title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『放課後恋愛クラブ -恋のエチュード-』 概要

houkagorac00houkagorac02
houkagorac03houkagorac04
©1996 LIBIDO

放課後恋愛クラブ -恋のエチュード-
 (LIBIDO)

・1996年12月13日 Windows95用 CD-ROM版 【駿河屋】【Amazon
・1996年12月13日 Macintosh用 CD-ROM版 【駿河屋
・1998年01月15日 セガサターン用(18歳以上推奨)初回版 【駿河屋】【Amazon
・1998年01月15日 セガサターン用(18歳以上推奨)通常版 【駿河屋】【Amazon
・2003年04月25日 Windows用 CD-ROM 『Casual Romance Club』(英語版) 【Amazon
・2006年12月22日 Windows用 CD-ROM 廉価版 【駿河屋】【Amazon

90年代中頃の作品で、気軽に始める恋をテーマにした恋愛シュミレーション。LIBIDOの6作目。

主人公(名前は任意)は、女の子に人気の高い男子学生。友人の「威明」に誘われた主人公は、毎日放課後にファミレスへ集まり、恋のきっかけを探すサークル、「恋愛クラブ」に参加することになった。はじめは身近な知り合いばかりだったが、他校の生徒や女子大生、ファミレスの店員、中学生まで加わり、女の子の顔ぶれはバラエティ豊かになっていく。主人公は気になる相手と“ツーショット”になって何気ない会話を交わし、お互いの理解を深めていく。

ゲームシステムは特殊で、スケジュール管理型ADVの一種である。コマンド類はなく、一日ごとに対話相手を12人の中から選び、その日の話題を選び、相手からの質問に三択の中から答えていく。ツーショット時間の後、一緒にお出かけしたり、週末デートの約束を取り付ければ、更に仲が進展していく流れとなっている。

ちなみに、デートの予約に使うチケットの枚数に限りがあるため、複数の同時攻略は不可能である。デートの約束には、話題選びで当たりを引き、かつ質問に対してベストな回答をする必要があったり、僅かなタイミングを捉える必要があったりで、選択肢の正誤も判別しがたく、女の子によっては自力攻略が難しい。

画面表示も変わっていて、メインCG、メッセージ欄、マップ、現在地などが、それぞれ独立したウィンドウで表示されており、自由に移動したり非表示にできる、ペイントツールのような自由配置となっている。

シナリオ面では、どの娘とも特別にドラマチックな展開はなく、最初から最後まで、何気ない会話に終始する点が非常に特徴的である。話題は恋愛観、友人関係、趣味、バンド活動、習い事、ダイエットなどで、些細なきっかけで相手に興味を持ち、お試しデートとセックスを通じて恋が進展していく、リアルな恋愛描写となっている。

ヒロインは主に高校生で、年齢は13歳から21歳まで幅があり、平均で16.5歳と低めである。当時はヒロインの設定が18歳未満の作品が珍しくなく、翌年あたりから規制が進んだようだ。Hシーンは1人あたり2、3箇所で、スカトロ要素のない、ごく普通のセックスである。

本作品にCVはないが、翌年のデジタルアクセサリー集『恋のアンサンブル』に収録されたデータにより、一部の音声が再生可能になった。また、ヒロイン達の顔ぶれはそのまま、過激な性描写をテーマにした姉妹作『放課後マニア倶楽部 -濃いの欲しいの-』が続き、大きな話題となった。派生作品にOVA版ライトノベル版アダルト小説版がある。関連商品はフィギュア原画集、テレカなど多数。

個人的な印象としては、当時流行し始めていた「ドラマ性重視」の恋愛ゲームに対して、「リアルな恋愛」を提案し、軽いきっかけの交際を描いたユニークな作品である。ヒロイン達も現実的な個性の持ち主ばかりで、二次元ヒロインへの抵抗が強い人でも受け入れ易そうだ。難点はやや理不尽なゲーム性と、メッセージの表示速度が一定で、キーによる“送り”やスキップができないため、自力攻略の際、膨大な時間を取られてしまうところで、その辺りもまたリアルである。


LIBIDO OFFICIAL WEB SITE
http://www.libido.ne.jp/archives/?page=houkago


調査担当

『Pia♥キャロットへようこそ!!』 概要

Piaキャロットへようこそ!!Piaキャロットへようこそ!!
Piaキャロットへようこそ!!Piaキャロットへようこそ!!
©1996 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.
Pia♥キャロットへようこそ!! (カクテルソフト)

