やりたい放題2 yaritaih2_27.png
やりたい放題2 やりたい放題2
©1989 Lucifer Soft/全流通
やりたい放題2 ツーリストを狙え!! (Lucifer Soft/全流通)

・1989年09月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代末期の作品で、デートの約束を取り付けた遠方の女の子に逢う為、主人公が全国各地を旅するアダルトアドベンチャー。『やりたい放題』(1988年)の続編にあたる。

システムはかなり特殊な選択肢分岐型で、前作の発展形である。

冒頭で9人の女の子の顔CGの中から一人の「ターゲット」を選び、その子に会いに行くまでの行き先、交通手段などを選択する点がゲーム要素である。女の子との待ち合わせ場所は全国の有名観光スポットで、主人公の現在地から離れているため、例えば長崎から博多駅へ移動、博多駅で新幹線に乗り、途中下車してバスに乗り継ぎ、大阪市内で遭遇といった具合に、複数の移動方法の中から経路を組み立てていく。

移動途中で乗客やバスガイド、スチュワーデスなど、ターゲット以外の女の子と出会う場面がたくさんあり、選択次第でその場でセックスに入ることができる。その際、本命のターゲットと最後までする為のアイテムやフラグが回収できる事があるので、積極的に試していく必要があった。ちなみに、それらの寄り道キャラ達は全ストーリーで共通である。

最も風変わりなのが周回の利用で、シナリオ中に手に入れたフラグやアイテムが、別のシナリオのターゲットの攻略に必要になることが多いため、ターゲットの選択の順番さえ攻略要素となる。どうしても攻略できない女の子がいる場合、フラグ探しで他の8人のストーリーにも手を広げなければならず、難易度はかなり高い。

主人公は巨根の持ち主で、ナンパ師風の行動パターンが目立つ。女の子は幼い少女から人妻まで年齢に幅があり、経験豊富で好き者なパターンが多く、セックスシーンでは卑語、淫語連発の長いセリフで乱れる描写が特徴的である。

続編として『やりたい放題3 アズ・ユー・ライク Vol.1』(1990年)がある。

前作と比べるとビジュアルやボリューム面で大きな進歩があったものの、独特のゲームシステムは自由度があり過ぎて取っ付きにくく、女の子達は現代風に言うならビッチ風に描かれている等、癖の強い作風である。サブタイトルは「ツーリストをねらえ!!」だが、旅行者はどちらかというと主人公であり、主人公が狙われているのかもしれない。

調査担当