title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

エロゲの当然

日本のアダルトゲームに触れたことのない初心者、海外出身の方が疑問に持ちそうなエロゲ内の当たり前。数多くこなしている内に不思議に感じなくなり、受け入れてしまうのですが、「現実には有り得ない」と頭の片隅に置いておかないと、トラブルの原因になる可能性もありますので、現実との乖離をチェックすることは、若いプレイヤーの社会性を維持する上で重要です。

ここでは特に、2017年現在において、日本国内で主流となっている男性向け学園物の恋愛ADVにおいて特に顕著な、エロゲ内でだけ通じる特殊な常識を集めてみました。


lgf01a201311020300
素材提供:TiSport Dragos
続きを読む

『辻堂さんのバージンロード』 概要

tdsvgr00tdsvgr07
tdsvgr02
tdsvgr08
tdsvgr05
©2013 みなとカーニバル
辻堂さんのバージンロード (みなとカーニバル)

・2013年08月30日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon
・2015年09月18日 ダウンロード版 配信開始 【DMM

辻堂さんの純愛ロード』(2012年)のファンディスクとなるアダルトアドベンチャー。

構造は一般的なファンディスクである。本編のメインヒロイン3人と結ばれた後を描いたショートストーリーに加え、サブキャラからヒロインに昇格した2人の女の子との長めのエピソード、そしてグランドフィナーレとなる隠しルートがあり、任意のエピソードを冒頭で選択する。

本編で特徴的だった選択肢の多さは健在で、個別ルートにも関わらずギャグ的なゲームオーバーを迎えたり、Hシーンが異なったり、退廃的なバッドエンドになってしまったりと、分岐が所々に仕掛けられている。

アフターストーリーでは、元々のヒロインである3人のヤンキー娘たちとの甘い恋人生活が、コミカルな日常風景を交えながら描かれる。一方、本編で悪役をつとめたギャル系ヤンキーの「乾 梓(いぬいあずさ)」、コワモテヤンキーと優しいお姉さんの2つの顔をもつ「武孝田 よい子」の二人と結ばれるエピソードでは、コメディや恋愛描写に加えてシリアスな仲違いやバトル展開を含み、本編と遜色のない本格的なストーリーに仕上がっている。

Hシーンは一人あたり2~6つで、ヒロインによりバラつきがある。イチャイチャとした雰囲気での一般的なプレイが多いが、一部にウェディング衣装やツッパリ姿、コスプレといったシチュエーションや、道具を使ったプレイ、アナルセックス、足コキなどを含んでいる。また、クラスメイトの女の子二人や、辻堂軍団を率いる久美子、辻堂母といったサブキャラ達にも、セックスはないものの軽い露出シーンが用意されていた。

個人的な印象としては、本編と同様のボリュームとクオリティを誇り、ファンディスクとしてかなり充実している。パロディを交えたシュールな会話、豪華なゲスト声優、起伏のあるストーリー展開、個性的なサブキャラ、ヒロイン達の猛々しさと従順さのギャップ、小悪魔的なシチュエーション等々、魅力は尽きない。本編が気に入ったなら損のない買い物だろう。


公式HP
http://www.minatocarnival.com/tsujidou-vr/index.php


『黙って私のムコになれ!』 概要

damamuko00damamuko01
damamuko02
damamuko04
©2011 WillPlus/ensemble
黙って私のムコになれ! (ensemble)

・2011年01月28日 Windows用 DVD-ROM 初回版
・2011年02月12日 Windows用 DVD-ROM 通常版
・2013年04月26日 Windows用 DVD-ROM 『乙女達の恋物語 ensemble3本+1セット』に収録
・2014年07月11日 Windows用 DVD-ROM 復刻版
・2015年12月25日 ダウンロード版 配信開始 【DMM
・2017年04月17日 PC/スマホ向け オンライン版 サービス開始 【にじよめ

6人のヒロイン達による主人公争奪戦をテーマにしたギャグタッチの学園恋愛アドベンチャー。ウィルプラス傘下のブランド『ensemble(アンサンブル)』の2作目。

主人公「八坂 直樹」は真面目で天文好きな学生。生徒会長の「白川 玲央奈」とは親同士の決めた許婚だが、本人達は納得しておらず、何かと突っ掛かってくる玲央奈に手を焼きながら、付かず離れずの日々を送っていた。そんなある日、誘拐されそうになっていた資産家の女の子「龍堂寺 凛」を助けた事から、彼女の婿候補と見込まれ、強引に恋人ごっこを強要される毎日が始まってしまう。これに反発する玲央奈との争いが激化する中、仲裁に入った友人の提案により、何故か直樹の花嫁を学生投票によって決める「嫁投票」が開催されることに。直樹を慕う天文部の面々も加わり、騒動は学園全体を巻き込んだ学園祭の一大イベントに発展していく。