・1996年07月26日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 PC-9821用 CD-ROM版
・1996年10月18日 Windows3.1/95用 CD-ROM版
・1997年05月23日 PC-FX版
・1997年11月28日 PC-FX用 『Piaキャロット&きゃんきゃんバニーエクストラ』 初回版
・1998年01月21日 PC-FX用 『Piaキャロット&きゃんきゃんバニーエクストラ』 通常版
・1998年03月12日 セガサターン用 限定版 通常版
・1999年08月12日 Windows95/98用 CD-ROM 『1・2・TB』に収録
・2007年07月27日 Windows用 CD-ROM 『Vista対応版
・2009年02月20日 DL版 【DMM】【DL.Getchu】【Gyutto】【DLsite
・2010年06月25日 DL版 『Piaキャロ DLセット』 【DMM】【DL.Getchu】【Gyutto】【DLsite

90年代中頃の作品で、ファミリーレストランを舞台にした恋愛シミュレーションゲーム。『Piaキャロットへようこそ!!』シリーズの一作目。

主人公「裕介(名前変更可)」は、大学進学か家業を継ぐか、進路に迷う平凡な学生である。テストで赤点を取ってしまった裕介は、父親との約束により、父の経営するファミレスで、夏休みの間アルバイト漬けの日々を送ることになった。渋々働き始める裕介だったが、従業員は美人揃いで、幼馴染の同級生、後輩も裕介を追ってバイトに加わり、やる気が一気にみなぎる。果たして裕介は、可愛い女の子ときっかけを作り、青春の思い出を作ることができるだろうか…?

ゲームシステムは、簡素な育成SLG要素と、スケジュール管理型のADVの組合せである。7月25日から8月28日までの間、休日や研修旅行を挟みつつ、午前中は自由に使い、午後から夜まではファミレスで業務に励んでいく。

主人公には「スタイル」「優しさ」「根性」「学力」といった7種類のパラメータがある。担当する仕事は、「ウェイター」「料理」「皿洗い」「倉庫整理」といった7種類で、それぞれパラメータ変化が異なり、好きな担当を自分で選ぶことができる。ヒロインを攻略するには、それぞれの性格に合わせ、特定のパラメータを伸ばしておく必要があるため、作中でのヒントを頼りに、期日までに理想の状態に仕上げていく。

さらに攻略には、普段から帰り際に話しかけたり、自由時間に散歩で出会ったり、電話したりで、イベントを1つ残らず進展させる必要がある。そのため、自力攻略となると細かいメモを取り、セーブ・ロードを繰り返し、自分なりのスケジュール表を作っていくことになる。攻略は育成要素より、こちらに比重が高い印象である。同時攻略は難しく、難易度はやや高めである。

期日までにセックスに至り、バイト最終日に電話をかけることにより、それぞれとのハッピーエンドが鑑賞できる。ヒロインは主人公を慕う後輩、気さくな同級生、従姉の担任教師、セクシーな先輩バイト、厳格なマネージャー、訳ありの客など8人である。

アダルト要素は1人あたり1、2箇所で、CGもテキストもボリュームは控えめである。その代わり、冒頭でウェイトレスの制服を3種類から選ぶことができ、他にも私服、水着姿、コスプレなど、衣装違いの立ち絵が豊富に用意されている等、ファッション面で凝っているのが印象的である。

シリーズは『2』(1997年)、『3』(2001年)、『G.O. 』(2006年)、『G.P.』(2008年)、『4』(2009年)と続く人気シリーズとなった。また、女性向けの『プリンスPia♥キャロット』(2014年)がPC、PSP向けに発売されている。

個人的な印象として、構造は旧来のADVを脱しきれていないものの、ビジュアルや雰囲気が垢抜けていて、新しい時代を感じさせる作品である。従来の恋愛物に付き物だった主人公の軽薄さ、スケベさ、遊び人的な雰囲気が薄まり、小ぎれいで健全で、お洒落な生活が眩しい。少女向けアニメのように“かわいい”で理想郷を創っていこうという、この先の純愛物の傾向がよく現れている。

調査担当

『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』 概要

variablegeo01.png variablegeo06.png
variablegeo55.pngvariablegeo27.png
©1993 GIGA
V.G. -ヴァリアブル・ジオ- (戯画)

・1993年07月09日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

90年代序盤の作品で、外食チェーン店のウェイトレスによる格闘大会をテーマにした脱衣格闘アクション。TGL傘下のブランド『戯画』のデビュー作である。

不況に苦しんでいた日本の外食産業に突如、多国籍企業「謝華グループ」から挑戦状が届いた。各外食チェーンから代表を出して闘わせ、最強のウェイトレスを決定しようというのだ。優勝したチェーン店に与えられるのは、必ず莫大な収益を生むという伝説の一等地。さらに個人には10億円の優勝賞金が支払われるという。これに参加しないチェーン店は1つもなかったが、大会は謝華グループの総帥「レイミ・謝華」が3年連続で制したまま4年目を迎える。人はいつしかこの大会を「VG(ヴァリアブル・ジオ)」と呼ぶようになっていた…。

