title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『かえるにょ・ぱにょ〜ん』 概要

kaerunyo00kaerunyo02
kaerunyo01kaerunyo03kaerunyo05kaerunyo04
©1997 ALICESOFT
かえるにょ・ぱにょ〜ん (アリスソフト)

・1997年08月29日 Windows95用 CD-ROM版 【駿河屋
・2000年09月14日 Windows95/98/NT/2000用 CD-ROM 廉価版 【駿河屋

90年代後半の作品で、ファンタジー世界を舞台にしたシミュレーションRPG。『にょ』シリーズの第一弾。タイトルは「帰るの、パニョン」の作中キャラクターによる訛りから来ている。

(あらすじ) 中世ファンタジー風の世界。とある小さな国の王子、「ポロン」は心優しく控えめな少年である。次期王の座を兄と争うことになり、試練として西に旅立ったポロンは、兄の策略にはまり、異世界の不思議な生き物「パニョン」にされてしまう。自らは戦う力がなく、誰かに守ってもらうしかない境遇になったポロン。そんな彼のために立ち上がったのは、道すがら出会った7人の少女達だった。果たしてポロンは、無事に王国へ帰ることができるだろうか?

世界観は『Rance』シリーズに近く、モンスターなどが共通している。

ゲームシステムはシミュレーションRPGの一種で、一ターン毎に一マスずつ強制的に横スクロールしていく独特の形式である。スクロールに巻き込まれると敵も味方もリタイア扱いのため、敵を殲滅しながら常に全員を前進させなければならない。

レベルアップやクラスチェンジ、装備品など、普通のシミュレーションRPGらしい面を備えている一方、主人公のポロンは足が遅く、戦闘力もなく、死亡するとゲームオーバーになってしまうため、これを7人のヒロインで守ったり、進行の邪魔になる障害物を破壊しなければならない点が、大きな特徴となっている。

また、ステージがツリー状に分岐しており、その経路によってストーリーが変化する点も変わっている。ハッピーエンドになる経路は一つだけだが、ご褒美CG回収のため、様々な経路を試す必要がある点がやり込み要素となっていた。

アダルト要素は控えめで、ヒロインたちにセックスシーンはなく、ステージ毎にクリア報酬として、脱衣や軽い露出を含んだCGが1枚表示されるのみである。ただし、レベル神に女の子モンスターを捧げることにより、陵辱的でハードなHCGが鑑賞できるオマケ要素も備えていた。

後継作品として『ままにょにょ』(2003年)が続いている。さらに、その発展版となる『わいどにょ』が『アリス2010』(2009年)に収録されている。

個人的には、『DALK』(1992年)とコンセプトが似ていて、DALKをよりシンプルでスピーディに洗練した印象である。エロさは無く、ストーリーも簡素でミニゲーム的な雰囲気だが、ゲーム性は高い方で、自力攻略となると結構手ごわい。やり込み要素がメインの作品といえるだろう。


調査担当

『Pia♥キャロットへようこそ!!2』 概要

piacarrot2_00piacarrot2_01
piacarrot2_11piacarrot2_8
piacarrot2_7piacarrot2_6
©1997 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.

Pia♥キャロットへようこそ!!2
 (カクテルソフト)

・1997年10月31日 Windows95用 CD-ROM 『DELUXE PACK
・1997年10月31日 Windows95用 CD-ROM 『STANDARD PACK
・1998年10月08日 セガサターン版 【駿河屋】【Amazon
・2000年12月02日 GAMEBOY COLOR用 『Piaキャロットへようこそ!!2.2』 【駿河屋
・2001年06月21日 ドリームキャスト用 『Piaキャロットへようこそ!!2.5』 【駿河屋
・2001年10月26日 Windows用 CD-ROM 『Me/2000対応版』 初回版 通常版
・2003年02月06日 ドリームキャスト版 【駿河屋】【Amazon
・2009年01月23日 DL版 【DLsite】【DL.Getchu】【Gyutto】【DMM
・2010年03月26日 DL版 『DLセット』に収録 【Gyutto】【DMM】【DLsite】【DL.Getchu


90年代後半の作品で、ファミリーレストランを舞台にした恋愛アドベンチャー。『Pia♥キャロットへようこそ!!』(1996年)の続編。

(あらすじ) 主人公「耕治(名前変更可)」はごく普通の学園生。出会いを求め、軽い気持ちでファミリーレストラン「Pia♥キャロット2号店」の面接を受けた耕治だったが、採用条件は週6日という厳しいものだった。甘い考えを改めた耕治は、夏休みいっぱいをバイトに捧げる決意を固め、社員寮に引っ越し、昼から晩までのハードな業務をこなしていく。と同時に、空いた時間で自分を磨いたり、同僚達と仲を深めていく。果たして耕治は、夏の終わりまでに恋のきっかけを掴むことができるだろうか?

ゲームシステムは前作と同じで、スケジュール管理型のADVと育成要素の組合せである。主人公に「容姿」「優しさ」「根性」「体力」といったパラメータがあるものの、攻略はヒロイン毎の必要最低限なパラメータ値や選択肢の正解、重要イベントを探す方に比重が高く、育成メインのSLGとは言いがたい。

シフトの担当業務の一部が選べるため、スケジュールの空いている箇所を倉庫整理、ウェイター、料理といった担当で埋め、昼から夜まで業務に励み、パラメータを育成していく。それと同時に、午前中や休日を使って体を休めたり、不足するパラメータを伸ばしたり、意中のヒロインを訪ねたり、電話をかけたりでイベントを進展させていく。

狙うヒロインに集中的に話しかけて好感度を上げ、攻略に必要なパラメータを揃えれば、2度の旅行を通して重要イベントが起こり、個別エンドが迎えられるという流れになっていた。

