title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『きゃんきゃんバニープルミエール2』 概要

きゃんきゃんバニープルミエール2きゃんきゃんバニープルミエール2
きゃんきゃんバニープルミエール2きゃんきゃんバニープルミエール2
©1996 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.

きゃんきゃんバニープルミエール2 (カクテルソフト)

・1996年12月20日 セガサターン版 (18歳以上推奨)
・1996年12月26日 Windows3.1/ 95用 CD-ROM 初回版 通常版
・2016年02月05日 DL販売 『きゃんきゃんバニープルミエール2 Refresh』 【DMM

90年代中頃の作品で、ナンパな大学生が片っ端から女性を口説いていく恋愛アドベンチャー。『きゃんきゃんバニー』シリーズの7作目。時系列はプルミエールの後、エクストラの前となっている。

5作目の『プルミエール』にて、七福神に女縁を授かった主人公だったが、結局恋は実らず、女の子を手当たり次第にナンパする日々を送っていた。そんなある日、空から大きな卵が降ってきて、主人公の頭を直撃する。新たな神様が宿ったその卵は、事故により主人公と縁が結ばれ、孵化するまで天界に返すことができなくなってしまった。疫病神や貧乏神が生まれるのを防ぐには、10日以内に縁のある女の子達を探し出し、幸せにするしかない。そんな訳で、再び居候となったスワティや老人たちに励まされつつ、目印となる「導きの星」を頼りに、主人公は新たな出会いに挑んでいく。

ゲームシステムは過去作品のいずれとも異なり、カーソルによるコマンド操作、選択肢による好感度稼ぎ、スケジュール管理要素の組合せとなった。

移動先に自由があるタイプで、自宅を起点に、マップ上の公園やバイト先、アーケード街などを繰り返し巡り、女の子を見つけて会話イベントを進展させていく時間経過ありのADVである。コマンドメニューはなくなり、相手の顔をクリックすれば「話す」、胸をクリックすれば「見る」といった具合に、カーソル操作で会話を進めていく。

女の子には好感度、幸福度という二つのパラメータがあり、会話中の選択肢などで上下していく。基本的に親切に接したり、容姿を褒めたり、悩み相談で真面目に答えたりと、紳士な選択が好まれる。逆に時間を守らなかったり、二股をかけたことを認めるような発言をすると、即座に破局を迎えてしまう。

ハッピーエンドを見るためには、一度のプレイで多数のヒロインを口説き落とす必要があり、ヒロインの出没する場所、時間は法則性があるため、自力攻略は細かいメモを取り、自分なりのスケジュール表を作っていくことになる。

ストーリーは、スケベで軽薄な大学生の主人公が、縁に導かれた女の子と出会い、道を教えたり、介抱したり、パフェを奢ったり、趣味の話で心を掴み、デートなどで急接近していく流れである。ただし個別エンドはなく、告白を受けてセックスに至るものの、やがて転居や留学で離れ離れになり、どの娘とも微妙に脈ありで曖昧なエンディングを迎えることになる。

ヒロインは、お隣のツンケンした予備校生、正反対の軽そうな予備校生、バイト先の新米店長、高校時代の気さくな友人、のんびりとした深窓の令嬢、忙しそうな空間プロデュース事務所の経営者の6人となっており、クリア条件を満たすことで、それぞれのその後が描かれる。

Hシーンは1人あたり1、2箇所で、アダルト要素には比重がない。その代わり、彩色は256色の鮮やかなものになり、ヒロイン達の台詞はフルボイスで、キスシーンなど所々がアニメーションで描かれるなど、新ハードに積極的に対応している点が特徴である。

Windows版とほぼ同時だが、家庭用ゲーム機版がやや先行するという、珍しい販売順序だった。2016年に『きゃんきゃんバニープルミエール2 Refresh』として復刻されている。シリーズは『きゃんきゃんバニー1 Primo』(1997年)、『きゃんきゃんバニー6 i・mail』(2000年)が続いた。

