title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ジオスレイブ ~哀奴達の肖像~』 概要

geoslave00geoslave01
geoslave02geoslave06
©1996 Sorcière
ジオスレイブ ~哀奴達の肖像~ (ソルシエール)

・1996年11月15日 PC-9801用 3.5インチFD版

90年代中頃の作品で、奴隷の少女達を鍛え上げ、剣闘試合の世界で成り上がっていく育成シミュレーションゲーム。『ペルソナ ~淫虐の仮面~』に続くソルシエールの二作目。

舞台は中世風の街。この街には、スレイブ・タクティクスと呼ばれる奴隷同士の剣技試合があり、賭けの対象として人々の娯楽となっていた。主人公「アッシュ」は、奴隷試合の元締めとして巨利を得ていた父親に反発し、家を飛び出した。彼は奴隷制度そのものを無くす為、奴隷として売り物にされている少女達を「仲間」として集め、厳しい訓練を課して一流の戦士に仕上げ、奴隷試合で勝ち抜いていく。

ゲームシステムは、育成SLGとカードバトル風の戦闘の組み合わせである。100日間の間、所有する少女の元に毎日通い、「ランニング」「素振り」「ウェイトリフト」といった訓練でパラメータを伸ばしたり、会話で親密度を上げたり、酒場や建設現場で働かせて金銭を得たり、休ませたりしていく。

10日毎に闘技場で一対一の試合が行われ、「斬」「突」「避」といった、ランダムに配られる手札を使って勝負していく。カードの組合せによって大技を繰り出すことができるため、多少の劣勢でも逆転できる戦略要素をもっている。

また、新しい奴隷を入手したり、個別のグッドエンドを迎えるために、訓練後に街に繰り出し、人々との会話イベントをくまなく進展させなければならない。イベントの発生期間が短く、頻度は高いため、フラグを取り逃がし易く、自力攻略にはマメさが必要となる。自分なりのスケジュール表を作っていく、スケジュール管理型ゲームの一面を持っているといえる。

シナリオは、若い正義感に溢れた主人公が、自ら奴隷を苦しめていることに葛藤しつつ、奴隷達と徐々に信頼関係を築き、闘技場で成り上がっていくと同時に、街の不穏な噂や父親の過去に関する謎に迫っていく展開となっている。

ヒロインは、翼を折られた有翼人種の少女、試合で勝ち取った褐色の美人、奴隷市場で買い取った和風のお姫様、主人公を慕い、自ら志願して仲間となった修道女の4人である。

アダルト要素は1人あたり4箇所あり、会話イベントと訓練を進めることで開放されていく。マジックアイテムの力により、ヒロインの悲惨な過去を覗いてしまう第一段階、ヒロインが媚薬の後遺症に苦しみ、主人公がペッティングで落ち着かせる第二段階、ヒロインに懇願され、本番行為にいたる第三段階、個別エンド確定後、幸せなセックスにいたる第四段階となっている。他に、闘技場での試合相手が女性だった場合にもHシーンが起こる。

当時流行の、陵辱要素も備えた育成SLGである。個人的には、ビジュアルのレベルが高く、育成の自由度が高く、ゲーム性に光るものを感じるものの、あと一歩の所でツメが甘い印象である。例えば、パラメータの多くが効果を実感し辛く、大半は無視できてしまう点、街の散策が単調で手間のかかる点、シリアスな作品なため、設定の緩さや倫理の綻びが目立ってしまう点などで、潜在力はあるものの、色々と惜しい作品である。


調査担当

『プリゲット+~輝く夜の姫物語~』 概要

pgtp06
pgtp00pgtp04
pgtp05pgtp06
©2013 TSUTAYA Co., Ltd.
プリゲット+~輝く夜の姫物語~ (TSUTAYAオンラインゲーム)

・2012年04月05日 moeGにて フィーチャーフォン向けサービス開始 【moeG
・2013年02月14日 moeGにて スマホに対応
・2015年04月28日 TSUTAYAオンラインゲームにて PC/mobile向け サービス開始 【TSUTAYA
・2016年08月31日 moeGの閉鎖に伴いサービス終了
・2016年09月12日 TSUTAYAオンラインゲーム版 サービス終了

10年代序盤にオープンしたオンラインゲームで、中世ファンタジー風の世界を旅してお姫様を助け、仲間にしていくソーシャルゲーム系のカードバトル。

日本最古のアダルトソーシャルゲーム『プリゲット』(2010年)の派生作品であり、日本初のアダルトソーシャルゲーム専門プラットフォーム『moeG(モエゲーム)』が誕生した際に、その看板タイトルを長く務め、TSUTAYAオンラインゲームが18禁に進出した際も、やはりそのデビューを飾るなど、不思議と一番乗りの多かったゲームである。ついでにTSUTAYA.R18で最も早くサービス終了した作品となった。

基本プレイは無料で、レアガチャや一部のサポートアイテムが有料である。登場した当初はフィーチャーフォン(ガラケー)向けのサービスのみだったが、最終的にスマホ、PCと対応範囲を広げた。

