title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ガールズ・ヘルファイア』 概要

glhfr00
glhfr01glhfr03
glhfr02glhfr06
©2012 DMM GAMES
ガールズ・ヘルファイア (DMM GAMES)

・2012年10月12日 PC版 サービス開始 【DMM
・2013年04月26日 Android版 サービス開始

10年代序盤にオープンしたPC向けブラウザ型のオンラインゲームで、実写のAV女優たちを題材にしたソーシャルゲーム風カードバトルRPG。当時のアダルトSNSゲームとしては珍しい実写物で、PC向けとしてはおそらく初である。

基本プレイは無料で、激レアカードやイベント特効カードが手に入るガチャなどが有料となっている。スマートフォン用のサービスも遅れてスタートしており、アカウントは共用である。

大したストーリー設定はなく、プレイヤーはエロ地下倶楽部「ヘルファイア」のオーナー会員となり、エッチな女の子を集めてハーレムを作っていく、という筋書きである。

システムは一般的なアダルトSNSゲームと同じで、時間経過で回復する体力を消費してミッションをこなし、ガチャやミッションの中で手に入れた女の子カードを集め、デッキを編成していく。C、UC、R、SR、UR、L、ULといったレアリティに応じて強さに差があり、カード同士を合成することでパワーアップしていく。

デッキが活躍するのは他プレイヤーとの対戦のみである。ミッション中にドロップするレアカードの欠片を集めるため、自分が持っていない欠片の持ち主を狙って対戦をしかけ、奪い合いでレアカードの完成を目指していく点が特徴的である。

また、カードはすべて人気AV女優による実写写真なのが売りとなっていて、所属は様々、人数は400人以上である(2016年時点)。グラビア風の健全なものから、性行為中の過激なシーンまで、画像の種類はバラエティに富んでいる。同じカード二枚を合成する「特訓」により写真が変化し、レベルアップの上限が変わる点もやり込み要素となっている。

アダルト要素はカードの素材になっている写真が拡大できる点、ミッション進行時の効果音として艶めかしい音声が入っているぐらいで、ご褒美的なコンテンツは用意されていない。これも当時としては、特に珍しい仕様ではなかった。

SNSゲームによくある事ながら、ゲーム開始当初はサーバーの混雑で動作が非常に重く、事前アナウンスの不徹底、問い合わせ対応の遅延、バグの放置から不評を買うことが多かったようだ。個人的には、AVファン向けの軽めのゲーム性を志向している印象で、エロさは控えめながら、ライト層にとって現在の動作性、ゲーム性はそれほど酷くない。好みの女優を見つけるのに利用するのに丁度いいかもしれない。


調査担当

『夜緊病闘-MIDNIGHT NURSE WARRIORS-』 概要

ykbtmnw00
ykbtmnw04ykbtmnw01
ykbtmnw03ykbtmnw06
©2016 DMM All Rights Reserved.

夜緊病闘-MIDNIGHT NURSE WARRIORS-
 (DMM GAMES/シンクロジック)

・2016年07月26日 事前登録開始
・2016年08月18日 正式サービス開始 【DMM

10年代中頃にスタートしたブラウザ型のオンラインゲームで、アダルトゲームの老舗「ミンク」の過去作品に登場した人気ヒロイン達が出演するソーシャルゲーム系のRPG。運営側のジャンル呼称は「人気IP」である。

202X年、敵対的な近隣国のミサイル攻撃のクレーターから、わが国に謎の感染症が広まった。非力な女の子たちが突然凶暴化し、尋常ではない腕力で暴れ始めたのだ。「狂暴化症」と名付けられたその病気は、清楚なお嬢様学校を中心に広まり、社会を破壊していった。これに対抗できるのは、聖ユリアンナ病院の新鋭医師である主人公のみ。治療方法はワクチンに結合した彼の精子を、女の子の子宮に直接流し込むしかない。モラルに乏しい彼は、事態を利用して合法的に女を犯しまくるため、勇敢で献身的なナース達を引き連れて「私立渋宿学園」に乗り込む。

