title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『軽井沢誘拐案内』 概要

軽井沢誘拐案内 サンプル 軽井沢誘拐案内 サンプル
軽井沢誘拐案内 サンプル 軽井沢誘拐案内 サンプル
©1985 ENIX
軽井沢誘拐案内 (ENIX)

・1985年05月**日 PC-8801用 FD版 カセットテープ版
・1985年08月**日 FM-7用 FD版 カセットテープ版
・1985年10月**日 X1用 FD版 カセットテープ版
・1986年09月**日 PC-6001用 カセットテープ版
・1986年12月**日 MSX用 カートリッジ版
・2005年07月19日 携帯用アプリ(iモード EZweb Yahoo!ケータイ用) 配信開始

80年代中頃の作品で、高級リゾート地を舞台にした推理アドベンチャー。『ポートピア連続殺人事件』(1983)、『オホーツクに消ゆ』(1984)に続く堀井雄二氏のミステリー3作目だが、一部にアダルトな演出が含まれていた為か、唯一ファミコンに移植されなかった隠れた名作となった。

軽井沢の別荘に住む恋人「クミコ」の元を訪れた主人公は、行方不明になったという彼女の妹「なぎさ」の捜索を手伝う事になる。しかし、街の住人達の話を聞いてまわり、付近の痕跡を調べているうちに、クミコにも不審な点が浮かび上がってくる。果たしてクミコは何を隠しているのか、なぎさとは一体・・・?

システムはコマンド型のアドベンチャーで、操作はほぼテンキーのみである。上下左右にスクロールする2D俯瞰型のフィールドマップを歩き回り、「OOの家」「ドライブイン」等に立ち寄って住人達との会話からヒントを集め、順序良く謎を解いていく流れとなっている。

途中、探索画面でカーソル移動による部屋の物色があったり、最終章では突然RPG仕立てになったりと、コマンドAVGの枠に囚われない多様なゲーム要素が詰め込まれていた。

シナリオの序盤は、シリアスで大人の雰囲気を漂わせる本格ミステリーだが、中盤あたりからギャグ傾向が強くなっていく。アダルト要素は濡れ場(未遂)が一箇所あるのみで、あくまで一般ゲームのサービスの範囲だが、パンチラシーンが非常に多く、パンチラが重要な役割を果たすケースもあるなど、お色気にもそれなりに比重が置かれていた。

個人的な印象として、推理物としてよく出来ており、ボリューム感も高く、堀井氏本人が手がけたといわれるビジュアルもクオリティが非常に高い。また、パスワードによる再開が普通だった当時にあって、好きな時にセーブできる先進的な装備を備えていた。後半のおちゃらけとRPGパートについては賛否両論があるようだが、翌年から堀井氏が手がけた『ドラゴンクエスト』シリーズに通じる、遊び心あふれた作品といえるだろう。

調査担当

『マカダム』 概要

マカダム サンプル マカダム サンプル
マカダム サンプル マカダム サンプル
©1985 Macadamia Soft
マカダム ~二人愛戯(ふたりよがり)~ (マカダミアソフト)

・1985年06月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 X1/turbo用?
・****年**月**日 PC-9801用?
・****年**月**日 MZ-2500用?

80年代中頃の作品で、5種類の道具アイコンを使って美女をエクスタシーに導くアダルトアクションゲーム。デービーソフトのアダルト専門ブランド『マカダミアソフト』のデビュー作である。

ストーリー性のある導入部はない。プレイヤーは冒頭で4人の女性の中から1人を選び、道具を使って絶頂を目指していく流れである。

バイブ、ロウソク、舌、羽の先、ムチの5種類の道具アイコンをキーボードで操作し、裸で横たわる女性の★印で表示される弱点を攻めて快感を高め、絶頂に導けばクリア、次のポーズが表示される。女性は4種類、ポーズは1人当たり7つである。7面をクリアするとバイブが局部に挿入されたままうねり、女性がカクカクと反応するアニメーションがご褒美CGとなっていた。ちなみに女性ごとに違うのは顔と弱点だけで、首から下のCGは全ポーズ共通である。

一見セックスシミュレーターのようだが、特定の位置、道具の組み合わせでなければ快感ゲージが上がらず、攻める順番も決まっているため自由度はほとんどない。攻略方法は制限時間内で総当りという、コマンドADVに近いものだった。ある程度ゲージが貯まると、最後はキー連打勝負というアクション要素で、面が進むほどに難度が高くなっていた。

