title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『カスタムメイト3』 概要

custommate3custommate3
custommate3custommate3
©1995 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.
カスタムメイト3 (カクテル・ソフト)

・1995年12月08日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1996年12月12日 Windows3.1用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、自分好みに作成した女性との新婚生活を体験できる育成シミュレーション。『カスタムメイト』シリーズの三作目。

会社員として仕事に励み、孤独なまま迎えた12月に落ち込んでいた主人公(名前は任意)。街中で受け取ったチラシに釣られ、結婚相談所『カスタムメイト』に足を踏み入れた彼は、不思議なオペレーターに導かれるまま、コンピューターに理想の恋人像を入力していく。すると、条件に見合う女性はすぐに見つかり、クリスマスイブには結婚式を挙げ、その日の内に新婚旅行へ旅立ち、翌月から新婚生活が始まるという、夢のような急展開となった。主人公は残業や同僚との付き合いに悩まされつつ、専業主婦の妻と支えあい、会話やセックスを通じて愛情を深めていく。

ゲームシステムは、オムニバスのADV風だった前作と異なり、女の子のメイキングと育成SLGの組み合わせである。

プレイヤーは、ゲーム冒頭で主人公と妻の名前、年齢、性格、セックス経験の多さなどを入力していく。更に、妻は髪型、バストサイズ、ヒップサイズが三種類から選べる仕様である。

ゲームパートは会社員の何気ない日常生活を描いたもので、出社するか否か、仕事はどのくらいの力加減でやるか、残業するか否か、同僚や上司の酒の誘いに応じるか、夕食と風呂と就寝の順番はどうするか、妻の夜の誘いに応じるか、といった選択肢をこなしていく。選択肢によって愛妻のパラメータが少しずつ変化し、一年後に三種類のエンディングを迎える育成SLGである。

1月上旬から12月末まで、およそ350日間のすべてを体験することもできるが、単調で莫大な時間がかかるので、あまり現実的ではない。その代わり、任意の日付まで進められる日付進行プログラム(スキップモード)が用意されていて、その間のコマンドについて細かいオーダーを出せるので、ゲーム性はこちらのスケジュール管理がメインになるか。

アダルト要素は、主に愛妻相手のセックスである。ここにもゲーム要素があり、「愛撫」「キス」「なめる」といったコマンドを駆使して愛妻の興奮度を上げ、絶頂に導いていく。妻を満足させることができれば愛情や機嫌が回復し、淫乱度が進んで、新たな体位やプレイが開放されていく。一方、仕事疲れで精力が不足すると、妻の欲求不満指数が上がり、放置すると浮気へと発展していくことになる(寝取られシーンはない)。

仕事に励んだ分だけ貯金が貯まり、妻にアクセサリーや花などのプレゼントを贈ったり、一緒に遊園地やスキーに出かけたり、Hな下着や制服、SMグッズなどを買ってプレイの幅を広げたりできるので、一般的に仕事と夫婦生活の両立に悩むことになる。また、会社の後輩、先輩、街で夜遊びする娘など、5人の女の子が登場し、イベントを進めれば主人公との不倫Hを見ることができる。

個人的な印象としては、単一ヒロインの調教SLGにメイキング要素を組み合わせた、当時としてはユニークな作風である。カスタムできる要素は少ないが、ビジュアルは前作と比べて遥かにクオリティが高く、実用性はそれなりにあっただろう。

難点は日常に変化が乏しく、コマンドの手数も多く、期間が長いため中だるみを感じる点で、イベント探しでスキップモードを解除すると、特に淫乱度の進んだ妻を満足させるのに時間と手間を取られ、かなり面倒に感じてしまう。リアルな結婚生活に寄せすぎて、倦怠期やマンネリまで再現してしまったといえるかもしれない。


調査担当

『ハニーセレクト~パーティ~』 概要

honeyselect party
honeyselect partyhoneyselect party
honeyselect partyhoneyselect party
©2017 ILLUSION
ハニーセレクト~パーティ~ (イリュージョン)

