dragoncity dragoncity
dragoncity dragoncity
©1991 FAIRYTALE
ドラゴンシティX指定 (フェアリーテール/X指定)

・1991年01月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1991年02月01日 PC-8801用 FD版
・1991年02月**日 MSX2/2+用 FD版
・1991年03月**日 X68000用 FD版

90年代序盤の作品で、男の欲望を叶える幻想世界を旅するアダルトアドベンチャー。アイデス(後のF&C)傘下、フェアリーテールの社内ブランド『X指定』のデビュー作であり、同年の「沙織事件」に連座して自主回収された。

ある朝、主人公(名前は任意)が自宅で目を覚ますと、見知らぬ美少女が主人公の朝勃ちをしゃぶっていた。彼女は男の夢が作り出した欲望と幻想の世界「エレメンタル・ワールド」を支配する女王の使いだという。強い体力と精力を見込まれた主人公は、男に興味を示さない女の子達が増えた原因を探るため、エッチな女の子だらけの楽園に旅立つ。

システムはコマンド選択型、移動先に自由があるタイプの探索ADVで、街中のバーやショップに入って様々なコマンドを試し、情報やアイテムを仕入れていく一本道のシナリオである。

シナリオはアダルト重視のシュールな展開で、ほとんどの行き先で女の子が半裸か全裸で登場し、いきなり性行為を求められる事も珍しくない。しかし女の子を満足させたり、口説き落とすにはアダルトグッズなどの重要アイテムや情報、お金、ナニの改造手術が必要なため、順序よく巡って次に繋がる手がかりを探っていく流れとなっていた。

過激さを売りにした新ブランドだけあって、陰部は男女共に無修正である。ソフ倫の発足以前の時代で無修正作品はそれほど珍しくなく、無毛で扱いも小さいが、とにかく枚数が多く、特に後半になるにつれて描写は詳細になっていく。女の子は20人以上登場し、それぞれにセックスシーンが用意されているためボリューム感が高い。

個人的には、主人公がナニのサイズとテクニックを拠り所にした強気な性格で、AV風の乱暴なセリフによるいたぶり、卑猥な単語での言葉責め、言わせプレイを好む点が特に印象的である。また、男性器に埋め込んだ真珠を増やしてパワーアップなど、どこかヤクザやジゴロを連想させる部分もある。アダルトゲームはいつの時代も男性本位な世界を追求するものだが、特に当時の陽気で屈折のないマッチョイズムを伝えてくれる作品である。

調査担当