title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『プリンセスメーカー』 概要

princessmaker01.png princessmaker08.png
princessmaker31.png princessmaker20.png
©1991 GAINAX Co.,Ltd.
プリンセスメーカー (ガイナックス)

・1991年05月24日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1991年12月13日 DOS/V用 3.5インチFD版
・1992年05月31日 MSX2/2+/turbo用 FD版
・1995年01月03日 PCエンジン用 CD-ROM 『プリンセスメーカー1
・1997年01月31日 X68000用 FD版
・2002年12月06日 Windows用 CD-ROM 『プリンセスメーカークラシック
・2004年08月06日 Windows用 CD-ROM クラシック廉価版
・2003年01月31日 iアプリ版 配信開始
・2003年03月06日 Windows用 CD-ROM 『リファイン版
・2004年04月28日 PlayStation 2用 通常版
・2005年10月20日 PlayStation 2用 廉価版
・2007年03月03日 Windows用 DVD-ROM 『メモリアルボックス
・2007年09月28日 Windows用 DVD-ROM 『メモリアルボックス with 公式ガイドブック

90年代序盤の作品で、一人娘の育成をテーマにしたシミュレーションゲーム。「育成SLG」というジャンルを開拓し、以後のゲームに大きな影響を与えた。

中世ファンタジー風の世界。魔王の軍勢から王国を救った勇者である主人公(名前は任意)は、人々に歓喜をもって迎えられるが、自身の栄達を望まず、戦災孤児となった子供の育成を国王に申し出る。数日後、1人の少女が主人公の屋敷に引き取られた。真っ白な状態で様々な可能性を秘めた10才の女の子。果たして彼女はどんな人生を歩むのか…。

1人の女の子を、10才の4月から18才の3月までスケジュール管理していく育成ゲームである。女の子の顔は変えられないが、名前や生年月日、血液型などは任意で、衣装も立ち絵1つにつき4種類パターンがあり、好きな時に変更できる。

「体力」「気品」「色気」「知識」「疲労」など16項目の基本パラメータ、身長・体重といったプロポーション要素があり、有料の各種授業や、「木こり」「酒場」「メイド」といったアルバイト、RPG風の2Dフィールド探索をこなして変動させ、理想の状態に近づけていく。ミスコンや武闘会で優勝したり、試験に合格して資格が取れれば「評価」が上がり、将来は明るいものになっていく。

18才の春に最も高いパラメータや「評価」により判定され、「農家の妻」「近衛隊長」「魔導師」「詐欺師」「娼婦」「尼僧」といった30種類ものエンディングを迎える。高評価の「プリンセス」「女王」を目指すのが一般的な目標だが、特定のエンディングを目指したり、スケジュールの効率化を極めたりと、やり込み要素があるのが特徴的である。

シリーズが家庭用ゲーム機に定着した関係で一般ゲームに分類される作品だが、当初のPC-98版の頃は非アダルト、アダルトの境界が曖昧だったこともあり、トップレスの敵キャラが登場したり、娘を娼婦として働かせることができたり、裏技として娘の全裸CGが10才から18才まで全ての立ち絵に用意されていたりと、アダルトな描写が所々に見られる。

続編として『プリンセスメーカー2』(1993)、『プリンセスメーカー ゆめみる妖精』(1997)、『プリンセスメーカーQ』(2001)、『プリンセスメーカー4』(2005)、『プリンセスメーカー5』(2007)が続いている他、復刻版や派生作品、スクリーンセーバーやサントラなど関連グッズも多い。

個人的には、突発イベントやストーリー性に乏しい点を除くと、後の育成SLGと骨格はさほど変わらないのが印象的である。同ジャンルは全年齢向け美少女ゲームの定番の1つとなった他、調教モノなどのアダルトゲームの派生も生んでいる。また、憶測だが「スケジュール管理」をゲーム性にする手法はエルフのヒット作にも間接的に影響したかもしれない。

調査担当

『電脳学園II ハイウェイバスター!!』 概要

dennoug2_07.png dennoug2_27.png
dennoug2_35.png dennoug2_14.png
©1989 GAINAX
電脳学園II ハイウェイバスター!! (ガイナックス)

