title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ピュアソングガーデン!』 概要

psg00psg01
psg02
psg03
psg04
©2017年 PULLTOP

ピュアソングガーデン! (PULLTOP)

・2017年06月30日 Windows用 DVD-ROM 初回限定版 【DMM】【Amazon】【Getchu

10年代後半の作品で、VRなど近未来的なテクノロジーをテーマにしたアダルトアドベンチャー。PULLTOPの15作目(ファンディスク除く)。

舞台は2027年のVR技術が発達した世界。最先端の都市「ダイバ」では、人々がコンタクトレンズ型のディスプレイとヘッドホン型の端末を身に付け、現実とVRを組み合わせた便利な世界で暮らしていた。音楽好きの学生「奏多(かなた)」は、VRフェス「ピュアソングガーデン」のスタッフをすることになり、大人気VRアイドル「アイ」のテストに立ち会う。ところが、起動したアイのドール素体の中に宿ったのは、未来からの時間旅行者「いろは」だった。フェスの危機を救うため、アイとしてステージに立つ決心をする“いろは”。奏多は音楽好きのサークル「M3部」の面々と共に、楽曲制作や振り付けを通して“いろは”をサポートしていく。

ゲームシステムは選択肢分岐型で、極端に選択肢が少ない鑑賞メインの作品である。共通パートで現れる一箇所の選択により、後半は4人のヒロインの個別パートに分かれる。

シナリオの前半部分は、主人公とヒロイン達が音楽フェスの準備や、ダイバの観光を通して友情を深めていく青春ストーリーとなっている。一方、後半は「VRハザード」と呼ばれる混乱に苦しむダイバを救うため、ヒロイン達がそれぞれのやり方で活躍すると共に、主人公と結ばれて甘々でエロエロな恋人生活を送ることになる。

ヒロインは好奇心旺盛な未来からの旅行者、幼馴染でムードメーカーの作詞担当、音の収集が趣味の後輩、隣のお姉さんでVR技術のエンジニアの4人で、隠しルートが1つ存在する。

VR技術が高度に発達し、フリーハンドでのARのような世界になっているのが特徴的で、ネットは空中で行うことができ、VRでの公共サービス、VRアイドル、VR楽器が当たり前になっているのが世界観の特徴である。他にも近未来的な描写が多く、自動運転バス、ビッグデータによる未来予測アプリ、データの蓄積による作曲ツール、態度のでかいナビゲーションAIなどが登場する。

Hシーンは一人当たり4~6つと数は多め、描写は卑語連発の大げさで濃厚なものとなっている。一部にVRやバーチャル空間を使った特殊なプレイを含んでいた。

個人的な印象としては、未来技術とアイドルをテーマにした、ごく普通の激甘なADVである。果敢に最先端を取り入れた世界観、e-moteで立体感を感じさせる立ち絵が目新しいが、肝心の歌のステージでインパクトのある演出がなかったのが残念。キャラは平凡ながら、Hシーンが濃い目なので、嗜好が合えば実用性は高いであろう。


公式HP
http://www.pulltop.com/PSG/top.html





調査担当

『麗奈』 概要

麗奈 サンプル 麗奈 サンプル
麗奈 サンプル 麗奈 サンプル
©1987 F&C
麗奈 (フェアリーテール)

・1987年05月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、グラビア風の実写写真を扱ったCG集。発売は『ふぇありぃてぃる』と同時期で、老舗ブランド『フェアリーテール』のデビュー作の一つである。

登場するのはタレント風の女の子「北園麗奈」一人である。ゲーム性はなく、「プロフィール」「私の日記」「メッセージ」の三項目の中から一つを選び、グラビア風の他愛ないテキストを読み進めながらCGを観賞していく。CGはタイトル写真も入れて合計8枚しかなく、三項目のどれも選んでもCGは使いまわしだった。

表面上アダルト要素はなく、露出も控えめで、雰囲気は当時の清純派アイドルの写真集に近い。ところが裏のオマケ要素があり、DISK1とDISK2のドライブを逆にして起動すると、アニメ調の女の子が自慰にふける様を描いた簡素なCGが7枚表示されるという、怪しげな仕様になっていた。

