joker2_01.png joker2_26.png
joker2_32.png joker2_53.png
©1991 BIRDY SOFT
JOKERⅡ (バーディソフト)

・1991年12月06日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『JOKER TOWNS』に収録

90年代序盤の作品で、西部劇風の世界を舞台にしたファンタジー系のアダルトアドベンチャー。『JOKER』(同年9月)の続編。

前作の後、幼馴染「ラウラ」の行方を求め、村を全滅させた二人組の行方を追う主人公「ワイルド」と、公私ともに相棒の「ブランカ」だったが、手がかりが掴めないまま半年が経過していた。その間、西部一帯は謎の白夜で日没がない異常気象が続いていた。怪しい屋敷を突き止め、屋内を探索する二人が見たものとは・・・?

システムは前作と同じくコマンド型で、移動先に自由があるタイプの探索ADVである。今回からは行動範囲が広がり、複数の村や街、郊外の怪しい屋敷を行き来して、主に会話で情報収集していく。

シナリオは前作の伏線を回収する完結編で、復讐と幼馴染の奪還に執念を燃やす主人公と、深い絆で結ばれた女吸血鬼のコンビが、新たな街や女だけの部族で信頼を勝ち取り、情報やアイテムを得て、「JOKER」と呼ばれる謎の存在の復活を目論む敵を追っていく流れである。複数のアクションシーンや流血を含むシリアスな展開となっていた。

セックスシーンは4つほどで、商店の店主やインディアンの娘が相手である。愛撫コマンドによる寄り道プレイがなくなった他、沙織事件の影響からか、露出は主に上半身で、下は必ず下着を着用している。

個人的な印象として、前作に引き続きストーリー性重視の作風なのだが、肝心のストーリーで粗っぽい部分が目立ち、十分なカタルシスを得るのが難しい。特に終盤は急ぎ足で説明不足な印象である。『Ⅰ』が質的には良好だっただけに惜しまれる。一方ビジュアルは高水準を維持していて、緊迫した場面で見せるコマ割り風の演出が珍しい。