システムは選択肢分岐型で、選択肢は多め、攻略難度も比較的高めである。ヒロインはツンケンした許婚、サバサバした性格の友人、謎の多いお姉さん風の先輩、高慢なお嬢様、けなげな後輩、極端に人見知りな同級生の6人となっていた。

シナリオは学園祭での人気獲得を狙って、ヒロイン達が奇抜な出し物を準備していく中、それを主人公が手伝う事で仲が深まっていく展開が中心となっている。ヒロイン達は生徒会である「星人会」と、主人公が部長を務める「天文部」に3人ずつ分かれており、どちらを手伝うかによって大筋が異なるのが特徴的である。

基本的に日常風景はギャグ傾向が強く、序盤はメインヒロイン2人による主人公をめぐる衝突など、古典的なラブコメ展開が楽しめる。一方、後半の恋愛描写はシリアスな修羅場の連続や、一見大人しい女の子が強引に迫ってくる変則的なHシーンなどが見所となっていた。Hシーンは1ヒロインあたり2~4つと控えめ。

関連グッズは初回特典としてテレカ、サントラ、抱き枕カバーなどが付属した他、ドラマCDや学園制服なども販売された。「にじよめ」にてPC/スマホ向けのチケット制ADVのサービスも開始されている。

個人的な印象としては、かなり王道的な学園ラブコメで、時期を考えると保守的な作風といえる。期待を裏切らないが、特にオリジナリティも感じられず、インパクトは薄かった。


公式HP
http://www.ensemble-game.com/03.damamuko/top.html
 

『呪いの魔剣に闇憑き乙女』 概要

noroimyo00noroimyo01
noroimyo02
noroimyo06
noroimyo03
©2017 ソフトハウスキャラ
呪いの魔剣に闇憑き乙女 (ソフトハウスキャラ)

・2017年03月24日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon】【駿河屋
・2017年03月24日 ダウンロード版 配信開始 【DLsite

10年代終盤の作品で、ファンタジー世界を舞台にした育成シミュレーション。ゲーム性のあるアダルト作品を数多く手がけてきたソフトハウスキャラの25作目。

舞台は中世ファンタジー風の世界。主人公「レン」はマジックアイテム屋の店主である。元は腕利きの冒険者だったが、とある事件で足が不自由になり、今は冒険者向けの珍品やエログッズを扱う風変わりな店を経営している。一方、バイトとして住み込みで働く「クレア」は、冒険者を目指す、世間知らずで楽天的な女の子。ある日、クレアが倉庫に眠っていた魔剣を手に取ったことから事件は始まる。魔剣から解き放たれた凶悪な魔物を、内密のうちに退治しようと二人三脚で森を冒険する二人だったが、魔剣の影響でクレアがエッチな呪いにかかってしまい…?

ゲームシステムは『ウィザーズクライマー』(2008)の流れを汲んでいて、育成シミュレーションとアクティブタイムバトルの組み合わせである。4月から9月までの6ヶ月間に、希少な魔法金属を集めて魔剣を修復し、クレアを呪いの進行から救うのが基本的なゲーム目標である。

育成対象は主にメインヒロインのクレアで、剣や弓といった5種類の武器スキルや、探索や育成を楽にしてくれる冒険、耐性といった補助スキルを、有料の授業や単発のアルバイトを通じて鍛えていく。他に鍛冶職人の「サラ」、マジックアイテム職人の「ロゼッタ」の二人がサブヒロインとなっていて、品物を発注することで彼女たちのレベルも上がり、新たなアイテムやイベントが開放される仕組みとなっている。

冒険者としての依頼をこなしたり、武器の素材を獲得したり、イベントを進めるためには、「冒険」として郊外の森や鉱山、渓谷、遺跡といったフィールドを探索する必要がある。これは戦闘と移動、探索が一体となったアクティブタイムバトルになっていて、画面端でスクロールするタイプである。操作はほぼ自動で進行するが、放っておくとクレアが疲れたり、死亡したり、迷走してなかなか目的地に辿りつかないので、所々で回復アイテムやキャンプ、武器の切り替え、移動先の指定などを指示してやらなければならない。

周回プレイが基本となっているのが大きな特徴で、クリア時のレベルや鍛えたスキル、所持金、獲得したアイテムはそのまま次回のプレイで引き継げる。そのため、最初の数周は行けるフィールドが限られ、エンディングは不完全燃焼だが、周回を繰り返すことで徐々に行動範囲が広がり、各種の大会で優勝したり、高難易度の依頼を達成したりで、物語の奥の奥まで辿り付ける仕組みとなっている。

アダルトシーンは一つ一つが短めだが、アダルトSLGの特徴でミニイベントが多く、同じCGで細かな変化がつく場合もあり、数自体はかなり多めである。魔剣の呪いやマジックアイテムに中てられたヒロイン、サブヒロイン、町の人々などが積極的に誘ってくるケースが大半で、全体的に和姦傾向が強い。

