだ時点で個別エンドを迎えることが多いのが特徴である。

ヒロイン達の立ち絵が、セリフ毎に表情やポーズを変えるのも特徴的で、後に一般的になる表現だが、時期的に早く、おそらく先駆者といえる作品である。当時は小さな顔ウィンドウ内で喜怒哀楽を表現する程度で、立ち絵そのものを変化させる作品は他に見当たらない。

シナリオは、軽薄で調子のいい性格の主人公が、座席型VR装置を備えた個室を借り、プリペイドカードの残高を消費しながら、仮想空間内でナンパを繰り広げる流れである。女性は夫の不倫疑惑、職場への不満、片思い、失恋、性格や肉体へのコンプレックスなど、現実世界で重大な問題を抱えているケースが多く、主人公が相談に乗ったり、騙されたり、熱く説教したりしながら心を掴み、セックスに発展していく。

VR内のヒロインと、現実のヒロインの姿にギャップがあるケースが多いのがシナリオ上の特徴で、実は地味な性格だったり、男だったり、非常に若かったり、逆に子供じゃなかったりと、2つの側面が楽しめる。ヒロインは9人で、中には極端に未成熟な肉体表現になっている場合もある。セックスシーンはVR内で1つ、現実世界で1つが基本である。

後に『五月倶楽部DX』としてリニューアルされた。シリーズは『V.R.デート☆五月倶楽部2』が続き、『陵辱サンタ』との組合せでDVD-PG化している。

個人的な印象として、テーマやゲーム要素は人気の後追いの形だが、操作性やゲーム性が洗練されていて、程よい攻略要素が楽しめる作品である。また、インターネットが一般的でなく、ネットゲームも原始的だった時代にも関わらず、VR空間がMMO的な多人数の同時参加で、既にネカマやハッカーが出没し、人々が開放的なのは興味深い。優れた未来予測をもった作品といえるし、外した部分は狙ったものではないにしろ、ユーモアを感じさせてくれる。もちろん技術の発展により、この先VRが出会いサービスに利用される可能性も大いにあるだろう。


調査担当

『放課後恋愛クラブ -恋のエチュード-』 概要

houkagorac00houkagorac02
houkagorac03houkagorac04
©1996 LIBIDO

放課後恋愛クラブ -恋のエチュード-
 (LIBIDO)

・1996年12月13日 Windows95用 CD-ROM版 【駿河屋】【Amazon
・1996年12月13日 Macintosh用 CD-ROM版 【駿河屋
・1998年01月15日 セガサターン用(18歳以上推奨)初回版 【駿河屋】【Amazon
・1998年01月15日 セガサターン用(18歳以上推奨)通常版 【駿河屋】【Amazon
・2003年04月25日 Windows用 CD-ROM 『Casual Romance Club』(英語版) 【Amazon
・2006年12月22日 Windows用 CD-ROM 廉価版 【駿河屋】【Amazon

90年代中頃の作品で、気軽に始める恋をテーマにした恋愛シュミレーション。LIBIDOの6作目。

主人公(名前は任意)は、女の子に人気の高い男子学生。友人の「威明」に誘われた主人公は、毎日放課後にファミレスへ集まり、恋のきっかけを探すサークル、「恋愛クラブ」に参加することになった。はじめは身近な知り合いばかりだったが、他校の生徒や女子大生、ファミレスの店員、中学生まで加わり、女の子の顔ぶれはバラエティ豊かになっていく。主人公は気になる相手と“ツーショット”になって何気ない会話を交わし、お互いの理解を深めていく。

ゲームシステムは特殊で、スケジュール管理型ADVの一種である。コマンド類はなく、一日ごとに対話相手を12人の中から選び、その日の話題を選び、相手からの質問に三択の中から答えていく。ツーショット時間の後、一緒にお出かけしたり、週末デートの約束を取り付ければ、更に仲が進展していく流れとなっている。

ちなみに、デートの予約に使うチケットの枚数に限りがあるため、複数の同時攻略は不可能である。デートの約束には、話題選びで当たりを引き、かつ質問に対してベストな回答をする必要があったり、僅かなタイミングを捉える必要があったりで、正誤も判別しがたく、女の子によっては自力攻略が難しい。

画面表示も変わっていて、メインCG、メッセージ欄、マップ、現在地などが、それぞれ独立したウィンドウで表示されており、自由に移動したり非表示にできる、ペイントツールのような自由配置となっている。

シナリオ面では、どの娘とも特別にドラマチックな展開はなく、最初から最後まで、何気ない会話に終始する点が非常に特徴的である。話題は恋愛観、友人関係、趣味、バンド活動、習い事、ダイエットなどで、些細なきっかけで相手に興味を持ち、お試しデートとセックスを通じて恋が進展していく、リアルな恋愛描写となっている。