・1989年12月10日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版
・2005年03月04日 Windows用 DL販売開始 【ProjectEGG

80年代末の作品で、バイクをテーマしたストーリー仕立ての脱衣クイズゲーム。『電脳学園』(1989)の続編。

近ごろ首都高で連続する交通事故の裏には、謎のライダーの暗躍があった。「ハイウェイバスター」を名乗るそのバイク乗りは、走行中の車にクイズを浴びせ、答えられない者を地獄へ葬るというのだ。電脳学園の校長から依頼を受けた主人公は、さっそく退治のために動き始めるが、いかんせん免許も持っていない状態。まずは学園内を巡って対決に必要なバイクや知識を集めていく。

ストーリーは前作と繋がっており、主人公は共通で、前作のヒロイン達も脇役として登場する。コマンドADV風の探索パートで重要アイテムを見つけ、婦警さん、峠の女王等と出会ってクイズで対戦していく一本道の展開である。

クイズは1ラウンドあたり25問出題され、20問以上正解できれば全画面で脱衣CGが表示される。CGは1人あたり5段階で、最終的に全裸となった。出題ジャンルは交通ルールの他、車やバイクに関する部品、歴史、スポーツ、映画、アニメの話題などで、ほぼ車・バイク関連の話題で統一されている。難易度は常識程度からマニアックなものまで幅のある作りとなっていた。

続編として『電脳学園Ⅲ トップをねらえ!』(1990)、『電脳学園IV エイプハンターJ』(1991)が続いている。

登場する女の子は3人とも画風が違い、キャラクターデザイン・原画に当時人気の漫画家、イラストレーターが参加していた。そのためか、女の子だけでなく背景やメカにも非常に凝った描写が印象的である。

調査担当

『電脳学園』 概要

電脳学園 電脳学園
電脳学園 電脳学園
©1989 GAINAX
電脳学園 (GAINAX)

・1989年07月15日 PC-8801用 FD版
・1989年07月15日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1989年07月15日 MSX2/MSX2+用 FD版
・1990年11月10日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版 『Ver.2』
・2000年**月**日 Windows/Macintosh用 CD-ROM 『電脳学園ミレニアム』 (イベント・通販のみ)
・2005年03月04日 ダウンロード販売開始 【Project EGG

80年代末期の作品で、学園を舞台に3人の女の子と対決していく脱衣クイズゲーム。アニメ制作会社として既に有名だったガイナックスのゲームデビュー作である。また、翌年にリメイクされた『Ver.2』では、宮崎県から有害図書指定を受け、裁判にもつれこんだことから非常に知名度が高い。

三千年の歴史を誇る「電脳学園」の特別受講生に選ばれたあなたは、生徒の中から選りすぐられた3人の女講師により、特別授業を受けることになった。果たしてあなたはすべての授業を合格し、電脳博士号の称号と彼女たちの祝福を受けることができるだろうか・・・?

基本画面は探索アドベンチャー風になっており、コマンドで学園内を歩き回って情報を集め、対戦相手の女の子を見つけて勝負を挑むという演出が取られているが、実際はさほど自由がなく、内容は一本道のシンプルなクイズゲームである。

クイズはすべて○×クイズで、25問ごとに出題が区切られており、20問以上正解であればご褒美CGが全画面で表示される。CGは5段階あり、ステージが進むにつれて露出度が上がる仕組みで、最終的に全裸となった。女の子は優等生風の眼鏡の女の子、活発なスポーツ少女、巨乳のお嬢様の3人である。

出題ジャンルはアニメ、ゲーム、特撮、映画、文学、パソコン用語、動物、宇宙科学などの中からランダムだが、特にアニメ関係の比重が非常に高く、ゲーム中でもオタク向けのクイズである事が語られている。難易度は易しいものからマニアックなものまで様々だった。

アダルト要素は脱衣まででセックス描写はなく、他より特に過激ということはないが、当時わいせつ物として取締りの対象になっていた陰毛の表現があり、特にリメイク版の『Ver.2』からは露骨に描かれているのが特徴的である。(ただし、1991年頃からヘアヌード写真集は黙認の形で解禁され、ブームになっている。)

