wrretail001
wrretail005wrretail002wrretail006
wrretail003wrretail007wrretail004

©2014 Ricotta
ワルキューレロマンツェ Re:tell (Ricotta)

・2014年09月26日 ダウンロード販売開始 【DMM

ワルキューレロマンツェ [少女騎士物語]』(2011)でそれぞれのヒロインと結ばれた後の日々を描いたストーリー集の第一弾。『萌えゲーアワード2014』にてロープライス賞を受賞している。

ファンディスクとして2013年に発売された『ワルキューレロマンツェ More&More』では、脇役だった三人が新たなヒロインとしてスポットを浴び、メインヒロイン4人とのアフターストーリーは短めとなっていたが、それを補う形となっている。

シリーズ物で、第一弾となる本作ではノエル、綾子とそれぞれ恋仲になった後日談がそれぞれ一本ずつ収録されている。また、第二弾としてスィーリア、茜の二人を題材にした『ワルキューレロマンツェ Re:tellⅡ』のダウンロード販売が2015年4月24日に予定されている。

システムは選択肢のない純粋なストーリー集である。シナリオは穏やかな日常劇で、ノエル編では妹のミレイユとの交流を中心に、おなじみの面々とハロウィンの準備に取り組んだりしながら、二人の仲がより深まっていく。綾子編は騎士への復帰を果たした主人公が、学園対抗のジョスト大会の選考会での優勝を目指すストーリーで、前作ではチョイ役だった主人公に恋する女の子、エリミヤも物語に華を添えている。

アダルトシーンはそれぞれ4つで、迫力の巨乳、大胆なポーズ、アヘ顔、放尿等にこだわった濃い目な描写は健在であり、清楚なヒロイン達とやや下品な表現のギャップが見所となっている。

個人的な印象としては、ファンディスクらしい当たり障りのない展開で、期待していたサブキャラ達のHシーンは含まれておらず、少し安心したような残念な気持ちである。本編のラブラブな日々の続きを楽しみたい人にお勧めしたい。


ワルキューレロマンツェ Re:tell オフィシャルホームページ
http://www.ricotta-soft.jp/products/retell/

調査担当