ヒロインは主に高校生で、年齢は13歳から21歳まで幅があり、平均で16.5歳と低めである。当時はヒロインの設定が18歳未満の作品が珍しくなく、翌年あたりから規制が進んだようだ。Hシーンは1人あたり2、3箇所で、スカトロ要素のない、ごく普通のセックスである。

本作品にCVはないが、翌年のデジタルアクセサリー集『恋のアンサンブル』に収録されたデータにより、一部の音声が再生可能になった。また、ヒロイン達の顔ぶれはそのまま、過激な性描写をテーマにした姉妹作『放課後マニア倶楽部 -濃いの欲しいの-』が続き、大きな話題となった。派生作品にOVA版ライトノベル版アダルト小説版がある。関連商品はフィギュア原画集、テレカなど多数。

個人的な印象としては、当時流行し始めていた「ドラマ性重視」の恋愛ゲームに対して、「リアルな恋愛」を提案し、軽いきっかけの交際を描いたユニークな作品である。ヒロイン達も現実にいそうな個性の持ち主ばかりで、萌えキャラへの抵抗が強い人でも受け入れ易そうだ。難点はやや理不尽なゲーム性と、メッセージの表示速度が一定で、キーによる“送り”やスキップができないため、自力攻略の際、膨大な時間を取られてしまうところで、その辺りもまたリアルである。


LIBIDO OFFICIAL WEB SITE
http://www.libido.ne.jp/archives/?page=houkago


調査担当

『太陽のプロミア』 概要

puromia00puromia01
puromia02
puromia03
puromia04

©2011 SEVEN WONDER

太陽のプロミア
 (SEVEN WONDER)

・2011年05月27日 Windows用 DVD-ROM 初回版 【駿河屋】【Amazon
・2012年02月24日 Windows用 DVD-ROM 『FDぷらす!』に同梱 【Amazon
・2013年04月05日 ダウンロード版 【Gyutto】【DL.Getchu】【DMM】【DLsite
・2016年12月22日 ダウンロード版 『FDぷらす!』 【DMM

10年代序盤の作品で、ファンタジー世界を舞台に6人の女の子の活躍と恋模様を描いたアダルトアドベンチャー。『SEVEN WONDER』のデビュー作。

舞台は「光炉」と呼ばれる機械により栄える不思議な街「ミルサント」。この街は定期的に現れる太陽の女神「プロミア」の加護のおかげで、人々は豊かに暮らしていた。そんな平和な街に突如現れた、記憶喪失の男「コダマ」と、決して切れない紐で結ばれた幼児「ぷぅ」。2人は街の人々に暖かく迎えられ、記憶の手がかりを探し始める。一方その頃、東の森から強力な侵略者が入り込み、黒禍と呼ばれる闇がミルサントを覆い始めた。騒動に巻き込まれた2人は、街を治める6人の神官「六花(りっか)」と協力し、黒禍に侵された六花たちの力を解放していく。

ゲームシステムは選択肢分岐型ADVで、選択肢の少ない鑑賞メインの作品である。共通パートと個別ルートの組合せだが、周回によって選べるヒロインルートに制限があり、回数をこなす内に選択肢が増え、徐々に謎の核心に迫っていく、メインストーリー重視の作りとなっている。

ストーリーは変身ヒロインのバトル物の一種で、序盤は主人公一行が、旅の中で六花と呼ばれる神官たちに1人ずつ出会い、その力を解放して敵を撃退していく流れである。同時に暗躍する敵の動向、不吉な前兆も描かれ、更に謎が深まっていく展開となっている。

ヒロインは生真面目で短気な赤の六花、クールで博識な青の六花、優雅でいたずらっぽい黄の六花、馬鹿力で人懐っこい警備隊長、口下手で無表情のケモ耳娘、小悪魔的な敵の首領の6人である。Hシーンはヒロイン1人あたり2つで、合計12個と数は控えめ。挑発的な流し目や構図、大きな恥丘、積極的なセリフの数々が印象的である。

翌年にファンディスク『太陽のプロミア Flowering Days』が続いた。関連商品は予約特典として各店舗ごとに様々なグッズが付属した他、ドラマCD主題歌集、抱き枕カバー等がある。

個人的には、ユニークで丁寧に作られた世界観が印象的で、謎も奥行きがあり、賑やかな会話劇やBGMも楽しい。絵のタッチも合わせると、かなり個性的なファンタジー作品といえるだろう。難点は分岐先が選択肢から推測できない点で、ネタバレの都合上、先にプレイしておくべきルートを素通りしてしまう可能性がある。攻略サイトで選択肢先を確認しておいた方が良いかもしれない。