美麗なグラフィックと道具アイコンという新奇さ、最初から全裸という大胆さ、正解すればピクピクと女性が反応する部分的なアニメーションなどは衝撃をもって迎えられ、当時かなりの話題作となったようだ。ちなみに、パッケージには実写のヌード写真集が付属するという豪華仕様だった。

前戯をゲーム化する試みは『卍(まんじ)』(1983年)など、それまでもあったが、アイコンを使って急所を攻めていく仕様は、従来のコマンド入力式と比べると臨場感に優れており、他社のADV作品でも模倣されている。ただし、マウスが一般的でない時代のせいか当時は定着しなかった。作風は全体的にソフトだが、道具の中にロウソクやムチがあるあたり、翌年の『177』に通じる嗜虐性を感じなくもない。

調査担当

『イエローレモン』 概要

yellowlemon01.png yellowlemon02.png
yellowlemon13.png yellowlemon25.png
©1985 PSK
イエローレモン (PSK)

・1985年05月**日? PC-8801用 FD版
・****年**月**日 FM-7 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代中頃の作品で、少女との会話をテーマにしたアダルトアドベンチャー。

ストーリー性のある導入部分はない。プレイヤーは女の子のいる部屋を訪れた男性となり、一対一で対話していく。会話の中で好感度を上げ、100ポイントに到達すれば、男性と絡み合うCGが一人当たり5枚ほど表示される流れとなっていた。

会話は「バイクとクルマ、どっちが好き?」といった相手からの質問に、「クルマ」といったコマンドを一文字一文字入力して答え、相手の反応をみる。次に「ネンレイハ?」「シュミハ?」といった質問をプレイヤーがコマンド入力で投げかけ、相手の回答をみる。この流れを交互に繰り返していく。質問が登録されていない単語だと、「そんなこと知らないわ」と片っ端からあしらわれてしまうので、好感度ポイントの高いキーワードを探していく点がゲーム要素となっていた。

4人の女の子達は、かなり低年齢に設定されている。更に、ご褒美CGはボサボサ髪の男性が黒い影で表示され、剃毛からフェラチオ、クンニ等を含み、性器は露骨に描かれるという過激さになっていた。(当時はPCゲームが摘発された例がなく、各ソフトメーカーが独自の基準で自主規制していた)

コマンド入力で相手の好感度を上げていく形式は、『Emmy』(1984年 /工画堂)を思わせるが、こちらは正解となるキーワード群以外は取り合ってくれないので、判別はシンプルになり、おバカさはあまり感じない。

PSKといえばロリータシリーズが有名だが、こちらは『コスモエンジェル』(1986年)、『クリスチーヌ』(1986年)を手がけた宮田彰氏のデビュー作だったようだ。

なお、アダルトアニメの先駆け『くりいむレモン』(1984年)の影響からか、80年代中頃のアダルトゲームは「レモン」を使ったタイトルが流行している。

調査担当

『メイズパニック』 概要

MAZE PANIC サンプル mazepanic27.png
MAZE PANIC サンプル MAZE PANIC サンプル
©1985 Kogado/ASCII
メイズパニック (工画堂/ASCII)

・1985年05月**日 PC-8801用 5インチFD版

80年代中頃の作品で、迷路風のステージの中を動き回り、ガードマンを避けながら半裸の女の子を捕まえる脱衣アクションゲーム。

プレイヤーは4人の裕福で気ままな美女達に招かれた男性客となり、逃げ回る彼女達を捕まえることが出来ればご褒美がもらえるという筋書きである。

システムは80年代初頭にアーケードゲームで一世風靡した『パックマン』を連想させる作りで、赤、黄、緑、ピンクの4種の敵が追尾してくる固定画面のアクションゲームである。プレイヤーは地雷型の爆弾をつかって敵を一時的に麻痺させることが出来、その上を通過することでそれぞれ違った色の扉が開く鍵を入手できるようになっていた。

女の子はマリアン、ケイ、ジェニファー&シャロンという欧米風の4人による3部構成になっていて、それぞれが全6面あり、女の子を捕まえるたびにご褒美CGの衣装が薄くなっていくという脱衣ゲーム形式となっていた。

