libido7_00.png libido7_07.png
libido7_08.png libido7_03.png
©1994 LIBIDO
Libido7 (LIBIDO)

・1994年06月09日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 Macintosh用 CD-ROM版
・****年**月**日 Windows用 CD-ROM版
・2003年02月28日 Windows用 DVD-ROM 『Libido7 DVD』(リメイク)
・2006年11月17日 Windows用 DVD-ROM 『Libido7 DVD』 廉価版

90年代中頃の作品で、女の子同士の濃厚な絡みを集めたショートストーリー集。「オカズウェア」を標榜した『LIBIDO』の2作目で、大ヒットとなり同社の知名度を飛躍的に高めた。

主人公「奈留」は、イラストが得意で女の子が大好きな女子学生。ある日、ゲームの制作に誘われた奈留は、はじめは乗り気でなかったものの、友人の「千鶴」と姉の「愛美」に嬲られる中で参加が決まってしまう。プログラマーや作曲担当、モデルの女の子との打ち合わせの中で愛を育み、後輩にはオナニーのやり方を実践で教えていく内に、やがて奈留は全員から深く愛されていく。

ゲームシステムは、冒頭で9つのタイトルの中から任意の物を選び、鑑賞していく形式である。選択肢やコマンドのない、純粋な読み物となっている。プロローグとエピローグがあるため、全体で一つの物語になっているが、各話は1話1ヒロインで独立性が高く、鑑賞する順番が前後しても問題はない。

シナリオは、女の子とのHに目がない奈留が、様々なアプローチでそれぞれの女の子の衣服を脱がせ、レズプレイに発展していく流れである。プロローグとエピローグでは攻められる一方の奈留だが、各話ではおおむねタチで、巧みな舌と指使い、時にディルドーやロウソク、縄、浣腸注射器を使って絶頂に導いていく。

性行為はソフトだが、ほぼすべてのエピソードに放尿、脱糞などのスカトロ要素があるのが大きな特徴となっている。特に脱糞シーンはエンドカードなどにも採用されており、インパクトが大きい。ただし、大小とも排泄物にはモザイクがかけられていた。登場人物の年齢は明示されており、かなり低年齢のキャラも登場する。

本作の女の子8人による脱衣麻雀の『なる麻雀』(1995年)が続き、続編の『Libido7 IMPACT』(1995年)も大ヒットとなった他、後のLIBIDO作品にも本作のキャラクターがゲスト出演しているようである。

個人的な印象になるが、パッケージから作品内まで徹底したピンク色のイメージ、可愛らしいビジュアルと濃厚で下品なエロスとのギャップ、そしてオール百合、スカトロ、ほのぼのとした緩い世界と、当時としては独特な点の多い作風である。

「オカズウェア」というキャッチコピーについてだが、実用性に特化したいわゆる「抜きゲー」は当時から既にあったものの、通常の作品と明確には区別されておらず、それを言い表す用語も定まっておらず、低質で安っぽい作品というイメージだけがあった。そのため、この謳い文句はオカズ特化型ゲームにプライドをもった珍しいメーカーとして、注目を集める効果が狙えたのかもしれない。用語は移ろったが、抜きゲーが1ジャンルとして意識されるきっかけとなった作品だった。

調査担当