title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『痕 -きずあと-』 概要

kizuato00kizuato04
kizuato03kizuato05
©1996 Leaf/AQUAPLUS
痕 -きずあと- (Leaf)

・1996年07月26日 Windows95用 CD-ROM CDケース版
・1996年07月26日 Windows95用 CD-ROM DVDケース版
・2001年01月**日 Windows用 CD-ROM DVDケース 修正版
・2002年07月26日 Windows用 CD-ROM リニューアル 限定版 通常版
・2003年06月19日 Windows用 CD-ROM リニューアル 新装版
・2009年06月26日 Windows用 DVD-ROM 再リニューアル 初回限定版
・2009年09月18日 Windows用 DVD-ROM 再リニューアル 通常版
・2011年12月09日 ダウンロード販売開始 【DMM
・2011年12月09日 ダウンロード販売開始 『痕+雫 セット』 【DMM
 
90年代中頃の作品で、男子大学生が猟奇事件に巻き込まれていく伝奇系のアダルトアドベンチャー。Leafのビジュアルノベルシリーズの2作目。

主人公「耕一」は平凡な大学生。別居中の父親とは長く距離を置いていたが、父が事故死を遂げた後、父が大黒柱となっていた柏木家の屋敷に滞在することになった。そこに暮らすのは親戚で幼馴染の四姉妹、おっとりした長女の千鶴、勝ち気な次女の梓、無口でミステリアスな三女の楓、人懐っこい四女の初音。彼女達と何気ない会話を交わし、穏やかで怠惰な日常を送る耕一だったが、夢の中では獣じみた衝動が日に日に強まり、やがて夢の中で起こした凄惨な殺人が現実の事件として報道され…?

ゲームシステムは選択肢分岐型ADVの一種だが、前作『雫 -しずく-』とも異なり、『弟切草』(1992年)に似た特殊な形である。周回によって攻略できるヒロインがある程度決まっており、プレイを繰り返すことで新たな選択肢が増え、最終的に12種類のエンディングを迎える。中にはバッドエンド必至のルートもあり、それをこなさなければトゥルーエンド(ハッピーエンド)が迎えられない場合があった。

演出面では、前作から受け継ぐビジュアルノベル形式(全画面表示)や、会話に合わせて立ち絵を細かく変化させる点、実写取り込みの背景画像が印象的である。また、画面を引き裂くような爪痕、画面を覆うような血しぶきのアニメーションがあるなど、アクションシーンの演出にも工夫があり、これらは以後の他社作品にも影響を与えたと思われる。

シナリオは、前半と後半で大きく雰囲気が異なる。前半は四人姉妹との日常風景が中心で、明るく他愛ないやり取りや子供の頃の回想、父親や一族の死にまつわるエピソードが展開していく。一方、後半は凄惨な暴力描写や陵辱、セックス、バトルアクションを含み、重くシリアスな雰囲気である。ただし、グロテスクな情景描写はテキストのみで、CGは抽象的な表現に止まっている。

Hシーンはメインヒロインとなる四姉妹に一つずつで、他に雑誌記者やヒロインの友人、大学の同級生に陵辱シーンが用意されている。数は少ないものの描写は丁寧で、アダルトゲームとしての役割もおざなりにされてなかったのが分かる。

本作品は数年をまたぐロングヒットとなり、原画レベルで2度もリニューアルされた。派生作品にコミック版があり、同人作品の元ネタとしても人気を博したようだ。関連商品はフィギュアなど。

すべてのヒロインルートの攻略後、おまけシナリオとして4本のユーモア作品が開放される仕様となっていた。この内の一本が講談社の短編小説に酷似しており、講談社から盗作の疑いを直接指摘される事態になってしまう。このため2001年1月以降のロットからは、おまけシナリオを削除していることが3月に公表された。担当した新人脚本家はパロディを意図していたようだが、その点に関する明示をしていなかった。

本作品の個人的な印象としては、前作に続き「読ませる」ことに比重を置いた作品で、シナリオ重視のサスペンス要素は続きが気になり、奥行きもあって好感が持てる。泣きゲーのルーツに挙げられるだけあって、悲劇的な暗い展開が多いものの、特に泣き要素がメインになっている訳ではない。むしろ主人公のヒーロー性が際立つ「燃えゲー」の萌芽に特異性を感じるが、どうだろうか。
 

公式HP
https://leaf.aquaplus.jp/product/kizuato/


アダルトゲーム 発売順タイトル一覧 2016年

・国内で商業用に販売されたPC向け18禁タイトルを対象にしていますが、一部に関連作品として同人、非アダルト作品をあえて載せている場合があります。
・初回版、通常版などパッケージが複数ある場合は、最も発売日が早い物のみを掲載しています。
・廉価版、リマスター版なども省いていますが、フルリメイクは別作品として掲載することがあります。
・DL販売のみの作品も含めています。ブラウザ型のオンラインゲームは別の一覧にまとめる予定。続きを読む

