はっちゃけあやよさん2 いけないホリデイ はっちゃけあやよさん2 いけないホリデイ
はっちゃけあやよさん2 いけないホリデイ はっちゃけあやよさん2 いけないホリデイ
©1990 HARD
はっちゃけあやよさん2 いけないホリデイ (HARD)

・1990年04月26日 PC-8801用 FD版
・1990年09月14日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1990年10月16日 MSX2/MSX2+用 FD版
・1991年09月06日 X68000用 FD版
・1993年02月13日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『はっちゃけあやよさん123』に収録
・1999年10月29日 Windows用 CD-ROM 『はっちゃけあやよさん123 For Windows』に収録

90年代初頭の作品で、二人の女子校生のHな体験を描いたアダルトアドベンチャー。『はっちゃけあやよさん』(1989)の続編である。

前作のアルバイトでお金を貯めた「あやよさん」は、同級生の「トモコ」を誘い、日曜日にショッピングに出かけた。普通に買い物を楽しもうとする二人だが、街で道を聞くために声をかけた人物は怪しい奴ばかり。やっと辿り着いたお店では店員に騙され、Hな悪戯をされて・・・?

システムは選択肢タイプだが、分岐点は冒頭の一箇所だけで、後の選択肢はクイズ問題かコマンド風である。冒頭で映画館、本屋、靴屋のどれを選ぶかによって3種類の展開があり、すべて見終わるとエンディングとなった。

シナリオは2人の女の子のどちらか一方が店員に襲われたり、秘薬の力(?)で映画の中の登場人物になったりと、トラブルに巻き込まれていく展開となっていた。

口や指先の動き、胸の揺れなどが部分的にアニメーションする仕様で、CG枚数は前作に比べると増量され、メッセージも大きく見やすくなっている。局部の描写はやや控えめになったが、形状が視認できる範囲で完全な修正には至っていない。また、PC-88版とPC-98版以降との絵柄が原画レベルで全く異なっている。

続編として『はっちゃけあやよさん3 私、逝っちゃったんです』『はっちゃけあやよさん4 セクシーオリンピック』『はっちゃけあやよさん5 ピカピカの小惑星』が続いた他、1~3をまとめた復刻版がFM-TOWNSとWindowsで発売されている。

「はっちゃける」という言葉についてだが、当時は一般的な日本語ではなく、北海道方言「はっちゃき(熱心な様子)」に由来し、テレビドラマ『あばれはっちゃく』(1979年~1985年)の中のセリフから「はじける」というニュアンスで2000年代に広まったようだ。その前段階として本作品のように「はっちゃけ」というフレーズがあったようだが、どういう意味合いだったのかは不明で、語呂の良さから何となく選ばれたようである。

調査担当