公式HP
http://www.seven-wonder.jp/sw01/index.php


調査担当

『鬼畜王ランス』 概要

kitikuo00kitikuo08
kitikuo07kitikuo05
©1996 ALICESOFT
鬼畜王ランス (アリスソフト)

・1996年12月19日 Windows95用 CD-ROM 初期ロット版
・1997年02月**日 Windows95用 CD-ROM 豪華版
・1997年04月**日 Windows95用 CD-ROM 普及版
・2006年09月**日 配布フリー宣言

90年代中頃の地域制圧型シミュレーションゲーム。『Rance』シリーズの番外編で、長大なボリュームとやり込み要素を誇り、数年をまたぐ大ヒット作となった。

(あらすじ)『ランスⅣ』の後、盗賊の首領となって面白おかしく暮らすランスだったが、ヘルマン軍の不意打ちに遭い、大切な奴隷シィルが捕われてしまった。復讐を誓ったランスは、やむなくリアと結婚してリーザス国王となり、またたく間に内乱を鎮圧し、立ち塞がる勢力や都市を制圧して、各国の美女達を獲得し、夜伽のコレクションに加えていく。

シナリオは、「もし、ランスが王様になったら…?」というifストーリーになっており、シリーズの本線から逸脱したパラレルワールドである。しかし、後のシリーズの舞台となる魔法王国ゼスやJAPAN、ヘルマンのマップもあり、各国の主要人物の原形が登場するなど、ランスの世界観を前倒しに、大雑把に完成させたような印象である。

ゲームシステムは戦略SLGの一種で、マップ上の街を1つ1つ制圧し、領土を拡大していく流れである。それと同時に、街の住人や元敵将たちをイベントを進めることで獲得し、ハーレムと配下の武将を充実させていく。一般的な戦略SLGに比べると、内政的なコマンドは簡素で、各キャラクターとの特殊イベント探しに比重が高い印象である。

戦闘は最大4対4のコマンドバトルである。各ユニットには、率いる軍勢の数、攻撃力や防御力といったパラメータの他、武将個人の強さやHP、特殊能力、必殺技が別にあるのが特徴的である。一般的に軍勢の人数が多い方が有利だが、「戦闘域」という制約要素や、一般人ではダメージを与えられない「魔人」の存在があるため、時には必殺技を使って武将を直接狙ったり、「作戦」や地形効果、装備品、特定の武将ペアによる補正を活用したり、といった戦術が求められる。

他国との戦争と別に、ダンジョン探索要素もあり、1ユニットを派遣して装備品や重要アイテムの獲得を目指していく。ダンジョンは計27つである。

配下になるユニットは51人、ハーレムに入る女性は50人で、登場するキャラクターは、端役も含めると200人近い。エンディングは6種類ほどあり、その際に女性キャラクター66名の「幸福」「不幸」判定が下る。これは後の「キャラクリ」にあたる仕組みで、中にはランスが全く関わらなかったことで幸福になる女の子も存在する。一度のプレイで全ての仲間を獲得し、イベントをコンプリートするのは不可能で、繰り返しプレイが必要な重度のやり込みゲームとなっている。

アダルト要素は、基本的に1人あたりCG1枚である。1つ1つの描写は短いが、とにかく数が多いので、全体の中での比重は高めである。ランスが相手の弱みを握り、取引や脅迫で寝室に呼び出し、無抵抗な相手に好き放題するケースが多い。それに相手から迫ってくるケースが続き、一部にランスがお仕置きとして強姦するケース、モンスター達による陵辱シーンなども含まれている。

人気の割に生産数が少なかった為、発売から数ヶ月間にわたって全国的な品切れ状態が続いたようだ。シリーズは『ランス5D -ひとりぼっちの女の子-』(2002年)、『Rance VI -ゼス崩壊-』(2004年)と続いている。関連商品は設定資料集山本五十六フィギュアなど。

後の『大悪司』(2001年)、『大番長』(2003年)、『戦国ランス』(2006年)などに繋がる、地域制圧型SLGの一作目である。個人的な印象として、非常に自由度が高く、アダルトゲームとしては空前のボリュームとやり込み性を備えた作品である。世界観は重厚で、ビジュアルは丁寧、シナリオは続きが気になり、ノリノリのBGMも小気味良い。業界の主流と距離を置き、孤高のジャンルを開拓した作品だった。


ランスワールドノート【公式】
http://www.alicesoft.com/haniwa/rance/series/post-22.html


調査担当

『きゃんきゃんバニープルミエール2』 概要

きゃんきゃんバニープルミエール2きゃんきゃんバニープルミエール2
きゃんきゃんバニープルミエール2きゃんきゃんバニープルミエール2
©1996 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.

