title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

アダルトゲーム 発売順タイトル一覧 1987年

・主に国内で発売された商業用のPC向けアダルトタイトルを対象にしていますが、一部に同人作品、非アダルト美少女ゲーム、家庭用ゲーム機向けの作品をあえて載せている場合があります。
・発売月が疑わしいまま掲載している場合があります。

続きを読む

『プロジェクトA子』 概要

プロジェクトA子 サンプル プロジェクトA子 サンプル
プロジェクトA子 サンプル プロジェクトA子 サンプル
©1988 創映新社/A.P.P.P./ファイナル~西島
プロジェクトA子 (辰巳出版)
【注意】非アダルトゲームです。

・1987年05月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、同名のOVA『プロジェクトA子』をゲーム化したスゴロク風のゲーム。

「A子」こと摩神 英子は超人的な身体能力を持つ女の子。親友の「C子」こと寿 詩子と共に女子校グラビトン学園に転校してきたが、同じクラスには幼稚園時代に深い因縁をもつ「B子」こと大徳寺 美子がいた。天真爛漫なC子に想いを寄せるB子は、A子との仲を裂くべく手下を使い、あの手この手でC子に迫るが・・・?

ゲームはサイコロによるスゴロク進行で、参加者はA子とB子の二人である。冒頭で1人プレイと2人プレイを選ぶ事ができ、1人プレイはA子がプレイヤーでB子がCPU、2人プレイでは共にプレイヤー操作となっていた。合計60個のマスに、OVAのハイライトとなるシーンが割り当てられており、物語を回想しながら「2マス進む」「振り出しに戻る」といったイベントを楽しんでいく。

途中でアイテムが拾えることがあり、自分の進行を助けたり、相手の進行を妨害したりしながら、キリのいい出目でゴールに丁度止まることができれば勝利となった。

原作のOVAは一般向けアニメながらお色気要素が多く、着替えや入浴シーンでトップレスを披露しているが、ゲームの方はこれといってアダルト要素はなく、露出も控えめである。

続編にOVA第二弾を元にしたカジノゲーム『プロジェクトA子2』がある。

個人的な印象としては、OVAのファンをターゲットにしたコレクションアイテム的な性格で、アニメを先に鑑賞していなければ名場面たちも唐突である。ゲーム性も工夫が少なく、見所に乏しいか。

『真夜中のラブコール』 概要

真夜中のラブコール サンプル 真夜中のラブコール サンプル
真夜中のラブコール サンプル 真夜中のラブコール サンプル
©1988 全流通
真夜中のラブコール (全流通)

・1987年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、テレフォンセックスをテーマにしたゲーム。

プレイヤーの自宅に恋人のミカから電話がかかってくる場面から始まるストーリーで、「何をしていたの?」「あの日の事を覚えてる?」といった質問に答えているうちに興奮しはじめ、テレフォンセックスに発展する流れである。

コマンドは選択肢タイプで、ひたすらミカの質問に答えていく3択の連続である。正解の選択肢が決まっている訳ではなく、毎回ランダムなので攻略は運任せだった。正解すると次のCGが表示され、次第に男女が絡み合う濃厚なセックスシーンになっていく。不正解の場合は一つ前のシーンに戻り、質問もやり直しである。女の子のCGは計8枚が収録されていた。

PC88用の外部機器『JAST SOUND』に対応しており、ミカの声が出力できたようだ。

選択肢をひたすらこなしていく辺りはADVだが、運の要素と行ったり来たりの進行からは往年の野球拳ゲームを連想させる。テーマはユニーク、ビジュアル面も当時としてはそれなりだが、ゲーム性は『ザ・ピーピング』と共に残念な印象である。

『SEXY ORANGE』 概要

SEXY ORANGE サンプル SEXY ORANGE サンプル
SEXY ORANGE サンプル SEXY ORANGE サンプル
©1987 システムハウスOH!
SEXY ORANGE (システムハウスOH!)

