title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

アダルトゲーム 発売順タイトル一覧 1988年

・主に国内で発売された商業用のPC向けアダルトタイトルを対象にしていますが、一部に同人作品、非アダルト美少女ゲーム、家庭用ゲーム機向けの作品をあえて載せている場合があります。
・発売月が疑わしいまま掲載している場合があります。
 続きを読む
調査担当

『とらわれペンギン』 概要

とらわれペンギン とらわれペンギン
とらわれペンギン とらわれペンギン
©1989 辰巳出版
とらわれペンギン (辰巳出版)

・1988年12月**日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、同名の成人漫画をゲーム化したアダルトRPG。

舞台は断崖の丘にそびえる「研究所」。そこでは囚われた人間達がクローン技術と快楽により実験材料にされ、恐ろしいモンスターへと改造されていた。囚われた実験体の1人であるプレイヤーは、複数のクローンを作ってモルモットルームから送り出し、卑猥な姿をした怪物達を倒しながら脱出方法を探していく。

システムはウィザードリィ風の3Dダンジョン探索型RPGで、1人パーティだが複数の主人公を作成する事ができ、アイテム倉庫の共有などでサポートし合える仕組みである。男女で装備品が異なり、「女子高生」「忍者」「ヤクザ」などのクラスチェンジも男女によって制限があった。

シナリオはプレイヤーが作成したクローンが実験室から抜け出す所から始まり、「スクール水着」「ブラジャー」「コンドーム」などの装備品を集め、各階層のボスを倒すことで次の階の暗証番号を入手していくのが基本パターンである。ステータスやアイテムはアダルト用語にちなむ場合が多く、HPにあたる精力(HORMON)が尽きると、捕まって快楽の虜にされてしまうバッドエンドが待ち受けていた。

原作となった森山塔(山本直樹)の『とらわれペンギン』は、成人漫画ながらシュールな世界観と文学性、難解さを含んだオムニバス形式の作品で、当時カルト的な人気を誇ったようだ。ゲームの方はテンポやゲームバランス等で今ひとつの仕上がりだが、シリアスでグロテスクな描写とギャグタッチの設定が入り混じった不思議な作風が印象的である。

調査担当

『GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん』 概要

GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん
GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん
©TOKUMASHOTEN INTERMEDIA INC.1988
©XKD LABORATORY 1988
GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん (テクノポリスソフト)

・1988年09月**日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、美少女と脱衣をテーマにしたウォー・シミュレーションゲーム。

遠い昔のこと、愛の国テェク・ノ王国のフォリス姫が、悪の国ソォークト帝国のマジャ姫によって連れ去られてしまった。テェク・ノ王国を訪れた旅の若者である主人公は、人々から託されたGOLDで兵士達を雇い、「悪魔の性格ブスだけど美少女軍団」と呼ばれる8つの部隊を打ち破っていく。

「歩兵」「騎兵」「工兵」「忍者」など10種類のユニットがあり、所持金をやり繰りして10人の部隊を編成し、敵チームと対戦していく流れである。ターン制ではなくリアルタイム進行で、編成画面で初期配置、進撃方向、行動パターンを入力した後は全てオートで進み、終了まで一切指示できないという独特のシステムになっていた。

ユニットは敵味方共に女の子で、雇用時に「恵子」「幸子」など和風の名前を24種類の中から選ぶ事ができた。また、レベルアップは無いものの、後のシミュレーションRPGでいうクラスチェンジと同じ要素を備えており、戦闘の参加回数に応じて「歩兵 → 重歩兵 → 軍曹」といった具合に性能がアップしていく。

全8ステージで構成されている。アダルト要素はそれぞれのステージの敵大将の女の子が画面左側に常に表示されていて、一回戦、二回戦と勝利する度に露出が上がっていく脱衣ゲーム方式となっていた。CGは1人6枚で、最終段階は全裸である。

「きゃぴるん・シリーズ」第1弾という触れ込みになっており、同シリーズとして全くゲーム性の異なる『ビリヤードきゃぴ☆きゃぴ☆るん』『GOLF きゃぴ☆きゃぴ☆るん』などが続いている。

