troyasenki00.jpg
troyasenki06.jpgtroyasenki02.jpg
troyasenki01.jpgtroyasenki09.jpg
©DMMゲームズ
トロイア戦姫 (DMMゲームズ)

・2015年02月05日 トライアルテスト開始
・2015年03月03日 正式サービス開始 【DMM
・2015年08月28日 サービス終了

10年代中盤にオープンしたオンラインゲームで、ギリシャ神話の世界を舞台に二大勢力の衝突を描くMMORPG。アダルトADV風のセックスシーンを盛り込んだ珍しいアダルトMMOである。

元々は韓国の『ALT1』社により開発されていた『TROY』という硬派なMMOが土台になっていて、それに日本流のアダルト要素を付加し、一部をアレンジしたものである。オリジナルは2011~2012年にかけて韓国内でクローズドβが公開されたものの、続報が絶えていたようだ。

ゲームシステムは00年代に流行したMMOの王道といった感じで、基本はモンスター狩りやクエストをこなしてレベルを上げ、スキルを強化したり行動範囲を広げていくアクションRPGである。ギルドやショップの開店、パーティプレイ、装備の改造など、一般的なMMO要素は一通り揃っている印象である。また、狩りや移動の自動化、遠隔地でのクエストの報告など、手間要らずで簡便な操作性を志向している。基本プレイは無料で、育成補助や装備品、アイテム欄の拡張などの一部のアイテムが有料である。

MMO側の目玉となっているのが「戦争」要素で、プレイヤーはキャラクター作成時にトロイ陣営かスパルタ陣営に振り分けられ、それぞれ別のフィールドで育成することになる。戦争は「占領戦」「殲滅戦」などの種類があり、公開されたスケジュールに沿って進行する。参加を表明すると専用フィールドにワープさせられ、レベル帯毎に分かれて10分程度の対人戦を行うことになる。これとは別に「全面戦争」という全員参加型の大規模戦も一週間に一度起こる。

アダルト要素は専用のアイテムをモンスタードロップで集め、「魔法の本」と呼ばれるビジュアルパートを開放した際に起こる。内容は過去の戦争にまつわる女の子達の記録で、シスターや女戦士、女盗賊などが登場し、静止画とボイスの組み合わせで濃厚なセックスが描かれる。女の子一人当たり5段階のショートストーリーになっていて、一部に陵辱や強姦描写を含むが、最終的には望む相手とのハッピーエンドを迎えることが多いようだ。

また、フィールド上でも「戦乙女の概念」という女性の姿の雑魚キャラに限り、ダメージを与える毎に衣服がはだけ、倒した後はプレイヤーキャラが正常位で腰を振るという、死姦(?)のようなオマケ要素を備えている。

個人的な印象として、神話の世界を描いたアルカイックな世界観と、中世ファンタジー風のアダルト要素のミスマッチが気になり、女の子達もプレイヤーに関わらないので愛着が湧きにくい。対人戦は頻度が高く、ハマればそれなりに楽しめるメインコンテンツに仕上がっている一方、装備品にレベル制限がないので新規プレイヤーにはハードルが高そうだ。プレイヤー同士の交流も6月時点では賑やかな雰囲気とは言いがたい。試みとしては斬新で、「アダルトMMORPG」としては世界初かもしれない。

調査担当