・1987年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の実写写真を使った「ビニ本」風のアダルトCG集。

ゲーム性はなく、ヌードグラビア風の実写CGが11枚収録されていた。モデル女性の名前はクレジットされず、写真はバストと下着をつけた股間のアップが中心である。下着が半透明でアンダーヘアがうっすらと確認できるのが大きな特徴である。

80年代は「ヘアヌード」が非合法として取締りの対象となっており、芸術性のある洋画では見逃されるケースがあったようだが、陰毛が意図的に写りこんでいる出版物はしばしば摘発を受けていた。また、そうした規制のギリギリを狙った際どいグラビアも「ビニ本」と呼ばれ流行していたようだ。

ヘアヌードが黙認の形で解禁状態になり、ブームを巻き起こすのは91年頃からである。

『THE 4TH UNIT 第4のユニット』 概要

THE 4TH UNIT 第4のユニット サンプル THE 4TH UNIT 第4のユニット サンプル
THE 4TH UNIT 第4のユニット サンプル THE 4TH UNIT 第4のユニット サンプル
©1988 DATA WEST
THE 4TH UNIT 第4のユニット (DATA WEST)
【注意】非アダルトゲームです。

・1987年**月**日 PC-8801用 FD版
・1987年**月**日 PC-9801用 5インチFD版
・1987年**月**日 FM-7/77用 3.5インチFD版
・1987年**月**日 MSX2用 FD版
・1987年**月**日 X1turbo用 FD版
・1987年**月**日 X68000用 FD版
・1989年**月**日 FM TOWN用 CD-ROM版 『LINKAGE THE 4TH UNIT 1・2 TOWNS』にてリメイク

80年代中頃の作品で、現代風の街中を舞台に、生体兵器として肉体改造された少女達が活躍するSFファンタジー『第4のユニット』シリーズの1作目。

某年11月17日、東京都練馬区上空で輸送機が墜落する事故が起こった。たまたま現場近くにいた学生「優介」は、全裸で倒れていた少女を発見し、自宅に連れ帰って介抱する。目が覚めた少女は、自分に関する一切の記憶を失っていた。航空機事故に何かのヒントがあると考えた少女は、自力で記憶を取り戻す決心を固め、事故に詳しい新聞記者に接触するが、街は何者かの攻撃を受けて混乱状態となり・・・?

システムはかなり特殊なコマンド選択式で、テンキーのうちの横移動(4,6)によってマップ上のポイントや人物の顔、背景CGの気になるポイントなどに現れるターゲット枠を選び、テンキーの縦移動(8,2)によって「しらべる」「とる」などのコマンドを選択していく仕組みである。例えば、森に移動する時は、ターゲット枠を横に順送りしてマップ上の「もり」に合わせ、縦のカーソルで動詞の「いく」を組み合わせる必要がある。

基本的なシナリオの流れは、少女「ブロンウィン」が学校や街中を歩いて関係者に会い、情報やアイテムを入手していく探索物のADVである。しかし、シリアスなバトル物の展開を含んでいるのが特徴で、戦闘パラメータの育成要素はないものの、RPG風のコマンドバトルが数箇所用意されていた。

アダルト要素はなく、露出も控えめだが、主要な登場人物達が女の子ばかりなため、美少女ゲームに分類されるのが一般的である。

続編が『THE 4TH UNIT 2 第4のユニット2』『DUAL TARGETS THE 4th UNIT ACT.3』とシリーズ化し、特に6作目の『MERRYGOROUND THE 4TH UNIT SERIES』(1990年)は当時最先端のCD-ROMに声優によるフルボイス、大規模なアニメーションの導入で話題作となった。

操作は後のGUIのように、直感的な操作を目指す試みだったと思われるが、実際はかなり慣れが必要で、マウスが一般的になる以前のため、カーソルを合わせたいポイントに送るまで手間がかかり、決して操作性に優れるとはいえない。シナリオは短く、目立つ点はないものの、特撮ヒーロー物の1話目のように、続編の作りやすい世界観になっているのが印象的である。

『マリコの部屋 それから・・・・』 概要

マリコの部屋 それから・・・・ サンプル マリコの部屋 それから・・・・ サンプル
©1987 パルコム
マリコの部屋 それから・・・・ (パルコム)

・1987年2月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、ジャンケン形式で進行するCG集。『バージン マリコの部屋』の続編で、パルコム最後の作品となった。

ジャンケン勝負で勝てば次のCGが表示され、負ければ前のCGに戻るシンプルな作りで、CGは全6枚である。

すべての画像が実写取り込み風のリアルタッチなのが特徴で、男性器の血管や陰毛まで再現した描写の細かさが特徴的である。男性器の先端や女性器の一部はパソリンカット(映倫カットのパロディ)なる円形の黒塗りで修正してある場合もあるが、端が大きくはみだしていたり、全く修正が無かったりと真面目に修正する気配は感じられない。