『大戦略』『ファミコンウォーズ』などのウォー・シミュレーションは既に存在していた時期だが、中世風ファンタジー世界を舞台にした作品は珍しく、特に美少女をテーマにしたウォー・シミュレーションの中ではおそらく元祖だろう。同ジャンルは数は少ないものの、00年代に入ってもヒット作の多いテーマとなっている。

ゲーム性は粗っぽいものの、適度にシビアで試行錯誤の楽しみがあり、「やり込み要素」を備えたことで、それまでの脱衣ゲームとは一線を画す進歩的な作品となった。

調査担当

『ドキドキ!シャッターチャンス!! 』 概要

dokidokisc02.png dokidokisc19.png
dokidokisc14.png dokidokisc29.png
©1988 elf
ドキドキ!シャッターチャンス!! (エルフ)

・1988年12月08日 PC-8801用 FD版
・1989年05月13日 PC-9801用 5インチFD版

80年代後半の作品で、盗撮をテーマにしたアダルトアクションゲーム。後にヒットメーカーとなったブランド『élf(エルフ)』のデビュー作である。ただしエルフの正式な創立は翌年4月で、当時はフェアリーテールの社内ブランドという扱いだったのかもしれない。

主人公『亀羅 小僧』は、早撮りジャックの異名を持つ、正義の盗撮カメラマンである。学校でいじめにあっている少女から依頼を受けた主人公は、彼女の恥ずかしい写真を条件に、女子校へ潜入して、彼女をいじめた10人の恥ずかしい写真をカメラに収めていく。

マップは俯瞰型で、画面が上下左右にスクロールするタイプのアクションゲームである。プレイヤーは、カメラ小僧を操って女子校の校舎やプール、テニスコートなどを歩き回り、女の子を見つけたら、ストロボの範囲に入るように接近し、シャッターを切っていく。

シャッターボタンを押してからストロボが光るまでに、2、3秒の時間差があり、その間女の子が激しく動いたり、建物の影に隠れたりするので、難易度はかなり高い。また、追尾してくる先生(複数)に捕まってしまうと、それまで撮った写真を処分させられてしまうルールとなっている。10人の女の子に対してフィルムは10枚しかないため、クリアするには、制限時間以内にノーミスで回る必要がある。

盗撮写真は、着替えやスポーツをする様子で、服の上から乳首の突起が分かる描写、胸の露出などがあるものの、アダルト描写は全体的に控えめである。

翌年に追加データ集として『#1 女子校編パート2』『#2 看護婦編』『#3 バスガイド編』が続いている。

個人的な印象としては、ボリュームもクオリティも低い小粒な作品ながら、難易度が高いだけにCGを確認する際はドキドキがあり、達成感のあるミニゲームである。翌年に東京都で独立を果たしたエルフは、ユニークな企画とクオリティの高さでトップメーカーにのし上がり、90年代中頃には「東のエルフ、西のアリス」と横綱に例えられるまでに成長していく。

調査担当

『Telephone Club Story』 概要

Telephone Club Story サンプル Telephone Club Story サンプル
Telephone Club Story サンプル Telephone Club Story サンプル
©1988 WILDUCK
Telephone Club Story (WILDUCK/コンピューターブレイン)

・1988年12月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、テレフォンクラブ、通称「テレクラ」をテーマに扱ったアダルトアドベンチャー。

大阪道頓堀のテレクラを舞台に始まり、テレクラ初体験の主人公が女性からの電話を受け、巧みな話術でデートの約束の取り付け、食事やディスコに誘い、最終的にベッドインを目指していく流れである。冒頭でどの個室を選ぶかによって登場する女性が異なり、それぞれ独立ストーリーとなっていた。

ゲームシステムは、会話の中の空欄に当てはまる単語を答えていく形式である。例えば「でも    かたなので びっくりしました」というセリフの場合は、「うつくしい」という形容詞を選択肢から選べば正解となった。文脈から判断して妥当な物、なるべく相手の気に入りそうな選択肢を選ぶのがポイントで、ライフにあたるBONUSポイントを使いきってしまうとゲームオーバーである。

また、ありえない選択肢の中には女の子のツッコミと共にPowerゲージが貯まっていく物があり、満タンになるとクリア後にご褒美CG付きのスロットゲームに挑戦できるオマケ要素を備えていた。

