title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『To Heart』 概要

To HeartTo Heart
To HeartTo Heart
To HeartTo Heart
©1997 Leaf/AQUAPLUS

To Heart
 (Leaf)

・1997年05月23日 Windows95用 CD-ROM 初回版 【駿河屋】【Amazon
・1998年02月06日 Windows95用 CD-ROM 通常版 【駿河屋
・1999年03月25日 PlayStation版 【駿河屋】【Amazon
・2003年06月19日 Windows用 CD-ROM リニューアル版 【駿河屋
・2003年06月27日 Windows用 CD-ROM 『To Heart PSE』 初回版 【駿河屋】【Amazon
・2003年06月27日 Windows用 CD-ROM 『To Heart PSE』 通常版 【駿河屋】【Amazon
・2004年12月28日 PlayStation 2版 【駿河屋】【Amazon
・2004年12月28日 PlayStation 2用 『To Heart2 限定DXパック』に収録 【駿河屋
・2009年07月30日 PSP用 『ToHeart2 PORTABLE Wパック』 に収録 【駿河屋
・2011年10月27日 PSP用 廉価版 【駿河屋】【Amazon


90年代後半の作品で、学園を舞台にしたラブコメディ系のアダルトゲーム。『雫 -しずく-』(1996年)、『痕 -きずあと-』(1996年)に続くビジュアルノベルシリーズVol.3と銘打たれている。コンシューマ移植版のヒット、そして2度のTVアニメ化により、非常に知名度が高い作品である。

(あらすじ) 主人公「浩之(名前変更可)」は、口調はぞんざいながら、心根は優しい高校生である。幼馴染や腐れ縁の友人、クラスメイトに囲まれ、平凡な高校生活を送る浩之。そんな彼にも、転機となる春が訪れようとしていた。新入生や上級生との新たな出会い。些細なきっかけで縮まる友人との距離。不器用で甘酸っぱい恋のストーリーが幕をあける…。

ゲームシステムはADVの一種で、「ビジュアルノベル」と呼ばれる形式である。テキストが全画面表示の背景いっぱいに表示されるのが特徴で、立ち絵も台詞ごとに細かく表情を変えるのが印象的である。コマンド類のない選択肢分岐型で、基本的には放課後に「2階を歩く」「学校から出る」といった行き先を選び、出会った相手との会話の中で、攻略の糸口となる選択肢を絞っていく流れである。

ヒロイン同時攻略はほぼ不可能で、攻略は狙いを1人に絞り、その出現パターンを細かくメモし、集中的に会話イベントを回収していくことになる。期間は3月から5月の頭まで、およそ2ヶ月間である。

ストーリーは、平凡な主人公がヒロイン達の抱える問題に首を突っ込み、親身に協力したり、しつこく食い下がることで心を開かせ、恋愛に発展していくのが基本的な流れである。ヒロインは世話好きの幼馴染、喧嘩友達の同級生、クラスで浮いている委員長、陽気な留学生、占いマニアの上級生、格闘少女、アンドロイド、予知能力をもった下級生など、合計9人である。

アダルト要素は1人2回戦で、クライマックス付近に集中している。オリジナル版にはボイスがなく、声が追加されたのは家庭用ゲーム機版以降となった。

関連商品は、Leafアミューズメントソフト『初音のないしょ!!』にて大きく扱われた他、シリーズ続編に『ToHeart2』『ToHeart2 XRATED』がある。家庭用ゲーム機への進出も盛んだった。地上波ラジオも放送された他、TVアニメは1997年に『ToHeart』、2004年に『ToHeart ~Remember my Memories~』として2期にわたり放送された。また、アーケード向け対戦格闘ゲーム「AQUAPAZZA」にも本作品のヒロインが登場している。

個人的な印象としては、スケジュール管理型ADVの範疇に入るものの、後の純愛系アダルトゲームの基本に近い作品である。コマンド類がなく、操作は選択肢のみな点。ストーリー重視の“読ませる”作品で、何気ない日常劇をメインにした学園ラブコメな点。主人公が下心を原動力にしたナンパ男ではなく、純愛ドラマである点。この辺りは00年代、10年代のアダルト作品で主流となった特徴である。

ヒットの要因はヒロイン達のキャラクター性の良さ、当時としては繊細なドラマ性だっただろう。特に健気でドジなメイドロボ「HMX-12 マルチ」はメインヒロインを圧倒する存在感で、本作品の顔役といえる程の人気を博している。


