ロリータ姫の絵日記 サンプル ロリータ姫の絵日記 サンプル
ロリータ姫の絵日記 サンプル ロリータ姫の絵日記 サンプル
©1987 パスカルⅡ
ロリータ姫の絵日記 (ボンドソフト/パスカルⅡ)

・1987年02月**日 PC-8801用 FD版
・1987年02月**日 X1用 FD版
・19**年**月**日 FM-7/77用 FD版 カセットテープ版

80年代中頃の作品で、女の子とマニアックなプレイの組み合わせをテーマにしたCG集。ゲーム内のタイトルは『いけないポーズ集』となっている。

ストーリー性のある導入部はない。セーラー服や体操着の女の子3人が1人ずつ登場し、プレイヤーと何気ない会話をしつつ、脱衣や自慰などを披露してくれる流れである。

2人目まではCGにコメントが付いているだけだが、最後に登場するトモコだけは若干ADV風で、会話を進める為にはキーボードの中から隠しコマンドとなるキーを当て、さらに選択肢で正解する必要があり、一度のプレイで終わらせないための障害となっていた。

一人目のユミコが指やバイブを使った自慰、二人目のリカが縛られ好き、三人目のトモコがお漏らしといった具合に女の子毎にテーマが異なる。全部で30枚近いCGを収録しており、局部は無修正である(当時はPCゲームの摘発事例がなく、各社が独自の裁量で規制していた)。中には女の子が自らの股間に繋いだチューブから飲尿する姿もあり、描写は全体的にソフトだが、所々にマニアックな嗜好が垣間見える。

ロリータ姫の伝説』(1986)、『メロンソーダ』(1987)と合わせてロリータ三部作、もしくは制作者の名前からMAYAエロゲー三部作と呼ばれていたようだ。2000年代に入ってから設定原画集がデジタル販売されている。

調査担当