基本プレイは無料で、レアガチャ、期間限定ガチャ、各種サポートなどが有料である。

ゲームシステムはソーシャルゲームで一般的なカードバトルRPGで、ガチャで引いたキャラクターカードの中から5枚を選んでチームを編成し、時間経過で回復するSPを消費してミッションをこなしていく。ドロップアイテムと所持金でカードを強化したり、レアカード同士を合成して進化させる部分がゲーム要素となっている。他に、装備品を原材料から作る作成要素があるのが特徴的である。
ストーリー設定はミンクの『LoveandPeace』(2015年)から流用していて、その主人公を夜勤病棟シリーズのものに入れ替えたような印象である。

シナリオは主人公の医師が、サポート役の人工知能「ミンクちゃん」や護衛の女の子たち、国の機関の支援を受けながら、感染症患者の巣窟を探索し、事件に秘められた謎を追っていく流れである。主人公の粗暴で利己的な言動がソシャゲとしては非常に特徴的で、会話シーンは真面目で常識的なミンクちゃんとの言い争い、コミカルな掛け合いが中心となっている。

アダルト要素はレアリティSR以上のカード1枚につき2つで、それぞれ動きなし、差分あり、ボイスありのCG1枚である。Hに必要な好感度には光と闇の2種類があり、どちらかを100%にすることで開放される。その際、光の好感度なら若干ソフトな陵辱シーン、闇の好感度ならサディスティックな陵辱シーンになり、CGも別々である。また、闇と光で容姿も変化し、異なるステータス変化をする点が特徴となっている。

ヒロイン達はミンクの代表作「夜勤病棟」(1999年)シリーズの他、「ぺろぺろCandy」(1996年)、「催眠学級」(2009年)、「LoveAndPeace」(2015年)などの出身で、今後もIP数は増えていくものと思われる。

個人的な印象としては、ゲーム性、アダルト要素は平凡ながら、ミンクの往年のヒット作のヒロイン達の人気、魅力は侮れない。画面が大きく、作画が原作のタッチのままで、ビジュアルが他より高クオリティなのも好印象である。陵辱系Hシーン、というのが差別化を図る大きなポイントになるが、シナリオ的にはコミカルであまり緊張感はなく、主人公のガラが悪い程度にとどまっている印象である。


調査担当

『千年戦争アイギス R』 概要

aigis08
aigis07aigis09
aigis02aigis05
Copyright ©2013 DMM All Rights Reserved.
千年戦争アイギス R (DMMゲームス)

・2013年11月26日 アダルト版 サービス開始 『DMM.R18
・2014年08月05日 非アダルト版 サービス開始 【DMM
・2015年04月29日 Android版 サービス開始 【アダルト版】【非アダルト版
・2015年12月24日 iOS版 サービス開始 【非アダルト版

10年代中頃に正式オープンしたオンラインゲームで、タワーディフェンス型のSLG要素とソシャゲ風のRPG要素、アダルト要素などを組み合わせたブラウザゲーム。オンラインのアダルトゲームとしては比較的古い世代のゲームだが、オープンから数年を経ても、DMM.R18内で高い人気を誇っている。 

当初はアダルトゲーム『千年戦争アイギス』としてスタートしたが、非アダルト一般向けサービスが開始されるのに伴い、18禁版は『千年戦争アイギス R』、一般版は『千年戦争アイギス』としてタイトルが改題されている。基本プレイは無料で、ガチャやゲーム補助、探索回数の回復などに使える「神聖結晶」が有料である。

中世ファンタジー風の世界、「千年戦争」と呼ばれる魔物と人の果てしない戦いは、一人の英雄と女神アイギスの活躍によって幕を下ろし、人々は平和に暮らしていた。しかし月日は流れ、女神の力が弱まると、魔物は再び溢れ出し、女神の祀られた王国を瞬く間に蹂躙してしまった。かつての英雄の血を引く王子であるあなたは、共に落ち延びた政務官や兵士達を率いて、魔物や盗賊の軍勢を打ち破り、心強い仲間を獲得しながら、少しずつ反撃の糸口を掴んでいく。

