xenon00xenon01
xenon05xenon07
©1994 C's Ware
XENON ~夢幻の肢体~ (C's Ware)

・1994年12月09日 PC-9801用 3.5インチFD版
・1995年03月31日 PC-9821/FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1997年11月14日 Windows95用 CD-ROM版
・2006年08月02日 ダウンロード販売開始 【Gyutto】【DLsite】【DMM】【DL.getchu

90年代中頃の作品で、夢の中の世界と現実が交錯していくSFタッチのアダルトアドベンチャー。

主人公「宏治」は現代に暮らす普通の若者。ある医療センターで精神分析のデータ標本となり、泊り込みでコンピュータによる分析を受けていた宏治は、しばしば記憶が欠落する症状と、奇妙な夢に悩まされていた。カウンセリングで夢の内容を尋ねられた彼は、異世界らしき宇宙船内で乗員の女性達に出会う夢を回想する内に、いつしか再び夢の世界に入り込んでいく。夢と現実を交互にさ迷う中、夢の中では未知の惑星探査に関する不可解な事件、そして現実では医療センターの研究に関する疑惑に同時に巻き込まれて…?

システムは選択肢型のADVだが、選択肢により途中の演出が異なるのみで、ほぼ一本道の展開である。周回プレイが前提になっているのが特徴的で、冒頭部分や登場人物はすべて共通だが、2周目、3周目では違う展開が起こり、世界観も異なる場合があった。

シナリオは1周目がシリアスなSFホラー風なのに対して、2周目はギャグ傾向の強い陵辱モノだったりと作風も異なっている。また、夢と現実で原画のタッチも全く異なるため、二つのADVを交互に遊んでいるような雰囲気の違いも印象深い。

アダルトシーンの比重は高めである。和姦プレイとSMチックな調教プレイで半々といったところだが、和姦プレイでも言葉責めが多く、ややサディスティックな傾向が強い。一部に3Pや緊縛、浣腸といった特殊なプレイを含んでいた。当時としては珍しい頭部を超える大きさの爆乳も印象的である。

全体の印象としては、同じ舞台、同じ登場人物を使いまわすオムニバス作品、という形容が近いか。女医からカウンセリングを受け、夢の中で宇宙船内をさまよう冒頭部分だけは共通だが、そこから先は作風も設定も異なり、予測不能な展開が続く前衛的な作りとなっている。プレイ終盤はアダルト重視で、シナリオが適当になっていくのが個人的に残念だった。


調査担当