title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ラブ・エスカレーター』 概要

loveescalator00loveescalator08
loveescalator13loveescalator04
loveescalator03loveescalator11
©1998 海月製作所

ラブ・エスカレーター
 (海月製作所)

・1998年04月17日 PC-9821用 3.5インチFD版 CD-ROM版


90年代後半の作品で、恋愛のステップアップを描いたアダルトADV。PC-9800シリーズ専用のゲームとしては最末期の作品で、そのクオリティとボリュームから「PC98最後のエロゲー」「PC98最後の大作」と呼ばれた。

(あらすじ) 主人公「たかし(名前変更可)」は平凡な学生である。親友の「脇谷」から恋の橋渡しを頼まれたたかしは、中学時代の知り合い「理恵」に声をかけることになった。ところが、理恵はたかしへの思いを抱いたままで、たかしは理恵が好きだったことを自覚してしまう。秘めていた恋心に火がついた二人は、脇谷には言い出せないまま逢瀬を重ね、関係は次第にエスカレートしていく。

ゲームシステムは基本的に、週末ごとにデートの相手と場所を選んでいくスケジュール管理型ADVである。期間はおよそ一年間で、メインヒロイン「理恵」の好感度を上げ、ハッピーエンドを迎えることが主なゲーム目的となる。サブヒロインとして年下、年上の女性も登場し、マルチエンドとなっていた。

一方、理恵とのセックスシーンはコマンド型の調教シュミレーションとなっている。デートの行き先としてラブホテル等を選んだ場合に発生し、「胸を愛撫する」「フェラチオさせる」「正常位」といったコマンドの中から任意のプレイを組み合わせ、理恵の限界を超えないようにフィニッシュしていく。回数を重ねることで理恵が大胆になったり、プレイのバリエーションが増えたり、耐久力が上がって多くのコマンドに耐えられるようになっていく。

アダルトシーンのほぼ全てが、ダイナミックで滑らかな動きのアニメーションになっている点も特徴である。カット数が60以上に及ぶ点からも、一流のアニメーションアダルトゲームに匹敵するといえるだろう。

ストーリーは主人公達が様々な障害にぶつかりつつ、一つ一つ乗り越えて交際を続けていく、ドラマチックでシリアスな青春物語である。脇役達の恋愛や失恋にも触れている辺り、青春群像劇の要素も備えているといっていいだろう。週末デートの過ごし方により、5種類のエンディングを迎える。

関連商品は原画集、サントラ、小説版など。後に『LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(2003年)としてリメイクされた。

当時、PCゲームのハードの主流はWindows95に移っており、PC98シリーズのみで発売される新作は稀有になっていた。「PC98最後の大作」というあだ名は、そんな状況で生まれたヒット作だったことに由来する。ただし、意図してPC98を選んだ訳ではなく、発売延期を繰り返した末の、やむを得ない事情があったようだ。

個人的な印象としては、ストーリー重視の作風でありながら、アダルト面でも最上級のクオリティとボリュームを求めた欲張りな大作である。良く言えば贅沢、悪く言うと凝り過ぎか。PC98全盛期に乗り遅れたものの、その熱量で何とか輝きを放った作品だった。


調査担当

『インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ』 概要

imstd03_00imstd03_02
imstd03_04imstd03_05
©1995 Scoop
インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ (Scoop)

・1995年10月20日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、スケベな家庭教師を主人公にしたアダルトアドベンチャー。『インモラルスタディ』シリーズの三作目。

主人公「教師一筋」は凄腕ながら、授業にかこつけてイイトコのお嬢様にイタズラをするのが大好きなスケベ家庭教師。今回の依頼は、超有名ファッションデザイナーの一人娘「まなみ」を教育してほしいというもの。内気で人見知りなまなみの身体を開かせるため、いつも通り怪しげな学習法でHに持ち込むが…?

