prprcandy00prprcandy02
prprcandy03prprcandy05
©1996 Mink
ぺろぺろCandy ~陽の章~ (ミンク)

・1996年07月27日 PC-9801用 3.5インチFD版
・1996年12月20日 Windows95/98用 CD-ROM版
・2005年02月25日 Windows用 CD-ROM 『陽の章 ~ぺろぺろCandy~』としてリメイク
・2008年04月09日 DL販売開始 【Gyutto】【DLsite】【DL.Getchu】【DMM】 
・2014年11月21日 DL販売 『ミンクブランドパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2014年12月12日 DL販売 『Minkオールスターボリュームパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-Sweet-』に収録 【DMM
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-FULL POWER-』に収録 【DMM

90年代中頃の作品で、イメクラをテーマにしたセックスシミュレーションゲーム。陽気でポジティブな作風で、対となる姉妹作『しゃぶり姫 ~陰の章~』(1997年)が続いている。

主人公「純平(名前変更可)」は、女にデートの約束をすっぽかされてイラついていた時、イメージクラブ「Mink」と出会い、明るくテクニシャンな女の子「Candy(名前変更可)」とのひと時を楽しんだ。Candyをすっかり気に入った純平は、その後も店に通うようになり、様々な役になりきってプレイを楽しんでいく。一方、街中で出会うCandyそっくりの女の子「友佳」も気になる存在で…?

ゲームシステムはセックスのプレイ内容を編集するシミュレーターと、ADVの組み合わせである。公式のジャンル呼称は「マルチシチュエーション秘め事シミュレーター」となっている。最初に病院、学校、電車内など中から場所を選び、白衣、セーラー服などの服装を指定し、道具を使うか否か、前戯はフェラか69か、挿入はどの体位か、フィニッシュはどこに発射するか、といった項目を指定していく。

入力後は選択肢もコマンドもない読み物で、オートによる手放しプレイも可能である。場所と服装によって展開が全く異なり、合計12パターンのショートストーリーが楽しめる。また、膨大な項目の中から特定の条件を揃えないと見られないレアなCGもあるため、CGを自力でコンプリートするのは労力がかかりそうだ。

そして単純なイメクラシミュレーターでは終わらず、「好感度」のパラメータがあるのが特徴である。入店時の何気ない会話、イメージプレイの組み合わせ、突発イベントの選択肢によって上下する仕組みで、上昇につれて特殊イベントが進行し、最終的にハッピーエンドを迎えられるようになっていた。

シチュエーションは女医と患者、車掌と女子学生、新婚夫婦など様々で、受け責めも設定ごとに異なり、二人は完全に役になりきってシーンを演じていく。一方が強引にセックスに持ち込むケースが多いが、プレイ自体はノーマルで、SM要素もほとんどない。

対となる作品に『しゃぶり姫 ~陰の章~』(1997年)がある。また、続編に『Lovely Angels ぺろぺろCandy2』(2000年)があり、本作品のヒロイン「キャンディ」が新設定で再登場している。関連商品は実写AV版、小説版、DVD-PG版など。

電撃姫の’96人気ランキングで18位と、当時それなりにヒット作となったようだ。個人的には、『カスタムメイト』(1993年)のようなシミュレーターのヒロインを一人に絞り、メインストーリーで完結させたような印象である。シナリオ的にやや物足りないが、アダルト要素やビジュアルが充実しているので実用性は高かったことだろう。


公式HP
http://www.mink.co.jp/product/other/candy/index.html

調査担当