当時から無修正の写真集、ビデオの販売はわいせつ物頒布罪にあたり摘発されていた。この作品のようなゲームが比較的堂々と流通していた背景には、PCソフトが新興のマイナージャンルで取締り例が無かった事、ソフ倫などの審査機関がなく、規制は各社が各自の裁量で行っていた事、初期のPCの性能では解像度が低く、取り立てて問題視されるほどの再現性が無かった等の事情が考えられる。

しかし本作品のビジュアルを見る限り、87年初頭の段階でスキャナー等の高性能化により、表現力は既に危険なレベルにまで到達していた事が窺える。

『学園物語』 概要

学園物語 サンプル 学園物語 サンプル
学園物語 サンプル 学園物語 サンプル
©1987 GREAT
学園物語 (GREAT)

・1987年11月**日 PC-8801用 FD版
・1987年11月**日 FM-7/77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX用 FD版 カードリッジROM版

80年代後半の作品で、学園を舞台にした探索系のアドベンチャー。

主人公タカシは、とある学園の男子寮に住む一年生。いつか憧れのノリコ先生の手で童貞を卒業する日を夢見ていたが、先生は突然に学園を辞めることになってしまう。彼女は誰かに脅迫されている、という噂を耳にしたタカシは、事の真相を確かめるべく、学園内の探索を始める。

システムはコマンド選択式で、移動先に自由があり、女子寮と男子寮を何度も往復しながらフラグとなる情報やアイテムを見つけ、移動先を増やしていく流れである。攻略は基本的に総当りだが、一発ゲームオーバーの選択肢も多く、仕掛けも凝っていて難易度は高めである。

シナリオはスケベな主人公が、憧れの女教師を悩ませる脅迫事件を解決し、性のプライベートレッスンを受けるまでの学園内を舞台にした冒険物である。ミステリー風の展開を含んでいるが、謎解きは全て登場人物たちが片付けてくれる。捜査のためなら女子寮の窓を叩き割って侵入する主人公のやんちゃぶりと、童貞を優しくリードしてくれる年上キャラがヒロインを務めている点が印象的である。

途中で一箇所分岐があり、主人公に思いを寄せる同級生「アキコ」と結ばれるシナリオがHシーン付きで用意されていた。あくまで事件未解決のバッドエンドだが、時期的には『天使たちの午後Ⅲ』より早く、ヒロイン個別ルートを備えたマルチシナリオ・マルチエンドの起源を考える上で重要かもしれない。

行き先が多くて探索は大変だが、当時としてはそれなりにシナリオ性があり、操作感が軽快なためテンポよく遊べる作品である。

『悪女伝説Ⅱ』 概要

悪女伝説Ⅱ サンプル 悪女伝説Ⅱ サンプル
悪女伝説Ⅱ サンプル 悪女伝説Ⅱ サンプル
©1987 ドリームソフト/ドット企画
悪女伝説Ⅱ (ドリームソフト/ドット企画)

・1987年09月**日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、街中で出会った女の子を口説き落とすまでを描いたアドベンチャー。

登場人物は、主人公と女子学生エミちゃんの二人だけである。主人公が街中で見かけたエミちゃんとの会話のきっかけを探り、様々な質問に答えて好感度を上げていく。頃合を見計らってボディタッチすることで、場面は路上から喫茶店へ移り、さらにラブホテルへと進展していく。

システムはコマンド選択式で、序盤から中盤にかけては服や音楽などの話題を選び、エミちゃんの気に入る回答を見つけていく。終盤のホテルでは、不安がる彼女を会話で落ち着かせ、「揉む 胸」「キスする お尻」など、彼女が嫌がらない愛撫の組み合わせ、順番を計9種類のコマンドの中から総当りで探り、組み立てていく流れである。

間にカードゲームがあり、トランプのブラックジャックで先に5勝しなければホテルへ進めない仕組みで、合わせてゲーム要素となっていた。

当時のスキャナーの仕様なのか、彩色はモザイクアート風の点描になっており、ドットの粗さのためザラザラした印象になってしまったが、たったの8色で自然なグラデーションと深い色合いを表現している。

個人的な印象として、当時のADVと比較してシナリオは短いものの、操作感の良さでテンポよく遊べるゲーム性、それにアダルトシーンの丁寧さは魅力である。ヒロインの年齢設定とビジュアルのためか人気が高く、2013年現在も高額ソフトに名を連ねている作品の一つである。

『LOVE CHASER』 概要

LOVE CHASER サンプル LOVE CHASER サンプル
LOVE CHASER サンプル LOVE CHASER サンプル
©1987 CHAMPION SOFT
LOVE CHASER (チャンピオンソフト)