ゲームシステムは前2作と似ているが、1作目の頃よりコマンド型に近くなっている印象である。「見る」「話す」「愛撫する」といった2~3択のコマンドが現れ、それらを総当りしている内に進展していく。分岐やゲームオーバーのない一本道で、ゲーム性はほぼない。

シナリオは、人見知りで幼い印象のお嬢様に嗜虐心をくすぐられた主人公が、授業にかこつけてHなことを教え込もうとしたところ、既に何者かによって調教されている形跡があり、予想外の展開に巻き込まれていく、といったアダルト重視でコミカルな展開である。

アニメーションシーンがシリーズを通しての目玉になっていて、普段は静止画で進行するが、フェラチオ、ピストン運動などの一部のシーンで、複雑な動きをする動きの大きなアニメーションを含んでいた。また、鞭、緊縛、三角木馬、ロウソクによるSMプレイの描写が多いのも特徴的である。

同シリーズとして『インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子』『インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳』が、同年に二ヵ月おきにリリースされている。

 
調査担当

『インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳』 概要

imstd2_00imstd2_01
imstd2_03imstd2_07
©1995 Scoop
インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳 (Scoop)

・1995年09月22日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、家庭教師の主人公が教え子を騙してHなイタズラをしていくアダルトアドベンチャー。『インモラルスタディ』シリーズの2作目。

主人公「教師一筋」は凄腕の家庭教師ながら、立場を利用してお嬢様を落とすのが好きなスケベ教育者である。今回のターゲットは町工場の娘で、男勝りな性格の美少女「飯嶋由佳」。彼女の態度が粗暴になり、成績が落ちた原因を探ってほしいという依頼を受けた主人公は、ついでに彼女の身体も美味しく頂いてしまうべく、由佳の心に付け入る隙をうかがっていく。

ゲームシステムは選択肢型だが、どれを選んでも分岐しない一本道で、総当りで進めていくコマンド型ADVのような操作である。一箇所ゲームオーバーはあるが、ゲーム性は低い。

シナリオは調子のいい性格の主人公が、反抗的な態度を取る少女の弱みを握り、言葉巧みに騙し、Hな授業に持ち込んでいくアダルト重視な展開である。少女が抵抗したり、工場の従業員が妨害に入ることもあるが、その場の機転と理屈責めで丸め込んでいくコミカルな作風となっていた。

アニメーションシーンが最大のウリとなっていて、普段は静止画を中心に話が進むが、キスシーンやフェラシーンなど、数箇所に動きの大きなアニメーションが施されている。また、一部にバイクのピストンや電動ドリルなどの工具を使った特殊なプレイを含んでいた。

同シリーズとして、『インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子』、『インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ』が二ヵ月おきにリリースされている。

アニメーションアダルトゲームというジャンルの常で、シナリオは短く、ゲーム性はほとんどない。個人的な印象として、ビジュアルは比較的良好、アニメーションも前作よりスッキリとした線で洗練された印象だが、相変わらず読み込みに時間がかかるのが難点か。


調査担当

『インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子』 概要

imsd1_00imsd1_01
imsd1_02imsd1_04
©1995 ScooP
インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子 (ScooP)

・1995年08月25日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1996年09月20日 Windows用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、家庭教師となって箱入りのお嬢様にイタズラを仕掛けていくアダルトアドベンチャー。『インモラルスタディ』シリーズの1作目。

主人公「教師一筋」は日本で五本の指に入るといわれる凄腕の家庭教師。大金持ちから引く手あまたの彼は、温室育ちのお嬢様たちを言いくるめ、体を開かせるスリリングな遊びを楽しんでいた。今回の依頼は、家電メーカーの重役の令嬢「白川玲子」の数学嫌いを治して欲しいというもの。主人公は玲子に会って早々、その体をモノにするため、数学にかこつけて様々なイタズラを仕掛けていく。

ゲームシステムは選択肢型のADVだが、どの選択肢を選んでも展開は変わらず、ゲームオーバーもなく、おそらく選択肢はフェイクである。セックスシーンでは「指でかき回す」「引っ張る」といったコマンドが出て、総当りすることで進展していくコマンドADVのような操作となっている。

