title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『空戦乙女-スカイヴァルキリーズX-』 概要

skyvalkyries00
skyvalkyries07skyvalkyries04skyvalkyries03
©2016 にじよめ
空戦乙女-スカイヴァルキリーズX- (にじよめ)

・2016年03月01日 事前登録開始
・2016年04月27日 『空戦乙女-スカイヴァルキリーズ-』(全年齢版) サービス開始 【昼の部
・2016年04月27日 『空戦乙女-スカイヴァルキリーズX-』(18禁版) サービス開始 【夜の部

10年代中頃にオープンしたPC/スマホ両対応のブラウザゲームで、軍用機を擬人化した女の子たちを率いて戦うソーシャルゲーム。DMM GAMESで提供されていた『空戦乙女☆ヴァージンストライク』(2014年)のリニューアル版。

基本プレイは無料で、期間限定ガチャや回復アイテム、育成サポートなどが有料である。

戦闘機を模した装備「ヴァルキリーアームズ」を身にまとい、人間をはるかに凌ぐ戦闘力をもつ女の子、「空乙女」たちが世界の軍事力と治安を担っている世界。プレイヤーは民間軍事会社(PMC)の新米社長、兼司令官として空乙女たちを率い、クライアントから依頼を引き受け、護衛や調査といった任務の中で敵対する空乙女たちと交戦していく。

ゲームシステムはターン制のコマンドバトルと、ソーシャルゲーム系のRPG要素の組み合わせである。ガチャで女の子たちを集め、5人を選んでユニットを編成し、時間経過で回復する燃料(行動力)を消費して出撃、勝利することでストーリーを進展させていく。出撃は一回一回が戦闘になっているタイプで、対人要素の「演習」と合わせ、簡素なコマンドバトルの連続をこなしていくことになる。

空乙女たちには、モデルとなった軍用機に応じて「戦闘タイプ」「攻撃タイプ」「爆撃タイプ」という三つの属性があり、ジャンケンのような三すくみになっている。敵の属性は戦闘前から分かるので、敵に合わせて編成を手直しし、固有のスキルを交えて戦闘を有利に進める点が戦術要素になっている。

登場する機体はF-14トムキャット、三菱F-1、B-52、Me262シュワルベ、UH-1イロコイといった近現代の戦闘機や攻撃機、爆撃機、軍用ヘリなどである。ストーリーは独特のシュールで緩い世界を舞台に、主人公たちが犯罪組織や敵対する国同士の争いに巻き込まれていくコミカルな展開となっていた。

アダルト要素は空乙女にプレゼントを贈り、親密度をMAXにした時に生じるHシーンである。CG一枚にタップに合わせた音声、動き、吹き出しなどが施されている。

この作品以前に、DMM GAMESで提供されていた『空戦乙女☆ヴァージンストライク』(2014年)という作品があり、本作品の原型となっている。この時、2015年12月のサービス終了後も公式Twitterが毒のある本音トークを展開し、特に企画チームの内情暴露と非難を含む、通称「バックれたPM」がネット上で小さな話題となった。リニューアル後も、公式Twitterは同じアカウントのまま続投している。

個人的な印象としては、一通りの要素が揃っており、ヒロイン達の個性も光っているが、手動で地味なコマンドバトルは古めかしく、やや億劫である。PCブラウザからでは画質が粗く、操作の忙しさからタップが恋しくなるので、スマートフォンからのプレイをお勧めしたい。

※追記 10/19のアップデートで戦闘にオート機能がつき、サクサクの操作性になりました。


公式サイト
http://www.nijiyome.jp/app/top/kusen_otome_x

 
調査担当

『パトリアークエクスタシー』 概要

patriarchxtasy00
patriarchxtasy12patriarchxtasy11
patriarchxtasy09patriarchxtasy08
©2014 GameUS Corp. All Rights Reserved.
パトリアークエクスタシー (DMMゲームズ)

・2014年09月02日 正式サービス開始 【DMM

10年代中頃にオープンしたPC向け、オンラインのフライトシューティングゲーム。18禁の美少女コンテンツと組み合わされており、他に類を見ないアダルトカテゴリーの空戦MMOである。

