marikonoheya01.png marikonoheya02.png
©1986 パルコム
バージン マリコの部屋 (パルコム)

・1986年**月**日? PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、ジャンケン勝負で進行するCG集。

テンキーに割り当てられたグー、チョキ、パーを選択し、勝てば次のCGが表示され、アイコなら再勝負、負ければ前のCGに戻るシンプルなルールである。勝率は公平ではなく、CPU側がかなり有利な設定になっていて、最後までクリアするにはかなりの運を必要とした。

ステージは全6面で、脱衣式ではなくマリコは最初から全裸である。露骨な無修正路線で、特に女性器の拡大図を劇画タッチで克明に描いているのが印象的である。(当時はPCゲームが摘発された例がなく、各社が独自の裁量で規制していた。)

続編として『マリコの部屋 それから・・・・』が続いている。

チープなゲーム性とボリュームの無さでクオリティは低いが、流通数が少ない点や裏ビデオ的な雰囲気からか、高額のプレミアムがついているアダルト作品の一つである。

調査担当