title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ハーレムブレイド』 概要

ハーレムブレイドハーレムブレイド
ハーレムブレイドharlemblade02
©1996 GIGA
ハーレムブレイド (戯画)

・1996年04月26日 PC-9801用 3.5インチFD版
・1999年06月11日 Windows95/98用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、中世ファンタジー世界を舞台にしたアダルトRPG。『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』や『STEAM HEART'S』など、ゲーム性重視の作品を手がけていた『戯画』の5作目にあたる。

舞台は中世風の王国メイプリーズ。主人公「カイン」は高名な勇者の息子だが、スケベで不真面目な性格で、ぐうたらな生活を送っていた。一方、弟の「アベル」は世界中で華々しい活躍を果たし、名だたる勇者として故郷に帰ってきた。二人は幼馴染の美少女「ショコラ」をめぐって衝突するが、そんな中、ショコラが謎の光に包まれて消えてしまう。これを魔王ガルガンチュアの仕業とみたアベルは、自ら一ヶ月の期限を定め、魔王の討伐に旅立つ。一方のカインも、夢に現れた女神のお告げや、ショコラの残した言葉に引っ掛かりを覚えつつ、弟の跡を追うように冒険の旅へ出るのだった…。

ゲーム操作は2D見下ろし型で、町の中やダンジョンでは、上下左右にスクロールさせながら探索していく一般的なRPGである。一方、町から町へ、町からダンジョンへ、といったマップ間の移動にはフィールドマップが登場するものの、行き先は固定でフィールド散策は省略されている。戦闘は普通のコマンドバトルで、最大3人パーティ、メンバーの入れ替えは自由である。

本作品の大きな特徴は二つある。一つは主人公たちのLVや金銭、持ち物が、ゲームクリア時の状態のまま、再スタート時に引き継げる周回要素である。当時のアダルトRPGとしてはかなり画期的といえるだろう。

もう一つの特徴は、エルフの『同級生』のように、移動毎に時間を消費していく点、そして野放図に自由度が高く、ヒロイン達の攻略が任意な点である。ヒロインは15人も登場し、それぞれ独立のストーリーをもち、イベントは各地で並行して起こる。複数の同時攻略もある程度は可能だが、日付や時間のバッティングが多く、細かいフラグの検証が必要となる。そのため、各ヒロインの攻略はセーブ・ロードを繰り返しとなり、自力攻略の難易度はかなり高い。

シナリオの基本的な流れは、主人公が実力をつけて国王から認められ、魔王の住むダンジョンへの立ち入り許可をもらい、一ヶ月以内に魔王を討伐するまでのストーリーである。その途中、目の見えない少女の願いを叶えたり、貧しい子供に毎日恵んだり、濡れ衣を着せられた女性の身代わりに逮捕されたりで、女の子達から熱烈に求められるイベントが発生する。ゲームクリア後、Hに至った相手の中から一人を選ぶことにより、個別のエンドを迎える。

ヒロインの名前がお菓子からとられていたり、露骨なパロディが登場するなど世界観は緩く、メインヒロインのシナリオを除き、作風は全体的にコミカルな印象である。

ヒロインは国王の一人娘、王妃、シスター、中華なまりの召使い、盗賊団の元首領、騎士娘、賞金稼ぎ、売れっ子の娼婦、医療魔法の使い手、酒場のマダム、サキュバスなどで、Hシーンは基本的に一人一箇所である。主人公の悪人度にあたる「カルマ」というパラメータがあり、悪人でなければ見られないSMチックなプレイ、陵辱イベントも存在する。

続編に『ハーレムブレイド2』(2000年)がある。関連商品にCG&原画集がある。

個人的には、操作性や画面表示で粗っぽい点が目立ち、RPGとして洗練されているとは言い難く、序盤の印象は悪い。ところがゲーム性は意外に良く、やり込み性やストーリーの奥行きもある。ビジュアルシーンは癖が強いものの、見慣れると味があって面白く、ボリューム感は高い。嗜好が合えばかなり遊べる内容だったといえるだろう。ちなみに、OP映像にはボイス付きの主題歌が流れる仕様で、FM-TOWNSやコンシューマでは見かけるが、PC-98用のゲームとしてはかなり珍しいのではないだろうか。


『失われた未来を求めて』 概要

c5a5766d21
ushinaware02ushinaware03
ushinaware01ushinaware07
©2010 TRUMPLE
失われた未来を求めて (TRUMPLE)

・2010年11月26日 Windows用 DVD-ROM 初回限定版
・2011年02月25日 Windows用 DVD-ROM 通常版

(若干のネタバレを含みます)

10年代初頭の作品で、賑やかな学園生活と恋愛模様、そしてある悲劇をめぐる少年少女たちの奮闘を描いたアドベンチャー。愛称は「われめて」。TRUMPLEは本作品のリリースのみで活動を休止している。