内容は乏しいが、技術面ではかなり積極性がある作品で、最大8色しか出力できなかった時代に珍しい実写物である。アーケードでは既に実写VTR付きの脱衣麻雀が稼動しており、PCゲームでも実写取り込みの例がなかった訳ではないが、ここまで彩色豊かで顔が判別できる程の表現は珍しい。スキャナーの技術が急速に発展していったことを感じさせる作品である。

調査担当

『フェアリーズレジデンス スペシャル 芸能界編』 概要

フェアリーズレジデンス スペシャル 芸能界編 サンプル フェアリーズレジデンス スペシャル 芸能界編 サンプル
フェアリーズレジデンス スペシャル 芸能界編 サンプル フェアリーズレジデンス スペシャル 芸能界編 サンプル
©1986 CHAMPION SOFT
フェアリーズレジデンス スペシャル 芸能界編 (チャンピオンソフト)

・1986年**月**日 FM-7/77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1986年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、スゴロク風の小規模作品。『フェアリーズレジデンス スペシャル』シリーズの第4弾にあたる。サブタイトルは『スーパーマリコシスターズ』となっている。

冒頭で3人のアイドルの内一人を選び、6面ダイスを使ってスゴロク風のフィールドを進んでいく流れで、持ち点が設定されており、止まったマスによってポイントが上下する運任せの展開である。ゴール時に規定より多くのポイントを獲得していれば、一人当たり2枚のHなCGが表示される仕組みになっていた。

CGは男性と絡み合い、局部は無修正の大胆な作風となっていた。(当時はPCゲームに対して明確な規制や取り締まり事例がなかった)

アイドルが簡単に体を許してしまう設定は、当時同社が手がけていた『ZETA』シリーズと対極にあり、原画家も一部共通のため、なんともあこぎな商売という気がする。

調査担当

『美しき獲物たち PART V』 概要

美しき獲物たち PART5 サンプル 美しき獲物たち PART5 サンプル
美しき獲物たち PART5 サンプル 美しき獲物たち PART5 サンプル
©1989 GREAT
美しき獲物たち PART V (GREAT)

・1989年03月**日 PC-8801用 FD版
・1989年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版
・1989年**月**日 FM-77用 3.5インチFD版
・1989年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、軽い脱衣から交接まで様々なアダルト画像を集めたCG集シリーズの第五弾。

シリーズの流れを受け継ぎ、シナリオ性やゲーム要素はなく、BGMを聴きながら26枚のCGを観賞していく流れである。

ビジュアルは学生服の女の子が中心で、自宅や学校など日常をイメージさせる背景を舞台に、半裸から自慰、女同士の愛撫、男と絡み合う姿まで、やや濃厚なアダルト描写に回帰している。まばたきや舌先の動きなど細かいアニメーションが施されているのも特徴である。

女性器は縦筋一本で表現され、男性器は肌色で外形そのままという自主規制を緩めた形となった。(当時はPCゲームが摘発された例がなく、各社が独自の裁量で規制していた。)

最も凝っているのがBGMで、当時の人気アイドル歌手、工藤静香の『MUGO・んッ色っぽい』、浅香唯の『セシル』、南野陽子『秋からもそばにいて』をMIDI風にした3曲を収録しており、冒頭でOn/Offを切り替える仕様となっていた。(JASRACの許諾表記有り)

個人的な印象として、シリーズを通して定価4000円程度の低価格ソフトだった面も考慮する必要があるが、80年代末頃のアダルトゲームの中心は「アダルトなのに遊べる」を目指したゲーム性の高い作品が話題を集めつつあり、本シリーズのようなCG集はますます存在感が薄くなっていったようである。PCの解像度が上がり、CD-ROMドライブが一般化してからは、実写物で似たような形式の美少女写真集が流行している。

調査担当

『美しき獲物たち PART III』 概要

美しき獲物たち PART3 サンプル 美しき獲物たち PART3 サンプル
美しき獲物たち PART3 サンプル 美しき獲物たち PART3 サンプル
©1988 GREAT
美しき獲物たち PART III (GREAT)

・1988年**月**日 PC-8801用 FD版
・1988年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 中古PC-9801 5インチソフト美しき獲物たち3
・1988年**月**日 FM-77用 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、美少女達の艶姿を集めたCG集シリーズの第三弾。

