rance2_00.png rance2_014.png
rance2_046.png rance2_099.png
©1990 ALICESOFT
RanceⅡ -反逆の少女たち- (アリスソフト)

・1990年05月15日 PC-8801SR用 FD版
・****年**月**日 PC-8801VA用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 FD版
・1997年12月18日 Windows用 CD-ROM 『ALICEの館4・5・6』に収録
・2003年04月11日 配布フリー化宣言
・2009年12月18日 Windows用 DVD-ROM 『アリス2010』にてリメイク

90年代初頭の作品で、中世ファンタジー風の世界を舞台に鬼畜な戦士が活躍するダンジョン探索RPG。『Rance -光をもとめて-』(1989年)の続編。

前作から半年、自由都市地帯の都市カスタムが地中に陥没してしまう事件が起こった。都市長の話によると、高名な魔導師ラギシスの弟子である4人の女の子達が、ラギシスを裏切り、街を陥没させ、さらに封印で住人達が外に出れないようにしてしまったのだという。依頼を受けた戦士ランスは、奴隷の魔法使いシィルを従え、4人の女魔法使いを討伐するべく、仕掛けだらけのダンジョンに挑む。

後に人気シリーズとなった、自己中心的で女好きな主人公と、健気な女奴隷の冒険物語の二作目である。ADV傾向の強かった前作よりはRPGらしくなった。最大3人パーティで、シィルも準主役級としてストーリーの一端を担っている。

システムは風変わりで、単一のダンジョンに潜っていく古典的なRPGだが、2D型の見下ろしマップと3D視点、イベント画面が分割で同時に表示されるという妙な仕様となっていた。マップ上の通路や部屋がスゴロクのマスのように区切ってあり、赤い明滅で主人公達の現在位置を確認し、操作していく。

戦闘はランス以外オートで、各コマンドに気力の消費値が設定されており、それをやり繰りする点が戦略要素となっていた。気力は戦闘終了後に全快するため、回復は容易である。

シナリオはダンジョンの中で様々な足止めに合うものの、特殊なアイテムや悪知恵で突破し、4人の女の子魔法使いを1人1人倒していく流れである。アダルト要素は陵辱系で、数は非常に多い。

続編は『RanceⅢ -リーザス陥落-』(1991年)。後にストーリーの主要部分を抜粋した45分程度のダイジェスト版が無料公開された。さらに、『アリス2010』(2009年)にテキストやゲーム性は当時のまま、CGや音楽を全て作り直したリメイク版が収録されている。

後にレギュラー化した「魔想志津香」「マリア・カスタード」「悪魔フェリス」「レベルアップ神」などが初登場している。また、ハニーや女の子モンスター達など、ランスシリーズに限らず、多くのアリスソフト作品に共通するシュールな世界観や、設定の基礎が出来上がりつつあったことが確認できる。


ランスワールドノート
http://www.alicesoft.com/haniwa/rance/series/post-27.html


調査担当