舞台は東京近郊の海辺の学校、内浜学園。主人公「奏(そう)」はツッコミ担当の普通の学生である。彼の所属する「天文学会」は、一癖も二癖もある有能なメンバーが揃い、荒事にも強いことから、学生会執行部から特別な依頼を受けた。文化祭に向けて盛り上がりを見せる、各学会(部活動)の揉め事の鎮圧し、同時に不可解な事件を調査して欲しいというのだ。天文学会はリーダー「愛理」の指示のもと、懐柔や情報収集、実力行使など、それぞれの特技を生かして学内の治安維持を図っていく。その矢先、奏は夜の校舎で、裸で倒れている不思議な少女「ゆい」と出会うのだった…。

ゲームシステムは一風変わっていて、基本は一般的な選択肢分岐型、選択肢の少ない鑑賞メインのADVなのだが、周回によって分岐や攻略できるヒロインに制限がある。1周目はヒロイン固定のバッドエンド、2周目以降は、スタート時に分岐を図示したチャートが登場し、新たに出現したルートを選択、完了することで、さらに新しいルートが開放されていく流れとなっている。『YU-NO』のような細かい分岐点を探り当てる推理ゲームではなく、冒頭でヒロインを選択するタイプのADVに、順序とバッドエンド固定の周を加えたような印象である。

シナリオの序盤は、敵対的な柔道部との乱闘や、のどかな日常、幽霊騒ぎの調査などを通してヒロインとの仲を深め、恋愛に発展していく流れである。雰囲気はおおむねコミカルで明るい。ヒロイン個別ルートでは、それぞれとの甘い恋人風景が描かれる一方、どのヒロインでも1周目は同じ悲劇に見舞われる結末となる。この悲劇を回避するため、未来の主人公達の視点で分岐を探り、運命に抗っていくSF要素が物語の核となっている。

ヒロインは、家庭的で学内でも屈指の人気を誇る幼馴染、文武両道で、特に喧嘩では学内無双の天文学会会長、策謀家であり、Sっ気たっぷりのお嬢様の先輩、そして神秘的で天然な後輩の4人となっている。Hシーンは1人当たり3~4つと平均的。

関連作品としては、2014年にTVアニメが放送された。また、月刊コンプエースにコミックが連載した後、月刊コミックアライブにて別作品がスタートしたため、漫画版は2作品が存在する。関連商品はビジュアルブックなど。

「ループもの」と呼ばれる作品の一種で、何度も同じ日をやり直す中、台詞が違ったり、新たな選択肢の出現で展開が大きく異なったりと、周回での変化を楽しんでいくADVである。最初は不可解だった出来事も、プレイヤーが事情を知った後で見ると感慨深い、という伏線要素も魅力だろう。

個人的には、ヒロイン達の艶やかで質感の高い髪の塗りが非常に印象的だった。立ち絵がまばたきするのも、この時代としては珍しく、生き生きとした表情を演出している。気になるのはギャグの上滑り感で、軽妙な会話劇を目指したのが分かるものの、わざとらしさがシュールさに勝ってしまっている。悪役が陳腐すぎてリアリティがないのも難点か。


トランプル スタッフブログ
http://trumple.jugem.jp/





『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』 概要

yu-noyu-no
yu-noyu-no
©1996 ELF
この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (エルフ)

・1996年12月26日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版 CD-ROM版
・1997年12月04日 セガサターン用 限定版 通常版
・2000年12月22日 Windows95/98用 CD-ROM 『エルフ大人の缶詰』に収録
・2017年03月16日 PS4用 限定版 通常版 
・2017年03月16日 PS Vita用 限定版 通常版

90年代中頃の作品で、学生の主人公が並列世界を渡り歩き、様々な陰謀や古代遺跡の謎を解き明かしていくミステリーアドベンチャー。PC版、コンシューマ版が共に大ヒットを記録し、非常に知名度が高い。

主人公「たくや(名前変更可)」は、一見おどけた性格ながら、鋭い洞察力と正義感を秘めた学生である。歴史学者の父親が事故で行方不明になってからは、義理の母親への接し方に悩み、素行も荒んでいたが、ある日、死んだ筈の父親から荷物が届く。そこには、俄かには信じがたい学説と事情が綴られ、次元と時間を少しだけ移動できる神秘的な装置、「リフレクターデバイス」が不完全な形で納められていた。父親の行方を追うたくやは、学園長の不審な動きや、遺跡周辺で多発する落雷事故の謎、猟奇事件などに巻き込まれて追い詰められ、その度に並列世界を遡ることで、運命の突破口を探り当てていく。

