東京女子高生セーラー服入門 2巻 サンプル 東京女子高生セーラー服入門 2巻 サンプル
東京女子高生セーラー服入門 2巻 サンプル 東京女子高生セーラー服入門 2巻 サンプル
©1988 Fairytale
東京女子高生セーラー服入門 2巻 (フェアリーテール)

・1988年02月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1988年02月**日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、首都圏の学生制服をモデルにしたCG集シリーズの第二弾。『1巻』と『3巻』も同時にリリースされている。

形式は1巻と全く同じで、30枚以上のCGに約40種類の制服を収録しており、それぞれ制服と脱衣バージョンの2種類が観賞できるようになっていた。学校名は「血夜田女学院」「玉皮学園」などのように一部をもじったり、当て字を使った間接的な表現となっている。

当時はアダルト要素を含むPCソフトの表現規制が曖昧で、タイトルではAV等に倣って登場人物が18才未満なのを明言する単語を避け、「女子校」「学園」など遠まわしな表現にするのが普通だったが、小学生や中学生を堂々と名乗るヒロインがいるなど、同じ作品内でも自主規制はまちまちだった。アダルト要素はソフトな物とはいえ、本作品のようにタイトルから堂々としている例は珍しいといえる。

調査担当