・2017年04月28日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon
・2017年08月04日 ダウンロード版 販売開始 【DMM
・2017年08月04日 ダウンロード版 『ハニーセレクト 〜コンプリートパック〜』に収録

セックス相手となる女の子の自由なメイキングができるシミュレーター『ハニーセレクト』(2016年)の追加ディスクの第二弾。単品では動作せず、遊ぶには『ハニーセレクト』のインストールが必須である。

 本体の主な追加要素は
・新たな性格「誠実」「妖艶」。
・新たなマップ「酒場」「肉壁」「VIPロビー」「草原」「宮殿」。
・初の3Pモーションとして男2女1が4種類、男1女2が4種類。
・レズプレイのモーションが2種類。
・触手、キスオナニー、椅子足コキ、拘束フェラのモーション。
・ナイト風の鎧姿、レザーアーマー、魔導士ローブ、くノ一装束といったファンタジー系の衣装セット一式。
・たすき掛け着物の衣装一式。
・『バトル・アール2』のヒロイン「御武弥生」のデータ一式。
・ドリルや装甲、ウイング、ブースターなどメカ系のアクセサリー。
・予約特典としてビキニアーマーの衣装セット一式。
・その他、髪型、肌、虹彩、メイク、タトゥー、ランジェリー、水着、アクセサリー等の追加多数。

また、本体外の機能として以下が付属している。
・ジオラマソフト『ハニースタジオNEO』。
・作成したヒロインを使って遊べるミニSLG『バトルアリーナ』のダウンロードコード。

さらに、発売に伴い『ハニーセレクト パーティーVR』、『ハニースタジオNEO VR』といった周辺ソフト、スリングショット(水着)、温泉(マップ)のデータが無料開放されている。

個人的な印象として、小規模なアップグレードだった前回の追加ディスク『ハニーセレクト性格追加パック ‐活発‐』に比べると、全体を底上げする内容で、公式発表によると追加データは200を超えており、上記の箇条書きでは内容を伝え切れていない。

プレイした印象としては、特にVRモードが作り直され、女の子が巨大に見える欠点が改善された点や、3P・レズプレイのモーションが追加された点が大きい。また、服やアクセサリー類が充実し、『スタジオNEO』で更にこだわりの演出ができるようになったため、プレイヤー間で公開されるシーンを劇的に変える可能性がある。上級者にとっては果てしないフロンティアが広がる一方、選択の幅も膨れ上がるため面倒も多く、細かい作業が苦手な方、手軽に遊びたい層にとっては、スタジオなど大半の機能を持て余すかもしれない。


公式HP
http://www.illusion.jp/preview/honey_party/ 


調査担当

『ハニーセレクト性格追加パック ‐活発‐』 概要

honeyselect kappatsu
honeyselect kappatsuhoneyselect kappatsu
honeyselect kappatsuhoneyselect kappatsu
©ILLUSION
ハニーセレクト性格追加パック ‐活発‐ (イリュージョン)

・2016年12月22日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon
・2017年03月02日 ダウンロード版 配信開始 【DMM
・2017年03月02日 ダウンロード版 『ハニーセレクト+活発パック』に収録 【DMM
・2017年08月04日 ダウンロード版 『ハニーセレクト 〜コンプリートパック〜』に収録 【DMM

自由度の高いメイキング機能を備えたアダルト3DCGゲーム『ハニーセレクト』(2016年)の追加データ集の第一弾。

単品では動作せず、遊ぶには本体となる『ハニーセレクト』のインストールが必須である。定価はDVD-ROM版が6,264円(税込)、数ヶ月遅れのダウンロード版が4,752円(税込)となっていた。

追加要素は
・「活発」という性格が選択可能に
・新たな髪形「アレンジおさげ」「チャイナシニヨン(飾りなし)」「ベリーロングツインテール」が追加
・キャンペーンガール、セーラーワンピース2種類、ボンデージ2種類の衣装一式が追加
・一部の衣装が色変更可能に
・机側位、椅子クンニ、片手コキのモーションが追加
・ムチ打ち、アナルバイブ、拘束バイブといったSM系モーションが追加
・一部のモーションのマップ制限解除
・新たなマップとして「SM部屋」「ゲームブース」の追加
といったところである。

