title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『EVE burst error』 概要

evebe00evebe02
evebe04evebe01
©1995 C’s ware
EVE burst error (C’s ware) 

・1995年11月22日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版 (18禁)
・1997年01月24日 セガサターン用 初回版 通常版 (18歳以上推奨)
・1997年05月30日 Windows95用 CD-ROM 初回版 通常版 (R指定) 
・1997年08月29日 セガサターン用 廉価版 (18歳以上推奨)
・1998年07月02日 セガサターン用 『EVE burst error&EVE The Lost Oneバリューパック』に収録
・1999年07月16日 Windows98用 DVD-ROM版 (R指定)
・2003年07月24日 PS2用 『EVE burst error PLUS』 限定版 通常版 (CERO:C(15歳以上))
・2003年11月28日 WindowsXP用 DVD-ROM 『EVE』 (PS2版の18禁リメイク)
・2005年03月24日 PS2用 『EVE burst error PLUS』 廉価版 (CERO:C(15歳以上))
・2006年10月03日 DL販売開始 【DLsite】【DMM】【DL.Getchu】【Gyutto】【Amazon】 (R指定版)
・2010年03月25日 PSP用 『burst error EVE the 1st』 (CERO:C(15歳以上))
・2016年04月28日 PS Vita用 『EVE burst error R』 初回版 通常版 (CERO:D(17歳以上))
・2016年04月28日 Windows用 DVD-ROM 『EVE burst error R』 (18歳以上推奨)
・2016年04月28日 DL販売開始 『EVE burst error R』 【DMM】 (18歳以上推奨)
・2016年11月25日 Windows用 DVD-ROM 『EVE burst error A』  (Rの18禁リメイク)

90年代中頃のミステリーアドベンチャー。元々はPC向けの18禁ゲームだったが、特に家庭用ゲーム機への移植版が大ヒットを記録し、知名度が非常に高い。続編や派生作品が多く、オリジナル版のリメイクも何度も行われている。

主人公の一人、「天城小次郎」は飄々として人を食った性格ながら、腕は一流の私立探偵である。ある事件がきっかけで羽振りの悪い小次郎は、法外な報酬に釣られ、資産家風の男から怪しい絵画の捜索依頼を引き受ける。同じ頃、もう一人の主人公、大雑把でくだけた性格のエリート捜査官「法条まりな」は、テロリストに狙われているという某国大使の娘の護衛を任命される。面識のない二人の主人公は、別々の事件を追いながらもニアミスを繰り返し、やがて共通の壁にぶつかるお互いの存在を認識し始める…。

ゲームシステムはコマンド選択式で、移動先に自由があるタイプの探索ADVである。怪しい場所を巡回し、「見る・調べる」「考える」等のコマンドを、総当りに近い形で選択することで進展していく。分岐やゲームオーバーはなく、展開は一本道である。攻略はさりげない会話中のヒントが頼りで、難易度はやや高い。

最大の特徴は「マルチサイトシステム」と呼ばれる構造である。『DESIRE』(1994年)の発展系で、男女二人の主人公がそれぞれ独立したシナリオを持ち、いつでも切り替えることができる。一方のプレイのみでは先に進めず、片方で事件を目撃したり、陰ながら協力する事でもう一方のフラグを立てなければならない。二重の視点を何度も切り替えながら殺人事件の謎を追っていくことで、奥行きのあるミステリー表現と推理の楽しさを実現している。

シナリオの核心部分はシリアスだが、主人公達は陽気な性格で、笑い、涙、猟奇、アクションの各要素バランスを取ったサスペンス風ドラマとなっている。

アダルト要素は同社の作品の中では控えめで、小次郎サイドはモテる主人公による据え膳的イベントが中心である。まりなサイドでは、開放的な彼女がレズプレイやラブロマンスに積極的に挑んでいく。 

セックスシーン等をカット、ボイスを追加したセガサターン移植版では、19万本を超えるセールスを記録し、ミステリーとしての完成度を見せつけた。 続編はコンシューマ向けを中心に『THE LOST ONE』(1998年)、『ADAM THE DOUBLE FACTOR』(1999年)、『EVE ZERO』(2000年)、『EVE new generation』(2006年) と続いた他、派生作品として『EVE雀』(2008年)や小説版がある。オリジナル版も20年を経て、当時の原画を担当した田島直氏が一部描き下ろす形でデジタルリマスター化され、話題となった。

個人的な印象としては、ミステリー自体も凝っており、日常会話は軽妙、ビジュアルは高水準でスタイリッシュなことに加え、泣き要素があるのが印象的だった。当時は「泣きゲー」という言葉こそないものの、悲劇的なロマンスがスパイスになっているアダルト作品が流行りだした頃だったが、この作品は美少女ゲームの枠に囚われない野心的なところがあり、その中でも異質に思える。『YUNO』と共通する、奇抜なアイデアと完成度の高さ、独特の作家性が光る作品だった。


『インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ』 概要

imstd03_00imstd03_02
imstd03_04imstd03_05
©1995 Scoop
インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ (Scoop)

・1995年10月20日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、スケベな家庭教師を主人公にしたアダルトアドベンチャー。『インモラルスタディ』シリーズの三作目。

主人公「教師一筋」は凄腕ながら、授業にかこつけてイイトコのお嬢様にイタズラをするのが大好きなスケベ家庭教師。今回の依頼は、超有名ファッションデザイナーの一人娘「まなみ」を教育してほしいというもの。内気で人見知りなまなみの身体を開かせるため、いつも通り怪しげな学習法でHに持ち込むが…?

