ぴんきぃぽんきぃ サンプルぴんきぃぽんきぃ サンプル
ぴんきぃぽんきぃ サンプルぴんきぃぽんきぃ サンプル
©1989 elf
ぴんきぃ・ぽんきぃ 第1集 びゅーてぃふる・どりーむ (エルフ)

・1989年08月**日 PC-8801用 FD版
・1989年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版
・****年**月**日 X68用 FD版

80年代末期の作品で、ナンパ師の主人公が様々なタイプの女の子を口説き落としていく成人向けアドベンチャー。

(あらすじ) 主人公「ひろ」はナンパ魔王と呼ばれた男。年に一度の「ら・ふぇる女子高」の学園祭を訪れたひろは、さっそくタコヤキ屋台の女の子に目をつけ、猛アタックを開始するが、まるで相手にされず・・・?

5本のストーリーが連続する一本道の構成で、それぞれのシナリオ毎にヒロインの女の子が異なる。主人公も全て「ひろ」だが、シナリオ毎に年齢や職業が微妙に異なっているようである。

マップや移動、探索はなく、システムは会話のみで進行するシンプルな仕組みである。3~7択の選択肢の連続をこなしていく流れだが、後世の選択肢分岐とは違い、採点方式である。チェックポイントまでに規定の点数をクリアしていればシナリオ進行、満たなければ主人公が失神し、未消化のまま次の女の子のシナリオに移行する仕組みである。一問ごとに左のチビキャラの反応と得点変動を見て正誤を書きとめ、次回の参考にする点が攻略要素となっていた。

ヒロインは元気な女子高生、献身的なナース、キャバクラのホステス、真面目な家庭教師のお姉さん、町でナンパした傷心の女の子の5人で、それぞれ出会った場面から始まり、ナンパ目的の主人公が気の利いた受け答えで相手の心を掴み、最終的に騙したり、懇願したりで何とかエッチに持ち込んでいく流れが基本形となっている。

続編の『ぴんきぃ・ぽんきぃ2』『ひんきぃ・ぽんきぃ3』も同時期に発売されている。

選択肢の数は多いが、従来の探索型アドベンチャーと比べるとプレイヤーの負担は軽く、手軽に遊べる印象である。会話に終始している点は後の恋愛アドベンチャーと共通するが、主人公の興味が恋愛や交際になく、あくまでエッチな行為を目的としている直接的な面が80年代らしさと言えるだろう。ただし本作の場合、軽薄な主人公が最後には純愛に目覚めるという幕引きになっている。

調査担当