登場人物は主人公と屋敷に仕える家政婦、お嬢様の3人だけである。シナリオはモラルの低い主人公が、詭弁と屁理屈で世間知らずのお嬢様を強引に説き伏せ、家政婦にバレそうになるピンチを乗り越えながら、衣服を一枚一枚脱がせ、本番行為を目指していくコミカルな展開である。

本作品の最大の目玉となっているのがアニメーションで、通常は静止画中心に話が進むが、胸を揉みしだくシーン、フェラチオ、ピストン運動の3箇所に、大きく複雑な動きのアニメーションが施されていた。

続編として、同年に『インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳』、『インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ』が続いている。

個人的な印象としては、当時流行のアニメーションアダルトゲームの一つで、シナリオ性もゲーム性も極端に低いものの、動きのインパクトが大きい。アニメ塗りにしては丁寧で繊細なタッチで、そのまま複雑に動かすという凝った試みに挑戦している。途中読み込みにかなり時間がかかり、テンポが悪いのが難点か。


調査担当

『TRIGGER2』 概要

trigger2_00trigger2_01
trigger2_02trigger2_05
©1995 Zyx
TRIGGER2 (ZyX)

・1995年08月25日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1996年11月22日 PC-9801/FM-TOWNS用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、オムニバス形式のアニメーションアダルトゲーム。『TRIGGER』(1994年)に続くシリーズ2作目。

ストーリーは、地獄の番犬ケルベロスと女の子のコンビが婦女連続暴行事件に挑む『FILE #4 闇の番犬』、現代の普通の女の子が異世界に召還され、Hな儀式で伝説のロボット兵器のエネルギーを充填していく『FILE #5 淫力機神リュード』、西部開拓時代を舞台に、女ガンマンが賞金首に挑む『FILE #6 She's Wild!』の3本となっている。

システムは移動先に自由がないタイプのコマンド選択型で、「見る」「話す」「考える」などのコマンドを総当りすることで進展していく。ゲームオーバーはないが、淫力機神リュード以外は一箇所で分岐があり、それぞれ別のセックスシーンとエンディングが用意されていた。

シナリオは1話完結の読み切り漫画のような雰囲気で、いずれも短く、アダルト重視な作風である。セックスは陵辱系のハードなプレイがほとんどで、魔物による異種姦、触手姦、悪漢たちによる輪姦、鞭やろうそく、三角木馬を使ったSMプレイなどの表現を含んでいた。

前作に続き、アニメ調の大きな動きのあるアニメーションと音声がついているのが売りとなっていて、特にセックスシーンでは、服が破かれる瞬間や愛撫による乳房の変形、ピストン、フェラチオなど、ほとんどのシーンに何らかの動きが施されている。音声があてられているのはごく一部で、主に女の子の悲鳴や嬌声だが、銃声や爆発音、服の破ける音、鞭の当たった音などの効果音も施されているのが印象的だった。


調査担当

『VIPER-V12』 概要

viperv12_00viperv12_01
viperv12_03viperv12_02
©1995 SOGNA 
VIPER-V12 (ソニア)

・1995年04月21日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1997年02月27日 Windows95用 CD-ROM版
・2002年09月27日 Windows用 CD-ROM 『CLASSIC COLLECTION
・2002年09月27日 Windows用 CD-ROM 『VIPER COLLECTION BOX』に収録
・2006年05月24日 ダウンロード販売開始 【Gyutto】【DLsite】【DMM】【DL.Getchu