ゲームシステムはコマンド型で、移動先に自由があるタイプのADVである。前半は『ELLE』のようにアイコンを使い、自宅、学園内、遺跡の残る海岸、繁華街などを巡回し、画面内の気になる点や人物の口をクリックしすることで、情報やアイテムを入手していく。一方、OPや後半はコマンド選択式で、「見る・調べる」「話す」といったコマンドを総当りすることで進展していく。

風変わりなのは「A.D.M.S(アダムス)」という独特のシステムである。主人公が体験したストーリーの流れは、一枚のまっさらなマップ上で、線として記録されていく。どんなに慎重にプレイを進めても、やがて行き詰まるか、あるいはバッドエンドを迎えてしまう。そこで様々な分岐点を試すことになり、マップはストーリーの分岐点、合流点を図示した巨大なフローチャートになっていく。

マップはいつでも呼び出すことができ、特殊なアイテム「宝玉」を使うことで、過去の任意の位置からスタートできる仕組みである。宝玉はセーブ用のチケットのようなもので、数に限りがあるものの、ロードすることで回収もできるため、どう使いまわしていくかも戦略要素となる。

小さな分岐を丹念に踏破したり、別のヒロインのルートで重要アイテムを入手することで、複雑に絡み合った何本もの同時進行なストーリーが、少しずつ解き明かされていく仕組みとなっていた。

シナリオは、前半と後半で雰囲気が大きく異なる。前半部分は現代日本を舞台にしたSFミステリーで、プレイヤー自身が謎を解かなければならない本格派であり、難易度は高めである。構造はヒロイン個別ルートを備えた恋愛ADVに近く、それぞれと結ばれるまでが描かれる。一方、後半は雰囲気もシステムも全く異なり、異世界を舞台にした分岐のない一本道の構造となっている。

Hシーンはほぼヒロイン一人につき一箇所で、全体のボリュームの割に比重はない。ヒロインは義理の母親、TVの人気キャスター、謎めいた転校生、ツンケンとしたお嬢様、美人秘書などである。ヒロインを狙う卑劣漢も登場し、主人公の嫉妬心を煽るなど、物語のスパイスになっているのが印象的である。

通信販売の購入特典に『スペシャルディスク』があり、追加シナリオを含んでいたようだ。セガサターン版では露骨な性描写がなくなった代わりに、ボイスが加わっている。派生作品にOVA版、小説版があり、PS4、PS Vitaでのリメイクに合わせ、Webコミックの連載もコミッククリアにてスタートしている。

A.D.M.Sは『EVE burst error』(1995年)の流れを汲み、さらに複雑で奥行きのある謎を表現しており、ミステリーの傑作といえるだろう。また、設定の理論付けには実在の科学、数学、宗教、歴史などから数多くの学説、用語が引用されており、その解釈を巡ってファンの間で議論が交わされるなど、カルト的な魅力も備えていた。こうしたことから、その世界観は「ループもの」と呼ばれるフィクション群に広く影響を及ぼしたと思われる。代表例として、漫画『神のみぞ知るセカイ』の着想の元となったことは有名である。

ビジュアル、音楽面もハイレベルで、ボリュームも飛び抜けて充実しており、当時の一流作品だったのは間違いない。一様に評価の高い作品で恐れ多いのだが、個人的には異世界編での主人公の目標の幼さ、無謀さ、活躍の無さが気になり、物語に集中するのが難しかった。


PS4/PS Vita版 公式サイト
http://yu-no.jp/


萌えゲーアワード2016 受賞作品

PCゲーム業界の発展と活性化を目的として、販売店、メディア、製造会社、イベント会社などの協賛を得て、加盟メーカーと流通会社の有志が運営・主催していたイベントです。ユーザーの投票結果を元に候補が絞られ、美少女ゲーム誌の編集者などが審査員となって、部門別に優れた作品を選ぶという企画でした。以下の条件を満たす作品が参加しています。

■PCゲームタイトルであること。
  • 18禁、E15、E12、全年齢等のレーティングは問わない。
  • 移植版、廉価版、リニューアルパッケージ、複数タイトルのセットパック、単独で起動できないアペンドディスクやファンディスク等は対象外。 
  • DVD-PG、BD-PGはPCゲームではないが、移植版ではないオリジナル作品であれば例外的に対象となる。
■コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)で審査を受けた作品。
  • 日本コンテンツ審査センターで審査を受けた作品、同人作品などは対象外。
■2016年1月1日から2016年12月31日の間に発売された作品。
■アワードへの参加を申請した作品。

投票ルールについてはこちらを参照。


続きを読む

萌えゲーアワード2015 受賞作品

販売店、メディア、製造会社、イベント会社などの協賛を得て、加盟メーカーと流通会社の有志が運営・主催していたイベントです。ユーザーの投票結果を元に候補が絞られ、美少女ゲーム誌の編集者などが審査員となって、部門別に優れた作品を選ぶという企画でした。

