oudouyuusya00oudouyuusya01
oudouyuusya06oudouyuusya03
oudouyuusya05oudouyuusya07
©1998 ALICESOFT

王道勇者
 (アリスソフト)

・1998年04月02日 Windows95用 CD-ROM版
・1999年09月30日 Windows95/98用 CD-ROM 廉価版


90年代後半の作品で、正義感にあふれた主人公の冒険を描いたアダルトRPG。

(あらすじ) 中世ファンタジー風の世界。主人公「ザンバ」は心優しく情に厚い青年である。一年前に半死半生で助けられ、それ以前の記憶がないザンバは、失った自分を探すためラナティア大陸へと旅立った。手がかりは不思議なアミュレットと夢の中に出てくる少女の面影のみ。一方、大陸では魔王が復活し、人々は魔物の襲来に苦しめられ、伝説の勇者の復活を待ち望んでいた…。

ゲームシステムは一風変わっていて、一本道の王道的なRPGではない。5人のヒロインがそれぞれ独立したストーリーをもち、それを任意の順番でこなしていく変則的な形態である。エルフの『同級生』のような、スケジュール管理要素を中心としたRPGといえるだろう。

プレイの基本はヒロインの現れそうな場所を繰り返し訪れ、会話の中でストーリーを進展させていく。5人全員を攻略するか、任意の相手のストーリーだけを進めるかも自由で、ラスト付近で1人を選ぶことにより、個別エンディングを迎える仕様となっている。

RPGとしては、1人パーティのダンジョン探索型で、装備品、魔法、必殺技といった要素があり、オートマッピングで地図を完成させていく。ダンジョンごとに凝った仕掛けが施されており、その謎を解いて踏破していく正統派なRPGとなっている。

ストーリーは心優しい主人公が、旅の中で問題を抱える女性と出会い、その窮地を救う中で慕われていく。それと同時に、宝玉にまつわる魔族の陰謀や、失った主人公の記憶、伝説の勇者の秘密などが明かされていくシリアスな展開となっている。

アダルトシーンは敵による陵辱シーン(寸止め)が多く、主人公との和姦は一人一箇所で、アダルト要素には比重がない。

タイトルから察するに、アダルトRPGらしくない、熱血で純情な主人公による古典的なファンタジーを目指した作品である。それだけにベタな設定、ベタな展開が多く、個人的には陳腐な印象を拭えなかった。絵のタッチも好みが分かれそうだ。しかし変則的な構造にも関わらず、ゲームバランスが崩れないのは流石で、RPGとしての屋台骨がしっかりしているのが印象的だった。


調査担当