基本プレイは無料で、プレミアム機体や育成サポート、ウィングガール(僚機)のガチャ等が有料となっている。ブラウザ型ではなく、DMM提供のゲームランチャーを介したインストールが必須である。

韓国GameUS社の開発したフライトシューティングRPG『Heroes in the Sky』(2008年)、及びリニューアルの『ヒーローズインザスカイ・パトリオット』(2012年)という一般ゲーム(通称H.I.S)が土台になっている。パトリオットからは萌え要素が積極的に取り入れられており、本作品は更にアダルト要素を付加した形である。H.I.Sパトリオットのサービスは2016年現在も続いており、本作品は内容の基幹部分を流用しながらも、別のゲームとして扱われている。

シナリオは第二次大戦が舞台となっており、1930年代~40年代の英国、ドイツ、イタリア、ソ連、日本、米国の実在機、珍機、図面のみの幻の機体などが登場する。追尾ミサイルや痛塗装などもあり、考証はかなり緩い。プレイヤーは最初に連合国側か枢軸国側か所属を選び、敵味方に分かれて戦果を競っていく。

ゲームシステムは一般的なフライトシューティング要素と、MMORPG風の育成要素、ノベルゲーム風のアダルト要素の組み合わせである。

フライトシューティング部分は、他社よりも簡素で取っ付きやすい操作、軽快なゲーム性を優先しているイメージである。例えば無茶な機動をしてもさほど失速がなく、地面に接触しても少しダメージを受ける程度、弾は驚くほど当たりやすい。プレイヤーは一人、もしくは仲間と編隊を組んで敵機の殲滅や、地上の攻撃目標の破壊といった対NPCのミッションをこなしていく。対人要素もあり、大規模なチーム戦も可能である。

ミッションやクエスト(課題)をこなすことでLVが上がり、戦闘機や管制機(双発戦闘機や偵察機)、爆撃機の開発ツリーが徐々に開放され、新しい機体が入手可能になる。各機にはエンジンやプロペラ、機銃、装甲、爆弾、塗装などの装備スロットがあり、購入やドロップで手に入れたパーツを装備していく。装備品の強化・新規設計や、スキルの開発要素もあり、育成要素はMMORPGに近い。

アダルト要素は「軍娘」と呼ばれる女性パイロット、整備士、酒場の娘、士官などの好感度をMAXにした際に発生するHシーンである。静止画一枚に簡単なテキスト、ボイス、差分がついている。Hシーンを見るには、彼女たちの宿舎に通って依頼をこなしたり、ドロップ品のプレゼントを与えたりする必要があるが、有料のプレゼントで手間を省くことも可能である。

個人的な印象としては、一般ゲームで世界的に名の知れた作品が土台になっているだけあって、少々古臭いが、アダルトゲームとは比べ物にならない程ゲーム性は良く、かなり遊べる印象である。一方、アダルト要素はブラウザゲーム並で、メインコンテンツと比べると貧相である。物珍しさはあるが、存分に楽しみたいならイベントの頻度が高く、人数的に賑やかな本家の方をお勧めしたい。

公式サイト
http://p-xtasy.dmm.co.jp


調査担当

『Quiz of Walkure ~X指定~』 概要

qowr00qowr04
qowr02qowr01
『Quiz of Walkure』(C) DMMゲームズ
Quiz of Walkure ~X指定~ (DMM GAMES/PINK STAR)

・2013年11月20日 『Quiz of Walkure』 サービス開始 【DMM
・2013年11月20日 『Quiz of Walkure ~X指定~』 サービス開始 【DMM.R18
・2015年03月10日 『Quiz of Walkure ~X指定~ for Android』 サービス開始 【DMM.R18
・2016年09月30日 サービス終了予定

10年代序盤にスタートしたPCブラウザ向けのオンラインゲームで、ソーシャルゲーム系のカードバトル要素と融合したクイズゲーム。10年代序盤に一世を風靡した『Walkure』シリーズの一つである。