90年代中頃の作品で、三つの異なるストーリーを収録したアニメーションアダルトゲーム。『VIPER』のVシリーズ4作目。

前作『VIPER -GTS-』が非オムニバスで長めの単話だったのに対し、本作品は再びオムニバスのショートストーリー集となっている。ストーリーは、女の子二人組の宇宙海賊が貨物船に進入し、捕まって陵辱されてしまう『ANGEL・DUST』、悪の女幹部が怪人を送りこみ、正義のヒーローの相棒の女の子を誘拐する『未来特捜ブレイバン』、魔法少女に選ばれた女の子が大人の姿になり、魔法のステッキの力で次々にイカサマを働いていく『魔法の賭博師トトカル☆チョミ』の三本である。

システムは選択肢分岐型のADVで、選択肢によって展開が異なったり、バッドエンドを迎える仕様である。選択肢の数は少なく、ストーリー自体も非常に短いので難易度は易しい。

シナリオはアダルト重視で、セックスシーンに比重が高い。そのほとんどが陵辱プレイで、輪姦、怪人達による異種姦などを含んでいた。ただし、未来特捜ブレイバンを除いて女の子に悲壮感が乏しく、明るくコミカルな結末で締めくくられている。

大きく滑らかな動きのアニメーションがシリーズを通しての売りとなっていて、本作品でも日常風景から変身シーン、口淫やピストン運動、乳揺れにいたるまで、無数のアニメーションが施されている。また、この作品の前後に『V6 RS』など、PC-98版の過去作品に音声をあてる追加データが発売されているが、本作品はPC-98版にはじめから声優によるボイスが入ったシリーズ初の作品となった。

シリーズは『V16』が同年に続いた。また、本作品に収録された『魔法の賭博師トトカル☆チョミ』の続編として、『VIPER BTR 魔法の賭博師 トトカル☆チョミ』(1996年)が発売され、『未来特捜ブレイバン』は『VIPER -F50- 未来特捜ブレイバン』(1999年)が続編として続いている。

パソコンの主流がNECのPC-9801だった時代の末期にあたり、フロッピーディスクの容量の限界に迫った作品といえるだろう。フルボイスとまではいかないが、特にセックスシーンではクリアな音声が多数収録されており、動きの多さと合わせ、フロッピー10枚(14.4MB)以内に収まったのが不思議なくらいである。

 
調査担当

『TRIGGER』 概要

trigger01.pngtrigger02
trigger04.pngtrigger06.png
©1994 ZyX
TRIGGER (ZyX)

・1994年06月17日 PC-9801 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、オムニバス形式のアダルトアドベンチャー。動きの大きなアニメーションや音声付きのシーンがセールスポイントとなっていた。ZyX(ジックス)の二作目。

シナリオは家電製品好きの女性が不思議なビデオデッキに出会い、ビデオの世界に入り込んでしまう『トラブルビデオ』、女探偵が誘拐事件に挑み、犯人に捕まって陵辱される『D・ガール』、男勝りな女海賊が敵対する宇宙海賊に捕まり、隙を突いて脱出するまでの冒険を描いた『Let's! パイレーツ』の三本である。

システムはコマンド選択型で、一部にバッドエンドとなる分岐も存在するが、大抵の場面で一通り選択するだけで進行するため、ゲーム性は低い。

ソニアの『VIPER』シリーズと同じく、全画面での動きの大きなアニメーションが見所となっていて、全シーンとまではいかないが、特にセックスシーンではピストン運動など多数のアニメーションが施されている。また、ヒロインの台詞の一部が音声で再生される仕様で、時代的に早めである(HDへのインストール必須)。更に、車のエンジン音や愛撫による水音といった効果音も所々に挿入されており、臨場感を高めている。

セックスシーンは一部に和姦のレズシーンがあるものの、触手による異種姦、悪漢達による強姦、緊縛、SMプレイなどサディスティックな描写がメインとなっている。

続編として『TRIGGER2』(1995年)が続いている。また、本作のショートストーリーの内の一つ『Let's! パイレーツ』が後にWindows95/98用ソフトとしてリメイクされている。