個人的な印象としては、時代と照らし合わせてもストーリー的に浅く、古めかしさが拭えないものの、ビジュアルのレベルが高く、操作やゲーム性がスッキリしたおかげで洗練され、程よい攻略要素を楽しめる作品である。時代に食い下がったナンパゲーム最後の優等生といったところか。

Windows95は社会現象にまで発展した大ヒットOSで、その影響はアダルトゲームにも及んでいる。画面はやや縦長になり、最大256色は凝ったドット打ちを必要とせず、CD-ROMドライブが標準となったため、主題歌入りのOPが作品の顔となり、プロ声優による台詞吹き込みが当たり前になっていく。本作品は一番乗りではないものの、その積極性でWindows時代の到来を告げた象徴的な作品ともいえるだろう。


きゃんきゃんバニープルミエール2 Refresh 公式サイト
http://fandc.co.jp/cb_pr2r/index00.php


調査担当

『きゃんきゃんバニー リミテッド5 1/2』 概要

きゃんきゃんバニー リミテッドきゃんきゃんバニー リミテッド1
きゃんきゃんバニー リミテッドきゃんきゃんバニー リミテッド
©1994 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.

きゃんきゃんバニー リミテッド5 1/2
 (カクテルソフト)

・1994年11月11日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1997年01月30日 Windows3.1/ 95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、平凡な若者と幼い神様見習いのコンビがナンパに挑むミニADV。『きゃんきゃんバニー』シリーズの6作目。

タイトルはシリーズ5作目『エクストラ』(1993年)の番外編であることを表している。カクテルソフトの過去作品のBGMをアレンジした音楽CDとセットになっており、定価は6264円(税込)のミドルプライスだった。

主人公(名前は任意)は一人暮らしの青年。ある日、彼の自宅に騒々しい女の子が降ってきた。神様見習いだというその少女は、退屈な修行から逃げ出し、人間の信者を作って一足飛びに神様になるためにやってきたのだという。しかし彼女の姿が見える人間は、波長の合う主人公だけ。主人公は彼女を「サワディ」と名付け、信者となる代わりに願いを1つ叶えてもらう契約を結び、5日間を期限に恋人探しを手伝ってもらうが…?

ゲームシステムは、移動先に自由があるタイプのコマンド型ADVである。過去作品のようなミニゲーム要素、好感度の上下はなく、ゲーム性は簡素になった。選択肢のような長文のコマンドも頻繁に登場し、3択の中から選んでいくことになるが、どれを選んでも分岐することはなく、ゲームオーバーもなく、総当りに近い形で選ぶことで進展していく。

シナリオは、スケベな主人公が街に繰り出し、手当たり次第に女の子に声をかけ、キザな台詞で口説いていく展開で、子供っぽく自由な相棒が協力したり、邪魔したり、チャチャを入れながら賑やかに進行するギャグ作品である。攻略対象の女の子は、自分に自信のない愛犬家、水商売の訳ありの美女、男装の格闘女子、男好きのマセガキ、の4人となっている。

シリーズは『きゃんきゃんバニープルミエール2』(1996年)、『きゃんきゃんバニー1 Primo』(1997年)、『きゃんきゃんバニー6 i・mail』(2000年)が続いている。

個人的な印象としては、軽快な会話劇が小気味良く、シュールなネタを挟むギャグもなかなか冴えている。攻略対象の女の子は、個性的を通り越したイロモノばかりで、実用性は疑問だが味のある作風である。難点は必要なコマンドの手数がやたら多い点で、シリーズの伝統ではあるが、攻略要素を省いてしまったため、作業の山だけが残ってしまった印象である。

調査担当

『きゃんきゃんバニーエクストラ』 概要

canbunyex00.png canbunyex01.png
canbunyex03.png canbunyex04.png
©1993 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.
きゃんきゃんバニーエクストラ (カクテルソフト)

・1993年06月25日 PC9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1996年09月27日 PC-FX用 『キャンキャンバニーエクストラDX』(18禁)
・1997年10月02日 セガサターン版(18歳以上推奨)
・1997年11月28日 PC-FX用 『Piaキャロット &きゃんきゃんバニーエクストラ』 初回版
・1998年01月21日 PC-FX用 『Piaキャロット &きゃんきゃんバニーエクストラ』 通常版

