SKAPON探検隊 サンプル SKAPON探検隊 サンプル
SKAPON探検隊 サンプル SKAPON探検隊 サンプル
©1988 PSK
SKAPON探検隊 (PSK)

・1988年10年**日 PC-8801用 FD版
・1988年10年**日 FM-7/77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1988年10年**日 FM-77AV用 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、絶海の孤島でおかしな一団が冒険を繰り広げるギャグタッチのアドベンチャー。

ヒロイン「おりょう」は、マッドサイエンティストの父により、遺伝子操作された鋼鉄の女で、このままでは初体験も覚束ない。彼女の“初めて”を条件に依頼を引き受けた探検家の主人公は、鋼鉄の処女膜を破く事ができる究極の精力剤を求め、案内役のクライネンを加え、三人で彼女の父が消えた謎の島「エロマンガ島」に旅立つのだった。

システムはコマンド選択式で、移動先に自由のあるフィールド探索ADVである。手描きで紙にマップを作成していかなれければならない点は、古くからのPSK作品と共通している。島内の行ける場所を巡回し、フラグとなるアイテムを収集していくのが基本の流れである。アイテムが最大8個しか持てないのが特徴的で、多くのアイテムの中から必要のないものを削りつつ、いかに狭いアイテム枠をやり繰りするかが戦略要素となっていた。どれが重要アイテムかはノーヒントのことが多く、難易度は高い。

卑猥な形の植物や女の子の姿をした生き物、SF風の設定が入り混じったシュールな世界観で、ストーリーは主人公達のおちゃらけに、ヒロインがツッコミを入れつつ進行するコミカルな雰囲気である。

途中分岐があり、エンディングはグッドエンド、バッドエンドに加え、続編『SKAPON2』に繋がることが予告された未完のエンディングがあった。データ引継ぎ用のパスワードも備えていたが、実際には続編が発売されることはなく、PSK最後の作品となっている。

アダルト要素は控えめで、本筋に関係ない部分で寄り道的に女の子を押し倒す事もできるが、グッドエンドの分岐条件に関わるため、誘惑に耐えることが推奨されている。

続編はなかったものの、PART1だけでも十分完結しており、ゲームとしてのボリューム感、完成度も同世代と比べて悪くない。独特のナンセンスなギャグが魅力のコメディ作品である。タイトルの由来はTVアニメ、タイムボカンシリーズの三悪人の女ボスの口癖「スカポンタン」だったようだ。

調査担当