基本プレイは無料で、レアガチャや各種サポートに使うDMMポイントが有料となっていた。

中世ファンタジー風の世界。戦乙女ワルキューレを率いるマスターとしての能力を見込まれ、陽気な妖精「リーディ」と旅することになった主人公(名前は任意)。二人は世界を救うため、人々を苦しめる山賊やモンスターを退治しながら、あちこちに潜在するワルキューレの素質をもった女の子と出会い、バトルで力を認めさせ、セックスで絶頂に導くことで彼女たちの力の覚醒を促していく。

ゲームシステムはソーシャルゲーム系のカードバトル要素と、クイズゲーム要素の組み合わせである。基本的には普通のソーシャルゲームと同じで、ガチャで手札を充実させ、コストの範囲内でデッキを編成し、時間経過で回復するスタミナを消費しながらストーリーを進めていく。UIやカード進化などのスタイルは本家の『Load of Walkure』とそっくりで、世界観なども共通している。

特徴的なのは、ストーリーや対人で発生する戦闘がクイズになっていて、正解できれば攻撃できる点である。最初に問題ジャンルを選択することになるが、このジャンルにランダムで赤、青、緑、黄の属性が指定されている。敵ごとに残り耐久と弱点となる属性が明示されており、デッキの編成によって攻撃力の高い属性、低い属性に偏りがあり、プレイヤーにも得意不得意のジャンルがあるため、このジャンル選択で悩むことになる。

他に回答までの時間が短いことによるボーナス、連続正解で繋がるコンボ、各カードの固有スキルなどがあり、育成と合わせてゲーム要素となっていた。

クイズは全て4択問題で、ジャンルは文系、理系、芸能、スポーツ、雑学、アニメ&ゲーム、アダルトの7種類である。個人的には、序盤は中学校レベルの常識問題だが、ストーリーの進展や対人の段位が上がる毎に難度が上がっていき、中盤以降は高度な教養やマニアックな知識が要求される問題が増えていく印象である。

カードはN、UC、R、SR等のようにレアリティが分かれていて、アダルト要素はUC以上の同じカードを4枚集めて合成したときに発生する。1キャラにつき1シーン、ボイスあり、差分なし、動きなしのCG1枚となっていた。本家とはキャラクターもCGも異なり、オリジナルの書き下ろし作品である。

同じく世界観を共有する作品として、『麻雀 of Walkure ~X指定~』が2週間ほど先行してリリースされている。

個人的には、ソーシャルゲームにクイズゲームを上手くミックスした作品で、戦闘もサクサク進み、ゲーム性もそれなりに高く、短期的には本家よりも楽しかった。ただ、暇つぶし用の軽いゲーム性が好まれるソーシャルゲームの中では、ややゴツくストレスを感じるかもしれない。雑学好きとしては惜しまれる作品である。


調査担当

『トロイア戦姫』 概要

troyasenki00.jpg
troyasenki06.jpgtroyasenki02.jpg
troyasenki01.jpgtroyasenki09.jpg
©DMMゲームズ
トロイア戦姫 (DMMゲームズ)

・2015年02月05日 トライアルテスト開始
・2015年03月03日 正式サービス開始 【DMM
・2015年08月28日 サービス終了

10年代中盤にオープンしたオンラインゲームで、ギリシャ神話の世界を舞台に二大勢力の衝突を描くMMORPG。アダルトADV風のセックスシーンを盛り込んだ珍しいアダルトMMOである。

元々は韓国の『ALT1』社により開発されていた『TROY』という硬派なMMOが土台になっていて、それに日本流のアダルト要素を付加し、一部をアレンジしたものである。オリジナルは2011~2012年にかけて韓国内でクローズドβが公開されたものの、続報が絶えていたようだ。

ゲームシステムは00年代に流行したMMOの王道といった感じで、基本はモンスター狩りやクエストをこなしてレベルを上げ、スキルを強化したり行動範囲を広げていくアクションRPGである。ギルドやショップの開店、パーティプレイ、装備の改造など、一般的なMMO要素は一通り揃っている印象である。また、狩りや移動の自動化、遠隔地でのクエストの報告など、手間要らずで簡便な操作性を志向している。基本プレイは無料で、育成補助や装備品、アイテム欄の拡張などの一部のアイテムが有料である。