以下の条件を満たす作品が参加しています。

■PCゲームタイトルであること。
  • 18禁、E15、E12、全年齢等のレーティングは問わない。
  • 移植版、廉価版、リニューアルパッケージ、複数タイトルのセットパック、単独で起動できないアペンドディスクやファンディスク等は対象外。
  • DVD-PG、BD-PGはPCゲームではないが、移植版ではないオリジナル作品であれば例外的に対象となる。
■コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)で審査を受けた作品。
  • 映像倫で審査を受けた作品、同人作品などは対象外。
■2015年1月1日から2015年12月31日の間に発売された作品。
■アワードへの参加を申請した作品。

投票ルールについてはこちらを参照。 続きを読む

萌えゲーアワード2014 受賞作品

販売店、メディア、製造会社、イベント会社などの協賛を得て、加盟メーカーと流通会社の有志が運営・主催していたイベントです。ユーザーの投票結果を元に候補が絞られ、美少女ゲーム誌の編集者などが審査員となって、部門別に優れた作品を選ぶという企画でした。

この年から投票ルールや体制に大きな変更があり、システムの曖昧だった部分の明文化が進みました。以下の条件を満たす作品が参加しています。投票ルールについてはこちらを参照のこと。

■PCゲームタイトルであること。
  • 18禁、E15、E12、全年齢等のレーティングは問わない。
  • 移植版、廉価版、リニューアルパッケージ、複数タイトルのセットパック、単独で起動できないアペンドディスクやファンディスク等は対象外。
  • DVD-PG、BD-PGはPCゲームではないが、移植版ではないオリジナル作品であれば例外的に対象となる。
■コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)で審査を受けた作品。 
  • 映像倫で審査を受けた作品、同人作品などは対象外。
2014年1月1日から2014年12月31日の間に発売された作品。
■アワードへの参加を申請した作品。

続きを読む

萌えゲーアワード2013 受賞作品

販売店、メディア、製造会社などの協賛を得て、加盟メーカーと流通会社の有志が運営・主催していたイベントです。ユーザーの投票結果を元に候補が絞られ、美少女ゲーム誌の編集者などが審査員となって、部門別に優れた作品を選ぶという企画でした。 以下の条件を満たす作品がノミネートされています。

・美少女系ゲームであること。
・2012年9月1日から2013年12月末日の間に発売された作品。
 (新ルール移行のため、この年だけの特別規定)
・コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)で審査を受けた作品。
 (映像倫、CEROで審査を受けた作品、同人作品などは対象外。)
・アワードへの参加を申請した作品。続きを読む

萌えゲーアワード2012 受賞作品

販売店、メディア、製造会社などの協賛を得て、加盟メーカーと流通会社の有志が運営・主催していたイベントです。ユーザーの投票結果を元に候補が絞られ、美少女ゲーム誌の編集者などが審査員となって、部門別に優れた作品を選ぶという企画でした。 以下の条件を満たす作品がノミネートされています。 

・美少女系ゲームであること。
・2011年9月1日から2012年8月末日の間に発売された作品。
・コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)で審査を受けた作品。(映像倫、CEROで審査を受けた作品、同人作品などは対象外。)
・アワードへの参加を申請した作品。
続きを読む

萌えゲーアワード2011 受賞作品

販売店、雑誌社、製造会社などの協賛を得て、加盟メーカーの有志が運営・主催していたイベントです。ユーザーの投票結果を元に候補が絞られ、美少女ゲーム専門誌の編集者などが審査員となって、部門別に優れた作品を選ぶという企画でした。 以下の条件を満たす作品がノミネートされています。

・美少女系ゲームであること。
・2010年9月1日から2011年8月末日の間に発売された作品。
・コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)で審査を受けた作品。(CSA、映像倫、CEROで審査を受けた作品、同人作品などは対象外。)
・アワードへの参加を申請した作品。続きを読む

萌えゲーアワード2010 受賞作品

販売店、雑誌社、製造会社などの協賛を得て、加盟メーカーの有志が運営・主催していたイベントです。ユーザーの投票結果を元に候補が絞られ、美少女ゲーム専門誌の編集者などが審査員となって、部門別に優れた作品を選ぶという企画でした。 以下の条件を満たす作品がノミネートされています。

・美少女系ゲームであること。
・2009年9月1日から2010年8月末日の間に発売された作品。
・コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)で審査を受けた作品。(CSA、CEROで審査を受けた作品、同人作品などは対象外。)
・アワードへの参加を申請した作品。


続きを読む
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代から生きながらえている学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。2016年秋に好き嫌いしないことを誓ったが、グロと鬱はやっぱり苦手。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を
各ガイドラインに従い引用しています。
このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03