title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『コスモスクラブ』 概要

コスモスクラブ サンプル コスモスクラブ サンプル
コスモスクラブ サンプル コスモスクラブ サンプル
©1988 JAST
コスモスクラブ (JAST)

・1988年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、男女共用の学生寮を舞台にしたアドベンチャー。

両親の仕事の都合で転校してきた男子学生の主人公は、同じクラスのミステリアスな女の子「麻奈」に一目惚れする。幸運にも、主人公が入居した学生寮「コスモスクラブ」には麻奈も暮らしていた。主人公は彼女に近づくきっかけを掴むため、寮内の各部屋を探索していく。

システムはコマンド選択型で、移動にある程度の自由があるタイプのアドベンチャーである。

展開は『天使たちの午後』シリーズと似ていて、最終目標は本命の麻奈だが、先生や他の女の子も犯して情報を入手する必要があり、あちこちでつまみ食いしながら進行する放蕩ストーリーである。何箇所か分岐があり、コマンドを間違うと他の女の子と結ばれるバッドエンドや、麻奈との別れを迎えてしまう場合があった。

Hシーンは「キスする・なめる」「愛撫する」という2種類のコマンドを備えていたが、応答パターンが貧弱でCG枚数も少なく、アダルト要素は控えめである。ただし局部は無修正となっていた。

いかにもJAST作品といった印象で、従来の作風と比べて取り立てて目立つ部分は無いが、登場人物が揃って食卓を囲むという生活感のある描写は当時珍しかったかもしれない。

調査担当

『早川愛美のスネークキャンプ』 概要

早川愛美のスネークキャンプ サンプル 早川愛美のスネークキャンプ サンプル
早川愛美のスネークキャンプ サンプル 早川愛美のスネークキャンプ サンプル
©1988 宇宙企画
早川愛美のスネークキャンプ (宇宙企画)

・1988年12月23日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、当時の人気AV女優の実写CGと組み合わされたアクションゲーム。

ストーリー性のある導入部分はなく、愛実ちゃんの過ごすテントを夜明けまで蛇から守りきればご褒美が待っている、という簡単な筋書きである。

ステージは全9面で、固定画面のアクションゲームである。プレイヤーはキャンプの見張り役となり、火を絶やさないよう薪を回収し、次々に出現する蛇たちを石を投げて撃退し、制限時間までテントを守り抜けばステージクリアとなった。薪のストックが切れたり、プレイヤーが蛇に触れたり、テントに蛇が侵入するとゲームオーバーである。

ご褒美CGはグラビア風のヌードで、最後までクリアすると簡単なプロフィールが表示される仕様となっていた。女優は祖父がアメリカ人のクォーターで、エキゾチックな顔立ちなのが特徴である。

同様にAV女優の名を冠したシリーズとして『かわいさとみのなかよくしてネ!』『小森愛のどきどきラリー』『麻生澪のセクシーパズル』『牧本千幸のメランコリー』『小野由美のジャンピング・クエスト』がある。

ゲーム性は簡素な作りながら、工夫次第でなんとかクリアできるようになっており、緊迫感があってアダルトゲームの中ではそこそこ遊べるものになっていた。難点はバグの多さか。

調査担当

『小森愛のどきどきラリー』 概要

小森愛のどきどきラリー サンプル 小森愛のどきどきラリー サンプル
小森愛のどきどきラリー サンプル 小森愛のどきどきラリー サンプル
©1988 英知出版/宇宙企画
小森愛のどきどきラリー (英知出版/宇宙企画)

・1988年10月05日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、人気AV女優の実写CGと組み合わされたストーリー仕立てのレースゲーム。

彼女との約束に1時間遅刻してしまった主人公。案の定、待ち合わせ場所に彼女はおらず、連絡も取れず仕舞い。ところがその日の夕刻、誘拐犯らしき男から脅迫電話がかかってくる。彼女の身を案じる主人公は、男の指示するまま、「ジャパンラリー」の出場を決めるのだった。

ステージは月曜日から日曜日までの全7面で、クリアする度に小森愛のポートレートやグラビア風の写真が一枚ずつ観賞できる構成となっていた。

レースゲームはライバルなしのタイムアタック風である。強制縦スクロールのコース上で、アクセルボタンで増速、減速を調整しながら障害物を避けていく。障害物は乗用車やトラック、水溜り、壁などだが、なぜかカーブも階段状に角張っており、反射神経が要求される。燃料が残っている内にゴールに辿り着ければクリアとなった。

同様にAV女優の名前を冠したゲームに『かわいさとみのなかよくしてネ!』があり、『麻生澪のセクシーパズル』『早川愛美のスネークキャンプ』『牧本千幸のメランコリー』『小野由美のジャンピング・クエスト』などが翌年にかけて続いている。