MMO側の目玉となっているのが「戦争」要素で、プレイヤーはキャラクター作成時にトロイ陣営かスパルタ陣営に振り分けられ、それぞれ別のフィールドで育成することになる。戦争は「占領戦」「殲滅戦」などの種類があり、公開されたスケジュールに沿って進行する。参加を表明すると専用フィールドにワープさせられ、レベル帯毎に分かれて10分程度の対人戦を行うことになる。これとは別に「全面戦争」という全員参加型の大規模戦も一週間に一度起こる。

アダルト要素は専用のアイテムをモンスタードロップで集め、「魔法の本」と呼ばれるビジュアルパートを開放した際に起こる。内容は過去の戦争にまつわる女の子達の記録で、シスターや女戦士、女盗賊などが登場し、静止画とボイスの組み合わせで濃厚なセックスが描かれる。女の子一人当たり5段階のショートストーリーになっていて、一部に陵辱や強姦描写を含むが、最終的には望む相手とのハッピーエンドを迎えることが多いようだ。

また、フィールド上でも「戦乙女の概念」という女性の姿の雑魚キャラに限り、ダメージを与える毎に衣服がはだけ、倒した後はプレイヤーキャラが正常位で腰を振るという、死姦(?)のようなオマケ要素を備えている。

個人的な印象として、神話の世界を描いたアルカイックな世界観と、中世ファンタジー風のアダルト要素のミスマッチが気になり、女の子達もプレイヤーに関わらないので愛着が湧きにくい。対人戦は頻度が高く、ハマればそれなりに楽しめるメインコンテンツに仕上がっている一方、装備品にレベル制限がないので新規プレイヤーにはハードルが高そうだ。プレイヤー同士の交流も6月時点では賑やかな雰囲気とは言いがたい。試みとしては斬新で、「アダルトMMORPG」としては世界初かもしれない。

調査担当

『グリザイアの安息』 概要

grisaiaas00.jpggrisaiaas01.jpg
grisaiaas04.jpggrisaiaas05.jpg
©Frontwing/DMMゲームズ
グリザイアの安息 (DMMオンラインゲーム)

・2013年09月25日 正式サービス開始
・2014年07月22日 サービス終了

DMM.comが運営するアダルトオンラインゲームの一つで、FrontWingのヒット作『グリザイア』シリーズを元にしたソーシャルゲームタイプのカードバトルRPG。

基本プレイは無料で、体力回復やレア用ガチャに使える消費アイテム「メロンパン」が有料である。Webブラウザ版の公開が先だが、後にスマートフォンにも対応しており、アカウントはPC版と共用となった。

システムはモバイルゲームによくあるカードバトルのRPGで、時間経過によって回復する体力をやり繰りしてMissionを進行し、レベルを上げていく流れである。その合間にガチャでカードを集め、デッキと呼ばれる戦闘用の手札を拡充し、他のプレイヤーたちと対戦、勝利する事でさらなる強化ポイントを獲得していく。Missionでのデフォルメキャラ達によるスロット風の予告演出が特徴的である。

基本のシナリオは『グリザイアの果実』『グリザイアの迷宮』を元にしたもので、ヒロイン毎にステージが設定されており、各ヒロインが主人公「雄二」と出会い、打ち解けていくまでの流れをダイジェスト風になぞっていく展開である。

作中にアダルトシーンはないが、『果実』『迷宮』『楽園』三部作の濃厚なHシーンがそのままレアカードになっており、条件を整えて「進化」させることで絵柄と潜在能力が変化する点が魅力となっている。また、本作品用のオリジナルとなるCGも用意されている他、月刊誌との連動やFrontWing作品に同梱されたシリアル等、限定カードに関する企画が多数用意されていた。

「動く」「触れる」「ボイス有り」等、抜きゲを志向するアダルトソーシャルゲームが次々と登場している中、本作品は人気シリーズのコミカルな部分とキャラクター性に焦点を当てた作風で、エロさやシナリオ性は低い。一方、無料でもサクサクと進められる敷居の低さ、空いた時間に進められる軽いゲーム性を志向している印象である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03