orssh00
orssh01orssh02
orssh03orssh04
©2013 Navel
乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris- (Navel)

・2013年07月26日 Windows用 DVD-ROM 『Limited Edition
・2014年02月28日 Windows用 DVD-ROM 『Standard Edition
・2014年09月12日 ダウンロード販売開始 【DMM

月に寄りそう乙女の作法』(2012)の続編で、パリの服飾学校を舞台に素性を隠した女装男子が奮闘する学園恋愛アドベンチャー。

主人公「大蔵遊星」は、訳あって女装メイド「小倉朝日」となり、資産家「桜小路ルナ」の付き人として服飾の女子校に通っていたが、とある失敗で男であることが発覚し、桜小路家を追い出されてしまう。そんな折、失意の底にあった遊星を救う為、妹の「りそな」が彼女の海外留学に付き人として同行することを提案する。通う学校は服飾専門の新設校「フィリア女学院パリ本校」。遊星は再び朝日となって妹の世話を焼きながら、服飾のプロを目指して学び、新しい友人達と交流していく。しかし、りそなには入学初日から陰湿な嫌がらせが続いていて・・・?

システムは選択肢分岐型で、選択肢は少なめである。ヒロインは引き篭もりニート体質でブラコンの異母妹、レズっけのある旧貴族のお嬢様、その従者で天才的な服飾の才能をもつ純朴な女の子の3名となっていた。

シナリオは前作の途中から分岐したパラレルワールドとなっており、前作のプレイが推奨される。伏線を回収する完結編であり、初回特典として前作のヒロインと結ばれたアフターストーリーを収録したアペンドディスクが付属する等、ファンディスク的な役割も兼任している。

前作と同様、基本的には服飾のコンテストで入賞を目指す華やかな青春ストーリーで、女装を巡る悪戦苦闘や珍妙な登場人物達との掛け合い等、コミカルな日常風景が中心だが、異母兄の衣遠との確執、大蔵一族内の後継者争い、学校内での陰謀等が同時に絡み、先の読めないスリリングな展開を演出している。

アダルトシーンは1ヒロインあたり2つと少なめだが、女装したままの主人公がヒロインに責められるという倒錯的な表現が一部に含まれていた。また、アペンドディスクには主人公「遊星/小倉朝日」の声が再生可能となる前作『つり乙』用のボイスパッチが収録されている。

さらなる続編として、舞台を踏襲しながら主人公が世代交代した『月に寄りそう乙女の作法2』(2014年)が続いた。また、本作のアフターストーリー等を描いたファンディスク『乙女理論とその後の周辺 -Belle Epoque-』の発売が2016年に予定されている。

ショップ特典として店舗毎にドラマCD、抱き枕カバー、下敷き、タペストリー、色紙など様々なグッズが付属した他、関連商品が数多く存在し、スマホケース、キャンパスアート、女学院制服、ティーカップ、ぬいぐるみ、おしりマウスパッド等、少々珍しい品々までラインナップされている。


『乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-』 公式HP
http://www.project-navel.com/otomeriron/