シナリオは28才人妻を喫茶店で口説き、ホテルに誘う「主婦の話」、18才のお嬢様をディスコに誘い、ジュースと偽って酒を飲ませ、前後不覚になった所でホテルに連れ込む「高校生の話」、16才の制服姿の女の子から高い靴や食事を奢らされる話の3本である。

続編として『Telephone Club Story Special』『Telephone Club Story データ集』が続いている。

テレクラとは、80年代から90年代にかけて流行した固定店舗の出会いサービス業で、男性会員が有料で個室を借り、女性からの電話を待つというものである。女性は無料の場合が多く、広告を見た女性が自宅の電話や公衆電話から、男女の真面目な出会いを求めて電話をする、というのが表向きだが、遊興費目当てだったり、売春に利用されることがあったようだ。

本作品の当時は「援交」という言葉が登場する前で、90年代よりもイメージはやや明るく、テレクラという言葉に新鮮な響きがあったのかもしれない。時はバブル景気の真っ盛りで、高級志向や金払いの良さが持て囃されていた中、都市部の繁華街に栄えた遊びの陽気でポジティブなイメージが感じられる。

調査担当

『内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 魔剣士KUMIKO』 概要

usvskumiko01.png usvskumiko02.png
usvskumiko53.png usvskumiko75.png
©1988 SYSTEM HOUSE OH!
内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 魔剣士KUMIKO (システムハウスOH!)

・1988年11月31日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、少女が夢の中の冒険に巻き込まれるファンタジックなアドベンチャー。『媚少女NORIKO』『堕天使KYOUKO』と合わせて3部作となっており、シリーズを通して漫画家の内山亜紀氏が原画を担当している。ヒロインの音声を多数収録している点が売りとなっていた。

主人公「クミコ」は生きたドジョウを使ったオナニーが大好きな少女。その日も自室でオナニーを始めたクミコは、いつもと違う感覚におそわれ、気がつくと鎧姿で見知らぬ廃墟に立っていた・・・。

システムは選択肢分岐型で、2~3択の中から選択肢を絞っていく流れである。大筋では一本道だが、選択肢ごとに演出が微妙に異なるため、すべてのCGや展開を見るには多少の繰り返しプレイが必要な仕組みになっていた。

シナリオはオナニーが趣味の少女が不思議な世界に迷い込み、裸に近い衣装で怪物と対決していく展開となっていた。アクションシーンや異種姦を含み、アダルトシーンの比重は高めである。

ヒロインの声を収録しているのがセールスポイントとなっていて、簡単なセリフや喘ぎ声は進行に合わせて自動的に再生される仕様になっていた。もちろん後の時代に比べると音質が悪く、割れてくぐもった声だが、この時期に外部機器なしでボイス入りを目指したアダルト作品は他に見当たらない。まばたきや指先の動きなど、部分的なアニメーションも多数施されている。

ストーリーの短さとゲーム性の無さがネックだが、内山流の少女のアブノーマルさが味になっていて、ボイスと合わせて異色の存在である。好みに合えば実用性は高かったかもしれない。

調査担当

『内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 堕天使KYOUKO』 概要

堕天使KYOUKO サンプル 堕天使KYOUKO サンプル
堕天使KYOUKO サンプル 堕天使KYOUKO サンプル
©1988 SYSTEM HOUSE OH!
内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 堕天使KYOUKO (システムハウスOH!)

・1988年11月31日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、少女同士の絡みをテーマにしたアドベンチャー。漫画家の内山亜紀氏が原画を担当しており、当時としては珍しい音声付きのアダルトゲームだった。シリーズは全3作で、『媚少女NORIKO』『魔剣士KUMIKO』が同時に発売されている。

シナリオはPart1とPart2に分かれており、登場人物が異なる。システムは両方とも選択肢分岐型のアドベンチャーである。

Part1は幼い少女「ミナコ」が、エスパー堕天使「キョウコ」によってHな治療を施されてしまうという内容となっていた。ゲームオーバーはなく、選択肢毎に演出やCGが異なる仕組みである。

Part2は「死亡遊戯 紙芝居編」というサブタイトルが付けられており、「キョウコ」と名乗る二人の少女がベッドで絡み合いつつ、お互いに秘密の過去を打ち明けていく流れである。こちらはゲームオーバーがあるが、回避は簡単である。