個人的な印象としては、ビジュアル面でもアニメーションの質でも先行した『VIPER』シリーズに見劣りするものの、音声や効果音が入っている点が大きなアドバンテージといえる。音声入りのアダルトゲームはそれまでもあったが、音質は割れて聞き取りづらく、演技力も素人くさいものだった。本作も低容量とサウンドカードの制約で多少のノイズが残るが、ボイス入りの作品が一般化するのはCD-ROMの時代になってからで、数年ほど時代を先取りした形となった。

調査担当

『Hercequary』 概要

hercequary00.png hercequary01.png
hercequary02.png hercequary05.png
©1994 ZyX
Hercequary (ZyX)

・1994年04月19日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

90年代中頃の作品で、中世ファンタジー風の世界を舞台にしたアダルト格闘アクションゲーム。おそらくZyX(ジックス)のデビュー作である。カナ表記は『ハースキュアリー』。

八つの民が独自の文化・文明を持つ世界「ファーブラ」。その中央には「神々の集いし地」と呼ばれる山がそびえており、それぞれの民が聖地として崇め、やがて聖地を巡って凄惨な争いを始めた。これを憂いた神々は、民に一つの解決策を提案する。それは各民族が協力して山頂に神殿を作り、一年に一度、それぞれの民を代表する乙女を戦わせ、勝ち抜いた者を巫女として祭事を執り行わせるというものだった。それから年月は流れ、今年もこの試練に挑む8人の少女達が集う…。

ゲームシステムは一対一、多少の横スクロールがある画面、2ラウンド先取の一般的な格闘アクションである。ただし攻撃ボタンは『V.G.』や『人形使い』と同じくパンチとキックの2つしかない。剣や槍、短刀、棒術など武器を持って戦うキャラクターが多く、リーチの差が顕著なのが特徴である。

シナリオモードでは8人の女の子の中から1人を選び、他のキャラクターを倒して脱衣CGを鑑賞していき、7人全員を倒せば個別のエンディングを迎える仕組みとなっていた。他に二人対戦もできるVSモードも備えている。

アダルトCGは一人あたり4枚で、決着後にまとめて表示される。服を破かれる、脱衣、緊縛、陵辱の4段階が基本で、特に3段階目では緊縛、吊るし、ろうそく責め、三角木馬など、プレイヤー側の民(?)によるハードなSMプレイが特徴となっている。また、PC98ゲームとしては珍しく、すべてのアダルトCGにあえぎを含んだボイスがあてられていた。ただし音質は割れて不明瞭である。

個人的な印象としては、動きは比較的スムーズなものの、必殺技の入力がシビアで出しづらく、操作性が難点といえるだろう。ボイスの出力や登場シーンのアニメーション、陵辱要素など、後のZyXらしさは所々感じ取れるが、ビジュアルや肝心のゲーム性が足を引っ張り、あまり話題作にならなかったようだ。

調査担当

『VIPER-V10』 概要

viperv10_00.png viperv10_01.png
viperv10_02.png viperv10_03.png
©1994 SOGNA
VIPER-V10 (ソニア)

・1994年03月11日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『VIPER V10 turboRS
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM版
・2002年09月27日 Windows95/98用 CD-ROM 『VIPER Classic
・2002年09月27日 Windows95/98用 CD-ROM 『VIPER COLLECTION BOX 』に収録
・2005年10月24日 ダウンロード販売開始 【Gyutto】【DLsite】【DMM】【DL.Getchu】【アキバイン

90年代中頃の作品で、アニメーションを積極的に取り入れたオムニバスのアダルトADV。『VIPER』シリーズの三作目。

シナリオは恥ずかしい写真をネタに脅迫された女子学生が、幼い子供たちにエッチなイタズラをされてしまう『チルドレンズ・プレイ』、腕のたつ女の子の道場破りにあった剣道部の主将が、再戦に備えて練習に励む『ノーザン・ライト』、敵の軍勢に捕まった女兵士達が、ロボット兵により陵辱される『リア・アンダー』の三本を収録している。

