cosmic soldier サンプル cosmic soldier サンプル
1715403528 0800235891
©1985 KOGADO STUDIO
コズミックソルジャー (工画堂スタジオ)

・1985年10月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 FD版
・****年**月**日 X1用 FD版
・****年**月**日 FM-77用 3.5インチFD版
・2002年10月01日 ダウンロード販売開始 【ProjectEGG

国産RPG黎明期の作品で、スペースファンタジー風の3Dダンジョン探索ゲーム。仲間システムやアンドロイドによるサポートなど、数々の新奇なアイデアが盛り込まれたボリューム感の高い大作で、工画堂の知名度を飛躍的に高めた。

シナリオは、帝国軍に囚われた仲間のサイコ能力者を救うため、解放同盟の兵士である主人公が仲間を集め、ジャングルや敵基地を踏破して、重要アイテムを集めていく流れとなっている。鎧姿がガンダムやマクロスのパロディだったり、アイテム名が「ヒップエレキバン」だったり、敵の言葉が関西弁だったりと、作風は全体的にコミカルな印象である。

ゲームシステムは、3D視点の階層式ダンジョンを探索していく古典的なRPGで、紙に手描きでマッピングしていく必要がある。

風変りなのは、敵を瀕死に追い込めば、交渉次第で仲間にすることが出来る点で、最大5人PT、ダメージは最も新参の仲間が一手に引き受ける。死んだら蘇らないので、新人は盾役として使い捨てていくことになる。さらに、武器・防具などの装備は仲間ごとに個別だが、攻撃の威力は全員の合計値、レベルアップのEXPも全員で共通という、後のRPGと比べると妙な仕様となっている。

また、ダンジョンは無限ループに落とし穴、立体交差(画面上での見た目は平坦)などを駆使した凝った設計になっていて、ゲームバランスも含めて難易度は高めである。

もう一つ特徴的なのが、画面左に大きく描かれた、露出の高い女性型アンドロイドである。探索の中で得た専用パーツによって、「治療機能」「シールド機能」などの戦闘補助オプションを覚えていく仕様となっており、条件が調えば「防御力を攻撃力に転換する機能」として、主人公とのセックスも可能となっていた。

アダルト要素は、その際に脱衣状態と嬌声が一瞬拝める程度で、あくまで一般ゲームとしてのオマケだった。工画堂はこの作品以前に『Emmy』や『ウォーターワーカー』『メイズパニック』といった脱衣要素のある小作品を手がけていた。一般ゲームとアダルトゲームとの境界が曖昧だった時代を感じさせてくれる作品である。

続編に『サイキックウォー』(1988年)がある。

調査担当