グリザイアの果実グリザイアの果実
グリザイアの果実
グリザイアの果実
グリザイアの果実
©2011 FrontWing
グリザイアの果実 (フロントウイング)

・2011年02月25日 Windows用 DVD-ROM版
・2011年12月09日 ダウンロード販売開始 【DMM】【Gyutto】【DLsite
・2013年08月08日 PSP版
・2013年08月08日 PS Vita版

10年代序盤の学園恋愛アドベンチャー。フロントウィングの通算20作目(ファンディスク含む)。 萌えゲーアワード2011にて大賞部門金賞を受賞している。

普通の学校に通いたい―。ふと口をついた願いは歪な形で叶えられた。裏社会に飼われてきた少年が紹介されたのは、高い塀で囲まれた全寮制の学園。生徒はたった5人の少女。瑞々しく熟れながら、消せない心の闇を抱えた禁断の果実たち…。

形式は選択肢分岐型のアドベンチャーで、長めの共通パートとヒロイン個別ルートで構成される一般的な作りである。ただし個別ルートにはグッドエンド、バッドエンドの2種類があり、特にバッドエンドでは凄惨な結末を迎えることが多いのが特徴的である。

物々しくダークな雰囲気をかもし出す作品イメージの紹介、主人公のシリアスなモノローグと裏腹に、共通パートはコミカルで明るい日常風景の続く学園モノとなっている。登場人物は軍隊風のサバイバル思考な主人公をはじめ、攻撃的な孤高のヒロインや、ツンデレを装うアホの子、強迫観念気味の奉仕体質、人見知り、都合のいい女など、どこか社会性に欠陥を抱えた人物達となっており、日常の些細なトラブルを巡ってとぼけたやり取りが繰り広げられる。

一方、核心となるシリアスで重苦しい展開は、ヒロイン達の個別シナリオに集中している。彼女達の抱える特殊な境遇や心の闇に主人公が踏み込み、荒っぽいながらイケメンな方法で解決を図り、やがて強い絆で結ばれていく恋愛ストーリーとなっていた。一方で心的外傷や飢餓等に追い詰められた人間の精神異常を、リアルなタッチで描いた衝撃のシーンの数々が話題になっている。

早い段階でのTVアニメ化企画発表、クオリティの高いOPムービーなどが注目を集めた他、加盟ブランド数十社によるイベント「萌えゲーアワード2011」で最高位となる大賞部門金賞を受賞している。 通常版のみの発売だったが、予約特典としてビジュアルブックが付属した他、オリジナルショップ特典を用意した販売店が多く、特にソフマップはベットシーツ、タオル、ドラマCDの付属した稀にみる大型のパッケージとなった。

続編に『グリザイアの迷宮』(2012)、『グリザイアの楽園』(2013)がある他、スピンオフ作品の『アイドル魔法少女ちるちる☆みちる』、オンラインゲーム『グリザイアの安息』などが続き、TVアニメ版のBD&DVDの5巻にオリジナルADV『グリザイアの残光』のダウンロード用シリアルコードが付属している。コミックス、TVアニメ、Webラジオと各メディアへの展開も幅広い。関連商品はサントラ、ラジオCD、フィギュアなど多数にのぼる。


グリザイアの果実 公式サイト
http://frontwing.jp/product/grisaia/ 





調査担当