90年代序盤の作品で、モテない男子大生が天女の力を借り、女の子を次々に口説き落としていくナンパ系のアダルトアドベンチャー。『きゃんきゃんバニー』シリーズの5作目。

前作『プルミエール』で七福神から女縁を授かり、女の子達との恋の思い出を作った主人公(名前は任意)だったが、結局すべて実らず、不憫に思った七福神によって記憶を消去され、相変わらず寂しい大学生活に悶々としていた。再会した七福神からそれを知らされ、主人公が嘆くと、お詫びとして再び女縁を取り持ってくれるという。今度の術は、星のかけらが7人の女の子を導き、主人公と惹かれ合うというもの。喜んだ主人公は、早速街に繰り出して、それらしい女の子に声をかけていく。

ゲームシステムは、コマンド選択と選択肢、セックスシーンでのアイコンによる女体の探索など、多種類のコマンドを組み合わせたADVである。移動先に自由があるタイプで、街中にある予備校、商店街、デパート、住宅地、図書館、病院などを巡り、見かけた女の子をお茶に誘いだせれば、一本道の個別ルートが始まる。

会話の中で相手の心を掴む選択肢を見抜き、クイズやコマンドバトルなどのミニゲーム要素を突破できれば、主人公が押し倒す形でHシーンとなる。しかし、そこからもゲーム要素があるのが特徴で、嫌がる部位をしつこく攻めてゲームオーバーになったり、ガードが固くて足止めを食ったりするので、相手の心を解きほぐすパーツを慎重に探っていく必要があった。もっとも、ゲームオーバーになっても即座に時間が巻き戻るので、全体的に難易度は低い。

シナリオは、軽薄でスケベな主人公が、TVの新人レポーター、家庭環境に悩む女子学生、漫画家志望の女の子、看護婦、キャリアウーマン等に出会い、それぞれの夢を応援したり、悩みを解決したり、ピンチを救うことで好意をもたれ、隙を見てセックスに持ち込む流れである。攻略順は多少前後できるが、展開はおおむね一本道となっている。セックス済みの女の子は恋人になる訳ではなく、友人化して出番がなくなるものの、物語のラストで選択する事で、個別のエンディングを迎えられるようになっていた。前作からのナビゲート役「スワティ」もヒロインの中に含まれ、大人気キャラとなった。

シリーズは『リミテッド 5 1/2 』 『プルミエール2』等が続いた。また、家庭用ゲーム機にも成人向けのまま進出し、OVA版やドラマCD、フィギュアも作られ、イベントにも積極的に参加するなど、『同級生』と共にアダルトゲームのマルチメディア展開の先駆け的な存在だった。

ビジュアルのレベルは高く、ボリューム感もある当時の一流作品である。個人的な印象となるが、シリーズの過去作と比べても凝ったストーリーになっていて、ナンパ物というジャンルではかなり話に奥行きがある作品だろう。難点は必要なコマンド数が多いため、やや操作が煩わしい辺りか。主人公のおどけた口調も好みが分かれそうだ。

調査担当

『きゃんきゃんバニープルミエール』 概要

cancanbp057.png cancanbp174.png
cancanbp270.png cancanbp298.png
©1992 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.
きゃんきゃんバニープルミエール (カクテルソフト)

・1992年07月30日 PC9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 MSX2/2+/TurboR用 FD版
・****年**月**日 Windows3.1/95用 CD-ROM版
・1996年04月05日 セガサターン用 CD-ROM 通常版(18禁)
・1996年12月05日 セガサターン用 CD-ROM 廉価版(18禁)

90年代序盤の作品で、神様の力を借りた主人公が女の子を次々に口説き落としていくナンパ系アドベンチャー。『きゃんきゃんバニー』(1989年)シリーズの4作目で、後にシリーズのシンボルとなるナビゲート役「スワティ」が初登場している。