ストーリー性やゲーム要素はなく、BGMを聴きながらCGを観賞していくシンプルな作りである。CGは計28枚で、本作では男性との絡みは無くなり、ほとんどが実写グラビア風の脱衣風景というソフト路線になっている。局部はポーズや衣装で隠されている事が多く、無修正描写はほぼ見られなくなった。

変わっているのが当時の人気アイドル歌手、中森明菜の『難破船』、荻野目洋子の『Stranger-tonight』のMIDI音源風のアレンジをBGMに使用していることで、開始時に2曲の内のどちらか、もしくは両方を交互に流す設定を選ぶ仕様となっていた。(JASRACの許諾表記あり)

パッケージの表にも記載された上記BGMの仕様が目を引くが、個人的な印象としては内容とマッチしているとも言いがたく、ビジュアルのクオリティも従来通りで、FD2枚組となった割にあまりインパクトの無い仕上がりである。

シリーズは『IV』、『V』、『VI』が続いている。

調査担当

『ZETA 第5号』 概要

ZETA 第5号 サンプル ZETA 第5号 サンプル
ZETA 第5号 サンプル ZETA 第5号 サンプル
©1987 CHAMPIONSOFT
ZETA 第5号 (チャンピオンソフト)
【注意】非アダルト作品です。

・1987年08月**日 FM-77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1987年08月**日 PC-8801用 FD版

ZETA GALと呼ばれるオリジナル2次元アイドル達を扱った電子メディア付き雑誌『GRAPHICアイドル情報誌 ZETA』シリーズの最終号。

紙媒体の誌面はZETA GALへのインタビューなどアイドル情報誌的な要素を残しつつ、読みきり漫画や小説、PC関連のコラム、編集部内の内輪話、読者投稿などで盛り上がりを見せており、ZETA GALメンバー6人の内2人が新キャラと入れ替わるというテコ入れもあり、最終号となる雰囲気は感じられない。

デジタルコンテンツは一般常識やZETA GALと編集部シスターズに関するマニアックな問題を集めたクイズゲーム、海辺でZETA GALをナンパするADVなどを収録したミニゲーム集+CG集となっている。

ミニゲームは全般的に単調で運の要素が強く、完成度が高いとは言い辛い。一方、低年齢層をターゲットにした雑誌としては定価(¥3800~¥4800)が高めで、そのあたりが打ち切りとなった原因かもしれない。続編としてZETA GALのメンバーの一人『渡瀬 麻衣子』を集中して扱った『Hello! 麻衣子』が発売されている他、似た形式でアダルト要素も含んだ『OMEGA』『LEMONADE』シリーズが前年に創刊している。

情報誌としては大成しなかったが、シリーズ物のミニコンテンツ集というアイデアは、後に設立するアリスソフトブランドの『D.P.S』『アリスの館』シリーズに発展していったと考えられる。

調査担当

『ZETA 第4号』 概要

ZETA 第4号 サンプル ZETA 第4号 サンプル
ZETA 第4号 サンプル ZETA 第4号 サンプル
©1987 CHAMPIONSOFT
ZETA 第4号 (チャンピオンソフト)
【注意】非アダルトゲームです。

・1987年02月**日 FM-77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1987年02月**日 PC-8801用 FD版

ZETA GALというオリジナル2次元アイドル達を扱ったデジタルマガジン『GRAPHICアイドル情報誌 ZETA』シリーズの第4弾。

ディスクの方には情報誌的な要素として、お馴染みとなった面々の制服姿と4月からの進路を伝える「ZETA・GAL制服姿」、タイムマシンで幼少期から現在までを振り返る「みな穂の現在・過去・未来」というCG集を収録している。

また、ゲーム要素として前作と同じ間違い探しとジグソーパズルに加え、ブラックジャックをひねったようなカードゲーム、光った色の順番を当てる暗記ゲーム、パンティやブラの隠れたカードをめくっていく「パンティめくりゲーム」など、実験的な小作品を集めたミニゲーム集となっている。

ミニゲームは独自のルールになっている物があるが、運任せの要素が強いことが多く、あまり完成度が高いとは言えない。ご褒美CGはZETA GALのパジャマ姿などで、アダルト要素がないのが特徴である。

紙の誌面の方はアイドル情報誌の枠にとらわれず、読みきり漫画や小説、読者投稿、パソコン関連のよもやま話などバラエティ豊かな内容になっており、続編はこの年の『第5号』まで続いている。

