CRESCENT MOON がぁる CRESCENT MOON がぁる
CRESCENT MOON がぁる CRESCENT MOON がぁる
©1989 ALICESOFT
CRESCENT MOON がぁる (アリスソフト)

・1989年08月15日 PC-9801用 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・1991年03月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『アリスの館CD』に収録
・2003年04月11日 配布フリー化宣言 (アリスソフトアーカイブスなどからDL可能)

80年代末期の作品で、人間の姿にされてしまった猫を主人公にしたアダルト探索アドベンチャー。『Intruder ~桜屋敷の探索~』に続くアリスソフトの2作目で、『Rance -光をもとめて-』と同時期の発売である。

オスの飼い猫「ミイ」は、とある美しいメス猫に一目惚れし、彼女を探す旅に出るが、辿りついた怪しい屋敷で魔女の怒りを買い、魔法によって人間の姿にされてしまう。元に戻る方法はただ一つ、この町のどこかにいる、胸に三日月の形のアザのある娘を見つけて連れてくる事。美しいメス猫と添い遂げるため、そして愛する飼い主の下に帰るため、ミイは様々な女の子に出会い、衣服を脱がせていく。

システムはコマンド選択型で、移動先に自由があるタイプのADVである。女子寮や商店街、公園などを巡り、出会った女の子達と会話し、必要な情報やアイテムを仕入れていく。その際、隙を見て襲いかかったり、口説き落としたり、交換条件によって衣服を脱がせ、胸にアザがないか確認し、興奮した主人公がそのまま押し倒してセックスに至るのが基本パターンである。

女の子は女子寮に住む学生や飼い主、人間にされてしまった動物など15人が登場する。攻略的に裸の確認のみで済む場合もあるが、女の子から誘われてセックスが不可避なケースもあり、シチュエーションは様々でアダルト要素の比重は高めである。

本性が猫のため、主人公が自分本位な性格なのがストーリー上の特徴になっており、嗜虐性や計画性がないので鬼畜とまではいかないが、相手が飼い主でも性に関しては自由奔放な面が強調されている。

ちなみに、タイトルの"crecent"は単体で「三日月」の意味になり、"moon"を付けるのは完全に誤用だが、そういった緩さも現代にはない世相の雰囲気といえる。

調査担当