ゲームシステムは前2作と似ているが、1作目の頃よりコマンド型に近くなっている印象である。「見る」「話す」「愛撫する」といった2~3択のコマンドが現れ、それらを総当りしている内に進展していく。分岐やゲームオーバーのない一本道で、ゲーム性はほぼない。

シナリオは、人見知りで幼い印象のお嬢様に嗜虐心をくすぐられた主人公が、授業にかこつけてHなことを教え込もうとしたところ、既に何者かによって調教されている形跡があり、予想外の展開に巻き込まれていく、といったアダルト重視でコミカルな展開である。

アニメーションシーンがシリーズを通しての目玉になっていて、普段は静止画で進行するが、フェラチオ、ピストン運動などの一部のシーンで、複雑な動きをする動きの大きなアニメーションを含んでいた。また、鞭、緊縛、三角木馬、ロウソクによるSMプレイの描写が多いのも特徴的である。

同シリーズとして『インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子』『インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳』が、同年に二ヵ月おきにリリースされている。

 

『インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳』 概要

imstd2_00imstd2_01
imstd2_03imstd2_07
©1995 Scoop
インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳 (Scoop)

・1995年09月22日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、家庭教師の主人公が教え子を騙してHなイタズラをしていくアダルトアドベンチャー。『インモラルスタディ』シリーズの2作目。

主人公「教師一筋」は凄腕の家庭教師ながら、立場を利用してお嬢様を落とすのが好きなスケベ教育者である。今回のターゲットは町工場の娘で、男勝りな性格の美少女「飯嶋由佳」。彼女の態度が粗暴になり、成績が落ちた原因を探ってほしいという依頼を受けた主人公は、ついでに彼女の身体も美味しく頂いてしまうべく、由佳の心に付け入る隙をうかがっていく。

ゲームシステムは選択肢型だが、どれを選んでも分岐しない一本道で、総当りで進めていくコマンド型ADVのような操作である。一箇所ゲームオーバーはあるが、ゲーム性は低い。

シナリオは調子のいい性格の主人公が、反抗的な態度を取る少女の弱みを握り、言葉巧みに騙し、Hな授業に持ち込んでいくアダルト重視な展開である。少女が抵抗したり、工場の従業員が妨害に入ることもあるが、その場の機転と理屈責めで丸め込んでいくコミカルな作風となっていた。

アニメーションシーンが最大のウリとなっていて、普段は静止画を中心に話が進むが、キスシーンやフェラシーンなど、数箇所に動きの大きなアニメーションが施されている。また、一部にバイクのピストンや電動ドリルなどの工具を使った特殊なプレイを含んでいた。

同シリーズとして、『インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子』、『インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ』が二ヵ月おきにリリースされている。

アニメーションアダルトゲームというジャンルの常で、シナリオは短く、ゲーム性はほとんどない。個人的な印象として、ビジュアルは比較的良好、アニメーションも前作よりスッキリとした線で洗練された印象だが、相変わらず読み込みに時間がかかるのが難点か。


『MUV-LUV ALTERNATIVE STRIKE FRONTIER R』 概要

mblvsf01
mblvsf04mblvsf03
mblvsf06mblvsf02
©2016 âge/ixtl/DMM GAMES

MUV-LUV ALTERNATIVE STRIKE FRONTIER R
 (DMMゲームズ)

・2016年09月12日 オープンβテスト
・2016年09月20日 『ストライクフロンティア』(全年齢) サービス開始 【DMM
・2016年09月20日 『ストライクフロンティア R』(18禁) サービス開始 【DMM.R18

10年代中頃にオープンしたPC/スマホ両対応のオンラインゲームで、ブラウザ型のアダルトSNSゲーム。荒廃した世界での過酷な戦いを描くSF作品群『マブラヴ オルタネイティブ』シリーズのスピンオフである。

基本プレイは無料で、レアガチャや各種サポート等に使うDMMポイントが有料となっている。全年齢版と18禁版があり、サービス開始は同時である。全年齢版は末尾の「R」がない。

主人公は横浜に住むごく普通の学園生だったが、ある日、幼馴染の「美乃莉」と共にパラレルワールドへ迷い込んでしまった。そこは主人公たちの世界と似ていながら、歴史が微妙に異なる世界。何より、人類は宇宙からの攻撃的な生命体、「BETA」の侵攻により存亡の淵に立たされていた。元の世界に帰る方法を探す二人は、横浜基地の香月副指令から特別待遇を得て、基地内のある仕事を任される。その内容は、何故か香月の作ったゲーム端末で遊ぶことで…?