調査担当

『ZETA 第3号』 概要

ZETA 第3号 サンプル ZETA 第3号 サンプル
ZETA 第3号 サンプル ZETA 第3号 サンプル
©1986 CHAMPIONSOFT
ZETA 第3号 (チャンピオンソフト)
【注意】非アダルト作品です。

・1986年11月**日 FM-77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1986年11月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の電子メディア付きマガジン『GRAPHICアイドル情報誌 ZETA』の第三弾。

前2作よりボリュームアップしているが、アイドル情報誌的な傾向は薄くなり、デジタルコンテンツはミニゲーム集としての特色が濃くなってきている。

内容はお馴染みのメンバーの日常に起こった10大ニュースをCGで紹介する『ZETAGAL10大ニュース』、特定の読者との2ショット写真風CGを紹介する『あの娘とSCANDAL』の他、ミニゲームとしてジグソーパズル、野球拳、ブラックジャック、間違い探し、初歩的なタイピングゲームなどが収録されており、クリアするとご褒美CGが表示されるパターンが多い。ただしアダルト要素はなく、露出は下着止まりである。

続編は翌年にかけて『第4号』『第5号』が続いている。

調査担当

『ZETA 創刊2号』 概要

ZETA 創刊2号 サンプル ZETA 創刊2号 サンプル
ZETA 創刊2号 サンプル ZETA 創刊2号 サンプル
©1986 CHAMPIONSOFT
ZETA 創刊2号 (チャンピオンソフト)
【注意】非アダルト作品です。

・1986年08月**日? FM-77用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1986年08月**日? PC-8801用 FD版

紙媒体の情報誌とセットになったデジタルマガジン『GRAPHICアイドル情報誌 ZETA』の第二弾。

ディスクの方には前作で行われたミスコンの投票結果が掲載されている他、デート風景のCGやスゴロク風のボードゲーム、間違い探し、神経衰弱といったミニゲームが収録されている。また、誌面は短編漫画などで充実をみせている。

ミスコンの候補になっているオリジナルアイドル6人組がご褒美CGとして登場しており、8月をテーマに季節感のある描写となっているのが特徴である。アダルト要素はなく、露出は水着・下着止まりである。

翌年にかけて『ZETA 第3号』『第4号』『第5号』が続いている。

調査担当

『ZETA 創刊号』 概要

ZETA 創刊号 サンプル ZETA 創刊号 サンプル
ZETA 創刊号 サンプル ZETA 創刊号 サンプル
©1986 CHAMPIONSOFT
ZETA 創刊号 (チャンピオンソフト)
【注意】非アダルト作品です。

・1986年06月**日 PC-8801用 FD版
・1986年06月**日 FM-77用 5インチFD版 3.5インチFD版

紙媒体の情報誌とフロッピーディスクがセットになったデジタルマガジンで、正式名称は『GRAPHICアイドル情報誌 ZETA』シリーズの創刊号である。

形態はアイドル情報誌を模しているが、二次元の女の子だけを扱い、「ZETA GAL」と呼ばれるオリジナルグラフィックアイドルを創出しようという野心的な企画である。デジタルコンテンツは紙面と連動しており、紙面で詳しい説明を読んでから楽しむのが基本的な使い方となっていた。

メインとなる「ミスZETAコンテスト」では6人の女の子のプロフィールと自己紹介が流れ、情報誌に付属しているハガキで投票する仕組みになっている。また「ZETAクイズ」は間違い探しゲームになっており、正解をハガキで送れば抽選でプレゼントが当たる企画となっていた。

他にカーソル移動により女の子の体の弱点を探っていき、制限回数以内に弱点をすべて見つければご褒美CGが拝めるミニゲームも収録している。ただしアダルト要素はなく、露出は水着止まりである。

2ヶ月毎に刊行することがアナウンスされており、翌年にかけて『ZETA 創刊2号』『ZETA 第3号』『第4号』『第5号』が続いている。

当時からPCソフトに豪華なブックレットが付属する事があり、雑誌にオリジナルゲームのソースコードが掲載されるケースも古くからあるが、マガジンタイプのPCソフト、あるいは電子メディア付き雑誌というのは珍しく、かなり冒険的なシリーズといえるだろう。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
パソコンの登場と共に生まれた学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03