alice_0040pl505als0084jp-003505als0084jp-004505als0084jp-008
©2016 ALICESOFT
妻みぐい3 (アリスソフト)

・2016年01月29日 Windows用 DVD-ROM版
・2016年01月29日 ダウンロード販売開始 【DMM】【DL.Getchu】【DLsite】【Gyutto

10年代中頃の作品で、人妻との秘め事をテーマにしたアダルトアドベンチャー。『妻みぐい』(2002)、『妻みぐい2』(2003)の後継で、『妻しぼり』(2006)を含めると『妻』シリーズ通算4作目にあたる。

主人公『明人』は平凡ながら、お人よしで思いやりのある若者である。勤務先のビル改装で長期の休みをもらった明人は、一ヶ月間を実家のある田舎町で過ごす事になった。そこでは明人のことを溺愛する二人の年上女性、かつて想いを寄せていた兄嫁「海夕里」と、スナックの未亡人「砂夜子」が彼を待ちわびていた。明人との仲を巡って砂夜子と火花を散らす海夕里は、明人を繋ぎとめるために不貞スレスレの過激な行為に及び、次第にエスカレートしていく。そこへ、明人をパパと呼び慕う美少女が現れて…?

システムはMAP上に現れるヒロイン選択型のADVである。8月1日から31日までの1ヵ月間を、朝、昼1、昼2、夜1、夜2、入浴、深夜といった7つ時間帯ごとに行き先を選んでいく形式となっている。ヒロインには受精値やイベント進行度といった簡単なパラメータがあって、スケジュール管理型の育成SLG要素もあるのが特徴的である。お目当てのヒロインを繰り返し選択してイベントを進め、受精値を高めて妊娠させることで、個別のエンドを迎えるのが基本的な流れとなっていた。

シナリオ面では、ヒロイン4人中3人が既婚者となっていて、主人公がエッチの相性やさりげない優しさ、ピンチを救う中で女性の心を揺さぶり、パートナーから心も体も奪いとっていく「寝取り」要素が強いのが特徴となっている。一方、ゲームモード「本気」ではライバルの横恋慕や悪漢達のイベントが進行し、放置しているとヒロインが襲われてしまう「寝取られ」要素も備えていた。こちらも比重が高く、ボリューム的には同じぐらいである。

アダルト要素の比重も高く、描写は濃厚である。序盤はヒロイン側が一線を守るため、手コキや素股といった軽い行為に終始するが、やがて口淫を経て、主人公の懇願を受け入れる形でゴムありのセックス、ついには生セックスに至り、膣内射精の虜になるという、プレイヤーを焦らすもったいつけた進展具合が独特である。倫理的タブーを犯していることを意識させ、男の征服欲を満たすヒロインの執拗なモノローグも印象的である。

寝取られイベントの形は様々で、ヒロインが寝ている間にいたずらをされるタイプ、間男に心を許して和姦に応じてしまうタイプ、悪漢に陵辱され、精神をやられてしまうタイプなどがあり、ライバルキャラ毎に段階的に進行していく。どの男に寝取られたかによって、複数の個別ENDが用意されていた。

関連商品に、本作のBGMなどを収録した『アリスサウンドアルバムVol.29』がある。

個人的な印象としては、寝取りと寝取られを両方共に充実させた作品で、ボリューム感は高い。年上、巨乳、NTR、おねショタ、セックス時のオーバーな長台詞など、諸要素が好みに合えば実用性は高いであろう。育成SLG的だった前作、前々作と比べるとADV寄りで、ゲーム性が低くなったのが個人的に残念だった。


『妻みぐい3』公式サイト
http://www.alicesoft.com/tsumamigui3/




調査担当