また、パッケージ版には予約限定特典として「アイドル衣装」のダウンロードコードが付属した。追加パック第二弾として『ハニーセレクト ~パーティー』(2017年4月)が続いている。


公式サイト
http://www.illusion.jp/preview/honeyex/index.html


調査担当

『ハニーセレクト』 概要

honeyselect
honeyselecthoneyselect
honeyselecthoneyselect
©2016 ILLUSION
ハニーセレクト (イリュージョン)

・2016年09月09日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon
・2017年03月02日 ダウンロード版 【DMM
・2017年03月02日 ダウンロード版 『ハニーセレクト+活発パック』に収録 【DMM
・2017年08月04日 ダウンロード版 『ハニーセレクト 〜コンプリートパック〜』に収録 【DMM

10年代中頃の作品で、自由度の高いメイキング機能を備えた3DCG系のセックスシミュレーター。リアル系のモデリングを得意とする老舗イリュージョンの60作目(追加ディスク除く)。

たいした導入部分はなく、プレイヤーは豪華で不思議な建造物に迷い込んだ男となり、案内役の「シトリー」に導かれるまま、好みのセックスパートナーを選んで個室に呼び出していく、といった流れである。以後は決まったストーリーもゲームクリアもなく、プレイヤーはキャラメイクに凝ったり、作成した女の子を育成したり、ボーナス付きの実績の達成を目指していく。

ゲームシステムは、オーソドックスな3Dキャラクターメイキングを中心にした、セックスシミュレーターと簡素な育成要素の組み合わせである。女体のサンプルや他のプレイヤーのアップロードしたデータを元に、身長、体型、顔つき、胸の大きさ、肌の色、衣装、性格、H属性などを細かく指定し、理想の女の子を作り上げていく。指定できる項目が膨大な上、相手役の男のメイクもできるので、かつてない幅広い要望に応えられる自由度を備えている。

キャラを作成したら個室に呼び出し、前戯や体位などを数十種類の中から好きなタイミングで切り替えていく。マウスホイールで愛撫やピストン運動の速度を調整し、女の子の感じるペースを探ることで絶頂させることができる。回数や時間の制限はないので、いくらでもセックスは続けられるが、やり過ぎると女の子が脱力して呂律が回らなくなる。

プレイの中にはアナルやSM系、恥辱プレイなどの特殊なものもあり、回数をこなすことで次第に選択肢が広がっていく。それに加え、プレイの組み立てにより「心情」が変化し、より親密な態度で積極的に求めてきたり、嫌悪感むきだしになったり、従順な牝奴隷になったり、精神的に壊れてしまったりといった現象が起こる。これが個別の突発イベントと合わせ、育成方面のやり込み要素となっている。

本編と別に『ハニースタジオ』というソフトウェアも収録されている。これはジオラマソフトの一種で、本編で作成したキャラクター達を使い、自由なシーンを創作、ユーザー間で共有できる仕組みである。本編と違い、男1人女1人という制約がなく、セックスする必要もなく、人や物の配置も自由で、腕の角度から何からポーズを細かく指定できるので、ストーリー仕立てのHやダンス動画など、より自由な創作活動を行うことができる。

発売からほどなく、VR機器『Oculus Rift』『HTC Vive』に対応する追加要素が無料公開された。ゲーム本編をVR機器でプレイすることはできないが、専用のソフトウェアを起動すれば、本編で作成した女の子とのセックスがVRで鑑賞できる仕組みで、国内のアダルトゲームとしては早い段階での公式VRコンテンツとなった。

有料の追加ディスクに『ハニーセレクト 性格追加パック~活発~』があり、更に『ハニーセレクト ~パーティー~』の発売が予定されている。

本格的にキャラクターメイキングできる3DCGゲームは、近年アニメ系のモデリングが続いたのに対し、珍しいリアル系での大作である。個人的な印象として、内容は非常に充実しており、緻密でリアルな質感と、初心者からMODを自作する玄人まで、ノーマルから極端な変態さんまで、思い思いの楽しみ方ができる優れた自由性、拡張性をもっている。