ゲームシステムはソーシャルゲーム風RPGとタワーディフェンス型SLGの組み合わせである。ガチャやイベントで配下となるユニットのカードを集め、各職業のバランスが取れるようチームを編成し、時間経過で回復する「カリスマ」を消費してミッションを選択していく。

各ミッションはスクロールのない固定マップでの戦略SLGで、防衛目標を目がけて敵が行進してくるため、経路に味方を配置して、片っ端からこれを殲滅していく。敵は動きの速いタイプ、遠距離攻撃でしか倒せない飛行タイプ、攻撃力の高い強敵などがおり、一度に大量に押し寄せることもあるため、足止め役や回復役、範囲攻撃役などを上手く組み合わせ、配置で工夫していく必要がある。

アダルト要素は1ヒロインにつき2つで、ボイスや動きのない静止画一枚である。ミッションやログインボーナスで手に入る消費アイテムを使い、好感度を上げていくことで発生する。ヒロインの総数は2016年8月現在で250人以上確認されている。

関連商品にねんどろいど、小説版などがあり、コミック版が電撃マオウにて連載中である(2016年8月現在)。単行本1巻には限定キャラのシリアルコードが付属するなど、ゲーム外への展開とコラボも盛んに行われている。

個人的な印象としては、世代の古いアダルトオンラインだけにアダルト要素がやや寂しいが、シナリオ性はそれなりにあり、ゲーム性は秀逸である。無課金でも工夫と育成次第で何とか進めるように作られており、試行錯誤が楽しく、当調査員も時間を忘れて遊んでしまった。キャラのコンプリートを目指すもよし、お気に入りのヒロインの育成とHシーンを目指すもよし、戦闘の効率化に徹するもよしで、初心者から上級者まで飽きずに続けられるコンテンツの豊富さも魅力といえるだろう。


調査担当

『機動戦車チハたんX』 概要

thtn00
thtn02thtn05
thtn03thtn04
©2016 DMM All Rights Reserved.
機動戦車チハたんX (DMM GAMES)

・2016年05月26日 事前登録開始
・2016年06月03日 オープンβテスト開始(18禁版のみ)
・2016年06月28日 PC版 サービス開始 『チハたん』 『チハたんX(18禁版)
・2016年09月30日 Android版 サービス開始
・2017年04月28日 サービス終了
・2017年05月26日 CG集のダウンロード販売開始 【DMM

10年代中頃の作品で、戦車を自在に操る不思議な女の子、「戦車娘」をテーマにしたPC向けブラウザ型のソーシャルゲーム。メーカー側のジャンル呼称は「ディレクションRPG」。

「機械大戦」と呼ばれる戦争から数百年後、地上のほとんどは人類に敵対的な機械に支配され、文明は衰退の一途を辿っていた。機械兵に対抗できるのは、強化遺伝子によって戦車と適合し、自前の戦車を手足のように操る女の子「戦車娘」のみ。ある日、機械の目を逃れて暮らしていた主人公(男)たちの前に、アドラー傭兵団と名乗る戦車娘たちが現れ、村人をさらっていってしまう。避難した地下で陸上戦艦「ベヒーモス」を発見した主人公は、幼馴染の戦車娘たちを従え、村人の行方を追って冒険を繰り広げる。

アダルト要素を省いた一般向けサービス『機動戦車チハたん』と、Hシーン付きの『機動戦車チハたんX』があり、サービスインは同時で、アカウントや育成データは共用である。基本プレイは無料で、ガチャにあたるアークや一部の強化アイテムの購入に使えるアイテム「ダイヤ」が有料となっている。