女の子の足はプレイヤーと同速度なため、袋小路に追い込んだり、爆弾で足止めしたりといった戦略性が求められる。シンプルだがゲーム性は意外と楽しい作品である。

調査担当

『Tokyoナンパストリート』 概要

Tokyoナンパストリート サンプル Tokyoナンパストリート サンプル
Tokyoナンパストリート サンプル Tokyoナンパストリート サンプル
©1985 S.Hikaru/ENIX
Tokyoナンパストリート (エニックス)

・1985年04月**日 PC-8801用 カセットテープ版 FD版
・1985年**月**日 FM-7用 カセットテープ版
・1985年**月**日 X1用 カセットテープ版 FD版
・1985年**月**日 MSX用 カセットテープ版

80年代中頃の作品で、首都圏の繁華な場所を舞台に、道行く女性を口説いていく“ナンパ”シミュレーションゲーム。

システムはコマンド選択型で、移動先に自由あるタイプのADVに近い。行動ごとに時間や金銭を消費し、口説き落とせば経験値が貯まっていく仕様で、それらをやりくりしてナンパをこなしていく。

ストーリー性のある導入部分はない。プレイヤーはいきなり東京で一人暮らしをする男性となり、街に繰り出して通行中の見知らぬ女性に声をかけていく。喫茶店等に連れ出し、何気ない会話で好感度を上げ、ボディータッチで雰囲気を盛り上げたらナンパ成功で、後は自宅かホテルに連れ込み、服を脱がせていく。

ゲームクリアはなく、目的が恋人探しかナンパかも自由で、セックスの後で女性を追い返したり、宿泊せずにホテルを出れば、そのままナンパ続行が可能である。

このゲームの最大の特徴は、会話の内容やボディータッチにより相手の好感度が上下し、態度が変化していく点である。好感度は非表示のため、相手の反応を探りながらコマンドを絞っていく、というシミュレート要素を備えていた。

女性は55人(顔は5タイプ)それぞれに名前や年齢、趣味、好みの話題などが細かく設定されていて、中には補導員の囮捜査やオカマも紛れ込んでいた。好みの女性をメイキングできるデートモードも起動時に選択できる。

当時としては珍しい、ひらがな混じりの文体は読みやすく、ほとんどテンキーだけで進められるという操作性の良さも魅力である。また、起動時にパスワードでロードすることが可能となっていた。

エルドラド伝奇』(1985年)と同じく、エニックス主催の第三回ゲームプログラムコンテストで入賞している。

個人的な印象として、一般に「恋愛シミュレーションの元祖」とされることがあるが、男女交際を目指す、後の恋愛ゲームと同じ意味での恋愛要素は薄く、テーマの似た『ラブアドベンチャー プレイボーイ』(1983年)も先行しているため、「画期的なナンパゲーム」とするのが妥当に思える。

かといって作品の歴史的な価値が低い訳ではなく、この後に類似のSLGやナンパをテーマにしたゲームがいくつか続き、ちょっとしたナンパブームが起きていることからも影響力が窺える。また、『同級生』(1992年)へと繋がる恋愛シミュレーションの登場にも深く関わっているのは間違いない。

調査担当

『エルドラド伝奇』 概要

エルドラド伝奇 サンプル エルドラド伝奇 サンプル
エルドラド伝奇 サンプル エルドラド伝奇 サンプル
©1985 槙村ただし/ENIX
エルドラド伝奇 (ENIX)

・1985年02月**日 FM-7用 5インチFD版 カセットテープ版
・1985年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、古代文明の謎をテーマにした探索アドベンチャー。高難易度のアドベンチャーが流行していた当時でも極端な作りだったため話題になり、知名度が高い作品である。

舞台は現代。主人公が親友「アキラ」に呼び出されて家を訪ねると、彼は既に殺害されていた。残されたビデオメッセージには、彼が伝説の黄金郷「エルドラド」の研究にのめりこんでいた事、その妹の「ホシコ」が遺跡の鍵として何者かに狙われている事が記されていた。メッセージに従い旅費を整えた主人公は、アマゾンの奥地にたどり着き、半獣半人のミケ族の協力を得ながら、消えたホシコと古代遺跡の謎に迫っていく。

ストーリーは冒険映画を思わせるアクションあり、謎解きありのミステリーで、友好的な「ミケ族」の女の子を助け、敵対勢力の「シャム族」を追い払いながら、様々な仕掛けや暗号を解いていく流れである。アダルト要素は全裸の女の子がやたら出てくるのみで、セックスシーンはない。