『VRカノジョ』 概要

vrkanojo00vrkanojo11
vrkanojo12
vrkanojo13
vrkanojo15
©2017 ILLUSION
VRカノジョ (イリュージョン)

・2017年02月28日 ダウンロード販売開始 【ILLUSION公式

10年代終盤の作品で、身近な女の子との交流、恋人体験を描く3DCGのアダルトゲーム。プレイには高価なVR機器が必須で、国内のアダルトゲームとしては同人の『なないちゃんとあそぼ!』を除き、初のVR専用ゲームとなった。

登場人物はプレイヤーの近所に住む明るい女の子「夕陽さくら」一人で、舞台は彼女の部屋内のみである。勉強を教えるため部屋に招かれたあなたは、隙だらけな彼女のチラリやラッキースケベ、ポッキーゲームを楽しみ、やがて甘い雰囲気の中で初Hを迎える…といった流れになっている。

ゲームシステムは前半部分がストーリー仕立ての選択肢分岐、後半がセックスシミュレーターといった感じだが、二、三回やれば一通りのシーンが見られる印象で、障害らしい障害もなく、ゲーム性には比重がない。

コンセプトはむしろ、ゲームクリアに一切関係ない部分、彼女の服や下着を変更したり、スカートの中を覗いたり、イタズラをしたり、キスや愛撫に夢中になる彼女を観察したりといった、寄り道の自由さが要で、VR技術のデモンストレーション的な作品ともいえる。プレイヤー自身が這いつくばったり、手を小刻みに動かす辺りはアクションゲームの一種かもしれない。

選択肢などの操作は、自分の顔の正面にあるポインターや、頷いたり首を振ったりといった頭の動きで行う。一方、コントローラーを彼女の胸やお尻に当てれば「おさわり」になる。例えば、本棚の高い所にある本を取ろうと、うっかりパンチラしてしまう彼女に対して、素直に本を取ってあげるか、下からスカート覗くかといった選択肢がアイコンで出る。選択するには見たい方のアイコンに視線を合わせればいい。この時、下着を覗きながらコントローラーで様々なイタズラができるが、ストーリーには全く影響しない。

Hの種類は、発売時点でキス、愛撫、手こき、フェラ、正常位、騎乗位、後背位の7種類である。イリュージョン作品では定番の、スピードを調整して彼女の感じるペースを探り、徐々に早めて絶頂させる演出も備えていた。

価格は¥4,980のミドルプライスで、販売は公式サイトでのダウンロード版に限られている。また、日本語版と同時に英語版もリリースされている。

本作品の個人的な印象としては、うっすらと静脈まで見える肌、繊細で自然に揺れる髪、手の中で柔らかく弾む胸、といった質感がVRと組み合わさったことで、その存在感は従来の作品と比べ物にならない。目が死んでいるように感じるのがやや引っかかるが、常に正面から見るようにすれば緩和できる。あとは好みの問題だが、いかにも萌えキャラ然としているというか、不自然な程の無防備さとぶりっ子が目立っていて、人によってはあざとく感じてしまうかもしれない。


公式HP
http://vrkanojo.com/index.php?0228vrk#conthome


 


『セクロスフィア』 概要

secrossphere00secrossphere01
secrossphere19
secrossphere16
secrossphere17
©2016 ILLUSION
セクロスフィア (イリュージョン)

・2016年04月28日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon
・2016年04月28日 ダウンロード版 配信開始 【DMM

10年代中頃の作品で、小柄な主人公が年上ヒロインから誘惑される3DCGのアダルトアドベンチャー。発売後にVR向けの要素が追加され、国内のアダルトゲームとしては早い時期の公式VRコンテンツとなった。

主人公「桜司(おうじ)」は女の子のような見た目の一年生。本人は男らしい男になりたいと思っているが、重度のブラコンである三年生の姉「守凛」に振り回されている。生徒会長でもある守凛は、桜司を思い通りに育てるため、強引に生徒会に入れ、役員全員に彼とセックスするよう要請する。かくして、年上の女性から次々にセックスを迫られる日々が始まる。

ゲームシステムは一風変わっていて、「カップリングパズル」と呼ばれるパズルゲームをクリアすることで、9人のキャラクターの中からショートエピソードの登場人物となる2人を選出し、会話パートを鑑賞していく形である。