主人公(名前は任意)は軽薄で冴えない男子大生。ひょんなことから天女スワティや七福神と名乗る老人達と、狭いアパートで同居をすることになり、その見返りとして女の子との縁を引き寄せる唱術をかけてもらう。すると早速、バイト先のファミレスにて、可愛いウェイトレスと美人OLに相次いで出会った。Hなことで頭が一杯の主人公は、神様達のサポートを受けながら、それぞれとデートの約束を取り付け、その先を目指していく。

ゲームシステムは、冒頭で女の子を選ぶそれまでのシリーズと異なり、ほぼ一本道のシナリオである。ファミレスでの出会いを描いた一章、ガソリンスタンドでの出会いを描いた二章、教育実習先でのエピソードを描いた三章で構成されており、それぞれ2~3人の女の子が登場する。

選択肢で好感度を上げてデートの約束を取り付け、クイズやコマンド探索などのミニゲーム要素で難関を突破できれば、ご褒美のHシーンが待っているのが基本の流れである。デートの日取りが悪かったり、選択肢を間違ったりでゲームオーバーは多いが、七福神の力で即座にやり直せるので難易度は低い。

シナリオはナンパ物だが、多少の恋愛要素もあるのが特徴的で、特に女の子の悩みを主人公の言葉が解決したり、男気をみせるシーンがあったりと、ヒロインが主人公に心を許すまでの過程が当時としては丁寧に描かれている。同年12月の『同級生』との大きな差は個別エンドの有無で、各ヒロイン達は主人公とHした後、忙しくなったり引っ越したりで、関係が自然消滅するのがお約束のパターンとなっていた。

セックスシーンはコマンド式で、沙織事件の影響からか局部の描写は省かれている。

家庭用ゲーム機に移植された際は、直接的な表現がカットされたものの、18禁のままリリースされている。続編として『きゃんきゃんバニーエクストラ』 『きゃんきゃんバニーリミテッド 5 1/2 』 『きゃんきゃんバニープルミエール2』などが続いている。

個人的な印象として、それまでのシリーズの要だったゲーム要素を薄め、ビジュアルのクオリティとヒロインのキャラクター性にこだわった作風である。シナリオ面ではナンパ物のADVにも恋愛要素が濃くなってくる過渡期にあたり、位置づけるならプレ恋愛ADVといった所か。この作品のヒットも恋愛ADVの誕生に大きな影響を与えたことだろう。

調査担当

『きゃんきゃんバニースピリッツ』 概要

141118_152401.png 141119_235752.png
141119_135013.png 141120_151934.png
©1991 COCKTAIL SOFT
きゃんきゃんバニースピリッツ (カクテル・ソフト)

・1991年08月10日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/2+/turboR用 FD版

90年代序盤の作品で、魔法の履歴書と巧みな会話を武器に女の子を口説いていくナンパアドベンチャー。『きゃんきゃんバニー』(1989)、『きゃんきゃんバニースペリオール』(1990)に続くシリーズの3作目である。

彼女が欲しい、でも自分に自信がなく、女の子に声をかける勇気がない…そんな悩みを夜空の月に相談していた主人公(名前は任意)の元に、月の世界のエージェントを名乗るウサギ耳の少女「亜理子」が現れた。彼女が用意したのは合コンパーティと豪華客船の招待状、そしてなりたい男性像に変身できる「魔法の履歴書」だった。夢のような展開に喜んだ主人公は、念願を叶えるために男1人、女の子多数のイベントに参加して、狙った女の子に声をかけていく。

シリーズ伝統の冒頭でヒロインを選ぶ形式のADVで、特に本作では個別のショートストーリー集の傾向が強い。女の子達は「ねるとん」風の合コンパーティ編で5人、豪華客船による海外旅行編での5人に分けられている。女の子毎に好みの男性タイプが異なるので、身長や年齢、血液型、ファッション、職業、愛車、彼女いない暦などの主人公のプロフィールを何度も編集し、会話の中でLOVEゲージを上げる返答を探っていく。

システムはコマンドと選択肢の混合型で、メニューの一覧がアイコンになっている。基本的に「話す」「聞く」で話しかけ、受け答えを3択のテキストの中から選んでいく選択肢型である。一方「見る」「さわる」「キス」「脱がす」などはマウスカーソルによる画面内の探索で、セックスシーンなどで活躍する。選択肢の難易度が高く、セーブ・ロードを繰り返しながら慎重に進める必要があった。

