doukyou02.png doukyou05.png
doukyou08.png doukyou17.png
©1983 CSK
道鏡 (CSK)

・1983年**月**日? FM-7用 カセットテープ版
・1984年01月**日? PC-8801用 カセットテープ版

パソコンゲーム黎明期の作品で、歴史上の人物「道鏡」を扱ったアドベンチャー。

奈良時代の中期。局部を蜂に刺され、腫れが引かず巨根になってしまった野心家の僧侶「道鏡」は、病気の治療と称して「女帝」に近づき、まやかしとセックス、呪術を使って権力の頂点を目指していく。

シナリオはノイローゼを患っている女帝を騙してモノにするまでの一部、自分を失脚させようとしている使者「清麻呂」を呪い殺すため、女帝をセックステクニックで失神させつつ、合間を縫って呪術に励み、史実を覆して自らが天皇になるまでの二部に分かれている。

システムはコマンド入力式で、「クスリ」「ネカセル」など、状況に合ったキーワードを推測して一文字一文字入力していく流れである。しかしヒントに乏しく、自力クリアは極めて難しい。また、数回間違うと道鏡に関する年表クイズが出題され、答えられなければゲームオーバーという、歴史カルトクイズ要素も持っていた。

歴史ポルノ、しかも奈良時代を舞台にした珍しい作品で、テキストは縦書き、需要があるのか怪しい「歴史も勉強もできる」が謳い文句の色物ソフトである。ちなみに、道鏡と称徳天皇の艶談は当時の資料に無く、巨根など多くの逸話が後世の下世話な創作なので、史実性には乏しい。一方で、古くからエロネタの題材にされてきた古典的セックスシンボルといえるかもしれない。

調査担当