『ノーザン・ライト』のみゲーム性があり、数箇所ある選択肢で間違うと、即ゲームオーバーを迎える仕組みになっていた。日常風景は静止画とテキストを中心に話が進むが、アダルトシーンには滑らかでダイナミックなアニメーションが多数施されている。

最大の特徴はシリーズで初めてCGが全画面表示になったことで、640×400ドットの迫力のある映像が目玉となっている。

翌年に音声などを追加するデータ集『V10 RS』が発売された。また、『ノーザン・ライト』に登場する剣道少女「あすか」はV6の「カルラ」に並ぶ人気キャラクターとなり、後に『VIPER CTR ~あすか~ 』(1997)として続編が作られている。

個人的な印象としては、後世の人間としてもアニメーションのクオリティに驚かされる。低容量のフロッピーディスクの時代としては飛び抜けた表現力といえるだろう。難点は1話につき10分程度で鑑賞できてしまう短さ、それに伴うストーリーの薄っぺらさだが、実用性は高かったに違いない。

調査担当

『分裂守護神トゥインクル☆スターAct.1』 概要

twinklestar01.jpg twinklestar08.jpg
twinklestar02.jpg twinklestar03.jpg
©1993 STUDIO TWINKLE
分裂守護神トゥインクル☆スターAct.1 (STUDIO TWINKLE)

・1993年07月29日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

90年代序盤の作品で、SF好きの少年が4人の変身ヒロイン達と共に悪と戦う、ギャグタッチのアダルトアドベンチャー。末尾に「Act.1」と表記される場合が多く、作中でも次号に続くことがアナウンスされているが、同社の解散によって続編が出ることはなかった。

舞台は現代の日本。SFに熱い情熱を傾ける高校生「討魔 ごう(名前変更可)」は、明るく能天気なウェイトレス「るみな」に出会い、自身の中に六芒星世界の守護魔導師「トーマ」の魂が転生したことを知らされる。るみなはトーマの守護神「スタールビー」の、4つに分かれた感情因子の1人だという。破死裏獣と名乗る怪人たちの凶行に巻き込まれた討魔は、感情因子の女の子とHをすることでトーマの力の一部を取り戻し、彼女達と協力して破死裏獣を撃破していく。

システムは選択肢タイプのADVだが、選択肢によって分岐やゲームオーバーがある訳ではなく、主人公が真面目にリアクションするかボケるか、という程度の違いで、移動先の自由もない一本道の展開である。

特徴的なのは戦闘の前哨戦として、怪人の呼び出した雑魚を掃討するガンシューティングのようなアクション要素がある点である。魔方陣の形のカーソルを敵に合わせ、自身の体力が尽きる前に殲滅すればシナリオが進行する。本格的なゲーム要素という訳ではなく、ミニゲームに近い。

シナリオは4話構成になっていて、それぞれ4人のヒロインの登場回になっている。学校、デパートの屋上、ディスコなどを舞台に、主人公と「喜」「怒」「哀」「楽」の感情を象徴する4人のヒロインとの出会いや、なりゆきでのセックス、アニメーションする変身シーン、怪人との対決などが描かれる。調子のいい性格の主人公と、一癖あるヒロイン達、シュールでおバカな怪人の賑やかな掛け合いが特徴的である。

アダルトシーンは各ヒロインに2つほどある他、一部の怪人にも存在する。物語前半では3種類のアイコンを使い、女体を丹念に愛撫しなければ先に進めないようになっていた。

少女向けのTVアニメ『美少女戦士セーラームーン』が大ブレイクした年で、変身ヒロインのバトル物という新テーマはアダルトゲームにも影響を与え、そこそこ定着した。本作の個人的な印象としては、『CAL』などの流れを汲む作品で、ギャグストーリーとして十分面白く、ビジュアルもセックス描写も丁寧、凝った変身シーンやゲーム要素も好感がもてるものの、物語の半ばを過ぎた辺りから新キャラの扱いが雑になり、展開も急ぎ足になるのが気になる。良作ながらどこか物足りない仕上がりである。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03