tyos06
tyos08tyos09
tyos11tyos10

©2012 Navel
月に寄りそう乙女の作法 (Navel)

・2012年10月26日 Windows用 DVD-ROM 『Limited Edition
・2012年12月21日 Windows用 DVD-ROM 『Standard Edition
・2014年06月26日 ダウンロード販売開始 【DMM
・2015年11月26日 PS Vita用 『月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~

女装した主人公が素性を隠してメイドとなり、名家のお嬢様にお仕えしていく学園恋愛アドベンチャー。萌えゲーアワード2013にて最高賞となる大賞を受賞している。

資産家「大蔵家」の次男として生まれた主人公「遊星」は、妾の子として暗く自由のない少年時代を過ごすが、世界的な服飾デザイナー「ジャン・ピエール・スタンレー」との出会いが彼に人生の目標をもたらし、兄の指示で服飾の道を志すようになる。兄からは才能不足と判断されて見捨てられたものの、夢を諦めきれない遊星は、ジャンの新設した服飾の女子校で学ぶため、妹の協力でとある令嬢を紹介してもらい、彼女の付き人「小倉朝日(女)」として学園に潜り混む事に。果たして朝日は素性を隠したまま、無事に卒業を迎えることができるだろうか・・・。

選択肢分岐型のアドベンチャーで、選択肢は少なめである。ヒロインは自信家でサドっけのあるデザイナーの卵、それをライバル視する高慢でドジなスイス人、男性恐怖症の大和撫子、主人公の幼馴染で元気で明るい庶民派のお嬢様の4人で、いずれも資産家の娘なのが特徴である。

シナリオは主人公が天性の女らしさでメイドになり切り、使用人としての雑務をこなしつつ、付き人として学園に通い、屋敷に滞在するお嬢様達との仲を深めていく流れとなっている。男としての葛藤や、個性的な付き人達とのやり取り、正体を隠すために悪戦苦闘する様を交えたギャグタッチの日常が中心である。また、ファッション業界と上流社会という華やかで峻烈な世界もストーリーの重要なファクターを占めている。

アダルトシーンはヒロイン1人あたり3つで、基本的に主人公の姿は男性器しか描かれないが、中には主人公が女装したまま、という百合(?)的なシチュエーションや、逆に主人公がヒロインに責められる"男の娘"的な表現も一部に含まれていた。

続編に『乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-』(2013年)、『月に寄りそう乙女の作法2』(2014年)がある。2015年にはPS Vita移植版が発売された。関連商品はビジュアルブック、サントラ、スマートフォンケース、タペストリー、下敷き、ブランケット、クッションカバー、Tシャツ、トートバッグ、カレンダー、ぬいぐるみなど非常に多数。

 
『月に寄りそう乙女の作法』 公式HP
http://www.project-navel.com/tsukiniyorisou/