title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『かえるにょ・ぱにょ〜ん』 概要

kaerunyo00kaerunyo02
kaerunyo01kaerunyo03kaerunyo05kaerunyo04
©1997 ALICESOFT

かえるにょ・ぱにょ〜ん
 (アリスソフト)

・1997年08月29日 Windows95用 CD-ROM版 【駿河屋
・2000年09月14日 Windows95/98/NT/2000用 CD-ROM 廉価版 【駿河屋


90年代後半の作品で、ファンタジー世界を舞台にしたシミュレーションRPG。『にょ』シリーズの第一弾。タイトルは「帰るの、パニョン」の作中キャラクターによる訛りから来ている。

(あらすじ) 中世ファンタジー風の世界。とある小さな国の王子「ポロン」は心優しく控えめな少年である。次期王の座を兄と争うことになり、試練として西に旅立ったポロンは、兄の策略にはまり、異世界の不思議な生き物「パニョン」にされてしまう。自らは戦う力がなく、誰かに守ってもらうしかない境遇になったポロン。そんな彼のために立ち上がったのは、道すがら出会った7人の少女達だった。果たしてポロンは、無事に王国へ帰ることができるだろうか?

世界観は『Rance』シリーズに近く、モンスターなどが共通している。

ゲームシステムはシミュレーションRPGの一種で、一ターン毎に一マスずつ強制的に横スクロールしていく独特の形式である。スクロールに巻き込まれると敵も味方もリタイア扱いのため、敵を殲滅しながら常に全員を前進させなければならない。

レベルアップやクラスチェンジ、装備品など、普通のシミュレーションRPGらしい面を備えている一方、主人公のポロンは足が遅く、戦闘力もなく、死亡するとゲームオーバーになってしまうため、これを7人のヒロインで守ったり、進行の邪魔になる障害物を破壊しなければならない点が、大きな特徴となっている。

また、ステージがツリー状に分岐しており、その経路によってストーリーが変化する点も変わっている。ハッピーエンドになる経路は一つだけだが、ご褒美CG回収のため、様々な経路を試す必要がある点がやり込み要素となっていた。

アダルト要素は控えめで、ヒロインたちにセックスシーンはなく、ステージ毎にクリア報酬として、脱衣や軽い露出を含んだCGが1枚表示されるのみである。ただし、レベル神に女の子モンスターを捧げることにより、陵辱的でハードなHCGが鑑賞できるオマケ要素も備えていた。

後継作品として『ままにょにょ』(2003年)が続いている。さらに、その発展版となる『わいどにょ』が『アリス2010』(2009年)に収録されている。

個人的には、『DALK』(1992年)とコンセプトが似ていて、DALKをよりシンプルでスピーディに洗練した印象である。エロさは無く、ストーリーも簡素でミニゲーム的な雰囲気だが、ゲーム性は高い方で、自力攻略となると結構手ごわい。やり込み要素がメインの作品といえるだろう。


調査担当

『DALK』 概要

dalk001.png dalk018.png
dalk017.png dalk013.png
©1992 AliceSoft
DALK (アリスソフト)

・1992年12月21日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1997年12月18日 Windows95用 CD-ROM 『ALICEの館4・5・6』に収録

90年代序盤の作品で、ダンジョンを舞台に女の子達が主人公を護衛していく、一風変わったシミュレーションRPG。

中世ファンタジー風の世界。旅の修行僧「セイル」は、壺に封じられた恋愛神「マーティス」に出会い、ある冒険を依頼される。敵対する女神「ミラ」を封印しなければ、世界の均衡が崩れてしまうというのだ。やむなく引き受けたセイルだったが、マーティスから受け取ったゴッドバイヴの影響により、集まったパーティメンバーは女の子ばかり14人。それも大半が戦闘経験のない普通の娘。さらに、セイルは自力でレベルアップできず、女の子をHでイかせることで経験値を分けてもらう必要があり…?

システムは特殊なシミュレーションRPGである。レベルアップ、クラスチェンジ、装備品がある点は普通だが、メンバーにクラス(職業)の縛りがなく、育成の自由度が高いのが特徴的となっている。クラスはファイター、アーチャー、ナイト、マジックユーザー、吟遊詩人などがあり、回復役の主人公を守りながら、マップ内の敵の全滅を目指していく。

ダンジョンの階層(マップ)の選択にもある程度自由があり、順番や探索回数は好きに選べる。マップの全体を確認できないのが大きな特徴で、偵察を出したり、時には分岐で戦力を分けながら慎重に進む必要があるなど、ダンジョンの探索が戦略の大きな比重を占めている。メインストーリーは地下数十階で完結するが、オマケとして高難度の地下迷宮が1000面までプレイすることが出来るとされ、やり込み要素となっていた。

ヒロインはパーティメンバーの14人で、一度の戦闘に8人を選んで連れて行くことになる。Hシーンは真面目で奥手な主人公が、ヒロインの稼いだ経験値を譲ってもらう際に起こり、一人あたりCGの違う2パターンが用意されていた。他にゲーム目標である多体神ミラの内の一人を捕らえた際などに発生する。女性の局部はモザイク状の修正だが、裏技ではずせる仕様になっていて、元画像は陰毛まで描かれた露骨な無修正である。

おまけゲームなども付いたヒントディスクが同時に通信販売され、続編として『DALK外伝』(2002)が続いている。また、その形態は『かえるにょ・ぱにょ〜ん』(1997)など一連の『にょ』シリーズに発展した。

個人的な印象として、敵が弱い味方を優先して狙ってこない点や、死んだメンバーも蘇生できる点、撤退しても経験が損なわれないなど、高難易度の多かった同世代のシミュレーションRPGと比べてかなり易しい。難点としては、マップの広大さやレベルアップのテンポの遅さが仇となり、ストーリー性にも乏しく、面が進むほど作業的で冗長に感じるのが残念である。アリスソフトらしい風変わりで実験的な作品といえよう。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03