・1987年09月**日 PC-8801用 FD版
・1987年**月**日 FM-7/77用 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、私立探偵を主人公に誘拐事件の謎に挑むアダルトアドベンチャー。

財閥の娘「加藤和子」は、父親の決めた政略結婚に反発し、自らの狂言誘拐を企てた。ところが、事件はいつの間にか本物の誘拐にすり替わっており、和子はどこかへ連れ去られてしまう。和子の父親から娘の身柄と、身代金代わりのダイヤの奪還を依頼された新米探偵の主人公は、和子の囚われた広大な屋敷に入り込み、プレイヤーのアドバイスを受けつつ、密かに探索を始める。

システムは移動先に自由がないタイプのADVである。操作は『ラブリーGAL』と共通していて、「しらべる」「とる」といった動詞を一覧から選び、「ほんだな」「かぎ」といった対象物を一文字一文字打ち込んでいく選択式と入力式のハイブリッドとなっていた。

冒頭で絵合わせパズルゲームがあり、その成績に応じて獲得した体力パラメータを消費しつつ、体力が尽きる前にクリアを目指す制約つきの探索ゲームである。一本道の展開に沿って一部屋一部屋探索していき、引き出しやタンスの中を漁ったり、住人の女の子の機嫌を取ったり、武器で脅したりしながら攻略に繋がるアイテムや情報を入手していく。

主人公の人格がプレイヤーから完全に独立しているため、雰囲気が独特である。プレイヤーは新米の彼にアドバイスを送る天の声であり、主人公はコマンドに対して、「ソレヤ!」「お兄さんたのんまっせ」などと関西弁で返しながら賑やかに進行するのが印象的である。

アダルト要素は控えめで、女の子は6人ほど登場するものの、まともなセックスパートは一箇所で、ほとんどは脱がせて終了となった。

個人的な印象としては、難易度はかなり高いが、当時のアダルトADVの中では飲み込みやすい筋書きがあり、ゲーム性や展開に工夫があって楽しめる作品である。

『ラブリーGAL』 概要

ラブリーGAL サンプル ラブリーGAL サンプル
ラブリーGAL サンプル ラブリーGAL サンプル
©1987 CHAMPION SOFT
ラブリーGAL (チャンピオンソフト)

・1987年08月**日 PC-8801用 FD版
・1987年**月**日 FM-7/77用 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、現代風の街中と遠い宇宙にある星を舞台に、様々なタイプの女の子に悪戯していくファンタジックなアドベンチャー。

謎の老人から「3つの秘宝を手に入れれば世界はお前のもの」という予言を受けた主人公は、道端でお金を拾ったり、路上駐車の車からアイテムをくすねたり、行く先々で女の子を押し倒しながら、秘宝に関する情報を集めていく。ついに3つの秘宝が集まった時、主人公は地球から遠く離れた不思議な星に立っていた…。

ポップレモン』『幻夢の城』の流れを汲むADVだが、コマンドは「ハナス」「ミル」といった動詞部分がファンクションキーに割り当てられた選択式、「オンナノコ」「ハリガミ」といった名詞部分は一文字一文字を打ち込んでいくコマンド入力式の新システムとなっている。

一本道のシナリオでマップ等はなく、道なりに進んで女の子に出会い、プレゼントやお世辞、合言葉、購入、愛撫、暴力、脅迫など様々な方法で新しい情報やアイテムを引き出し、次の女の子へ進む流れである。倫理感に乏しくマイペースな主人公と、脈絡のない展開、緩くシュールな世界観が印象的である。

最大の特徴は前2作と同様、難易度が異様に高いことで、フラグとなるキーワードはヒントが乏しく、時に突飛で、プレイヤーが類推するのを拒絶するかのようである。また、わずかなミスが後々ゲームオーバーに繋がり、自動セーブで詰んでしまうシビアな作りとなっていた。

80年代初頭~中頃のゲームは容量の制約から、内容の乏しさを高難易度で補う面があったが、このシリーズはボリューム的に大作なだけに異質で、攻略の難しさが際立っている。操作性ではコマンド選択式のアドベンチャーが主流になりつつある中、動詞部分を選択制にした事で配慮を見せているが、慣れるまで結構かかり、かえってややこしくなってしまった徒花的な印象である。

記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代から生きながらえている学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。2016年秋に好き嫌いしないことを誓ったが、グロと鬱はやっぱり苦手。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を
各ガイドラインに従い引用しています。
このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03