ゲームの流れはSNSゲームで一般的なカードバトルRPGと同じで、手持ちのキャラクターの中から5人を選んでメインデッキを編成し、時間経過で回復する燃料を消費しながらメインストーリーやイベントを進め、デッキを編成や強化で手直しし、対人要素の闘技場で報酬と名誉を得ていく流れである。

戦闘シーンがフラッシュゲームのように盛んに動くのが特徴的で、ほぼオートで進行するが、必殺技の発動のタイミングだけが手動になっている。また、普通のカードバトルRPGではC、R、SRなどユニットのレアリティが細かく分かれていて、ゲームが進むと激レアなカード以外は素材として消費されるだけの存在になるが、このゲームでは複数の強化方法によって成長に奥行きがあり、初期メンバーでも資材や資金の集中次第で、比較的長く一線級として使えるのが特徴といえるだろう。

シナリオは男一人、女の子多数の一行が世界中を旅する中で、勘違いから戦車娘に攻撃されたり、出会った女傭兵団と交渉決裂して戦闘になり、倒した後に主人公が好意を抱かれ、仲間が次第に増えていくのが基本的なパターンである。主人公との仲をめぐって起こる、萌え萌えとした緊迫感のない喧嘩に比重が高い。登場する戦車は九七式中戦車チハや、シャーマン・ファイアフライ等、主にWW2時に活躍した戦闘車両である。

アダルト要素は2016年8月現在、女の子一人あたりHシーンが二つで、それぞれフルボイス、差分ありの静止画一枚である。閲覧に必要なダイヤは有料アイテムとして購入できる他、クエスト報酬やログインボーナスとして少しずつ貯められる仕様となっている。

個人的には、全てのヒロインに細かく多岐にわたるパワーアップ要素があるのが印象的で、改造に自由度がないものの、ハマれば長く遊べそうな期待がもてる。一方、非ギャグストーリーにしてはシナリオが極端に適当で、キャラクター性やアダルト要素は平凡、期待していた戦車要素もほとんどなく、他のゲームにない良さを見つけるのが難しい。今後のアップデートに期待したい。




調査担当

『新訳闘神都市~Girls Tamer~』 概要

sytojintoshi00sytojintoshi01
sytojintoshi02sytojintoshi04
© DMM GAMES/ALICESOFT
新訳闘神都市~Girls Tamer~ (DMMゲームス)

・2016年03月29日 正式サービス開始 【DMM
・2016年09月07日 サービス終了

10年代中頃にオープンしたPC向けのソーシャルゲーム。アリスソフトの大ヒットRPG『闘神都市』シリーズのスピンオフ作品である。

闘神大会―。かつて屈強な戦士たちが集い、絶大な富と名声を求めて競い合う戦いの祭典だったが、いつしか時は流れ、現在は「女の子モンスター使い」達が強さと華やかさを競い合う場となっていた。駆け出しの女の子モンスター使いの主人公(名前は任意)は、田舎に残してきた恋人との結婚の約束を果たすため、闘神大会で一旗あげようと街へ出てきた折に、訳ありで腹黒な美少女イザベルと出会った。参加条件の美人パートナーのあてがなく困っていた主人公と、借金に追われるイザベルの利害は一致し、契約を結ぶ二人。修行を積んで無事に大会の優勝を果たし、何不自由ない生活を手に入れた筈だったが…?

システムはブラウザ型で、ソーシャルゲームのRPGとしては一般的なカードバトルRPGである。基本プレイは無料で、レアガチャや便利な拡張機能に使えるアイテム「賢者の石」が有料となっている。ガチャで「女の子モンスター」のカードを集め、5枚を選んでデッキを編成し、ダンジョン内のNPCや大会の敵プレイヤーに勝利することで報酬を獲得、それを素材にカードをレベルアップしていく。

カードには火、水、風といった属性やスキルの相性の良し悪しがあるため、複数のデッキを用意して、ダンジョンの特性や対人戦に合った組み合わせを練っていく点が戦略要素となっている。特徴的なのは、主人公自身の体力や探索ポイントの自然回復で時間を取らせるタイプはなく、女の子モンスターの体力をやりくりする点である。探索で受けたダメージは病院で治療する必要があり、レアで高レベルなカードほど治療に時間が掛かる仕様となっている。

