dps01.png dps71.png
dps62.png dps22.png
©1990 アリスソフト
D.P.S (アリスソフト)

・1989年12月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 PC-88VA用 FD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 FM TOWNS用 FD版
・1995年11月**日 PC-9801/FM TOWNS/Windows3.1・95用 CD-ROM 『D.P.S 全部』に収録
・2003年04月11日 配布フリー化宣言 (アリスソフトアーカイブスなどからDL可能)

80年代末期の作品で、オムニバス形式のショートシナリオを収録したアダルトアドベンチャー。

(あらすじ)"Dream Program System"はゲーム機のような外見をもった市販中の機械で、ソフトを本体にさし込み、ヘッドホンをつけて寝ることで、夢の中で様々な物語の登場人物になり、Hなことも疑似体験できるという大人気の装置である。プレイヤーはD.P.Sの所有者となり、ソフトを選んでそれぞれのHAPPY ENDを目指していく。

内容は単なるミニADV集だが、プレイヤーが操作するのは、設定として登場する架空の機械"D.P.S"を操作する人物で、ソフトの差し替え、電源のON/OFF、説明書を読むなどのコマンドが存在し、遊ぶ順番も自由である。つまり、プレイヤーがゲームの中でゲームを体験するような演出になっている点が特徴的である。

シナリオは、騎士となってお姫様を助ける『プリンセス・ファンタジー』、人気女性アイドルとファンの女の子が出会い、結ばれるまでを描いた『なんてったって芸能人』、女子校の検診を任された内科医が、気に入った生徒を騙してHな診察にもちこんでいく『いけない内科検診』の3本である。ただし、それぞれ善人の騎士か鬼畜戦士か、アイドルかファンか、男医か女医かといった具合に、主人公を2種類から選ぶ事ができ、展開も大きく異なるため、実質6本分のシナリオである。

システムは、移動先に自由がないタイプの選択肢アドベンチャーで、目当ての女の子とのセックスを目指す一本道の展開である。選択肢は多く、ゲームオーバーも多く、難易度は高い。

続編として『D.P.S. SG』『D.P.S. SG set2』『D.P.S. SG set3』『Super D.P.S』が続いた他、1枚のCD-ROMでPC-9801とFM TOWNSとWindows3.1/95に対応したハイブリッド仕様のソフト『D.P.S. 全部』(1995年)に本作品も収録されている。

調査担当