パズルゲームは登場人物の顔が描かれた「スフィア」と呼ばれる球体を、乱雑に積み重なっている中からポインターでなぞって消していくタイプで、特定のキャラの球体を狙って消していくことで、目当ての2人組を選ぶことができる。この時、主人公とヒロインの組み合わせで何度もクリアし、会話を進めるとHシーンが発生する仕組みだが、一部にヒロイン同士の会話をこなさなければ開放されないHシーンもあり、ゲームクリアするには全ての組み合わせを満遍なくこなさなければならない。

ストーリーは、弟の成長のためなら手段を選ばない生徒会長が、その権限と策略で女生徒や教師をそそのかし、次から次にセックスの相手をさせていく一本道の展開で、セックスを通してそれぞれの気持ちが変化していくハーレムな流れとなっていた。

ヒロインはおっとり系ぽっちゃり、黒ギャルビッチ、委員長タイプ、男装ボーイッシュなど様々な8人となっている。全員年上で肉食系なことが多く、小さな主人公と極端な体格差で描かれるのが特徴的である。

無料のスマートフォン用アプリ版も配信されていて、3DCGとHシーンがない点を除けば内容はほぼ同じであり、PC版とのセーブデータの共用も可能である。また、同年6月には追加要素となるVR版も無料で配信された。これは、ゲーム本編をVR機器で遊ぶことはできないものの、専用のソフトを起動することにより、本編のHシーンをVRで体験できる試験的なサービスだった。

個人的に、3DCGは流石の綺麗さで、動きも柔らかく滑らかであり、マウス一つで複雑な動きを演出できる操作性も優れているが、パズルゲーム要素が足を引っ張っている印象である。パズルゲームはスマホ向けの大ヒットアプリ『ディズニーツムツム』(2014年)を思わせるものの、大したハードルや達成感のあるクリア報酬はないので次第に単調作業になり、なけなしの会話パートは流れがブツ切りにされてしまう。珍しい3DCGのオネショタ、VR対応の草分け、という以外に見所に乏しいか。


公式HP
http://www.illusion.jp/preview/sec/index.php


『なないちゃんとあそぼ!』 概要

h_1142np00001plnanaichan00
nanaichan01
nanaichan02
nanaichan03
©2016 VRJCC
なないちゃんとあそぼ! (VRJCC)

・2016年08月14日 コミケ90にて 製品版頒布 
・2016年10月21日 クラウドファンディング開始 【patreon
・2016年10月26日 ダウンロード販売開始 【DLsite
・2016年12月29日 コミケ91にて Ver1.2頒布 【とらのあな

10年代中頃の同人ゲームで、VR専用のセックスシミュレーター。同人ながら国内初のVR専用アダルトゲームであり、抱き枕やエアドールの動きと連動できる臨場感が大きな話題となった。

(以下Ver1.2、HTC Vive版でのレポート)

導入部分やシナリオ性はない。プレイヤーがOculus RiftかHTC Viveのヘッドセットを装着し、ゲームを起動すると、まずは主題歌に合わせてOP映像が流れる。その後タイトル画面から開始すると、そこには女の子の部屋らしき仮想空間が広がっていて、ベッドの上で「なないちゃん」がこちらを見つめている。

なないちゃんの体位を正常位、右側位、左側位、後背位、騎乗位の5種類の中から選び、制服と下着の有無を選んだら、後は体を揺らしながら喘ぐ彼女を鑑賞するのみである。体位の変更などの操作は、自分の顔の正面にあるポインターを、空中に浮かぶアイコンに合わせるだけでいいので、全てフリーハンドで済ませることができる。

スマートフォンの動きを「なないちゃん」と連動させることができるのが大きな特徴で、あらかじめスマホに専用アプリをダウンロードしておき、スマホを抱き枕やエアドール、オナホール等に括りつけて上下させれば、手の動きに従ってVR画面のなないちゃんも上下し喘いでくれる。

また、VR機器をもっていない層への配慮として、スマホ用のVRアプリで鑑賞できる動画も製品版に収録しており、単品でのダウンロード販売も行われている。

同人ながらイベントへの出展が盛んで、英語版、中国語版がリリースされるなど海外展開も活発に行われている。関連商品はモバイルブースター、ブックレット、タペストリーなど。

個人的には、肌の質感や部屋の作りなどに同人らしい粗さが目立ち、内容に奥行きがなく、開発途上で実験的な印象が拭えない。しかし着想はユニークで、視線での操作は他のVR作品より慣れが早く、スマホを使った玩具との連動は応用が利いてユーザーの負担も少ない。資金もノウハウも足りない地点から果敢にチャレンジする姿勢には敬意を表したい。


公式HP
http://www.vrjcc.com/ 
クラウドファンディング『Patreon』
https://www.patreon.com/letsplaywithnanai




記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代から生きながらえている学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。2016年秋に好き嫌いしないことを誓ったが、グロと鬱はやっぱり苦手。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を
各ガイドラインに従い引用しています。
このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03