fifteen00fifteen01
fifteen04fifteen03
©1998 LIBIDO

Fifteen ~すくうるがあるずデジタル読本~
 (LIBIDO)

・1998年09月11日 Windows95/98用 CD-ROM 【駿河屋】【Amazon


90年代後半の作品で、当時流行語となっていた「ネットサーフィン」をゲーム化した擬似ネットブラウジングゲーム。

ストーリー性のある導入部分はない。ゲームを起動すると架空のブラウザが立ち上がり、あるサイトが表示される。

そのサイトは、とある教師が個人で運営するHPで、表向きは教え子の健全な写真やプロフィール、性格診断チャート等がアップされた場所である。しかし、サイト内に隠された裏キーワードを検索することで雰囲気は一変する。教師は「教育」と称して少女達を乱暴に犯し、その様子を包み隠さずネット上にアップするという裏の顔をもっていたのだった…。という設定である。

ゲーム画面は当時のInternet Explorerそっくりの擬似ブラウザになっていて、サイト上のヒントを頼りに、アドレスの一部を書き換えたり、サイト内を検索したり、文章からキーワードを推理したりで各生徒のパスワードにたどり着き、秘密のページを観賞していく謎解きゲームになっている。

女の子15人はいずれも未成熟に描かれている一方、教師はサディスティックな性格で、アダルトシーンの大半は鬼畜な陵辱シーンとなっている。1人当たり3、4枚程度のCGにセリフを添えたもので、緊縛、放尿、アナル、スカトロ、街中露出、輪姦など、LIBIDO作品ではお馴染みの過激な描写を含んでいた。

続編として、本作品のヒロイン達を更に未発達に描いた『Petit teens』(2001年)、『Mini teens』(2001年)が続き、合わせて『TEENSシリーズ』と呼ばれた。関連商品にビジュアルブック、小説版などがある。

「ネットサーフィン」は特定の目的なしにネット上のリンクを辿っていく娯楽で、当時流行語となりつつあり、題材として新鮮だったことだろう。

個人的な印象として、表向きの部分だけでも、教え子の実名、体操着姿、水着姿をアップしてる時点でアウトな気がするが、インターネットの普及率が低く、取り締まりも甘い時代だったため、ひょっとしたら近いものが確信犯的に存在したのかもしれない。他にも怪しげな隠しページの存在、勝手に再生が始まるMIDI音楽など、90年代のレトロなインターネット文化の雰囲気を伝えてくれる作品である。  


LIBIDO OFFICIAL WEB SITE
http://www.libido.ne.jp/archives/?page=fifteen


調査担当