キャロット サンプル キャロット サンプル
キャロット サンプル キャロット サンプル
©1984 ASCII
キャロット (ASCII)

・1984年08月**日 PC-8801用 5インチFD版

パソコン黎明期の作品で、アニメ調の女の子が描かれた絵柄を完成させていくパズルゲーム。

システムはジグゾーパズルのようなシンプルなもので、絵柄の一部が描かれた9~64個のピースを、出された順に枠に当てはめていく。はめたピースの再移動は可能だが、お手つき回数に上限があり、図柄も複雑で完成図予測が困難なため、一度でクリアするのは難しい。全10面で後半になるほど女の子の露出とピース数は上がっていく一方、コンティニューがないので、非常に緊迫感のある高難易度ゲームとなっていた。

女の子はアニメ調のファンタジックな絵柄で、露出は比較的ソフトである。また、ステージ間にはTVアニメのようなアイキャッチが入ったり、マニュアルにはオマケ漫画が掲載されていたりと、遊び心の多い作品作りとなっている。

最終ステージの前では、「あなたはこのソフトを正当な手段で手に入れましたか?」という質問が出現し、それ以上進むにはマニュアルに記載された情報が必要となり、答えられない場合には、「怒りのリセットをく・ら・えっ!」というメッセージと共に強制リタイアになるという、シリアル認証の原形のような仕掛けが施されていた。当時からゲームの不正コピーが蔓延していた状況が覗える。

個人的な印象としてゲーム性は高く、実写系の多かった脱衣パズルゲームの中では明るく垢抜けた印象の作品である。

調査担当