システムはかなり特殊で、「取る・拾う」「見る・調べる」などのコマンド選択式だが、ビジュアル画面が4×8マスに区切られていて、コマンド毎に場所をカーソル移動で指定しなければならない。その為、ほとんどの進行がコマンド10項目×32マスという膨大な選択パターンとなり、詰まってコマンド総当りをする場合の労力は、かなり心理的な重圧となる。ゲームオーバーも多く、正解も手の込んだ意地悪なものが多い。特に「テレビの砂嵐の画面を何も押さずに待つ」は後々まで語り草になったようだ。

マリちゃん危機一髪』(1983)、『女子寮パニック』(1983)などを手がけた槙村ただし氏の4作目で、エニックス主催の第三回ゲームプログラムコンテストで入賞している。

絵柄の中の怪しい部分をカーソルで直感的に探索できる仕組みは、コマンド入力からの脱出を模索していた同時期の作品でよく見かける。操作性、理不尽な正解フラグに難点はあるものの、シナリオもビジュアルの枚数もかなりのボリュームで、アイデアも意欲的な、時代を代表する大作といえるだろう。

調査担当

『フェアリーズレジデンス』 概要

fairysresidence01 fairysresidence60
fairysresidence86 fairysresidence34
©1984 CHAMPION SOFT
フェアリーズレジデンス (チャンピオンソフト)

・1984年12月**日? FM-7用 カセットテープ版 5インチFD版 3.5インチFD版
・1985年04月**日? PC-8801用 カセットテープ版 FD版

パソコンゲーム黎明期の作品で、妖精たちの暮らす不思議な館を巡っていくコマンドアドベンチャー。チャンピンソフトのアダルト作品の3作目である。

プレイヤーは不思議な建物、「フェアリーズレジデンス」を訪れた客人となり、「ロリータな少女」「学校の先生」「とびきりな美人のギャル」などの姿をした妖精の部屋を一つずつ訪れ、彼女達と会話を交わし、ミニゲームで打ち負かして先へ進んでいく、というシュールな展開である。

各部屋ではまず、「キレイ ト イウ」といった風に、コマンド入力によるコミニュケーションで情報やアイテムを引き出す必要がある。しかし極めてヒントに乏しく、自力での攻略は難易度が高い。ある程度会話が進行すると、妖精の方からミニゲームを持ちかけてきて、勝負に勝てば脱衣CGが拝めるのが基本パターンである。

部屋は全8部屋で、ミニゲームは石取りゲーム(最後の石を取ったら負け)、15パズル、ジグソーパズル、野球拳などに加え、クイズ形式の脱衣ゲームが早くも登場している。

番外編として『フェアリーズレジデンス スペシャル クラブ編』など、4編のCG集が続いている。また、続編に『ポップレモン』(1986年)がある。

エニックスの『ロリータ・シンドローム』(1983年)のコンセプトを土台に、人気の脱衣パズルゲームを寄せ集めたような印象だが、ビジュアルやゲーム性で総合的なクオリティは高い。チャンピオンソフトが美少女ゲームの専門ブランドに傾いていった時期の作品と思われ、その流れは後のアリスソフトの設立に繋がっている。

調査担当

『Emmy』 概要

Emmy サンプル Emmy サンプル
Emmy サンプル Emmy サンプル
©1984 ASCII/Kogado
Emmy (ASCII/工画堂)

・1984年06月**日 PC-8001/8801用 5インチFD版

パソコンゲーム黎明期の作品で、学習機能をもった人工知能との会話を目指した意欲作。その迷走ぶりとゲーム画面のインパクトから高い知名度を誇る。

シナリオ等は存在しない。プレイヤーはエミーと名乗る模擬人格の女性に、「キミ ノ ヒトミ ハ キレイ ダヨ」といった風に、チャットの様にコマンド入力で話しかけ、その反応を楽しみ、彼女の心を掴むべく口説き文句を考えていく流れである。Emmyの好感度が高まれば背景が華やかになっていき、最終的に全裸を披露してくれるという、脱衣ゲーム要素も持っていた。

実際には人工知能と呼ぶには程遠く、新しい単語を認識した場合は一旦聞き返してくるものの、以後は誤魔化しばかりで学習能力には期待できない。また、日常レベルの単語で話しかけても、「ウッソー」「チョット マッテョ」「ヤッダー」といった数十の応答パターンの中から、ランダムで相槌を打つという適当ぶりで、自然な会話が成立するほうが珍しい。