簡単なセリフや喘ぎ声のみだが、進行に合わせて自動的に音声が再生されるのが大きな特徴である。音割れが酷く聞き取りづらいものの、当時のサウンドカードとFD二枚組の容量を考えると限界に迫っていたと思われる。他に、まばたきや指、舌先の動きなど部分的なアニメーションが多数施されていた。

作風は実用性重視で、ゲーム性はオマケ程度、ボリュームは少なく、前編後編合わせても30分程度でほとんどのCGを確認できそうだ。登場人物は内山亜紀氏の作風そのままで、世界観もそれなりにあったようだが、個人的な印象として、テキスト面が貧弱で設定や展開がよく掴めないのが残念だった。

調査担当

『内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 媚少女NORIKO』 概要

内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 媚少女NORIKO サンプル 内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 媚少女NORIKO サンプル
内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 媚少女NORIKO サンプル 内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 媚少女NORIKO サンプル
©1988 SYSTEM HOUSE OH!
内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 媚少女NORIKO (システムハウスOH!)

・1988年11月31日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、美少女と陵辱をテーマにしたアダルトアドベンチャー。長いタイトルはロリコンブームで人気を博した漫画家の内山亜紀氏が原画を務め、当時のゲームには珍しく外部装置なしで音声出力できたことに由来する。全三部作で、同時に『魔剣士KUMIKO』『堕天使KYOUKO』が発売された。

シナリオはPart1とPart2に分かれており、主人公の名前は共にノリコだが、髪の色などが異なり、同一人物かは不明である。

Part1は強力な超能力を持った少女「ノリコ」が、突然セクサロイド(ロボット)に襲われるシーンから始まる選択肢型のアドベンチャーである。ゲームオーバー等はなく、エンディングも共通で、分岐は途中のCGと演出が異なる仕組みとなっていた。

Part2は「幼児体験編・電脳紙芝居」というサブタイトルがついており、「パパ」から夜な夜な悪戯をされるノリコの独白風で、選択肢のない簡素なストーリーである。

FD2枚組の容量にも関わらず、外部装置なしでの音声出力に対応しており、簡単なセリフや喘ぎ声が進行に合わせて自動で再生されるシステムが目玉となっていた。後世からみると音割れが酷く、無線を介して聞いているような声だが当時としては斬新な仕様だった。

シナリオのボリュームに乏しく、ゲーム性は全く無いが、喘ぎ声の音声出力は試みとして面白く、大きな可能性にチャレンジしたといえるだろう。JAST独自の規格「ジャストサウンド」を利用した音声ありのアダルトゲームの例は80年代中頃からあったが、ボイスが一般的になるのはサウンドカードが高性能化し、CD-ROMドライブが普及する90年代後半からである。内山流の一見かよわい少女が秘めた女の怖さ、したたかさといった結末も他のゲームにない作家性で印象的である。

調査担当

『LIPSTICK. ADV』 概要

LIPSTICK. ADV サンプル LIPSTICK. ADV サンプル
LIPSTICK. ADV サンプル LIPSTICK. ADV サンプル
©1988 F&C
LIPSTICK. ADV (フェアリーテール)

・1988年11月15日 PC-8801用 FD版
・1988年11月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+/TurboR用 FD版

80年代後半の探偵物アドベンチャー。アダルトCG集『リップスティック』シリーズをADV化した物で、女の子のテーマが共通しており、CGの一部が流用されている。ボリューム感やシナリオの完成度から人気が高く、フェアリーテールの出世作となった。

主人公の「五郎」は、やや軽薄な性格ながら有能な私立探偵である。謎の大富豪「嵐山」から盗まれた家宝の捜索を依頼された五郎は、短期間のうちに解決して高額の報酬を得た。ところが、不審な電話で呼び出された隙に事務所は荒らされ、留守番をしていた近所の女子高生「音美」が誘拐されてしまう。嵐山の態度に不可解な物を感じた五郎は、音美を取り戻すべく、周辺人物に聞き込みを開始する。

システムはコマンド選択型で、移動先に自由があるタイプのADVである。事務所やホテル、病院、豪邸、学校、公園などを巡り、関係者に「話す」「聞く」「見せる」等のコマンドを試していく流れとなっている。行き先やコマンドが多く、ボリュームがある分だけ攻略は難しく、クリアにかかる手数の多さが特徴的である。