ストーリーは主人公が街を代表する闘神となり、他の都市の闘神(他のプレイヤー)と競い合って最強の闘神を目指していく、といった流れである。主人公はスケベで調子のいい性格で、知り合ってパートナーとなった女性達にプレゼントを贈ったり、望みを叶えることで口説き落とし、ハーレムを形成していく。

アダルト要素は戦闘要員である「女の子モンスター」のレベルをMAXにした際、もしくはデッキのサポート役となる人間の「パートナー」の友好度がMAXになった際に発生する。動きのない一枚絵で、台詞のやり取りがボイス付きで再生される1分程度の短い物だが、ゴールデンウィーク中に開催するイベントで『フル悶動画』が実装されることがアナウンスされている(2016/04/29現在)。

個人的な印象としては、ごく普通の18禁ソーシャルゲームといった感じである。お馴染みのモンスターや脇役達が登場し、音楽はShade氏が担当しているので、アリスソフトファンは一見の価値ありだろう。ストーリー性、アダルト要素が貧相だが、これはソシャゲ全般に共通しているので欠点とまではいえない。肝心のゲーム性で目新しさややり込み甲斐のあるコンテンツを用意できるか、今後に期待したい。




調査担当

『トロイア戦姫』 概要

troyasenki00.jpg
troyasenki06.jpgtroyasenki02.jpg
troyasenki01.jpgtroyasenki09.jpg
©DMMゲームズ
トロイア戦姫 (DMMゲームズ)

・2015年02月05日 トライアルテスト開始
・2015年03月03日 正式サービス開始 【DMM
・2015年08月28日 サービス終了

10年代中盤にオープンしたオンラインゲームで、ギリシャ神話の世界を舞台に二大勢力の衝突を描くMMORPG。アダルトADV風のセックスシーンを盛り込んだ珍しいアダルトMMOである。

元々は韓国の『ALT1』社により開発されていた『TROY』という硬派なMMOが土台になっていて、それに日本流のアダルト要素を付加し、一部をアレンジしたものである。オリジナルは2011~2012年にかけて韓国内でクローズドβが公開されたものの、続報が絶えていたようだ。

ゲームシステムは00年代に流行したMMOの王道といった感じで、基本はモンスター狩りやクエストをこなしてレベルを上げ、スキルを強化したり行動範囲を広げていくアクションRPGである。ギルドやショップの開店、パーティプレイ、装備の改造など、一般的なMMO要素は一通り揃っている印象である。また、狩りや移動の自動化、遠隔地でのクエストの報告など、手間要らずで簡便な操作性を志向している。基本プレイは無料で、育成補助や装備品、アイテム欄の拡張などの一部のアイテムが有料である。

MMO側の目玉となっているのが「戦争」要素で、プレイヤーはキャラクター作成時にトロイ陣営かスパルタ陣営に振り分けられ、それぞれ別のフィールドで育成することになる。戦争は「占領戦」「殲滅戦」などの種類があり、公開されたスケジュールに沿って進行する。参加を表明すると専用フィールドにワープさせられ、レベル帯毎に分かれて10分程度の対人戦を行うことになる。これとは別に「全面戦争」という全員参加型の大規模戦も一週間に一度起こる。

アダルト要素は専用のアイテムをモンスタードロップで集め、「魔法の本」と呼ばれるビジュアルパートを開放した際に起こる。内容は過去の戦争にまつわる女の子達の記録で、シスターや女戦士、女盗賊などが登場し、静止画とボイスの組み合わせで濃厚なセックスが描かれる。女の子一人当たり5段階のショートストーリーになっていて、一部に陵辱や強姦描写を含むが、最終的には望む相手とのハッピーエンドを迎えることが多いようだ。

