フェアリーズレジデンス スペシャル 芸能界編 サンプル フェアリーズレジデンス スペシャル 芸能界編 サンプル
フェアリーズレジデンス スペシャル 芸能界編 サンプル フェアリーズレジデンス スペシャル 芸能界編 サンプル
©1986 CHAMPION SOFT
フェアリーズレジデンス スペシャル 芸能界編 (チャンピオンソフト)

・1986年**月**日 FM-7/77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1986年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、スゴロク風の小規模作品。『フェアリーズレジデンス スペシャル』シリーズの第4弾にあたる。サブタイトルは『スーパーマリコシスターズ』となっている。

冒頭で3人のアイドルの内一人を選び、6面ダイスを使ってスゴロク風のフィールドを進んでいく流れで、持ち点が設定されており、止まったマスによってポイントが上下する運任せの展開である。ゴール時に規定より多くのポイントを獲得していれば、一人当たり2枚のHなCGが表示される仕組みになっていた。

CGは男性と絡み合い、局部は無修正の大胆な作風となっていた。(当時はPCゲームに対して明確な規制や取り締まり事例がなかった)

アイドルが簡単に体を許してしまう設定は、当時同社が手がけていた『ZETA』シリーズと対極にあり、原画家も一部共通のため、なんともあこぎな商売という気がする。

調査担当