おーい!かぐや姫 サンプル おーい!かぐや姫 サンプル
おーい!かぐや姫 サンプル おーい!かぐや姫 サンプル
©1983 PONYINC.
おーい!かぐや姫 (ポニーキャニオン(PONYCA))

・1983年11月**日 FM-7/8用 カセットテープ版

パソコンゲーム黎明期の作品で、古典『竹取物語』を題材にした脱衣シューティングゲーム。

シナリオは怪しい鳥が飛び交う竹薮の中で、かぐや姫の入った光る竹を見つけ出し、情事を楽しむという筋書きとなっている。

ゲームは男性器(?)型の自機を操作する、固定画面の縦シューティングゲームで、攻撃目標は敵キャラではなく、竹の節間(節と節の間の滑らかな部分)である。鳥のフンを避けながら照準を上下左右に動かし、未攻撃の節間を狙い撃っていく。当たりの節間を引けばステージクリアで、ご褒美CGが表示される。自機にはダメージ数や弾数にあたる精力のパラメータがあり、使いきってしまうとゲームオーバーとなった。

ご褒美CGはかぐや姫一枚きりで、ステージクリアする毎に一枚、また一枚と薄着になっていくが、何重にも重ね着した十二単姿なので変化に乏しい。最終面をクリアすることで、かぐや姫の裸体を拝む事が出来る。ゲーム内の日付によっては姫が妊娠し、お腹の大きな裸体が表示されるバッドエンド(?)も用意されていたようだ。

難易度が極端に高いのが特徴で、特にすぐ弾切れゲームオーバーになる割に、ステージが進んでも残弾回復が用意されていない、コンテニュー不可など理不尽な設定が目立ち、内部データを弄らない限り、天文学的な確率の運が必要に思える。

個人的な印象としては、ゲーム性でもビジュアル面でも酷いクオリティである。『聖子ちゃんSOS』(1983年)と共に「アダルトシューティング」という、妙なジャンルを切り開いた先駆者だった。

調査担当