rance01_00
rance01_01rance01_03rance01_06
rance01_05rance01_02rance01_04

©2013 ALICESOFT
ランス01 光をもとめて (アリスソフト)

・2013年09月27日 Windows用 DVD-ROM版
・2013年09月27日 ダウンロード販売開始 【DMM】【DLsite】【Gyutto】【DL.Getchu

人気RPGシリーズ『ランス』の原点となった『Rance -光をもとめて-』(1989)のリメイク作品。アダルトゲームとしては例のない24年を経てのリバイバルが話題となった。

緑の服と大きな口がトレードマークの冒険者「ランス」は、新米ながら我がままで尊大、弱い者にも容赦なし、可愛い女の子をヤることで頭が一杯の鬼畜戦士である。所属ギルドから行方不明のお嬢様「ヒカリ」の捜索を依頼されたランスは、リーザス王国の城下町を舞台に情報を集めつつ、隙を見て女の子達を次々に犯していく。

システムの根幹であるコマンド選択式はオリジナル版と変わらず、日常は「口 → ヒカリの事を聞く」「攻 → 女の子を襲う」といった形で進行していく探索ADVである。一方戦闘パートは一新されていて、手持ちの武器や盾、アイテムをカジノ風のコインに見立て、相手の強さに合わせてBETしていく変わった形式である。パーティはランス1人だが、装備品ごとに冷却時間が必要なため、アイテム枠の編成やどの順に使用するかで戦略性が求められる。ダンジョンも変わっていて、マップの代わりに5枚のカードの中から1枚を引いていくコース選択式である。

シナリオの序盤は傍若無人な主人公が盗賊団を退治したり、女の子のお願いを叶えて強引に「お礼」をいただいたり、特殊なアイテムで隙をついたりといった展開が中心である。Hシーンは陵辱がメインだが、雰囲気は明るく、シュールな世界観を中心としたギャグタッチの作風である。新解釈で多くのエピソードが掘り下げられている他、主人公以外によるハードで陰惨な陵辱描写もパワーアップしており、クライマックスを盛り上げる演出となっている。

普通にプレイしていると大半のHシーンを見逃してしまうため、様々なコマンドを試す必要があり、やり込み要素となっていた。パッケージ版は定価5040円、ダウンロード版4800と低価格帯で、シナリオは短めである。また、シリーズの伝統でボイスは一切使われていない。

続編として、同じく過去作のリメイクとなる『ランス03 リーザス陥落』(2015)が続いている。また、OVA版も2014年からシリーズ化している。

個人的な印象としては、中ボス戦や女の子モンスターの捕獲に苦労するため、色々と工夫が必要になり、レベルアップの楽しみが大きく、小規模作品としては充実した内容に感じた。また、「かなみ」「リア王女」「美樹」「レベルアップ神」など、後のシリーズでレギュラーとなるメンバーの初登場シーンもファンには見逃せない。


ランス01 光をもとめて 公式サイト
http://www.alicesoft.com/rance01/

調査担当