難点はPCの要求スペックが高めなことで、比較的年式の新しいゲーミングPCでないと十分なクオリティで楽しめず、ストレスを感じるかもしれない。また、VR版の没入感は確かに桁違いだが、専用に開発されたゲームではないせいか、女の子が巨大に感じてしまう欠点が残念である。


公式HP
http://www.illusion.jp/preview/honey/index.php 


調査担当

『カスタムメイト2』 概要

custommate2_00custommate2_05
custommate2_03custommate2_04
©1994 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.
カスタムメイト2 (カクテル・ソフト)

・1994年10月21日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1995年08月25日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『カスタムメイト2&いつかどこかで。

90年代中頃の作品で、自分好みに設定した女性とのショートシナリオを楽しめるアダルトアドベンチャー。『カスタムメイト』シリーズの第二弾。

舞台は近未来。プレイヤーはHなバーチャル体験ができる大型の装置、『カスタムメイト2』が設置された店舗を訪れた男性客となり、好みの女性の特徴を入力して、与えられたシチュエーションでの恋の駆け引きやセックスを楽しんでいく。

構造は前作と同じく、好みの女の子を作成するキャラクターメイキングと、作成した女の子をコマンドで口説き落とす、ADV風の会話パートの組み合わせである。ただし、今回から女の子の制服や主人公の立場(職業)の設定項目があり、その設定によってバーテンや医師など、様々なドラマの主人公を演じることになるので、ナンパシミュレーション風だった前作に比べると、オムニバスのショートシナリオ集に近くなった。

設定項目は名前の他、制服、年齢、あなたの立場、性格、髪型、バスト、体型、血液型の8項目である。バリエーションは合計2376パターンにのぼるが、性格は顔CGと言葉遣いが違うのみで、ストーリーは共通しており、バスト、髪型、体型もCGの部分的な差に止まる。

シナリオは、大まかにいうと女子校生、看護婦、バニーガールの三種類があり、それぞれの年齢と主人公の立場によって展開が分かれるので、ストーリーの実質は11本分となる。女子生徒に誘惑される教育実習生、恋人の看護婦に浮気を疑われる男性医師、お気に入りのバニーガールを口説き落とす常連客などになりきり、場面に合ったセリフや行動をコマンドで選んでいく。

ゲームオーバーはあるものの、数回やればクリアできる程度で、前作と比べると難易度ははるかに易しい。

続編として『カスタムメイト3』(1995年)が続いている。

個人的には、シナリオの豊富さに驚かされたが、その分カスタム要素ではあまり自由がきかない。原画の一人に強烈な個性があるのも難点か。理想の女の子を作って遊ぶ作品というより、CGや言葉遣いが多少いじれる短編集、といった感じである。


調査担当

『カスタムメイト』 概要

custommate00.png custommate01.png
custommate02.png custommate04.png
©1993 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.
カスタムメイト (カクテル・ソフト)

・1993年09月17日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1994年12月16日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『カスタムメイト&電話のベルが…

90年代序盤の作品で、自分好みにカスタマイズした女の子を口説き落とせるアダルトアドベンチャー。『カスタムメイト』シリーズの第1作目にあたる。

ある日、主人公(プレイヤー)は占い師から奇妙な箱をもらった。それは世にも稀な「女人に縁のない相」をもつ主人公にとって、とても役に立つものだという。主人公が部屋に帰って箱を開けてみると、下級悪魔「キュア」が現れ、主人公の願望を叶える理想の女の子を呼び出してくれることに…?