公式HP
https://leaf.aquaplus.jp/product/th/


調査担当

『プラネット ドラゴン』 概要

plntdrgn00plntdrgn02
plntdrgn03
plntdrgn04
plntdrgn05
©2016 ソフトハウスキャラ
プラネット ドラゴン (ソフトハウスキャラ)

・2016年06月24日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon】【Getchu】【DMM】【駿河屋
・2016年06月24日 ダウンロード販売開始 【DMM

10年代中頃の作品で、宇宙時代の運送屋を経営していくアダルトシミュレーションゲーム。ゲーム性のある作品を手がけてきたソフトハウスキャラの24作目である。

ある日、目が覚めると三百年後の世界だった…。主人公「山県義経」は現代の青年だったが、なぜか地球から遠く離れた宇宙で、冷凍睡眠の状態で発見された。眠っていた三百年の間に、宇宙人のもたらした技術で急速に発展した人類は、太陽系を飛び出し、他の恒星系にまで生活圏を広げていた。当初は見慣れぬ技術、未知の常識、価値観のギャップに苦しんだものの、宇宙軍に就職しての5年間で勘を掴んだ義経は、退役金代わりにもらった貨物船で小さな運送会社を起こし、航法支援人形の「サクラ」と組んで、星々を股に掛けた商売に挑もうとしていた。その矢先に、何者かに追われる少女「ルウ」を助けたことから、異星人の遺した財宝にまつわる冒険に巻き込まれて…?

ゲームシステムは、マップ上の恒星間を渡り歩き、依頼品の運搬による報酬や、交易品の差益で資産を増やしていくターン制のSLGである。依頼や交易を繰り返すことで扱える商品の種類や数を増やし、貯まった所持金で船を大きくしたり、武装、エンジンなど様々な機能を追加していく。それと同時に、特別な依頼をこなすことでメインストーリーが進行し、移動可能なマップが増えていく流れである。

船の改造、拡張の自由度が高いのがゲーム要素になっていて、レーダー機能をもつ小さなパーツから、巨大な貨物室、収益を高める客室と娯楽施設、歪な形の攻撃兵器など、大小様々なブロック状の拡張パーツが登場し、「コア」と呼ばれる中心パーツに全て隣接できるように、配置で頭を悩ませる必要がある。

惑星間の移動時には高確率で海賊との戦闘が起こり、タクティカルコンバットと呼ばれる、マップ上でユニットを操作する戦略SLGのような戦闘画面となる。機動力やレーダーの性能、防御力、囮などを生かしてすり抜けたり、火力や衝角、機雷、艦載機などを生かして片っ端から駆逐したりと、戦闘スタイルの自由度は高い。

また、惑星ごとに特産品や景気の浮き沈み、価格変動があったり、高額で買い取ってくれる商品のカテゴリーが指定されていたりと、交易にもそれなりにコツと戦略が必要な仕組みとなっていた。ただし、ゲームオーバーはなく、ターン数もほぼ制約がなく、全体的に難易度は非常に易しい。

シナリオは、頭がきれて精力絶倫な船長と、とぼけた性格の有機アンドロイド、明るくおっちょこちょいな性格の船員見習いのトリオが繰り広げる、コミカルな日常劇が中心である。そこに友人からの依頼や、突発的なトラブルが絡み、次第に大昔の異星人が遺した財宝、そして主人公が冷凍保存されていた謎に迫っていく。

ヒロインは上述の2人の他、ライバルの運送会社の社長、逃亡中の王女、違法売買されていた人魚型異星人、懇意の女海賊、女軍人、技術屋など6人である。人工授精の技術が進んでセックスが不要になり、手を繋ぐのも淫らな行為に扱われるほど人々が草食系になってしまったのがアダルト描写上の特徴で、ヒロイン達は主人公のスケベさ、絶倫さに驚きながらも、初体験後は夢中で求めてくるハーレムな世界観となっている。

伝統的な周回プレイを利用したストーリー展開はなくなり、2周目以降は初期状態が少し有利になるのみである。個人的には、テーマの面白さと騙し合いや猜疑に満ちた会話のやり取り、膨大なミニイベントの数々が印象的だったが、ゲーム性の奥行きが相対的に不足し、ややアンバランスに感じるのが残念だった。