また、フィールド上でも「戦乙女の概念」という女性の姿の雑魚キャラに限り、ダメージを与える毎に衣服がはだけ、倒した後はプレイヤーキャラが正常位で腰を振るという、死姦(?)のようなオマケ要素を備えている。

個人的な印象として、神話の世界を描いたアルカイックな世界観と、中世ファンタジー風のアダルト要素のミスマッチが気になり、女の子達もプレイヤーに関わらないので愛着が湧きにくい。対人戦は頻度が高く、ハマればそれなりに楽しめるメインコンテンツに仕上がっている一方、装備品にレベル制限がないので新規プレイヤーにはハードルが高そうだ。プレイヤー同士の交流も6月時点では賑やかな雰囲気とは言いがたい。試みとしては斬新で、「アダルトMMORPG」としては世界初かもしれない。

調査担当

『グリザイアの安息』 概要

grisaiaas00.jpggrisaiaas01.jpg
grisaiaas04.jpggrisaiaas05.jpg
©Frontwing/DMMゲームズ
グリザイアの安息 (DMMオンラインゲーム)

・2013年09月25日 正式サービス開始
・2014年07月22日 サービス終了

DMM.comが運営するアダルトオンラインゲームの一つで、FrontWingのヒット作『グリザイア』シリーズを元にしたソーシャルゲームタイプのカードバトルRPG。

基本プレイは無料で、体力回復やレア用ガチャに使える消費アイテム「メロンパン」が有料である。Webブラウザ版の公開が先だが、後にスマートフォンにも対応しており、アカウントはPC版と共用となった。

システムはモバイルゲームによくあるカードバトルのRPGで、時間経過によって回復する体力をやり繰りしてMissionを進行し、レベルを上げていく流れである。その合間にガチャでカードを集め、デッキと呼ばれる戦闘用の手札を拡充し、他のプレイヤーたちと対戦、勝利する事でさらなる強化ポイントを獲得していく。Missionでのデフォルメキャラ達によるスロット風の予告演出が特徴的である。

基本のシナリオは『グリザイアの果実』『グリザイアの迷宮』を元にしたもので、ヒロイン毎にステージが設定されており、各ヒロインが主人公「雄二」と出会い、打ち解けていくまでの流れをダイジェスト風になぞっていく展開である。

作中にアダルトシーンはないが、『果実』『迷宮』『楽園』三部作の濃厚なHシーンがそのままレアカードになっており、条件を整えて「進化」させることで絵柄と潜在能力が変化する点が魅力となっている。また、本作品用のオリジナルとなるCGも用意されている他、月刊誌との連動やFrontWing作品に同梱されたシリアル等、限定カードに関する企画が多数用意されていた。

「動く」「触れる」「ボイス有り」等、抜きゲを志向するアダルトソーシャルゲームが次々と登場している中、本作品は人気シリーズのコミカルな部分とキャラクター性に焦点を当てた作風で、エロさやシナリオ性は低い。一方、無料でもサクサクと進められる敷居の低さ、空いた時間に進められる軽いゲーム性を志向している印象である。

調査担当

『Fairy Fantasia』 概要

Fairy Fantasia サンプル Fairy Fantasia サンプル
(C) DMMゲームズ
Fairy Fantasia (DMM.R18)

・2012年12月28日 サービス開始

DMM.comの運営するオンラインゲームの一つで、カードバトルRPGとアダルト要素を組み合わせたPC/スマートフォン両対応のソーシャルゲーム。スマホやタブレットPCのタッピング機能を利用した「タップi」と呼ばれるHシーンが目玉となっている。基本プレイは無料で、ガチャやアイテム類の大半が有料である。

人類誕生より遥か昔、地球で共存と平和を望む「アダム」と破壊と侵略を望む「イブ」、二つの地球外生命体の争いが起こった。アダムは地球の生命のパワーバランスを管理する「護り人」と契る事で、イブを地底深くに封印する事に成功する。それから時は流れ、悪の生命体イブが復活の兆しを見せていた。アダムの血族のプレイヤーは、世界を救うため女の子の姿をした「妖精」達と契り、絆を深めて進化させ、連携してイブに操られた妖精達を解放していく。