パーティ編は当時大人気だったお見合いTV番組『ねるとん紅鯨団』のパロディで、司会の亜理子に第一印象で気になる女の子を答え、フリータイムで心を掴み、告白タイムでOKがもらえれば、「ツーショット」となって夜のデートに繰り出す流れである。海外旅行編は豪華客船上での会話で女の子と意気投合できれば、バリ島やオーストラリアなど、それぞれの女の子の目的地でバカンスを楽しめる流れとなっていた。

セックスシーンは女の子の方から誘われたり、騙して脱がせたり、酔わせた隙につけこんだりとパターンは様々である。アダルトシーンに入ってからもゲーム性があるのが特徴で、無理に触ったり脱がせようとしてゲームオーバーになったり、女の子が最後の1枚を守ろうとして進行がストップすることがあるので、相手の心と体を開かせる方法を慎重に探っていく必要があった。ピストン運動を画面全体の上下で表現する手法も珍しい。局部はフィルター状の修正があるが、ほぼ透けて見えてしまう不十分なものだった。

シリーズは 『プルミエール』 『エクストラ』『リミテッド 5 1/2 』 『プルミエール2』などが続いている。

個人的な印象として、創意に富み、それぞれのエピソードとセックスまでが丁寧に描かれたボリューム感の高い作品である。一本道が多かった当時のADVの中では比較的、ヒロイン個別ルートを備えた後の恋愛ADVに近いが、大きな違いは主人公のメイキングと肉食性で、例えば金持ちの青年実業家、スポーツ万能のインストラクター、可愛い年下、ノリのいいお調子者といった女の子の理想の男性像を探り当てて演じ、さらに何とか言いくるめてHに持ち込まなければならない。セックスの為なら手段を選ばない「ナンパシミュレーション」の代表格といえるだろう。

調査担当

『きゃんきゃんバニースペリオール』 概要

きゃんきゃんバニースペリオール サンプル きゃんきゃんバニースペリオール サンプル
きゃんきゃんバニースペリオール サンプル きゃんきゃんバニースペリオール サンプル
©1990 F&C Co.,Ltd.
きゃんきゃんバニースペリオール (カクテル・ソフト)

・1990年04月16日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD 廉価版
・****年**月**日 PC-9801 NOTE専用 3.5インチFD 廉価版
・****年**月**日 X68000用 FD 廉価版

90年代初頭の作品で、スケベな青年が不思議な手帳の力を借り、女の子を口説き落としていくナンパアドベンチャー。『きゃんきゃんバニー』(1989)の続編。

前作で「亜理子」からもらった手帳の力により、意中の女の子と仲良くなった筈の主人公「たけし」だったが、今は恋人もなく、望遠鏡で女性宅の覗きをしていた。そこに亜理子が現れ、たけしの現状を嘆き、再び魔法の手帳を手渡した。今度の手帳はナンパのアドバイスをくれる人格「ボブ」と会話できる奇妙なアイテム。主人公はボブと相談しながら、様々なシチュエーションで女の子の攻略法を探っていく。

システムはナンパシミュレーション風だった前作と大きく異なり、特殊な形態のアドベンチャーである。

合計12人の女の子がテーマ別に3つのグループに分けられていて、「制服むんむんセット」はオムニバスのショートシナリオ4本、「女子大生おかわりセット」は、2人組の女の子をまとめて口説くシナリオ2本分が、1本のシナリオの中で分岐構造となっている。「セーラー服ゆうやけセット」では、遊園地で出会った女の子グループ4人の中から1人を選び、順番に口説いていく。

冒頭で主人公の血液型、性格、職業を入力する必要があり、その設定によって会話の内容や女の子との相性が変化し、組み合わせによっては攻略できないケースもあった。手帳からのヒントや相手の反応を頼りに、会話や行動コマンドの中でトラブルを乗り越え、好感度を上げる方法を見つけ出し、女の子とのHに持ち込めばクリアである。