ゲームシステムはSNSゲーム系のカード育成要素と、ロボット物のアクション要素の組み合わせである。ガチャでパイロットや戦術機と呼ばれる陸上兵器のカードを集め、組み合わせて5機編成を作り、時間経過で回復するスタミナを消費しながら、アクション要素のステージをこなしていく。ステージの進展に伴い、メインストーリーが少しずつ開放されていく仕組みである。

アクション要素は全方位にスクロールする2Dマップ上で、時間内に敵の殲滅や、アイテムの回収を目指す流れである。最大5機編成だが、操作できる機体は常に1機なのが特徴で、使用したいスキルや敵の属性に合わせて機体を随時切り替えていく。攻撃は自動で行われるため、操作は移動やスキルの使用に限られ、ほとんどをAUTOに任せることも可能である。本格アクションではなく、SNSゲームらしい簡素な操作といえる。

メインストーリーは日常シーンが中心で、主人公たちがお馴染みの面々から講義を受けたり、衛士としての訓練を受けたり、平行世界とのギャップによるコミカルなやり取りを繰り広げていく。『オルタ』のキャラクター達が世界観もそのまま登場しており、主人公たちはオルタの中に紛れ込んだゲストのような立ち位置になっている。

他に、パイロットの親密度を上げることで発生する個別のストーリーがあり、レア度SR以上のキャラクター1人につき5段階用意されている。親密度はプレゼントを贈ったり、戦闘で使い続けることで上がるが、同じカードを合成して上限を開放する必要もあり、やり込み要素となっている。

アダルト要素は個別ストーリーの中に収録されているHシーンで、動きなし、ボイスあり、差分ありの描き下ろしHシーンが多数用意されているようである。

この年、『闘神都市』や『夜勤病棟』、『同級生』、『Dragon Knight』など、人気IPと呼ばれる往年のヒット作からスピンオフしたSNSゲームが次々にオープンしている。本作品の個人的な印象としては、主流のカードバトルに囚われずアクションに挑戦している点、往年の主要キャラがメインストーリーに参加する点に気合を感じる。一方、シナリオ性やゲーム性、ビジュアル、エロさはSNSゲームとして当たり障りのない控えめさである。単品では決定打に欠けるが、世界観に思い入れがあれば、平均的な作品よりずっと楽しめるだろう。


『ここは楽園荘2』 概要

kres2_00kres2_01
kres2_02kres2_05
©1995 FOSTER
ここは楽園荘2 (FOSTER)

・1995年10月20日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1995年10月20日 Windows95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、美女達の暮らすマンションを舞台にしたアダルトアドベンチャー。『ここは楽園荘』(1994年)の続編。

前作で騒動の末、従妹の「美紗」と結ばれた主人公「圭吾」だったが、美紗は留学してから音信不通になってしまった。楽園荘は普通のマンションになり、入居者は半数が新しい顔ぶれとなっていた。あれからおもちゃ会社に就職した圭吾は、開発部のエースとしてバリバリと仕事をこなし、楽園荘のセフレや会社の女の子から熱烈に求められる充実した日々を送っていていたが、手がけている企画の情報がライバル会社に漏れているという噂が立ち、不審な出来事が相次いで…?

ゲームシステムは選択肢型のADVだが、分岐やゲームオーバーのない一本道である。2~3択の選択肢や移動先が選べることがあるものの、正解以外は主人公がほとんど拒否するので、見かけより自由のないシンプルな構造となっている。

シナリオはモテモテの主人公が、女性達から誘惑されておいしい目に合いつつ、情報漏えいの妨害を乗り越えて、企画を完遂を目指す流れとなっている。ギャグ作品ではないが、雰囲気は楽天的で明るい。前作に続き、セックスに貪欲な女性像が特徴的で、女性の方から直接的に迫ってくるケースが多い。

女の子は前作からの学園生、水商売のお姉さんの他、会社の同僚の3人、会社の上司、喫茶店のアルバイトの7人である。Hシーンは一人あたり1~2箇所で、一部に屋外や社内でのスリルセックス、女王様による調教プレイ、放尿などの特殊なプレイを含んでいた。

さらなる続編として『ここは楽園荘3』(1998年)が続いている。

個人的な印象としては、エロと手軽さに特化したシリーズで、ゲーム性はほとんどない。シナリオも短めでアダルト重視だが、ミステリー風の筋立てがそれなりに楽しい。レベルの高い流行のビジュアル、積極的な女の子による大胆なプレイが好みに合えば、実用性は高かったことだろう。

 
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
85年生まれ 笑いとゲーム性のある作品が好き グロとNTRが苦手
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を
各ガイドラインに従い引用しています。
このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03