ストーリーは、平凡な主人公がバイトを通して数多くの女の子に出会い、宴会や海水浴、バーベキュー、縁日などを通して仲良くなると共に、それぞれの女の子の抱える問題を知り、相談相手になる中で恋愛に発展していくのが基本の流れである。ヒロインと大きな喧嘩になったり、三角関係の末に親友に殴られたりと、青春真っ盛りな描写が印象的である。

ヒロインは最悪な出会い方をしてしまったツンケンとしたウェイトレス、その妹で人懐っこい年下の女の子、真面目な美人マネージャー、大酒飲みのご近所さん、元気いっぱいの不思議キャラ、性別を偽る男装の同僚など10名となっている。

Hシーンは1人1ヵ所で、中にはバッドエンド覚悟でなければHシーンが見られないヒロインもおり、アダルト要素には比重がない。ただ、当時はまだ珍しいフルボイスであり、Hシーンにも音声が付いている点は大きな長所だっただろう。

シリーズ続編として『3』『G.O.』『G.P.』『4』、女性向けの『プリンスPia♥キャロット』が続いた。家庭用ゲーム機への進出も盛んで、移植される際は内容が追加され、ゲームボーイカラー版は『2.2』、ドリームキャスト版は『2.5』と改題されている。派生作品に18禁のOVA、全年齢のOVAがあり、フィギュア等のグッズ展開も幅広い。

個人的な印象として、原画のみつみ美里氏の画風が際立つ作品で、その大きな虹彩、細く長く優美な体のライン、ファッションのこだわりは、256色塗りの技術向上もあって、非常に華やかで、当時としては垢抜けている。これがヒットの最大の要因だっただろう。

また、作中で使われる衣装をPCゲーム誌上の投票で選んだり、セガサターン版の制作発表を本物のレストランを借り切って行ったりと、奇抜なイベント展開が話題を呼んだ作品でもあった。’98年の東京キャラクターショーにて催された本作品の「コスプレ喫茶」は、00年代のメイド喫茶の登場にも影響を与えたといわれる。アダルト出身の枠に囚われない、オープンなマーケティングを開拓した作品の一つだった。


F&C公式 商品情報ページ
http://fandc.co.jp/catalog/pc/184


調査担当

『しゃぶり姫 ~陰の章~』 概要

syaburihimeis00syaburihimeis01
syaburihimeis05syaburihimeis03
©1997 Mink
しゃぶり姫 ~陰の章~ (ミンク)

・1997年04月05日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版 
・1997年09月05日 Windows95用 CD-ROM版
・2005年02月25日 Windows用 CD-ROM 『陰の章 ~しゃぶり姫~』としてリメイク
・2008年04月11日 DL販売開始  【Gyutto】【DL.Getchu】【DMM】【DLsite
・2014年11月21日 DL販売 『ミンクブランドパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2014年12月12日 DL販売 『Minkオールスターボリュームパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-Dark-』に収録 【DMM
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-FULL POWER-』に収録 【DMM

90年代後半の作品で、美少女一人を相手に嗜虐的な”躾”を施していく調教シミュレーション。前年の『ぺろぺろCandy ~陽の章~』(1996年)と対をなす、陰惨な雰囲気の作品である。

主人公「拓也(名前変更可)」は若い写真家。冬山の撮影に来ていた拓也は、怪我を負って山奥の洋館にたどり着き、そこに住む二人の人物、老紳士「黒岩」と美少女「姫乃(名前変更可)」の厚遇を受けた。拓也を気に入ったという黒岩老人は、彼に奇妙な依頼をする。それは、姫乃に女の色艶や悦びを身につけさせ、女として完成させて欲しいというものだった…。

ゲームシステムは『ぺろぺろCandy ~陽の章~』と似ており、ヒロイン一人に対して「場所は?」「衣装は?」「道具は?」といった7つの項目を選択し、プレイを組み立てていくセックスシミュレーターである。大きな違いは姫乃に「従順度」「奉仕テクニック」「性感度」「色気」といったパラメータがある点で、全体の印象としては簡素な調教SLGになっている。

プレイの組み立て、会話や突発イベントでの選択肢によりパラメータは増減し、その総量によって「完成度」が高まっていく。 完成度の上昇に伴ってメインシナリオが進行していき、諸条件によりグッドエンド、バッドエンドなど様々なマルチエンディングを迎える仕組みとなっていた。

シナリオは単一ヒロインもので、従順で清楚な美少女に対し、「躾」と称して過酷な調教を施していくサディスティックな展開である。主人公は一見、温和な常識人だが、躾が絡むと途端にスイッチが入り、姫乃に理不尽な怒りをぶつけたり、姫乃の痴態を他人に見せびらかしたりと、高圧的で狂人的な面を見せるのが特徴的である。

アダルト要素の比重は高く、パターンも豊富である。はじめは数種類しかプレイが選べないが、回数をこなす内に行き先や衣装が増え、最終的に400以上の組み合わせになる。ノーマルなプレイでも言葉による煽り、罵りが基本で、ムチやロープ、ローソクを使ったSM要素、水責めなどの拷問要素、鶏や犬、ウナギを使った獣姦要素、浮浪者を使った寝取らせ要素など、暴力的で過激な表現を含んでいる。

後に『陰の章 ~しゃぶり姫~』(2005年)としてリメイクされた。関連商品に小説版、実写AV版、DVD-PG版などがある。

個人的な印象としては、主人公達の目的のあやふやさ、性格のブレが気になり、どうにも作品世界に馴染めなかった。やり込み要素はあるものの、単調でSLGとしての深みは感じない。冒険度の高いプレイと合わせ、人を選ぶ作風といえるだろう。


公式HP
http://www.mink.co.jp/product/other/shaburi/index.html
 
調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03