シナリオは本格的なミステリーだが、読者をからかうような主人公の言動や奇妙なコマンド、登場人物のシュールな一言が面白く、全体の印象は明るいギャグ作品である。当時としてはかなりの長編で、最後まで予断を許さないシナリオの完成度の高さも人気の一因となっている。

アダルトシーンは後半のクライマックス付近集中していて、CG集『リップスティック』のテーマに沿ってロリータ、女子学生、OL、看護婦、スチュワーデスなどが登場する。CGの流用はごく一部で、ほとんどが新たに描き起こされたものだった。

続編に『LIPSTICK. ADV2』、『リップスティックアドベンチャー3』、『Lipstick Adv.EX』、『Lipstick ADV.4』などがあり、EX以外は主人公五郎とヒロイン音美のコンビが続いてる。

個人的な印象としては、進展させる為のフラグが分かり辛く、同じ箇所を何度も巡ってコマンドを総当りする事になるので、労力の多い厄介なゲームである。しかし物語は面白く、後半になるにつれてエロの期待が高まるので退屈は感じなかった。同社の『殺しのドレス』(1987)と並んで、80年代後半を代表するアダルトミステリー作品といえるだろう。企画・シナリオには、後に『同級生』シリーズで一躍有名になった蛭田昌人氏の名前がクレジットされている。

調査担当

『韋駄天いかせ男 麦子に逢いたい』 概要

韋駄天いかせ男 麦子に逢いたい サンプル 韋駄天いかせ男 麦子に逢いたい サンプル
韋駄天いかせ男 麦子に逢いたい サンプル 韋駄天いかせ男 麦子に逢いたい サンプル
©1988 Family Soft
韋駄天いかせ男 麦子に逢いたい (ファミリーソフト)

・1988年11月20日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1989年**月**日 MSX2用 FD版
・2003年05月01日 ダウンロード販売開始 【PrjectEGG

80年代後半の作品で、卑猥な単語を組み合わせて文章を作り、女の子を興奮させていく風変わりな形式のアダルトゲーム。

狼に育てられ、ブラジルの農園で働いていたところを、巡業中の韓国人レスラーにスカウトされて日本にやってきた謎の男「イカセ男」は、動物的な勘により言葉だけで女をイかせる事ができる特殊能力の持ち主である。プレイヤーは神出鬼没のイカセ男となって満員の電車内、学校の教室、デパートのエレベーター内などに現れ、女の子に卑猥な言葉を囁いていく。

システムは「何を」「何処で」「どうする」に対応する数字を入力していく形式で、3項目それぞれに00~99の番号が割り振られた言葉が登録されており、最大100万通りに達する組み合わせの中から、「オマエを 夜の教室で 調教する」「あえぎ声を 男子生徒に 聞かせる」といった具合に文章を組み立てていく。時折女の子の興奮度が上がる組み合わせがあり、ゲージを満タンにすればHなCGが見られる流れとなっていた。

ゲームを進展させるのに、作った文章の意味が通る必要はない。(04,04,01)、(04,04,05)、(04,04,09)・・・といった具合に当たり番号の組み合わせに規則性があるため、法則を見つけるまでがゲーム要素で、後は偶然による組み合わせの妙を楽しむ作品といえるかもしれない。

シナリオはターゲットの女の子ごとに分かれた6つのショートストーリー集で、女の子の年齢は低めである。何の前触れもなく「イカセ男」が現れて卑猥な言葉を囁いていき、最初は抵抗していた女の子も興奮の中で我を忘れ、ついにはイってしまうのが基本パターンとなっていた。トランス状態となった女の子が死に至るバイブを自ら望んだり、人目をはばからず自慰を始めたり、精神に異常をきたしたりと、いずれも女の子側が理不尽な終わり方になっているのが大きな特徴である。

続編として『韋駄天いかせ男2 人生の意味』、『韋駄天いかせ男3 戦後編』、『韋駄天いかせ男入門編 愛をありがとう』がある。

攻略だけを目指した場合は単調な作業が続くため、ゲーム性は無いに等しいが、登録された単語が明らかにウケを狙った物もあり、ついつい笑える組み合わせを考えてしまうというお遊びソフトのような面があった。好みが分かれる作品だが、ビジュアル面での支持が高く、アイデアは非常にユニークである。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
パソコンの登場と共に生まれた学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03