きゃんきゃんバニープルミエール2 (カクテルソフト)

・1996年12月20日 セガサターン版 (18歳以上推奨)
・1996年12月26日 Windows3.1/ 95用 CD-ROM 初回版 通常版
・2016年02月05日 DL販売 『きゃんきゃんバニープルミエール2 Refresh』 【DMM

90年代中頃の作品で、ナンパな大学生が片っ端から女性を口説いていく恋愛アドベンチャー。『きゃんきゃんバニー』シリーズの7作目。時系列はプルミエールの後、エクストラの前となっている。

5作目の『プルミエール』にて、七福神に女縁を授かった主人公だったが、結局恋は実らず、女の子を手当たり次第にナンパする日々を送っていた。そんなある日、空から大きな卵が降ってきて、主人公の頭を直撃する。新たな神様が宿ったその卵は、事故により主人公と縁が結ばれ、孵化するまで天界に返すことができなくなってしまった。疫病神や貧乏神が生まれるのを防ぐには、10日以内に縁のある女の子達を探し出し、幸せにするしかない。そんな訳で、再び居候となったスワティや老人たちに励まされつつ、目印となる「導きの星」を頼りに、主人公は新たな出会いに挑んでいく。

ゲームシステムは過去作品のいずれとも異なり、カーソルによるコマンド操作、選択肢による好感度稼ぎ、スケジュール管理要素の組合せとなった。

移動先に自由があるタイプで、自宅を起点に、マップ上の公園やバイト先、アーケード街などを繰り返し巡り、女の子を見つけて会話イベントを進展させていく時間経過ありのADVである。コマンドメニューはなくなり、相手の顔をクリックすれば「話す」、胸をクリックすれば「見る」といった具合に、カーソル操作で会話を進めていく。

女の子には好感度、幸福度という二つのパラメータがあり、会話中の選択肢などで上下していく。基本的に親切に接したり、容姿を褒めたり、悩み相談で真面目に答えたりと、紳士な選択が好まれる。逆に時間を守らなかったり、二股をかけたことを認めるような発言をすると、即座に破局を迎えてしまう。

ハッピーエンドを見るためには、一度のプレイで多数のヒロインを口説き落とす必要があり、ヒロインの出没する場所、時間は法則性があるため、自力攻略は細かいメモを取り、自分なりのスケジュール表を作っていくことになる。

ストーリーは、スケベで軽薄な大学生の主人公が、縁に導かれた女の子と出会い、道を教えたり、介抱したり、パフェを奢ったり、趣味の話で心を掴み、デートなどで急接近していく流れである。ただし個別エンドはなく、告白を受けてセックスに至るものの、やがて転居や留学で離れ離れになり、どの娘とも微妙に脈ありで曖昧なエンディングを迎えることになる。

ヒロインは、お隣のツンケンした予備校生、正反対の軽そうな予備校生、バイト先の新米店長、高校時代の気さくな友人、のんびりとした深窓の令嬢、忙しそうな空間プロデュース事務所の経営者の6人となっており、クリア条件を満たすことで、それぞれのその後が描かれる。

Hシーンは1人あたり1、2箇所で、アダルト要素には比重がない。その代わり、彩色は256色の鮮やかなものになり、ヒロイン達の台詞はフルボイスで、キスシーンなど所々がアニメーションで描かれるなど、新ハードに積極的に対応している点が特徴である。

Windows版とほぼ同時だが、家庭用ゲーム機版がやや先行するという、珍しい販売順序だった。2016年に『きゃんきゃんバニープルミエール2 Refresh』として復刻されている。シリーズは『きゃんきゃんバニー1 Primo』(1997年)、『きゃんきゃんバニー6 i・mail』(2000年)が続いた。

個人的な印象としては、ストーリー的に浅く古めかしいものの、ビジュアルのレベルが高く、操作やゲーム性がスッキリしたおかげで洗練され、程よい攻略要素を楽しめる作品である。時代に食い下がったナンパゲーム最後の優等生といったところか。

Windows95は社会現象にまで発展した大ヒットOSで、その影響はアダルトゲームにも及んでいる。画面はやや縦長になり、最大256色は凝ったドット打ちを必要とせず、CD-ROMドライブが標準となったため、主題歌入りのOPが作品の顔となり、プロ声優による台詞吹き込みが当たり前になっていく。本作品は一番乗りではないものの、その積極性でWindows時代の到来を告げた象徴的な作品ともいえるだろう。


きゃんきゃんバニープルミエール2 Refresh 公式サイト
http://fandc.co.jp/cb_pr2r/index00.php


調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
パソコンの登場と共に生まれた学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03