美少女ベースボール学園 美少女ベースボール学園
美少女ベースボール学園 美少女ベースボール学園
©1989 PASOKET
美少女ベースボール学園 (パソケット)

・1989年10月**日 PC-8801用 FD版

80年代末期の同人作品で、野球をテーマにした脱衣ゲーム。

プレイヤーは打者となり、美少女ピッチャーの投げる球を予測していく。コースを9種類の中から選び、ストレート、カーブ、シュートの中から球種を選択、100km/h、120km/h、140km/hの中から速度を選ぶと、「ピッチャーフライ」「ツーベースヒット」といった具合に結果が反映されていく。

回は一回表の攻撃のみで、3アウトになるとゲームーオーバーである。得点が1点、3点、5点・・・と入る毎に投手の女の子が一枚ずつ衣服を脱いでいき、15点を超えると全裸となって次のステージである。女の子は1人しかいないが、ステージ毎にポーズが違うので、合計3種類×7枚のCGが用意されていた。

コマンドの選択肢は9×3×3パターンと膨大だが、アウトになる確率は低いので難易度は見た目ほどではない。結果は完全にランダムなので、コースや球種を真剣に悩む必要はなく、適当に選んでも運次第でクリアできる野球拳のようなシステムになっていた。言葉遊びだが、野球を題材にしたお座敷の遊戯「野球拳」をモチーフにした野球と全く関係ないPCゲームの古典「野球拳」の流れを汲む、野球をテーマにした、ただの脱衣ゲームということになる。

調査担当