ゲーム性はシンプルすぎて深みがないが、難易度が程よく、アダルトゲームの中ではそこそこ楽しめる方である。何より、それまでのアダルトゲームにレースゲームというジャンルはなく、ユニークな試みだったと思われる。ちなみに小森愛さんは2011年にAV復活を果たしたそうで、この報告書を書いている2013年現在も現役である。

調査担当

『やりたい放題』 概要

やりたい放題 サンプル やりたい放題 サンプル
やりたい放題 サンプル やりたい放題 サンプル
©1988 Lucifer Soft/全流通
やりたい放題 (Lucifer Soft/全流通)

・1988年10月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 FM-77用 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、4人の女の子達を口説き落とす事を目的にしたナンパ系のアドベンチャー。選択肢分岐と周回プレイのような仕組みを使った一風変わったシステムとなっていた。

コマンドは常に2~3の選択肢になっていて、取っ付き易いがフラグが判別しにくく、攻略難度は高い。

構成は冒頭で4人の女の子の中から「ターゲット」となる女の子を1人選び、その子を口説き落とすために必要なアイテムを収集していく流れである。そのためシナリオは4本だが、どのシナリオを選んでも上記のヒロイン4人+1人と似たようなシチュエーションで遭遇するため、それぞれ平行世界のような印象である。女の子の登場する順番と会話の展開、入手できるアイテムが異なる仕様となっていた。

ストーリー性のある導入部はなく、展開は名前、年齢など一切不明の主人公が、雨の降る街中で困っている女の子達を見かけていく流れである。声をかけるか否かの選択も自由だが、「ターゲット」に指定した女の子を口説き落とすには様々なアイテムが必要なので、序盤から積極的に女の子を助け、場合によってはベッドインしたり、わざと騙されたりしながら、重要アイテムを入手していく必要があった。

大きな特徴として、他のシナリオからの引き継ぎ要素があり、基本的にシナリオ毎に出会いはリセットされている筈だが、不可解なことに所々で唐突な干渉が起こる。例えば、別のヒロインのシナリオでアイテムを受けとっていなければフラグが発生しないケース、別シナリオで避妊具が無いままHをした為、ターゲット以外の女の子に出会い頭で結婚を迫られてGAME OVERになるケースがあり、4つのシナリオをどの順にクリアするかにも頭を悩ませる必要があった。

シナリオ面では、ヒロイン達が彼氏持ちだったり、経験豊富なタイプが多く、多淫な女性像が特徴的である。基本的に逃げられたり、嫌がられたりとベッドインするまでの難易度は高いが、一旦セックスに入ってしまえば、女の子が多弁になり、淫語・卑語の連発、欲求不満で絶倫の異様な盛り上がり方になる描写が独特である。

続編に『やりたい放題2 ツーリストを狙え!!』『やりたい放題3 アズ・ユー・ライク Vol.1』がある。

当時は短いコマンドを選択するADVが普通だったことを考えると、選択肢分岐というだけで目立つ存在だが、本作が最もユニークな点はやはり周回の利用だろう。後のADVで一般的になるような、同じ舞台、登場人物を使いまわして、周回ごとに特定の1人をターゲットにした個別ストーリーを展開するやり方だが、順序に正解・不正解があるあたり奇形的で、不思議な印象の作品である。

調査担当

『あぶない丁半勝負』 概要

あぶない丁半勝負 サンプル あぶない丁半勝負 サンプル
あぶない丁半勝負 サンプル あぶない丁半勝負 サンプル
©1988 OMEGA SYSTEM
あぶない丁半勝負 (オメガシステム)

1988年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、丁半勝負をテーマにした脱衣ゲーム。

プレイヤーは冒頭で金融会社から1000万円の融資を受け、丁半勝負で勝ち続ける事で融資金を返済していく。返済後、さらに勝ち続けると、ツボ振りの女性が一枚ずつ薄着になっていく脱衣要素を備えていた。

ツボ振りの女性は、極道映画を思わせる和服にサラシ姿である。また、借金が膨らむと刺青男性に追い出される描写があったり、勝ち過ぎても警察に賭博の現行犯で逮捕される等、イリーガルな世界観が特徴的である。

ルールは単純で、2つサイコロの合計が丁(偶数)か半(奇数)かを当てる運任せのゲームであり、テラ銭(親の取り分)などは存在しない。持ち金が5000万円を超えると女性が脱ぎ始め、6000万円、7000万円となる毎に薄着になっていき、8000万円で全裸、9000万円で足を開き、10000万円を超えると主人公がお縄である。