プレイヤーはナビゲート役のプリシアと共に旅する王子様となり、魔物を退治して捕まったお姫様を救出していく。助けた姫は仲間となり、調教(合成)や絶頂(進化)を繰り返すことでパワーアップしていく、といった筋書きである。

システムはソーシャルゲームで一般的なカードバトル系のRPGで、時間経過で回復する体力を消費しながら、クエストをこなしてストーリーを進展させていく仕組みである。ドロップやガチャで手に入れた姫たちの中から5人を選び、デッキを編成してボス戦や対人戦に備えていく。

特徴的なのは「奪い合い」要素がある点で、6つ集めると大きな報酬が貰える欠片を完成させるため、攻撃用デッキと防衛用の二つのデッキを用意して対人に備えなければならない。モバゲーの大ヒット作『怪盗ロワイヤル』(2009年)を感じさせる作りで、これ以後のアダルトソーシャルゲームでも広く流行している。

数日間やってみた印象としては、いかにも10年代序盤のソシャゲといった感じで、モバイルの狭い画面、ハードの厳しい制約の中で生まれたことが伝わってくる作品である。いまだにサービスが続いている本家『プリゲット』は、さながら生きた化石といえるだろう。デバイスとエロゲの新天地に旗を立て、荒波にもまれて数奇な生涯を送った作品だった。


調査担当

『ばにぃはんたぁ零』 概要

bnhtz00bnhtz01
bnhtz03bnhtz02
©1995 JANIS
ばにぃはんたぁ零 (JANIS/すたじお実験室)

・1995年04月28日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1996年07月12日 Windows3.1/95/Macintosh用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、平凡な会社員が変身ヒーローになって謎の組織と戦う、ギャグタッチのアダルトアドベンチャー。開発は法人化前の「すたじお実験室」、販売はスペースプロジェクト系列の「JANIS」である。

舞台は現代の日本。主人公「零一」は平凡なサラリーマンである。経理部長である父親が会社の金を持ち逃げした件で追求された零一は、父の無実を証明するため捜査を始めるが、突然、謎のバニーガール集団「ネオバニー」に襲われる。公衆の面前で恥辱を受けそうになる寸前、駆け込んだブティックで出会ったのは、伝説の英雄が愛用した黒いマタドールスーツだった。スーツに込められた愛と情熱で変身した零一は、「バニーハンター零」としてネオバニーの刺客たちを返り討ちにし、Hなお仕置きで心を開かせ、事件の手がかりを掴んでいく。

システムはコマンド選択式で、移動先に自由があるタイプの探索ADVである。しかし終盤にはマルチエンド用に多少の選択肢もあり、さらにカードバトル要素とも組み合わされている。基本的には、会社やタバコ屋、自宅、商店街、学校といった移動先を巡回し、「Look」や「Talk」といったコマンドを総当りすることで新しい情報やアイテムを入手し、突発的なバトルに勝利することで、物語を進展させていく一本道の展開である。

カードバトルは「バトルスキンパニック」(1988年)のように、手札の数字の大小を競うシンプルなものである。運頼みな面もあり、ゲーム性はさほどない。負けてもその場からやり直せるので、難易度は易しい。

シナリオは、平凡で冴えない青年の主人公が、服の力を借りてキザで情熱的なヒーローに変身し、セーラー服や体操着、コマンドー風、下着姿、ナース服の女の子達を撃退していくバトル物である。とぼけた設定や勢いまかせの超展開が多く、作風は非常にコミカルである。

ヒロインは毎回どこからともなく現れ、主人公のピンチを救っていく「プリンセスバニー」の他、ラスト付近の選択肢の選び方によっては、敵のバニーや会社の先輩、銭湯の未亡人&娘と結ばれる個別エンドが用意されていた。アダルトシーンは同意を得ないまま押し倒したり、拘束するケースもあるが、おおむね和姦で行為はソフトである。

関連商品は小説版、フォトCD、マウスパッドなどがある。

個人的な印象としては、ストーリーは短く、ゲーム性もあまりないが、軽快なテンポとおバカなノリ、高クオリティなビジュアルが揃った魅力的な作品である。銭湯の母娘のHシーンは親子丼となっていて、後に一般的な題材となるが、時期的にかなり珍しいのではないだろうか。


調査担当

『レッスルエンジェルス』 概要

wrestleangels05.png wrestleangels13.png
wrestleangels26.png wrestleangels39.png
©1992 GREAT
レッスルエンジェルス (GREAT)

・1992年02月15日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1995年08月25日 PC-9801用 3.5インチFD 『レッスルエンジェルスV1』(全年齢)

「女子プロレス」をテーマにしたカードバトルシリーズの一作目。一般向け(非アダルト)に分類される作品だが、ソフ倫の設立前の規制が曖昧な時代で、敗北した選手には脱衣CGが用意されていた。

「マイティ祐希子」を始めとする、若手の新鋭レスラー5人組は、新日本女子プロレスのトップとして、国内王者の座に甘んじる「パンサー理沙子」に反旗を翻した。彼女達の目標は、世界ヘビー級王者の証「アテナ・クラウン」ただ一つ。行く手に立ちはだかる強敵達をなぎ倒し、戦いの舞台は世界へと広がっていく。

