carat02.png carat13.png
carat09.png carat14.png
©1992 CUSTOM
CARAT (CUSTOM)

・1992年05月22日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・1998年05月15日 Windows95用 CD-ROM版

90年代序盤の落ち物パズルゲーム。一部のモードで脱衣CGを備えていた。

ストーリー性はなく、美少女CGで賑やかに装飾された画面の中で、ひたすらブロックを消していくゲーム性重視の作風である。同じ色のブロックが直線状に3つ並ぶと消滅する仕組みで、縦横方向に消滅させるか、斜め方向に消滅させるか、いつでも切り替える事ができるのが大きな特徴である。『コラムス』(1990)や『ぷよぷよ』(1991)に比べると戦略性の幅が広いが、その分難易度も高い。

ひたすらハイスコアを狙う「Normal」、与えられた課題をこなしていく「Task」、2人対戦の「Versus」の3種類のモードがあり、それぞれ難易度などが選べる。タスクモードのレベルEASYにあたる「妖艶天使」には、5面クリアする毎に1枚、計7人の女の子の大型な脱衣CGが用意されていた。

ブロックのデザインを変えることが出来るのも特徴で、シンプルなカラーブロックからボール状のもの、タバコ、フロッピー、缶ジュースのパッケージ、麻雀の牌、デフォルメキャラ、花札など9種類ある。

脱衣CGが初心者向けのモードにしかないのが気になるが、ゲーム性にハマるほど脱衣要素は要らなくなってくるので、まずは脱衣ありの課題で連鎖や同時消しの技術を覚えさせ、ストイックな方面に誘導するのは合理的かもしれない。軟派なパッケージと裏腹に本格派パズルゲームを目指した作品だった。

調査担当