プラネット ドラゴン 公式サイト
http://shchara.co.jp/04develop/planet/0top.html




調査担当

『Will ~The Death TrapⅡ~』 概要

Will ~The Death TrapⅡ~ サンプル Will ~The Death TrapⅡ~ サンプル
Will ~The Death TrapⅡ~~ サンプル Will ~The Death TrapⅡ~ サンプル
©1985 SQUARE
Will ~The Death TrapⅡ~ (SQUARE)
【注意】非アダルトゲームです。

・1985年06月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801版
・****年**月**日 FM-7/77用 FD版
・****年**月**日 X-1用 FD版
・2013年09月08日 Windows用 CD-ROM版 『CLASSIC PC-GAME COLLECTION』に収録
・2014年07月29日 ダウンロード販売開始 【ProjectEGG

スクウェア(現スクウェア・エニックス)のデビュー作『THE DEATH TRAP』の続編で、近未来の孤島を舞台に謎の実験施設を探索していくアドベンチャー。素早い画像処理が難しかった当時、デモ画面で美少女が瞬きをするアニメーションが大きな話題となった。

A.D.1987、人類はDr.ハワードと名乗る男からICBMによる核攻撃の脅迫メッセージを受ける。発信源は南太平洋のトリニア島。「1人の人間をよこせ」というメッセージに従い、世界の命運はA国の諜報員「リチャード・ベンソン」に託された・・・。

システムはコマンド入力式で、「トビラ アケル」「ホンダナ ミル」といった様に日本語コマンドで進行する探索アドベンチャーであり、ローマ字入力にも対応していた。マップは平面図、断面図を併用する変わった形式で、現在地は常に確認することができ、非常に分かりやすい。

シナリオはDr.ハワードが残した手がかりやレーザーガンなどを集め、一つ一つ障害を乗り越えて無人島に隠された秘密に迫っていく流れである。途中で協力者となるアンドロイド「アイシャ」が物語に花を添えており、従来のアドベンチャーに比べるとビジュアル重視の作風となっている。

アダルト要素は特に無いが、アイシャとの会話モードでは『Emmy』(1984)のように様々な質問に答えてくれる仕様となっており、「キス」や「ダク」と入力すると顔を赤らめたり、意味ありげな台詞を返してくれるサービス要素が備わっていた。

ヒロインがまばたきする表現は他に例があり、アニメーション入りのAVGとしても史上初という事はないが、非常に滑らかな動きは当時の人々に驚きをもって迎えられたようだ。ヒロインの他にも敵キャラや電子機器の描写に細かいアニメーションが多く取り入れられており、シナリオは短いがスタイリッシュで丁寧に仕上がっている印象である。

調査担当

『オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?』 概要

オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか? サンプル オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか? サンプル
オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか? サンプル オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか? サンプル
©1984 KOEI
オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか? (光栄マイコンシステム)

・1984年11月**日 PC-8801mk2用 FD版 ロムカセット版

アダルトゲーム黎明期の作品で、逃亡したダッチワイフを行方を追って街中を捜索するRPG。タイトルやあらすじは映画『ブレードランナー』の原作となった長編SF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』のパロディとなっている。

団地妻の誘惑』(1983)と合わせて"ストロベリーポルノシリーズ"と銘打たれている。一方、『ナイトライフ』(1982)も含めて"光栄アダルト三部作"という俗称で揶揄されることもある。

シナリオは、逃亡して人間の中に紛れ込んだダッチワイフ「北極6号」の行方を追う主人公が、アダルトショップやラブホテルが散在する街中を歩き回り、有益な情報を集めたり、手当たり次第に女性を口説き、ベッドインしていく流れとなっている。イベントの発生はランダムで、ストーリー性は低め、自由度が非常に高い。

操作はコマンド型だが、従来の一文字一文字打ち込んでいく入力式ではなく、コマンドがファンクションキーやテンキーに割り当てられたショートカットキー方式で、わずらわしさや難易度がやや緩和されている。会話次第で戦闘モード、FUCKモードなどに突入し、状況に合わせてキーを選んでいく。

冒頭で主人公の初期ステータスを決め、2Dフィールドを歩きまわって通行人に声をかける点は、後のドラクエ風RPGを彷彿とさせる。また、決められた筋書きがなく、手当たり次第に女性を口説けるシステムは、後のナンパ系ゲームと共通している。一方全体の雰囲気は独特で、形容するなら“通俗的なジョーク作品”といったところだろうか。いわゆる「抜きゲー」としての役目は意識されていなかったように見える。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03