操作やルールは当時の一般的な格闘アクションとほぼ同じだが、攻撃ボタンはパンチとキックの2つだけという簡素な仕様になっている。プレイヤーは6人の女の子の中から操作するキャラを選び、2ラウンド先取で他の5人に勝ち抜けば、個別のエンディングを鑑賞できる。ウェイトレスという設定は衣装や背景に反映されているが、戦闘スタイルは空手、忍術、レスリング、テコンドーなど普通の格闘技である。

対戦相手から1ラウンドを取ると胸などの軽い露出CGが全画面で表示され、2ラウンド先取で倒すと喘ぎや愛液の描写を含んだ脱衣CGが1枚表示されるという、先行した『人形使い』や『クイーン・オブ・デュエリスト』に比べると過激なエロスが特徴的である。また、透過するメッセージウィンドウは時代を先取りしていた。

18禁格闘アクションの流れを受け継いだ続編として『V.G.II -姫神舞闘譚-』(1994)、『V.G.CUSTOM』(1999)、『V.G.MAX』(1999)などがある一方、シリーズで最も好評を得たのは家庭用ゲーム機向けに独自の進化を遂げた『ADVANCED V.G.2』(1998)だった。00年代に入るとアダルトADVに路線変更し、『V.G.Adventure』(2000)、『V.G.Re-birth』(2001)、『V.G.NEO』(2003)などが続いている。関連商品はOVAなど。

個人的な印象として、本職のアニメーターが参加しただけあって、勇壮なOPやビジュアルパートのレベルが高く、特に印象深い。格闘ゲームとしてみても必殺技は出しやすく、動きの硬さも我慢できる程度、ストーリーモードでは6人から選べるので、上述の先行した2作品に比べるとかなり遊べる印象である。90年代前半らしさを代表する作品の一つといえるだろう。

調査担当

『きゃんきゃんバニープルミエール』 概要

cancanbp057.png cancanbp174.png
cancanbp270.png cancanbp298.png
©1992 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.
きゃんきゃんバニープルミエール (カクテルソフト)

・1992年07月30日 PC9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 MSX2/2+/TurboR用 FD版
・****年**月**日 Windows3.1/95用 CD-ROM版
・1996年04月05日 セガサターン用 CD-ROM 通常版(18禁)
・1996年12月05日 セガサターン用 CD-ROM 廉価版(18禁)

90年代序盤の作品で、神様の力を借りた主人公が女の子を次々に口説き落としていくナンパ系アドベンチャー。『きゃんきゃんバニー』(1989年)シリーズの4作目で、後にシリーズのシンボルとなるナビゲート役「スワティ」が初登場している。

主人公(名前は任意)は軽薄で冴えない男子大生。ひょんなことから天女スワティや七福神と名乗る老人達と、狭いアパートで同居をすることになり、その見返りとして女の子との縁を引き寄せる唱術をかけてもらう。すると早速、バイト先のファミレスにて、可愛いウェイトレスと美人OLに相次いで出会った。Hなことで頭が一杯の主人公は、神様達のサポートを受けながら、それぞれとデートの約束を取り付け、その先を目指していく。

ゲームシステムは、冒頭で女の子を選ぶそれまでのシリーズと異なり、ほぼ一本道のシナリオである。ファミレスでの出会いを描いた一章、ガソリンスタンドでの出会いを描いた二章、教育実習先でのエピソードを描いた三章で構成されており、それぞれ2~3人の女の子が登場する。

選択肢で好感度を上げてデートの約束を取り付け、クイズやコマンド探索などのミニゲーム要素で難関を突破できれば、ご褒美のHシーンが待っているのが基本の流れである。デートの日取りが悪かったり、選択肢を間違ったりでゲームオーバーは多いが、七福神の力で即座にやり直せるので難易度は低い。

シナリオはナンパ物だが、多少の恋愛要素もあるのが特徴的で、特に女の子の悩みを主人公の言葉が解決したり、男気をみせるシーンがあったりと、ヒロインが主人公に心を許すまでの過程が当時としては丁寧に描かれている。同年12月の『同級生』との大きな差は個別エンドの有無で、各ヒロイン達は主人公とHした後、忙しくなったり引っ越したりで、関係が自然消滅するのがお約束のパターンとなっていた。

セックスシーンはコマンド式で、沙織事件の影響からか局部の描写は省かれている。

家庭用ゲーム機に移植された際は、直接的な表現がカットされたものの、18禁のままリリースされている。続編として『きゃんきゃんバニーエクストラ』 『きゃんきゃんバニーリミテッド 5 1/2 』 『きゃんきゃんバニープルミエール2』などが続いている。

個人的な印象として、それまでのシリーズの要だったゲーム要素を薄め、ビジュアルのクオリティとヒロインのキャラクター性にこだわった作風である。シナリオ面ではナンパ物のADVにも恋愛要素が濃くなってくる過渡期にあたり、位置づけるならプレ恋愛ADVといった所か。この作品のヒットも恋愛ADVの誕生に大きな影響を与えたことだろう。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03