女性は1種類しかなく、ゲーム性は低く、定価6800円を考えると同世代の脱衣ゲームと比べてひどく割高な印象を受ける。何とも怪しいソフトである。

調査担当

『DERRINGER』 概要

DERRINGER サンプル DERRINGER サンプル
DERRINGER サンプル DERRINGER サンプル
©1988 Clest
DERRINGER (クレスト)

・1988年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、人気美少女モデルの危機をテーマにしたアドベンチャー。JASTが新設したブランド『Clest』のデビュー作となった。

売れない探偵の主人公の元に届いた差出人不明の手紙。それは13才の人気モデル「中藤美希(なかふじみき)」が拘束されており、内密に調査して解決して欲しいという依頼状だった。にわかに信じがたい内容だったが、同封されていたスナップ写真が気になった主人公は、カメラ助手として美希のコマーシャル撮影の現場に潜り込み、隙を見て美希に接触を試みる。

システムはコマンド選択式で、移動先に自由はなく、シーンごとに決められたフラグを満たすことで次の場面に移る一本道の展開である。ミステリー要素は希薄で、コマンドを丹念に総当りすることにより、クライマックスで必要になるアイテムが回収できるかが攻略要素となっていた。

シナリオは終始シリアスな雰囲気で、撮影スタッフに探りを入れつつ、美希と美人マネージャーに接近していく流れとなっている。ボリュームは少なくヒロインも2人だけだが、一周目の「HARD BOILED MODE」をクリア後には「SPECIAL MODE」と呼ばれる二周目が用意されていて、セックスシーンのCGと演出が異なる他、SM風の縛りプレイが楽しめる趣向になっていた。

局部は『天使たちの午後』シリーズと同じで、扱いは小さいが無修正である。(当時はPCゲームの取り締まり事例がなく、各社が独自の裁量で規制していた。)

続編に『夜の天使たち ~私鉄沿線殺人事件~』があり、さらなる続編の『メイキング・オブ・Miki』も発表されていたが、こちらは未発売のまま立ち消えになったようだ。

主人公がハードボイルドな性格設定になっているのが特徴的で、考えをまとめる度にタバコを吸う必要があり、気に入らないコマンドには唇の端だけで笑って応え、死亡時やクリア時に意味ありげでキザなセリフを残すのだが、世界観に馴染まず何ともユーモラスである。メインヒロインは影が薄く、薄幸で献身的なマネージャーの方が印象に残った。

調査担当

『今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2』 概要

今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2 サンプル 今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2 サンプル
今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2 サンプル 今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2 サンプル
©1988 dB-SOFT
今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2 (デービーソフト)

・1988年12月01日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/MSX2+用 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 5インチFD版
・****年**月**日 X1turbo用 FD版

80年代後半の作品で、麻雀を題材にした4種類のゲームが楽しめるミニゲーム集。

形式は前作『今夜も朝までPowerfulまぁじゃん』と似ていて、男達を相手に脱衣無しでひたすら4人打ち麻雀を続けていく『ノーマルまあじゃん』、8人の女の子の中から1人を選び、あがるたびに露出が上がっていく『エキサイトまあじゃん』、ストーリー仕立てでスゴロク風のマップを移動しながらライバル達と対戦していく『さすらいまあじゃん』、ポンジャン風のゲームでトーナメント戦を勝ち上がっていく『ぽこまあじゃん』の4本である。

前作と大きく違うのは『ノーマル』と『エキサイト』の配牌操作で、他のゲームのようにイカサマ技がある訳ではないが、スタート時の手牌が敵味方ともに異様に揃っていて、役満が飛び交う派手な応酬を特徴としている。一手目からアがれる天和(テンホー)すらさほど珍しくない。

エキサイト麻雀は普通に服を脱いでいく物から、虫食い状態が直っていく物まで様々な脱衣演出が用意されている。最後まで脱がせる毎に秘密のパスワードが一文字ずつ明かされていき、全部揃えると隠しキャラと対戦できる仕組みとなっていた。

ソフト自販機『TAKERU』にて、女の子のデータを入れ替える事ができる拡張ソフト『今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2 データ集 雅子ちゃん組』がリリースされていた。

調査担当

『グラムキャッツ』 概要

gramcats00gramcats01
gramcats03gramcats04
©1988 ドット企画
グラムキャッツ (ドット企画)

・1988年08月10日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1988年**月**日 MSX2/MSX2+用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 FD 『リバイバル版
・****年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、女子校を舞台に超能力に目覚めた少女が活躍するSFアドベンチャー。最大8色によるグラフィックが一般的だった中、最大16色の美麗なグラフィックを誇り注目を浴びた。

西暦20XX年、人類は友好的な異星人を受け入れ、一見平和に暮らしていた。しかし異星人たちの真の目的は、人体に含まれる成分を食料として摂取する事にあり、生気を抜かれた奇妙な死体が発見され始めていた。明るく自由奔放な性格の少女「浅見さやか」は、潜在していた猫に変身できるという超能力を見出され、地球防衛組織「イーグル」の諜報員として協力を強いられるが・・・?