1992年7月、宮崎県が「宮崎県における青少年の健全な育成に関する条例」に基づいて、PCソフト数作品を有害図書に指定した。この中に『Ver.2』も含まれており、ガイナックス側は取り消しを求めて宮崎県を提訴したが、指定が覆されることはなかった。発端はメーカーが成人指定の独特の解釈により、18禁の明示をしていなかった点にあったと思われる。

この事件はアダルト、非アダルトの境界や、無修正の定義を曖昧にしてきた業界全体に危機感を与え、自主規制団体『ソフ倫』の発足を促すこととなり、規制が各社独自の裁量に任されていた時代は終わりを告げた。

調査担当

『バトルスキンパニック』 概要

battlesp00 battlesp04
battlesp02 bsp03
©1989 GAINAX
バトルスキンパニック (ガイナックス)

・1989年12月**日 PC-8801用 FD版
・1991年02月07日 PC-9801用 5インチFD/3.5インチFD 『SUPERバトルスキンパニック』
・1993年**月**日 MSX2用 FD 『MIGHTYバトルスキンパニック』
・1993年09月21日 PC-9821用 5インチFD/3.5インチFD 『バトルスキンパニック9821』
・2010年10月19日 DL販売開始 『SUPERバトルスキンパニック』 【EGG
・2011年02月22日 DL販売開始 『バトルスキンパニック』 【EGG
・2011年08月09日 DL販売開始 『MIGHTYバトルスキンパニック』 【EGG

電脳学園』に続く、アニメ制作会社『ガイナックス』のPCゲーム進出第二弾で、カードバトルを取り入れたアダルトアドベンチャー。

ある日、男子学生の主人公(名前は任意)の通うクラスに、南米ペルーからの転校生、「坂東ミミ」がやってきた。すぐに仲良くなり、いい雰囲気になる二人。しかし、ミミには隠している秘密があった。彼女は脱げば脱ぐほど強くなる「裸神活殺拳」の伝承者だったのだ。その恥ずかしさから、普通の女の子として暮らしたいミミの気持ちと裏腹に、次々と現れる刺客達。平凡な学生の主人公は、ミミの持つ伝承者の証「ブルー・ロブ・スター」を巡る戦いに巻き込まれていく。

ゲームシステムは、簡単なADVとカードバトルの組み合わせである。ADVパートは移動先に自由がない一本道で、「LOOK」「MOVE」「TALK」の三種のコマンドがあるが、適当に総当りしていればサクサクと進行するので、ゲーム性はない。

一方、カードバトルは手札の中から状況に合わせ、一枚ずつ場にカードを出して、お互いのHPを削りあっていく当時流行のゲームである。攻撃、防御、回復などの種類があり、数字が大きい程効果が大きくなる。

ユニークなのは「脱衣」と「恥」カードの存在で、女の子達は脱げば脱ぐほど攻撃力が上がる一方、羞恥心も増していく。羞恥心が一定以上になると動けなくなるため、脱いで速攻勝負をかける、あるいは「恥」カードで相手を煽り、羞恥心を増やして戦闘不能にする、といった戦略要素があった。勝負は運頼みの面もあり、勝つのはかなり難しいが、無制限にコンティニューできるので、時間さえかければなんとかクリアできる。

シナリオは、テンポの良い荒唐無稽なギャグ作品で、雰囲気は少年誌のお色気漫画のノリに近く、脱衣以上のアダルト描写はない。ただし沙織事件やソフ倫設立以前の曖昧な自主規制の時代で、アンダーヘアや縦すじが描かれている。(MSX2版、PC-9821版では修正)

1対1の格闘技を扱った脱衣ゲームとして、おそらく最古の作品である。カードバトルはその後、女子プロレスを題材にした『レッスルエンジェルス』(1992年)のシリーズがヒットを記録し、『ばにぃはんたぁ零』(1995年)、『ジオスレイブ』(1996年)を生むなど、アダルトゲームでもそこそこ流行した。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03