従って攻略を目指す場合は、「キミ ハ キレイ」といった正解の文章を探すだけの作業となり、当時の一般的なアドベンチャーゲームと大差がない。8ビットCPUという時代を考慮すれば致し方ないが、人工知能の育成や自然なコミュニケーションを想像した無垢な購入者にとって、相当なギャップだったのではないだろうか。

元々グラフィック機能に劣るハードPC-8001で開発された為か、ドットは粗く、色数の少なさが目立ってしまっている。また、脱衣シーンは一枚のみで、アダルト要素には比重が置かれていない。同年に続編の『Emmy2』がFM-7対応ソフトとして発売されている。これは後にMSX2用として実写取り込みでリメイクされたが、その際は脱衣要素のない一般ゲームとなっている。

後に「人工無脳」に分類され、ポンコツぶりを揶揄された本作だが、着想は面白く、家庭用ゲームのヒット作『シーマン』(1999年)に通じるものがある。また、無個性のAIを恋愛対象に見立てて育成するという考え方は、3DCGゲーム『人工少女』(2004年)と共通している。家庭用端末で「人工知能」と自然な会話をする時代が来れば、遥かな先駆者として、本作品が顧みられることがあるかもしれない。

調査担当

『PEEPING SCANDAL』 概要

PEEPING SCANDAL サンプル PEEPING SCANDAL サンプル
PEEPING SCANDAL サンプル PEEPING SCANDAL サンプル
©1984 BOTHTEC
PEEPING SCANDAL (BOTHTEC)

・1984年12月**日 FM-7用 5インチFD版
・1984年**月**日 PC-8801用 FD版
・2012年08月14日 DL版 Project EGGより配信開始

パソコンゲーム黎明期の作品で、実写系の痴態が描かれた絵柄を完成させるパズルゲーム。後に戦略シミュレーション『銀河英雄伝説』シリーズなどを手がけたBOTHTECの、おそらく唯一のアダルト作品である。

システムは『15パズル』を発展させたようなブロックスライド式で、1枚の絵が10個の歪な形をしたセクションに区切られており、さらにそれぞれの内部の絵柄が乱れているので、2箇所の空白をうまく利用して各セクションを完成させていく。全5面で、それぞれのステージには難易度と女の子の名前が設定されていた。

絵柄は単なる脱衣パズルと違い、男女が絡み合うかなり扇情的なものになっているのが特徴である。実写系の元画像があったと思われるが、画像は粗っぽい。当時のPCは解像度が低く、8色しか使えず、スキャナーも無かったため、実写系のCGを苦手としていた。

ピースが小さい為に絵柄の予測がつきにくいが、セクションで区切る事によって難易度は適度に抑えられ、初期の脱衣パズルの中ではゲーム性が高い印象である。2012年になって復刻版のダウンロードサービスがProject EGGより0円で開始されている。(Project EGG自体は月額制)

調査担当

『キャロット』 概要

キャロット サンプル キャロット サンプル
キャロット サンプル キャロット サンプル
©1984 ASCII
キャロット (ASCII)

・1984年08月**日 PC-8801用 5インチFD版

パソコン黎明期の作品で、アニメ調の女の子が描かれた絵柄を完成させていくパズルゲーム。

システムはジグゾーパズルのようなシンプルなもので、絵柄の一部が描かれた9~64個のピースを、出された順に枠に当てはめていく。はめたピースの再移動は可能だが、お手つき回数に上限があり、図柄も複雑で完成図予測が困難なため、一度でクリアするのは難しい。全10面で後半になるほど女の子の露出とピース数は上がっていく一方、コンティニューがないので、非常に緊迫感のある高難易度ゲームとなっていた。

女の子はアニメ調のファンタジックな絵柄で、露出は比較的ソフトである。また、ステージ間にはTVアニメのようなアイキャッチが入ったり、マニュアルにはオマケ漫画が掲載されていたりと、遊び心の多い作品作りとなっている。

最終ステージの前では、「あなたはこのソフトを正当な手段で手に入れましたか?」という質問が出現し、それ以上進むにはマニュアルに記載された情報が必要となり、答えられない場合には、「怒りのリセットをく・ら・えっ!」というメッセージと共に強制リタイアになるという、シリアル認証の原形のような仕掛けが施されていた。当時からゲームの不正コピーが蔓延していた状況が覗える。

個人的な印象としてゲーム性は高く、実写系の多かった脱衣パズルゲームの中では明るく垢抜けた印象の作品である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03