dtkhkhsd00abgktk_0002jp-003
abgktk_0002jp-005
abgktk_0002jp-004
abgktk_0002jp-002

©2013 AUGUST
大図書館の羊飼い ~放課後しっぽデイズ~
【注意】15歳以上推奨作品です。

・2013年08月10日 Windows用 DVD-ROM コミックマーケット84にて先行販売
・2013年09月27日 Windows用 DVD-ROM 一般販売
・2014年09月05日 ダウンロード販売開始 【DMM
・2015年02月15日 PS Vita用 『大図書館の羊飼い -Library Party-』に収録

大図書館の羊飼い』(2013)のスピンオフ作品で、汐美学園を舞台に甘酸っぱい三角関係を描く恋愛アドベンチャー。定価1500円の短編で、対象年齢は15歳以上推奨である。

巨大な学校、汐美学園にある「ネコ写真部」は部員二人だけののんびりした部活。所属する主人公「慶」と「のぞみ」は同郷の幼馴染で、一人暮らしのマンションも隣同士の親友である。特に男女を意識することもなく過ごしてきた慶だったが、田舎からもう一人の幼馴染「朔夜」が家出同然で入学し、3人での共同生活が始まったことから、その関係に変化が訪れようとしていた。一方、学園内の野良ネコを撮影する絶好のスポット、通称「ネコ広場」には新校舎の建設計画が進められていた。3人は空き地を守るため、生徒会や噂の図書部に相談を持ちかけるが…?

システムは途中一箇所の選択肢で分岐するADVである。シナリオは新キャラクター3人によるほのぼのとしたラブコメディーで、ネコ写真部の活動や、生活感のある日常風景の中で恋が進展していく流れとなっていた。生徒会や図書部の面々も脇役として登場する。

スピンオフだった本作に対して、王道的なファンディスクとして図書部の面々と結ばれた後日談を収録した『大図書館の羊飼い -Dreaming Sheep-』(2014)が続いており、それとセットになった形でサントラやビジュアルブック等がリリースされている。


『大図書館の羊飼い~放課後しっぽデイズ~』Web Site
http://august-soft.com/daito_sd/index.html




調査担当