システムの目玉は投げ技、極め技、打撃技、飛び技の4種の中から、選手の適正に合わせて手札を選択していくカードバトルゲームで、手札ごとに難易度に応じたプロレス技を指定することが出来、フォール技や関節技ギブアップ、ターンパスや体力自然回復と組み合わせて、高いゲーム性を備えていた。

メインシナリオは団体戦やタッグマッチ、ソロリーグ戦と様々な試合形式で、8人の若手選手の中から冒頭で5人、その中から試合に出るメンバーを選んでいく流れである。選手には試合毎にボーナスポイントが与えられ、ステータスに振り分けたり、新技を覚えたりと、お気に入りキャラの育成要素も備えていた。また、試合後にはプレイヤーの勝ち負けに関わらず、負けたチームの代表1人の脱衣CG一枚が表示されるアダルト要素を含んでいた。

人気シリーズとなった本作は、『レッスルエンジェルス3』(1993年)で脱衣無し、経営シミュレーションを取り入れた、非アダルトのバトルゲームへと方向転換し、SFC、PCエンジン、PS2などの家庭用ゲーム機版、iモード用アプリなどへ幅広く展開している。一方、正式な18禁指定のアダルトゲームとしては、4作目の『レッスルエンジェルスSPECIAL』(1994年)が最初で最後となった。

関連商品はドラマCD、コミック、小説版などがある他、本作の登場人物達が野球などに挑戦するPCゲーム『DOKIDOKIぷりてぃリーグ』のシリーズが存在する。

格闘技を扱った「脱衣物」として見た場合、本作以前に『バトルスキンパニック』(1989)があり、カードバトルなのも共通しているが、"負ければ脱ぐ"という脱衣麻雀式の構造は本作からで、アクション格闘ゲーム『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』(1993)などに受け継がれている。

調査担当

『バトルスキンパニック』 概要

battlesp00 battlesp04
battlesp02 bsp03
©1989 GAINAX
バトルスキンパニック (ガイナックス)

・1989年12月**日 PC-8801用 FD版
・1991年02月07日 PC-9801用 5インチFD/3.5インチFD 『SUPERバトルスキンパニック』
・1993年**月**日 MSX2用 FD 『MIGHTYバトルスキンパニック』
・1993年09月21日 PC-9821用 5インチFD/3.5インチFD 『バトルスキンパニック9821』
・2010年10月19日 DL販売開始 『SUPERバトルスキンパニック』 【EGG
・2011年02月22日 DL販売開始 『バトルスキンパニック』 【EGG
・2011年08月09日 DL販売開始 『MIGHTYバトルスキンパニック』 【EGG

電脳学園』に続く、アニメ制作会社『ガイナックス』のPCゲーム進出第二弾で、カードバトルを取り入れたアダルトアドベンチャー。

ある日、男子学生の主人公(名前は任意)の通うクラスに、南米ペルーからの転校生、「坂東ミミ」がやってきた。すぐに仲良くなり、いい雰囲気になる二人。しかし、ミミには隠している秘密があった。彼女は脱げば脱ぐほど強くなる「裸神活殺拳」の伝承者だったのだ。その恥ずかしさから、普通の女の子として暮らしたいミミの気持ちと裏腹に、次々と現れる刺客達。平凡な学生の主人公は、ミミの持つ伝承者の証「ブルー・ロブ・スター」を巡る戦いに巻き込まれていく。

ゲームシステムは、簡単なADVとカードバトルの組み合わせである。ADVパートは移動先に自由がない一本道で、「LOOK」「MOVE」「TALK」の三種のコマンドがあるが、適当に総当りしていればサクサクと進行するので、ゲーム性はない。

一方、カードバトルは手札の中から状況に合わせ、一枚ずつ場にカードを出して、お互いのHPを削りあっていく当時流行のゲームである。攻撃、防御、回復などの種類があり、数字が大きい程効果が大きくなる。

ユニークなのは「脱衣」と「恥」カードの存在で、女の子達は脱げば脱ぐほど攻撃力が上がる一方、羞恥心も増していく。羞恥心が一定以上になると動けなくなるため、脱いで速攻勝負をかける、あるいは「恥」カードで相手を煽り、羞恥心を増やして戦闘不能にする、といった戦略要素があった。勝負は運頼みの面もあり、勝つのはかなり難しいが、無制限にコンティニューできるので、時間さえかければなんとかクリアできる。

シナリオは、テンポの良い荒唐無稽なギャグ作品で、雰囲気は少年誌のお色気漫画のノリに近く、脱衣以上のアダルト描写はない。ただし沙織事件やソフ倫設立以前の曖昧な自主規制の時代で、アンダーヘアや縦すじが描かれている。(MSX2版、PC-9821版では修正)

1対1の格闘技を扱った脱衣ゲームとして、おそらく最古の作品である。カードバトルはその後、女子プロレスを題材にした『レッスルエンジェルス』(1992年)のシリーズがヒットを記録し、『ばにぃはんたぁ零』(1995年)、『ジオスレイブ』(1996年)を生むなど、アダルトゲームでもそこそこ流行した。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03