基本は一般的なカード育成RPGで、時間経過で回復するプレイヤーの体力をやりくりして探索し、ガチャやドロップで手に入る「妖精」と呼ばれるカードで戦闘用デッキを編成して、各ステージのボス戦や対人戦に備えていく流れである。

「妖精」はコレクションカードを兼ねていて、稀少性に応じてN、HN、R、SR、SSRにクラス分けされており、合計で1000種類以上(2013年8月現在)がアナウンスされている。妖精は同じカードを複数集めることで進化可能で、すべての妖精に2段階以上の進化とHシーンが用意されているのが魅力となっている。

Hシーンはボス戦の終了直後や妖精の最終進化の時に起こり、スマホやタブレットPCのタッピング機能(PCの場合はマウスクリック)を利用したアニメーションである。動作や声は単純な繰り返しだが、タップに応じて全裸の妖精がピクピクと反応し、ゲージが満タンになる事で絶頂を迎えれば終了となった。

他プレイヤーとの関わりは緩く、対人戦の他は挨拶し合ったり、お互いの宝箱を開錠し合ったりといった事が共通の利益になっていく仕組みである。

「業界初!イカせアニメ搭載」という謳い文句からも、タッピング機能を利用したHシーン付きのアダルトゲームとしてごく初期のものだった事が窺える。この機能は『大冒険!ゆけゆけ☆おさわりアイランド』等の人気作にも引き継がれており、今後のアダルトSNSゲームの標準装備となっていきそうだ。

一方ベースがスマホ用のためか画面サイズが小さく、特にPCでは画質が極端に粗く感じられてしまうのが残念である。稀少性の低いNカードでも15枚同じ物を集めればRカードになり、タップによるHシーンが観賞できるなど無料プレイでも遊べる余地が多く、ちょっとした暇つぶしに向いている印象である。

調査担当

『ペロペロ催眠』 概要

ペロペロ催眠 サンプル ペロペロ催眠 サンプル
ペロペロ催眠 サンプル ペロペロ催眠 サンプル
『ペロペロ催眠』(C) DMMゲームズ
ペロペロ催眠 (DMM.R18)

・2013年01月16日 サービス開始

DMM.comの運営するオンラインゲームの一つで、ADV風のノベルパートとモバイルゲーム風のカードバトルRPGを組み合わせたソーシャルゲーム。インストール不要のWebブラウザ型で、他のアダルトSNSゲームと異なり、携帯/スマホ版がなくPC専用である。基本プレイは無料で、ショップ売りのアイテムやレアカードの比重が高いガチャが有料となっている。

主人公はどんな女の子もエッチな気分にさせ、言うなりに操ってしまう「催眠神拳」の使い手。師匠の命令で兄の「裸王」を探しに山奥から出てきたが、東京は既に裸王の催眠神拳に操られた女の子達が暗躍しており、性接待やサービスで裏社会を牛耳ろうとしていた。裸王一人のハーレムが許せない主人公は、覚えたての催眠神拳で裸王配下の女の子達を倒し、仲間として従えていく。

ゲームの中心はカードを集めて進化や合成を繰り返し、より強力なデッキを編成していくカード育成ゲームである。ゲームの進行は普通のモバイルRPGと同じく、体力を消耗しながらカードやアイテム、金銭のドロップを拾い集めていく流れだが、パチンコ風のスロット演出が取られているのが特徴的で、絵柄が揃えばドロップを入手する事ができ、派手な予告演出ではレアカードの期待が高まる仕組みである。

演出でもう一つ特徴的なのが、ADV風のシナリオパートを挟む点である。ストーリーは一本道で選択肢もないが、登場人物達がとぼけたやり取りを繰り広げるコミカルなノベル部分に比重が高い。

