kres2_00kres2_01
kres2_02kres2_05
©1995 FOSTER
ここは楽園荘2 (FOSTER)

・1995年10月20日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1995年10月20日 Windows95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、美女達の暮らすマンションを舞台にしたアダルトアドベンチャー。『ここは楽園荘』(1994年)の続編。

前作で騒動の末、従妹の「美紗」と結ばれた主人公「圭吾」だったが、美紗は留学してから音信不通になってしまった。楽園荘は普通のマンションになり、入居者は半数が新しい顔ぶれとなっていた。あれからおもちゃ会社に就職した圭吾は、開発部のエースとしてバリバリと仕事をこなし、楽園荘のセフレや会社の女の子から熱烈に求められる充実した日々を送っていていたが、手がけている企画の情報がライバル会社に漏れているという噂が立ち、不審な出来事が相次いで…?

ゲームシステムは選択肢型のADVだが、分岐やゲームオーバーのない一本道である。2~3択の選択肢や移動先が選べることがあるものの、正解以外は主人公がほとんど拒否するので、見かけより自由のないシンプルな構造となっている。

シナリオはモテモテの主人公が、女性達から誘惑されておいしい目に合いつつ、情報漏えいの妨害を乗り越えて、企画を完遂を目指す流れとなっている。ギャグ作品ではないが、雰囲気は楽天的で明るい。前作に続き、セックスに貪欲な女性像が特徴的で、女性の方から直接的に迫ってくるケースが多い。

女の子は前作からの学園生、水商売のお姉さんの他、会社の同僚の3人、会社の上司、喫茶店のアルバイトの7人である。Hシーンは一人あたり1~2箇所で、一部に屋外や社内でのスリルセックス、女王様による調教プレイ、放尿などの特殊なプレイを含んでいた。

さらなる続編として『ここは楽園荘3』(1998年)が続いている。

個人的な印象としては、エロと手軽さに特化したシリーズで、ゲーム性はほとんどない。シナリオも短めでアダルト重視だが、ミステリー風の筋立てがそれなりに楽しい。レベルの高い流行のビジュアル、積極的な女の子による大胆なプレイが好みに合えば、実用性は高かったことだろう。

 
調査担当