システムは、冒頭で女の子1人の設定を決めるキャラクターメイキングと、コマンドADV風の会話パートの組み合わせである。一対一の会話の中で、相手の心を掴んで服を脱がせ、キスや愛撫で気分を盛り上げ、本番行為に持ち込めばクリアとなる。

設定可能な項目は「年齢」「性格」「おしりのサイズ」「バストサイズ」「髪型」の5つで、それぞれ3種類あるので、作成可能な女の子は243パターンあることになるが、年齢と性格によって展開が共通しており、バストや髪型はCGの部分的な差にとどまるので、シナリオは実質9人分である。

攻略方法は、9人それぞれ全く違っていて、基本は相手の緊張をほぐし、褒めたり愛をささやいて喜ばせ、愛撫でその気にさせていく流れだが、怒って高圧的に迫らなければ脱がない場合もあり、挑発しなければならない場合もあり、拝み倒して脱いでもらうケースもあったりと、数多くのコマンドの中から、それぞれの個性に合わせた突破口を探し出す点がゲーム要素となっていた。ちなみに相手からの質問の受け答えで間違ったり、嫌がる行為を続けるとゲームオーバーで、難易度はヒロインによっては非常に高い。

続編として『カスタムメイト2』(1994年)、『カスタムメイト3』(1995年)が続いている。

過去の例でいえば『Tokyoナンパストリート』(1985年)にも副次的に攻略対象のメイキングはあったが、アダルトゲームで本格的な女の子のカスタマイズが始まるのは本作品からだろう。同ジャンルは数は少ないものの命脈を保ち、2000年代に入ってからは『人工少女』(2004年)や『カスタムメイド3D』(2011年)といった、3DCGゲームの定番として人気を博している。

調査担当

『Tokyoナンパストリート』 概要

Tokyoナンパストリート サンプル Tokyoナンパストリート サンプル
Tokyoナンパストリート サンプル Tokyoナンパストリート サンプル
©1985 S.Hikaru/ENIX
Tokyoナンパストリート (エニックス)

・1985年04月**日 PC-8801用 カセットテープ版 FD版
・1985年**月**日 FM-7用 カセットテープ版
・1985年**月**日 X1用 カセットテープ版 FD版
・1985年**月**日 MSX用 カセットテープ版

80年代中頃の作品で、首都圏の繁華な場所を舞台に、道行く女性を口説いていく“ナンパ”シミュレーションゲーム。

システムはコマンド選択型で、移動先に自由あるタイプのADVに近い。行動ごとに時間や金銭を消費し、口説き落とせば経験値が貯まっていく仕様で、それらをやりくりしてナンパをこなしていく。

ストーリー性のある導入部分はない。プレイヤーはいきなり東京で一人暮らしをする男性となり、街に繰り出して通行中の見知らぬ女性に声をかけていく。喫茶店等に連れ出し、何気ない会話で好感度を上げ、ボディータッチで雰囲気を盛り上げたらナンパ成功で、後は自宅かホテルに連れ込み、服を脱がせていく。

ゲームクリアはなく、目的が恋人探しかナンパかも自由で、セックスの後で女性を追い返したり、宿泊せずにホテルを出れば、そのままナンパ続行が可能である。

このゲームの最大の特徴は、会話の内容やボディータッチにより相手の好感度が上下し、態度が変化していく点である。好感度は非表示のため、相手の反応を探りながらコマンドを絞っていく、というシミュレート要素を備えていた。

女性は55人(顔は5タイプ)それぞれに名前や年齢、趣味、好みの話題などが細かく設定されていて、中には補導員の囮捜査やオカマも紛れ込んでいた。好みの女性をメイキングできるデートモードも起動時に選択できる。

当時としては珍しい、ひらがな混じりの文体は読みやすく、ほとんどテンキーだけで進められるという操作性の良さも魅力である。また、起動時にパスワードでロードすることが可能となっていた。

エルドラド伝奇』(1985年)と同じく、エニックス主催の第三回ゲームプログラムコンテストで入賞している。

個人的な印象として、一般に「恋愛シミュレーションの元祖」とされることがあるが、男女交際を目指す、後の恋愛ゲームと同じ意味での恋愛要素は薄く、テーマの似た『ラブアドベンチャー プレイボーイ』(1983年)も先行しているため、「画期的なナンパゲーム」とするのが妥当に思える。

かといって作品の歴史的な価値が低い訳ではなく、この後に類似のSLGやナンパをテーマにしたゲームがいくつか続き、ちょっとしたナンパブームが起きていることからも影響力が窺える。また、『同級生』(1992年)へと繋がる恋愛シミュレーションの登場にも深く関わっているのは間違いない。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03