システムはコマンド選択式で、状況に合わせて「見る」「きく」「話す」などの動詞コマンドを選んでいく。移動先に自由があり、女子寮、イーグル司令部、アカデミー(学園)を行き来し、部屋を一つ一つ訪ねて超能力のトレーニングをしたり、事件の手がかりとなる情報を集めていく流れである。寮内を歩く時は私服に着替え、学校内や司令部では制服、特定の場所に潜りこむ時は猫の姿に変身、といった風に、移動先ごとに姿を使い分ける必要があるのが特徴である。

シナリオはアダルト重視で、主人公さやかが屋上や個室など様々な場所でセックスを目撃したり、レズの女性に絡まれたり、逆に情報を得るため女の子同士のHにもち込み、性技を駆使していく展開となっていた。

アダルト描写は過激で、当時は珍しいフィストファック、触手責めの表現が一部用いられていた。局部はフィルター状の修正が入っているが、モノクロになっているだけで形状は丸分かりであり、アンダーヘアも堂々と描かれている(当時は陰毛の写った映像・写真が摘発されていた)。

その頃のアダルトゲームはNECのPC-8801向けを中心に展開しており、PC-9801やMSX2、X68000用のものは移植版という形だったため、グラフィックは最大8色という制限に縛られる事が多かった。本作はオリジナル版から最大16色(PC-9801用)で開発されたアダルトゲームの先駆け的な存在で、原画のレベルの高さと相まって非常に質感の高いビジュアルを実現している。また、主人公の歩行やまばたき、セックス時の指や口の動きなど細かいアニメーションが数多く施されている、凝った仕上がりとなっていた。

続編に『グラムキャッツ2』がある。

シナリオはやや強引な展開で、特にクライマックスにかけて説明不足な印象だが、それを補って余りあるほどのグラフィックのクオリティである。当時のPC98はビジネス向けとして普及していた機種だけに、プレイ人口は少なかったかもしれないが、デモや広告を目にした購入層のインパクトは相当なものだったに違いない。

調査担当

『これが噂の!ゴリンピック』 概要

これが噂の!ゴリンピック サンプル これが噂の!ゴリンピック サンプル
これが噂の!ゴリンピック サンプル これが噂の!ゴリンピック サンプル
©1988 Fairytale
これが噂の!ゴリンピック (フェアリーテール)

・1988年08月08日 PC-8801用 FD版
・1988年08月08日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、世界的なスポーツ大会をモチーフにしたアクションゲーム。

4年に1度だけ開催され、女の子達が様々なスポーツで技とお色気を競い合う「ゴリンピック」。そのチケットは当日券しかないため、競技をみるためには急いでパビリオン(競技場)にたどり着き、列に並ばなければならない、という筋書きである。

システムはランナーを操作し、縦長の巨大な迷路になった通路を試行錯誤しながら進んでいくスクロールアクションである。制限時間内に競技場に辿り着ければステージクリアとなり、競技をする女の子のCGが観賞できる。ステージは「卓球」「ハードル」「新体操」「レスリング」「マラソン」「バレーボール」「柔道」「水泳」「リンボー」の9種目で、それぞれの競技につきCGが2枚用意されていた。

CGは実在のスポーツをネタにしたチラリや、過激な衣装によるポロリなどが中心で、アダルト要素は控えめである。

この年はアジアで2回目のオリンピック開催となるソウルオリンピックの年で、他にもスポーツ少女を扱ったゲームがあり、クイズゲームの問題でも題材によく取り上げられていて、オリンピックの注目度が高かった事が窺える。

調査担当

『HARDグラフィック総集編』 概要

HARDグラフィック総集編 サンプル HARDグラフィック総集編 サンプル
HARDグラフィック総集編 サンプル HARDグラフィック総集編 サンプル
©1988 HARD
HARDグラフィック総集編 (HARD)

・1988年08月**日 PC-8801用 FD版
・1988年08月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版

80年代後半の作品で、それぞれテーマの異なるディスクが3枚セットになったCG集。

1枚目はHARD社が過去にリリースしたゲームの中からのピックアップや未公開CGを収録している。2枚目は漫画家わたなべわたる氏が原画を手がけたものが中心である。3枚目は単独ヒロインによるストーリー仕立てで、彼氏との初体験から体がうずいてしまい、夢うつつの中で自分を慰めてしまうという筋書きになっていた。

局部はフィルター状の修正が施してあるが、色をピンクと白のモノクロに置き換えただけなので形状は認識できる。収録CGの合計は50枚ほどだった。


調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03