シナリオはスケベで軽薄な主人公が、相手の性格に合わせて笑いをとったり、趣味で気を引いたり、顔のパーツを褒めたり、悩み事に真面目なアドバイスをして心を掴み、軽いスキンシップから発展してその気にさせていく流れが基本である。攻略対象は受付嬢、看護婦、ファーストフード店員、スチュワーデス、女子大生等である。

続編として『きゃんきゃんバニースピリッツ』 『きゃんきゃんバニープルミエール』 『きゃんきゃんバニーエクストラ』 『きゃんきゃんバニーリミテッド 5 1/2 』 『きゃんきゃんバニープルミエール2』などが続き、家庭用ゲーム機にも活発に進出している。

シリーズ中で最も難易度が高い作品として知られる。その理由は、好感度が非表示になったことでコマンドの有効判定が難しい点、地雷となるコマンドや回数制限のため総当たりが通じにくい点、設定入力の時点で詰んでいても分からない点などがあり、自力攻略となると試行パターンが多すぎて莫大な時間を浪費しただろう。しかし豊富なボリュームとビジュアル、軽快なギャグで人気は高かったようだ。
調査担当

『きゃんきゃんバニー』 概要

きゃんきゃんバニー きゃんきゃんバニー
きゃんきゃんバニー きゃんきゃんバニー
©1989 F&C Co.,Ltd.
きゃんきゃんバニー (カクテル・ソフト)

・1989年08月10日 PC9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1989年08月10日 PC8801用 FD版
・1989年08月10日 X68000用 FD版
・1997年12月12日 Windows95用 CD-ROM 『きゃんきゃんバニー1・Primo』 初回版/通常版

80年代末頃の作品で、モテない主人公が不思議な女の子から力を借り、女の子達を口説き落としていくナンパアドベンチャー。JASTとキララ(後のF&C)の共同出資による新ブランド、『カルテル・ソフト』のデビュー作となった。

夜景を見ながら彼女ができない事に悲嘆していた主人公は、『亜理子』と名乗るウサギ耳の少女に出会い、一冊の不思議な手帳を渡される。その手帳に意中の相手の名前を書けば、その相手とはもう友達だという。喜んだ主人公は、早速名前を書いた5人の女の子との恋人関係を目指し、それぞれの家を訪問して相手の心を掴むポイントを探っていく。

システムはコマンド選択型で、マップや探索はなく、自宅とヒロイン達の家、アイテムショップの三箇所を行き来して、主に会話の話題を選択するだけの簡素なシステムである。ショップで購入したプレゼントを渡したり、趣味や好きな音楽など様々な話題を広く浅くこなしている内に、女の子の好感度にあたる「LOVE」が上昇するので、頃合いをみて服を一枚一枚脱がし、体力が尽きる前にセックスに至ればクリアとなった。

攻略には必要ないが、セックスシーンでは「キスする」「さわる」等のコマンドの他、筆やコケシ等のアイコンを使った愛撫が脱衣CG一枚一枚に用意されており、臨場感を盛り上げる演出となっている。

これといったストーリー性はなく、ゲームオーバーもなく、訪問する女の子の順序は自由で、口説き終えた後も続けて他の女の子を攻略したり、同じ女の子を何度も攻略できたりと、束縛の緩いゲーム性が特徴的である。ヒロインは明るい制服姿の女の子、バイクの好きな学生、情熱的な女子大生、家庭的な家事手伝い、優しいOLの5名となっていた。

デビュー作にしてヒットを記録した本作は、『きゃんきゃんバニー スペリオール』 『スピリッツ』『プルミエール』『エクストラ』 ・・・と続編が大ヒットを続け、家庭用ゲーム機にも移植される等、90年代には非常に知名度が高いシリーズとなった。

個人的には、シナリオもゲーム性も適当な作品だが、ビジュアルのレベルとHシーンのボリューム感が高いのが印象的である。攻略は多少手間がかかるものの、難解さはないので簡単にHシーンに辿り着けてしまうという手軽さも特徴的といっていい。当時は苦労に苦労を重ねた謎解きの結果、ご褒美がテキストなしのCG1枚という作品も多い時代だった。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03