アダルトシーンは各ステージにボスとして君臨する女学生、看護士など裸王の手下の女の子を倒した時点で発生し、ステージの進行度に合わせて1人3パターンが用意されている。Hシーンはフルボイスで、一枚絵だがスライドを使ったヌルヌル動くアニメーション演出となっている。

他プレイヤーとの関わりは緩く、アイテムを贈答し合ったり、相手のデッキに液体をかけるといったイタズラが共通の利益になっていく程度の関係である。

個人的な印象になるが、シナリオやギャグはSNS恋愛ゲームのレベルで、PC用のエロゲに対しては見劣りする。システム面も洗練さに欠けていて、シナリオパートは読み進めるのが苦痛に感じた。一方アダルトパートは画質が粗いもののエロい事はエロく、淡白なHシーンが多いSNSゲームの中では濃厚な方と言えるだろう。登録者数はサービス開始から7ヶ月目で30万人突破がアナウンスされている。

通信速度等の制約もあり、まだまだ発展途上の分野だが、無料で手軽に始めることができ、ランキングやコンプガチャといった中毒性のあるコンテンツを備え、リリース後の内容の拡充も容易な事を考えると、シナリオやビジュアルで差が縮まるにつれて既存のメディアに対して十分な脅威になりそうだ。

調査担当

『Lord of Walkure ~X指定~』 概要

low00
low11low14
low13low12
『Lord of Walkure』(C)2012 DMM GAMES
Lord of Walkure ~X指定~ (DMM GAMES/PINK STAR)

・2012年12月04日 『Lord of Walkure』 サービス開始 【DMM】
・2012年12月04日 『Lord of Walkure ~X指定~』 サービス開始 【DMM.R18】

DMM.comの運営するオンラインゲームの一つで、PCでもスマートフォンでもプレイ可能なWebブラウザ型のカードバトルRPG。基本プレイは無料で、ショップ売りのアイテムやガチャの大半が有料となっている。

年齢制限のない一般向けのサービスと、アダルト描写を含んだ18禁バージョンの2種類があり、プレイデータは共用なので、両方にアカウント登録すれば途中で切り替える事もできる。また、モバイルゲームには珍しくPC版も用意されており、これもデータは共用なので、外出先でスマートフォン、帰宅してPC版といった風に一つのアカウントで環境に合わせて柔軟な遊び方ができるのが特徴となっている。

ゲームはモバイルゲーム風のカードバトルRPGで、戦闘やガチャ、イベントを通してカードを集め、複数のカードを掛け合わせる事でより強力なカードを合成し、デッキと呼ばれる味方パーティを編成していく流れである。稀少なカードほど初期ステータスが高く、アダルトシーンが用意されている場合が多い。

主人公自身にもレベルアップとステータスの割り振りがあり、成長に応じてクエスト用、もしくは対人戦用の体力を増やしたり、デッキの容量をアップさせていく事ができる仕組みになっている他、装備品とその強化など、様々なやり込み要素を備えている。

アダルトシーンは「ワルキューレ」と呼ばれるレアカードの中で、同じ物を最低4枚揃えて合成した時点で発生する。それぞれのワルキューレの個性に応じたショートストーリー風に展開し、CGは静止画一枚だがフルボイス仕様である。

他プレイヤーとの関わりは薄く、「戦友」と呼ばれるシステムを利用して広く緩く繋がり合っていれば、ステータスや「レイド」と呼ばれるボス戦で有利になる程度である。

個人的な印象としては、無料プレイではレアカードを集めるのに時間がかかり、アダルト要素はおあずけになるが、長くモチベーションを保つための様々な工夫が施されている。おそらくHシーン有りのソーシャルゲームの中では最も早い時期に登場した作品で、一般向けも合わせた登録者数は20万を超え、アダルトコンテンツの少ない現在のSNSゲームの中では非常に目立っている。ゲーム性もモバイルゲームに慣れているプレイヤーには馴染み易いもので、サクサクとした進行感と無難な作り、イベントの多さが印象的である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03