個人的な印象としては、自由度が高く、難易度は高め、やり込み要素を備えたゲーム性重視の作風である。周回要素のおかげで、時間さえかければメインイベントは問題ないと思うが、細々としたイベントの回収は自力だとかなりの作業量になりそうだ。軽めの世界観、ゲーム性でじっくり遊びたい方にお勧めしたい。

 
公式HP
http://shchara.co.jp/04develop/maken/0top.html





『痕 -きずあと-』 概要

kizuato00kizuato04
kizuato03kizuato05
©1996 Leaf/AQUAPLUS
痕 -きずあと- (Leaf)

・1996年07月26日 Windows95用 CD-ROM CDケース版
・1996年07月26日 Windows95用 CD-ROM DVDケース版
・2001年01月**日 Windows用 CD-ROM DVDケース 修正版
・2002年07月26日 Windows用 CD-ROM リニューアル 限定版 通常版
・2003年06月19日 Windows用 CD-ROM リニューアル 新装版
・2009年06月26日 Windows用 DVD-ROM 再リニューアル 初回限定版
・2009年09月18日 Windows用 DVD-ROM 再リニューアル 通常版
・2011年12月09日 ダウンロード販売開始 【DMM
・2011年12月09日 ダウンロード販売開始 『痕+雫 セット』 【DMM
 
90年代中頃の作品で、男子大学生が猟奇事件に巻き込まれていく伝奇系のアダルトアドベンチャー。Leafのビジュアルノベルシリーズの2作目。

主人公「耕一」は平凡な大学生。別居中の父親とは長く距離を置いていたが、父が事故死を遂げた後、父が大黒柱となっていた柏木家の屋敷に滞在することになった。そこに暮らすのは親戚で幼馴染の四姉妹、おっとりした長女の千鶴、勝ち気な次女の梓、無口でミステリアスな三女の楓、人懐っこい四女の初音。彼女達と何気ない会話を交わし、穏やかで怠惰な日常を送る耕一だったが、夢の中では獣じみた衝動が日に日に強まり、やがて夢の中で起こした凄惨な殺人が現実の事件として報道され…?

ゲームシステムは選択肢分岐型ADVの一種だが、前作『雫 -しずく-』とも異なり、『弟切草』(1992年)に似た特殊な形である。周回によって攻略できるヒロインがある程度決まっており、プレイを繰り返すことで新たな選択肢が増え、最終的に12種類のエンディングを迎える。中にはバッドエンド必至のルートもあり、それをこなさなければトゥルーエンド(ハッピーエンド)が迎えられない場合があった。

演出面では、前作から受け継ぐビジュアルノベル形式(全画面表示)や、会話に合わせて立ち絵を細かく変化させる点、実写取り込みの背景画像が印象的である。また、画面を引き裂くような爪痕、画面を覆うような血しぶきのアニメーションがあるなど、アクションシーンの演出にも工夫があり、これらは以後の他社作品にも影響を与えたと思われる。

シナリオは、前半と後半で大きく雰囲気が異なる。前半は四人姉妹との日常風景が中心で、明るく他愛ないやり取りや子供の頃の回想、父親や一族の死にまつわるエピソードが展開していく。一方、後半は凄惨な暴力描写や陵辱、セックス、バトルアクションを含み、重くシリアスな雰囲気である。ただし、グロテスクな情景描写はテキストのみで、CGは抽象的な表現に止まっている。

Hシーンはメインヒロインとなる四姉妹に一つずつで、他に雑誌記者やヒロインの友人、大学の同級生に陵辱シーンが用意されている。数は少ないものの描写は丁寧で、アダルトゲームとしての役割もおざなりにされてなかったのが分かる。

本作品は数年をまたぐロングヒットとなり、原画レベルで2度もリニューアルされた。派生作品にコミック版があり、同人作品の元ネタとしても人気を博したようだ。関連商品はフィギュアなど。

すべてのヒロインルートの攻略後、おまけシナリオとして4本のユーモア作品が開放される仕様となっていた。この内の一本が講談社の短編小説に酷似しており、講談社から盗作の疑いを直接指摘される事態になってしまう。このため2001年1月以降のロットからは、おまけシナリオを削除していることが3月に公表された。担当した新人脚本家はパロディを意図していたようだが、その点に関する明示をしていなかった。

本作品の個人的な印象としては、前作に続き「読ませる」ことに比重を置いた作品で、シナリオ重視のサスペンス要素は続きが気になり、奥行きもあって好感が持てる。泣きゲーのルーツに挙げられるだけあって、悲劇的な暗い展開が多いものの、特に泣き要素がメインになっている訳ではない。むしろ主人公のヒーロー性が際立つ「燃えゲー」の萌芽に特異性を感じるが、どうだろうか。
 

公式HP
https://leaf.aquaplus.jp/product/kizuato/


記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代から生きながらえている学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。2016年秋に好き嫌いしないことを誓ったが、グロと鬱はやっぱり苦手。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を
各ガイドラインに従い引用しています。
このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03